神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


601件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[498] Re: 遺伝

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月11日(金)12時08分29秒   通報   返信・引用 > No.497[元記事へ]

> 私の家族や親戚を見てみるとやはり神経症らしき傾向を持つ人たちがいますね。遺伝するんですよ。そこから推測できることはハードに多少問題を抱えているということです。

間違いない。私は神経症の場合、ソフトが70%、ハードが30%問題を起こしていると見ている。
だからソフトの書き直しにより、かなり根治に近い状態にはなりますが、生物学的問題はそのまま
残る。だから神経症に生まれたら生涯、気を付けて生きる必要がある。

> だから完治、根治などと言わず、自分に与えられたものを受け入れて生きていくことを選択した。

良く神経症者は斎藤は根治していないと言う。何処からそんな夢物語を言うのかね。
自分は青い顔して天井を見ていて、強制措置入院すべき対象なのに。

私の日常は健康そのものですよ。今、100円ショップから戻って来た。
自転車を洗う時に手が汚れるので閉口している。ペットボトルの頭につける
ブラシを売っていて、これでやれば車輪の掃除は簡単に出来そうだ。
生活なんて工夫の連続で、工夫をしながら雑用する。
人生は楽しいのだ。完治根治なんて言っている人間は一生狂いで
終わってしまう。



[497] 遺伝

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月11日(金)10時43分31秒   通報   返信・引用

私の家族や親戚を見てみるとやはり神経症らしき傾向を持つ人たちがいますね。遺伝するんですよ。そこから推測できることはハードに多少問題を抱えているということです。

だいたい人間少しはおかしなところがあるもんですよ。

だから完治、根治などと言わず、自分に与えられたものを受け入れて生きていくことを選択した。

完治、根治を求めるよりよっぽど豊かな人生だと思いますがね。



[496] (無題)

投稿者: 通りすがりの野次馬 投稿日:2018年 5月11日(金)09時28分18秒   通報   返信・引用

治ったかどうかの確認   投稿者:斎藤   投稿日:2018年 5月 2日(水)06時10分13秒


   もう10年ほど前になるか。神経症予後が余りに良いものだから、調子に乗って
治ったかどうかの確認のページを書こうと思った。そしたら書き始めて間もなく
嫌な感覚が襲ってきて、フラッシュバックに入ってしまった。何と一か月
以上もフラッシュバック状態になり、以来、神経症治りの確認作業は大変危険
であると悟った。

何故神経症の治りを確認してはいけないか。
神経症とは症状の治りを求める病気です。強迫観念であり
その執拗さは凄まじく、殆どの人は一生神経症治療努力で終わってしまう。
神経症を治すとは治療、確認作業を停止することにより、生活を正常に戻すことだから、
一時停止して自分が正しい位置にいるかどうかを確認することは、余計な事であったのだ。

自分が神経症を治したかどうかの確認する時間を惜しんで、どんどん
雑用をするのです。人生は雑用の山であり、生きるとは雑用を嬉々として
処理する事を意味しています。


まだ本治りには、入っていない事を吐露しています。是がこのホームページに”人”を引き付ける原動力になっているようです。神経症の人の独特な味が残っているからでしょうか?



[495] 一休さん へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月11日(金)08時55分32秒   通報   返信・引用

動きは、言葉のない世界に入る為のキーワードであって、とても大切な事だと思っています。ですが再投資は神経症が治ったのは世界中で自分だけと豪語しています。そして、森田先生も鈴木知準先生も神経症が治らないままに、治療に入ったと考えている様です。

余りにも滑稽だと思える時に、神経症の治りに支障があると思いまして、「それは違う」とケチをつけることが必要と思って、書いています。

神経症が治ってしまったなら、動きと治りの関係性は余りなくなっています。じっとしていても神経症が治った事に替わりありません。

無理に雑用を始めないと又逆戻りをしてしまうと考えた場合では、まだ治っていない事、或は完治していない事を『証明している事』を意味していると思います。



[494] 視座は違っていません

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月11日(金)08時41分22秒   通報   返信・引用

【仏教的な理解を深めるのは悪いことではないと思います。しかしそれは健常者の場合です。

斎藤さんのメッセージは”神経症者に向けて”書かれたものなんですよ。そこに気付いたときに、ある程度正常な人間が「それは違う」とケチをつけることが迷惑だということに気付いたんですよ。】

と、likehellさんは書いていますが、斎藤氏は【あるがままの間違い  この世の中にあるがままと言いつつ生きている人は誰もいない。いれば森田療法を実施している神経症患者だけであり、彼等はあるがままと言いながら神経症の世界に貼り付けになっている。健康世界ではあるがままと言う言葉そのものが存在しない。】と書いています。

森田療法こそ、メッセージは”神経症者に向けて”書かれたものなんですよ。それに付いて『健康世界ではあるがままと言う言葉そのものが存在しない。』と斎藤氏は書いています。これこそが視座が違う というべきではないのでしょうか?

他人が言っている事はおかしいと書いて、自分の書いている事だけは正しいと何時も主張しているように見えています、そのおかしさに付いて感じた時には、彼の事を”再投資”と書く事が在ります。



[493] 一休さんへ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月11日(金)06時29分0秒   通報   返信・引用

その意見はHNに対しても、一休さんへも言える。
大体HNは全然治ってないから何を言っても私は相手にしない。

一休さんは、鈴木が毎晩只管打坐(しかんたざ)を言っていたのに、不思議に今までその言葉を口にした
事がない。一体鈴木に何回も入院して、何処に耳があるのかねと言いたい。

只管打坐とはただ単に何かをすると言うことだ。見返りを求めない雑用と言える。道元的には、
座禅が座禅をすると言うことだ。しかし貴方はこれには黙りこくって向こうを向いてしまう。
禅の本質を見ないで、スッとやるフッとやると鈴木の言葉だけを追いかけている。

鈴木自身は神経症を治してなかったから、禅を標榜しながら実際は
神経症を治すための取引として患者を走らせた。患者は朝から晩まで走り、走れば神経症が
治るような指導だ。一休さんも禅はない事にして、走りまくった。その結果が現在のザマである。

一休さんは鈴木のお蔭であれが治ったこれが治ったと言っているが、私は、鈴木のために
貴方の人生は台無しになっていると見ている。それを一番知っているのは
貴方自身ではないか。



[492] hn

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月10日(木)22時29分26秒   通報   返信・引用

くどい様ですが、彼が鈴木学校の卒業生にもかかわらず、動きの重要性に触れないのが理解出来ません。
一体どんな心境で作業をしていたのでしょうか?
感じる物が何も無かったのでしょうか?

また、鈴木先生は道元禅と鈴木大拙の話を良くされていましたが、話の共通性がまるでありません。

まるで、新興宗教の洗脳された信者の様な印象です。



[491] 視座が違う

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月10日(木)22時11分32秒   通報   返信・引用

仏教的な理解を深めるのは悪いことではないと思います。しかしそれは健常者の場合です。

斎藤さんのメッセージは”神経症者に向けて”書かれたものなんですよ。そこに気付いたときに、ある程度正常な人間が「それは違う」とケチをつけることが迷惑だということに気付いたんですよ。

だから第一掲示板で治療方針に沿わない書き込みは削除してきたんでしょう。でも書き込みがなくなってしまえば発展性がなくなってしまうしいろんな意見も聞きたい。だから第一掲示板と第二掲示板を分けたんだと推測してますが。

話を戻します。神経症者が治そうと思って仏教を習っても理解できるのか。多分、自分に都合良く解釈してしまうでしょう。仮に理解できたとしても10年もかかってしまったら皆が言うように膨大な時間の無駄になってしまう。

だから動けと言ってるのでしょう。「鶏が先か卵が先か」みたいだが「動きが先か治りが先か」と言われたら動きが先でしょう。でないと人生後悔する。治ってなくても活動できれば人生楽しいんですよ。

私は瞑想はするんですよ。でも考えてみたら神経症者に瞑想が出来るのか?と疑問に思う。

雑用(無駄なことという響きがあるので嫌いな言葉だが)のために雑用をする、というのは実は瞑想そのものなんですよ。瞑想は座ってやるものだけではない。

だから、全ての治療行為を禁止し「いいから動け」という言葉に三車火宅を感じたんです。

H.Nさんが神経症者に仏教的な理解を勧めるなら、膨大な時間の無駄になるかも知れない。



[490] likehell 様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月10日(木)19時20分32秒   通報   返信・引用

考え方の相違を書いていますが、私が正しいとは思っていません、逆に間違いがあるなら教えて頂きたいとさえ考えて書いています。斎藤氏を批判しているように見えているかも知れませんが、話の核心が見える事を願って書いています。

神経症は神経症であって、ノイローゼであって精神病とは根本から違うと思っていますが、斎藤氏は神経症は
は精神病と言って譲る気配はないようです。

また神経症に治りは存在しなといった主張もしているようです、その為に神経症には完治はないと主張しています、そのくせ神経症者は気持ち悪いといった発言もあります。



[489] 不愉快

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月10日(木)19時10分5秒   通報   返信・引用

H.Nさんの投稿は不愉快ですね。
私は斎藤さんを擁護してるわけじゃない。是々非々なので細かいところでは考えの違う部分もある。だから必要であれば意見を言わせてもらっている。
しかしH.Nさんは斎藤さんと対立することが目的のような気がしてならない。そこに虫酸が走る。しかも仏教の話題を書いているが解釈を間違っていると思われる部分もある。



[488] 管理人様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月10日(木)18時55分4秒   通報   返信・引用

【485】↓でHNさんに有難うございましたと書いている人がいるが、この人はそのまま神経症で人生が終わる
可能性が高い。狂っている人間のアドバイスを聞いて、有難うございますの言葉が出る所に最大の問題がある。

と書いている人がいますが、物事の真実がまるで分っていない人です。私の書いた事柄に共感で来た暁には、神経症は完治しています。言い替えるなら私の書いたことに反発を覚えたり、屁理屈を言ってごねている人は未だ神経症が分かっていなくて、人知れず症状に悩まされたり、フラッシュバックに悩んでいる人だと思います、何故なら神経症の外側に出る事=完治する事の意味が分かっていない事に依っています。


従って、とも様が私に礼を書いたとしても、とも様が私を慕っている事は意味していません。とも様にとって一番大事な事は、世の中の真実を見抜く力を付ける事だと思います。



[487] とも様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月10日(木)18時41分47秒   通報   返信・引用

パニック障害の治りは、楽を求めたり、恐怖感を払しょくしようとしたり、不安感の排除をしなくなった時だけです。

不安から逃れようとしたり、恐怖感から逃れようとしたりする事が、そのまま不安とか恐怖を呼び寄せています。

パニック障害の症状を寄せ付けないコツは『恐怖感があったとしても避けようとしないでいる事』たったこれだけが全てです。


健常者と言われる人であっても、突然パニック障害になる可能性はあります。ノイローゼとか精神疾患とか、心を病むといった事は『心の風邪』と表現する事がありますが、治るのか治らないのかは、たったこれだけの違いですが、専門家である精神科医でさえも、この違いを正しく見定めていないように見受けられます。

地獄に入る決心が出来た時パニック障害は完治しています、或は天国を求めなくなった時も同じです。


雑用をするとかしないとかで、治るとか治らないとかを説明している人がいる様ですが、その真意が分かっていない人が書いているような気がしています。

雑用をして『神経症の外に出る事が出来る理由は』=楽になる事を求めていない時だけです。=治りを期待しない雑用の時という意味です。

雑用をしても効果がない時は、楽を求めてする雑用(森田も同じ)『治りを期待している時』の事です。

宗教は最大の心の癒しの心理学と言われる所以は、楽を求めなくなった時が、天国や極楽に入った事を意味しています。正に死にゆく時、『楽を求める事が無くなった心境は=もっと苦しんでも良い』と思える事で、『人生には救いが無かった事を納得する事です。』

救いを求めなくなった時、心は安楽の中に居ます、何故なら全てを受け容れる心構えが出来上がった事を意味しているからです。



[486] 頭で考えたって無駄

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月10日(木)15時14分20秒   通報   返信・引用

一休さんの強迫観念が改善したと思えたのは配管工の仕事に没頭したからですよ。
集中力が高まって雑念が排除されたからです。



[485] 一休さんへ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月10日(木)14時21分31秒   通報   返信・引用

そのように意識レベルで弄り回していると気が付いた時には70歳、80歳になっていて、何のために
生きて来たかで終わる。我々の人生を決定しているのは無意識であって意識ではない。
私は毎日雑用で忙しいが、人生をどうするなんて考えたこともなく、不思議と万事は上手く行っている。
何が私の人生をリードしているかと言えば間違いなく無意識です。考えなくても無意識は
最善の選択をしている。考えて考えまくっている一休さんとは180度違う生き方だ。

↓でHNさんに有難うございましたと書いている人がいるが、この人はそのまま神経症で人生が終わる
可能性が高い。狂っている人間のアドバイスを聞いて、有難うございますの言葉が出る所に最大の
問題がある。



[484] 膨大な人生の無駄

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月10日(木)13時20分59秒   通報   返信・引用

前回、自称「天職恐怖」という強迫観念について書きました。

鈴木学校卒業後、直ちに建設業の職場に復職し、営業、営業事務、コンピュータ、研修所の事務などをやりましたが、強迫観念は治りませんでした。

最後は営業をやりましたが、鬱でダウンし、次の職場を確保する前に逃げるようにして退職しました。
確保せず、退職したのが大失敗でした。

鈴木学校での修練が足らないせいだと独断し、鈴木先生にご相談することもせず、さっさと半年間の再入院を志願しましたが、それもまた、その後の人生の大失敗の元であるとは、まさかその時は思いもしませんでした。

再入院でも治らず、今度は肉体労働をすれば治るであろう事を目当てに、面白くも何ともない飲食業のボーイ
を約4年間ほどやりましたが治りませんでした。

この肉体労働作戦も誰にも相談することなく自分で決めました。

そして、NPO法人が運営する農業を主体とする団体生活に活路を求め、数か所で動きを行いましたが、やはり駄目でした。これも独断です。

話は変わり、前職在職中に、宅建を取っており、また、その頃、ワンルームマンション投資に興味があったので、マンション投資の勉強会に出席し、自分なりに、ネットの利回り計算、税金、損益分岐点、デットクロス等々勉強し、エクセルでキャッシュフローシートを作っていました。

後で分かったことですが、ワンルームマンションでは、修繕積立金、管理費、機器の補修代等でせっかく入った家賃もどんどん目減りし、ちっとも手取りが残らないのです。

最近、知りあいの不動産屋に相談した所、修繕積立金、管理費が掛からない一戸建てに限るとの話でしたが、詳しく聞いていないので、この話はそこまでとします。
その時、やはり餅は餅屋だという諺を痛感しました。
ワンルーム投資会社に騙されていたのです。

その後、天職恐怖の自分としては、まったく気が進まなかったのですが、知りあいが社長をする不動産賃貸会社で修業の為、無給でやらせて頂きましたが、仕事の中に入りきることができず、長続きせずに辞めてしまいました。
無給なので、責任感も生じず、所詮は練習だったからだと後から反省しています。

その後、前回も触れましたが、友人のアドバイスに従って、まったく嫌々ながら職業訓練学校の配管工クラスに入学しました。
殆どの生徒は高卒生であり、年のいった自分には居心地はあまり良くは有りませんでしたが、とにかく1年間通いました。
そして何故かその内容が自分の水に合っており、段々と面白くなり、夢中で実技を行っていました。
そこで初めてある種の仕事?上で、現在だけに成りきる経験をし、あれ程強固であった強迫観念がどうでもよいものに落ちてしまいました。

そこ迄に至る間に何と12年の人生をどぶに捨ててしまいました。

自分は所詮、頭の悪い無能力者であり、それだったらそれで、出来るだけ沢山の自分よりも知恵のある知りあいに相談すべきだったのです。
特に、自分の環境選びは慎重の上にも慎重に行うべきなのだという当然の常識が自分には欠落していたのです。
まったく視野が狭く、また、自分の能力に疑いを持つという謙虚さに欠けていた結果です。



[483] H.N様へ

投稿者: とも 投稿日:2018年 5月 9日(水)21時14分38秒   通報   返信・引用

詳しく回答して下さりありがとうございます。
是非、参考にさせていただきます。



[482] 一休さんへ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月 9日(水)16時39分22秒   通報   返信・引用

それは動きを確保することですよ。動きが止まったら神経症に乗っ取られてしまう。
我々はそのような生物学的欠陥を持って生まれて来た。
でも斎藤は殆ど健康な人と同じように、あるいはそれ以上に生活出来ることを
証明した。工夫だとか、ふっとやるとか言っていると、狂いはますます増大する。
ただやると言うしか表現しようがない。



[481] まっく同感

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月 9日(水)11時17分5秒   通報   返信・引用

感情に過剰反応しないためにはどうすればいいのか。それが書かれていない。



[480] (無題)

投稿者: 投稿日:2018年 5月 9日(水)11時06分4秒   通報   返信・引用

いくら話しても終わりがない(現状の変化を求めない)主がここに張り付いているからです。



[479] 私見

投稿者: 投稿日:2018年 5月 9日(水)10時49分51秒   通報   返信・引用

ここの場は、答えを探している人が集う場所。
答えを発信したい人は、神経症ではなくても神経症扱いされ、追い出される羽目になり、居場所がなくなります。



[478] 恐怖突入

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月 9日(水)08時50分26秒   通報   返信・引用

鈴木学校のお陰で、あら方の症状は治りました。
勉強不能、対人恐怖、強迫観念、強迫行為、パニック発作←それでも時々起こります。

自分の場合は神経症の問屋の様な人間だったので、罹っていない症状は、普通神経症位な物でした。

また、治ったタイミングは、鈴木先生の統計通りでした。

ただ、最後の最後まで、どうしても治らなかった症状は、自称、天職恐怖と名付けた強迫観念であり、要するに、隣の芝が青く見えて仕方がなく、あっちにフラフラ、こっちの職業にフラフラと惹かれ、一向に職業の進路が定まらないという苦しみでした。

鈴木先生のおっしゃる、所詮、職業などは皆同じ様な物だよ、と言う意味が全く理解出来ませんでした。

その症状を治すべく、退職後は、肉体労働に励み、居酒屋やホテルのボーイなどをしました。

また、それでも治らなかったので、鈴木学校の様な動きを求めて、npo法人が主催する、農業を主体とした、団体生活を数カ所でやりましたが、矢張り駄目でした。

最後は、万策尽きた物だと勝手に勘違いし、ヤケクソとなり、酒に走る様になり、とうとうアル中に出来上がってしまいました。

アル中と言う病気は、恐ろしく、完治が無く、また、死亡率は癌よりも高いのです。

話は戻り、青い鳥を求めて止まない、自称天職恐怖は、思わぬ展開で呆気なく治ってしまいました。

それは、ある友人の薦めで、職業訓練学校の配管工クラスに入学する、と言う物でした。

最初は全く気が進みませんでしたが、段々とその実技が面白くなり、没入する様になりました。
没入出来る基礎は鈴木学校で培われた物でした。

そしていつの間にか、例の強迫観念がバカバカしくなってしまいました。

アスペルガー症候群の自分としては、職業訓練学校で若い児達と一緒に勉強する事は、確かに苦痛でしたがが、最後は恐怖突入で飛び込んだ所、全く意外にも治ったのです。

何故、ここに至る迄に、全くの膨大な人生のロスを起こして仕舞ったのかの理解は、自分なりに分析しましたが、気が向いたら、いつか投稿したいと思いますが、要するに森田の恐怖突入を逃げていたのです。



[477] よく寝た

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 9日(水)08時31分54秒   通報   返信・引用

H.Nさんへ
私は神経症の治りを考えておりません。



[476] とも様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月 9日(水)07時41分28秒   通報   返信・引用

もう一度、云い方を替えて言って置きます。

貴方が治った時に分かると思いますが、湧き上がる感情に対する対処の仕方を学ぶ事です。湧き上がる感情を『相手にしないでいる事』或は『右往左往しないでいる事』或は『冷静沈着になっている事』がカギになると思います。

誰であっても、湧き上がる感情の虜になって、右往左往する時には『パニック状態』になる事は必定だと思います。



[475] likehell様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月 9日(水)07時14分39秒   通報   返信・引用

何時も貴方の書いたものは見ています、何事も真摯に取り組んでいる様子が伺えます、ゴルフもうまいようです。さて神経症の治りを何時も考えていますが、人に教えて貰うものではないと考えていますが、そういう自分も鈴木知準先生とか、鈴木大拙博士の本とかを学んでいるうちに習得出来たと思います。

という事は、教えて貰う事が出来難いようであっても、決して出来ない事ではないようにも思えます。仏教的な『無明』を打ち破る努力がノイローゼの解決方法になる事を信じています。

動きから入って行く事も大事な事だと思いますが、それが出来るなら斎藤氏の読者はもう既に21年間の間に沢山の実りがもたらされても良いと思いますが、如何なものなのでしょうか?



[474] 最後まで読んでます

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 8日(火)22時27分40秒   通報   返信・引用

H.Nさん
あなたの書き込みは最後まで読んでいますよ。
その内容についても100%正しいと思います。
でも神経症を治すという意味では物足りない。
ここは神経症を治すホームページということ。
あなたが言ってることは仏教書で習っている。
動きに治りを求めたことが決定的な違いです。



[473] (無題)

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月 8日(火)19時19分5秒   通報   返信・引用

長過ぎると思う人は初めから見ないでしようね、それで良いと思っています、縁のある人に見て頂けるだけで良いと思っています。

長過ぎる文章と思っても、最後まで読んでくれる人が皆無とは思っていません。

鈴木大拙博士の本を読む事を思うなら、むしろ長過ぎる事など無いと思います。

鈴木大拙博士の本のお陰で治ったものですので、同じような書き方になっていると思って書いています。


縁がある人に読んでもらえるならそれだけです。



[472] HNさん

投稿者: 投稿日:2018年 5月 8日(火)18時39分55秒   通報   返信・引用

余計なお世話かとも思いますが、あなたはこの場においては、わたし同様、いくら何を言ってもどうしても他人からは神経症に見えるという役回りにしかならないようです。
他人のテリトリーに入り込むからこのようになるんだと思います。
そろそろご自分のところだけで落ち着かれたらいかがでしょうか。
情報の発信側を貫ける場所は、ご自分の掲示板だけです。
今は美香さんの荒らしもなくなり、一から始められる土台があります。
ここの管理人さんともお互いに、他人のテリトリーに入り込むのを卒業されてはいかがでしょうか。

わたしはここにはもう本当にきません。
ここにわたしの居場所はありません。

返信はやめてくださいね。
お身体にお気をつけて長生きしてください。


では長い間お世話になりました。



[471] (無題)

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月 8日(火)17時11分4秒   通報   返信・引用

一休さんも今日の投稿文には正常の感覚が働いているのを感じる。
HNがあの長文の投稿文を書くようでは、鈴木の完治根治が泣くと言うものだ。
今ままで鈴木を経験した人間で、これは合格と判定する人は一人もいなかった。



[470] 答えになってない

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 8日(火)10時01分23秒   通報   返信・引用

湧き上がる感情に過剰反応しないためにはどうすればいいのか。それが書かれていない。
そんな理論的なことは本を読めば分かる。私らアホじゃないので。



[469] h.nさん

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月 8日(火)08時32分51秒   通報   返信・引用

彼の投稿の文章は、長過ぎるので、最初から読む気になら無いですかのです。

正直、見ただけでもう、うんざりしてしまいますし、どうせ、書かれている内容も、理屈、観念論、心理分析程度の書生論だろうと察しが付きます。

何故、鈴木学校の自称、全治者が動きの重要性には言及せず、生活の発見レベルの森田理論の話ばかりをするのか理解出来ません。

また、異常に長い文章を見て、彼の心の病を感じます。
その点では、海さんの果てし無く続く強迫的な連続投稿と、いい勝負だな、程度しか感じないのです。



[468] とも様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 5月 8日(火)07時43分28秒   通報   返信・引用

とも様へ

パニック障害は、予期不安とか恐怖症とか不安症といったものを悩んでしまって、更なる予期不安を呼び寄せているものです。

こう言ったものを総称して神経症と呼んでいますが、いわゆるノイローゼを悩んでいると言っても良いと思います。これから書く事は理屈でしかありませんが、この理屈が分かったところでパニック障害から逃れる事は難しいかも知れません。

ですが解らないでいるよりは、遥かに完全解決の近くに位置する事を意味すると思いますので、あえて書いて置きたいと思います。

今の貴方には理解出来ない部分があるかも知れませんが、治って来た時には、心の底から納得出来るようになっていると思います、従ってこの文章にうなずく事が出来た時には、貴方はパニック障害の外側に居て、パニック障害が治るという事と、治らないでいるといった事に付いて詳しくなっていると思います。

今は分からなくとも良いですから、読んで置いて下さい。

パニック障害の奥に潜んでいる事は『自身の生命とか人生とかに関しての不安感や恐怖感』に怯えている事を意味しています。その原因は貴方の個性に依っています。この意味は貴方は他の人よりも心配性とか、神経質な性格傾向があるからです。

この傾向は、他の観点から言い表わすなら『貴方がこの人生を(深く掘り下げて、不安とか恐怖感に怯える事が無くなるように希求)解き明かして有意義に生きて行きたいといった願望の表れ、という言い方も可能と思います。

神経質で心配性な性格傾向が強い人が、その強さによって宗教家の素質になっているという言い方も可能と思います。

仏教の大元にある事柄は『一切皆苦』です。これはノイローゼと言っても良いと思います。意識地獄を言い表わしていると思います

この苦しみ(ノイローゼによる意識地獄)から逃れる方法=人生のあらゆる苦しみの根源を見抜いて、その苦しみから逃れる事を”解脱”つまり、有限のこの世での不自由な世界感からの解放を意味しています。

つまり、有限の壁の前で限界を感じていた自分の心が、この有限の壁を乗り越えて、自分の魂が解放される事を解脱と言っていますが、この苦しみの根源とは無明の故と釈迦は説いています。

意識の発生は分別に依るものと説いていますが、この分別こそが見る者と見られる者を生み出す大元を作っています。この二元論を人間は悩んでいますが、この二元論を作り出している事そのものの解明をする事がすなわち『解脱を意味しています。』

難しい話になってしまいましたが、こういう話は止めて、
とも様がパニック障害を乗り越える話をします。

パニック障害を終焉させるために必要な事は、自身に湧き上がる、感情との付き合い方を学ぶ事です。パニック障害を冷静に見た場合では『自身に湧き上がる感情に右往左往している事を意味しています。』

誰の心にも感情は湧き上がっています、怖い感情も不安な感情も全ての人に湧き上がる感情は同じです。高いところは”高い”です。狭いところは”狭い”です。人に会った印象は”会った人の印象そのものです”

こう言った湧き上がる感情に特別な反応をする時、高所恐怖症とか閉所恐怖症とか対人恐怖症とかにまで発展する事が在ります。

発症する原因は『湧き上がる感情』に過剰反応している事が原因で発症が始まっている事です。

パニック障害の発症の初めは、小さな不安感です。この不安感に過剰反応をして拒否反応をする事が発症の原因になっています。従って治ってゆく場合では、小さな不安感をそのままにして味わう事です・

小さな不安感はそのままにして置く時、小さな不安感としてそのままになっていて、すぐに消えて行って、多くくなる事はありません。

今の貴方は、小さな不安感に、ことさら過剰反応をしているだけです。この過剰反応する事によって、貴方の心は拒否反応を起こすようになっています。この拒否反応をする事から悲劇が始まっています。

貴方がパニック障害を乗り越えた時には、貴方は自身に湧き上がる感情を『冷静に見つめる事が出来るようになっています。』


湧き上がる自身の感情に、特別過剰な反応をしている事が貴方のパニック障害の原因だからです。





[467] もうね

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 5月 8日(火)00時37分56秒   通報   返信・引用

寝ようね



[466] 最後に美香さん

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)19時55分3秒   通報   返信・引用

あなたはHNさんの掲示板で、自分の優位性を示したいが為に掲示板を荒らす事になりました。
このようなものに、神経症者というものは巻き込まれる。
実際、あなたが落ち着き、周りの人も落ち着いた。
自分の中の優越感を満たす行為は他人を巻き込みます。
神経症者を治したいと思うなら、神経症者を利用して自分の優位性を示すような事はやめなさい。
あなたが相手の足を引っ張ってきた部分もある事を知りなさい。
あなたにはブーメランしか返ってきませんからね。
こうなるから堂々巡りが終わらない。



[465] 人間も自然な存在

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)12時08分23秒   通報   返信・引用

風景の一部と同じ。
このように相手を受け入れて共存する。
自分が関わりを持つ必要がないとするものは、手を触れなければ良い。
自ら荒らす必要はありません。



[464] この場で返信をよこす行為

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時53分49秒   通報   返信・引用

あなた、良い人だ、とは思う。
管理人さんも、これはわかってる事だと思うよ。
ここ、基本的に良い人ばかり集まるしね。
管理人さん自身、そんな感じのとこもあるし。
わたしから見たら、管理人さん、実際の人間関係はなんの問題もなく生きてるように見える。

けど、とにかく、この場において、和解を求めるから返信よこします。
これは対立とも同じ。

右脳と左脳の対立が神経症なら、右脳と左脳がお互いに和解を求め合う事が神経症。
これは人間関係においても同じ事になる為、これを続ける限り、神経症の人はいらぬ言葉を話す事になり、神経症から解放されない。

この場で必要な事は、人には色んな視点がある事を知り、それらも世の中に存在する現実として受け入れ、対立なく共存する事を学ぶ事です。



[463] 決めつけ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時35分8秒   通報   返信・引用

なんで他人のことを決めつけるの?私はあなたが思ってるような人間ではないかも知れないよ。

私は対立する気もなければ和解する気もありません。



[462] わたしにまとわりつく人へ

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時16分12秒   通報   返信・引用

はいはい。
ならそれでOKです。
勝手にどうぞ。
いちいち和解しようとしなくていい。



[461] 長所や短所

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時09分56秒   通報   返信・引用

こんなものは、見る人の主観に左右されるものであり、その人に対して、全ての人から共通して見える長所や短所はありません。
ある人にとっての優しさは、別のある人にとっては冷たさになる事もある。
だから、人間関係は破れ鍋に綴じ蓋。
第三者がそこに口を挟むものではない。

人間の視点をたくさん知り、視野を広く持ちましょう。



[460] 誤解しているのはあなた

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時09分12秒   通報   返信・引用

私の人格を決めつけているのはあなたでしょう。

>人とぶつかってお互いに共通する1つの正解を導き出す
そんなこと考えたこともない。対人関係はそんな単純なものではない。好きな人に告白して振られて傷ついたこともありますよ。

>自分の問題に他人を巻き込む
巻き込んでないって。なんでそう思うの?

>自身の中のバランスの悪さが、人との対立を生み出す。
意味がよく分からんが、他人に合わせるか意見を言うかは私の自由だ。良いものはよいと認める素直な気持ちを持っているつもりですよ。

そもそも海さんと対立してるという感覚は全くないですよ。



[459] 他人に依存しすぎ

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)11時02分9秒   通報   返信・引用

だから問題が起こる。
よくある話で、自分を叱ってくれるのはあなただけ、などと人は言うが、そんなものをあてにする前に自分を見直すことは出来る。
起こってしまってからでは取り返しがつかない事も、世の中にはある。
他人から教えてもらおうと思う前に、自分を客観的に見る事を考えた方が良いと、わたしは思う。

あなた、他人に依存しすぎ。
これに尽きる。


以上です。



[458] 組織の中で苦労をする事

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月 7日(月)10時46分51秒   通報   返信・引用

それなくしては、結局、おのれというものが分からす、従って、自分の長所、短所も分からす、幸せな人生を歩む事が出来ない。



[457] 人間関係

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)10時42分50秒   通報   返信・引用

まあ良いけど、あなた方、何か誤解してるよね。
人間関係は、人とぶつかってお互いに共通する1つの正解を導き出す事だけではないんだけどね。
人生、勉強勉強(遊び遊び)として生きるのは勝手だけど、自分の問題に他人を巻き込むから問題が起こる。
自身の中のバランスの悪さが、人との対立を生み出す。
いくら言ったところで伝わらないだろうから、あなた方はここに残るんだろうし。

どうせ進歩ないだろうし、あとの返信はご自由に。
まあ頑張ってください。



[456] 対人関係

投稿者: 一休さん 投稿日:2018年 5月 7日(月)09時13分40秒   通報   返信・引用

対人関係を避けていては、人間的な成長も無ければ、自分の未熟さすらも気づかずに一生を棒に振る羽目に成る。



[455] 現実逃避

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 7日(月)08時49分2秒   通報   返信・引用

対人関係から逃げていたら楽ですよね。
傷つくことがないから。
でもその分楽しみも少なくなってしまう。
ましてや身の回りのことすら出来ないなんて怠け者ですよ。



[454] ここでわたしに返事をよこす人とは

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)01時03分31秒   通報   返信・引用

進歩がない人。

以上、おしまい!



[453] 嫌でも返事が来る

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 7日(月)00時41分23秒   通報   返信・引用

ここに書く以上は。
あなたの思い通りにはならないですよ。



[452] 勝手にしてください

投稿者: 投稿日:2018年 5月 7日(月)00時13分16秒   通報   返信・引用

わたしにいちいち言わなくていい。
そもそもあなたに話してない。
アホらしい。
勝手に楽しんだらいい。
他人にいちいち宣言する必要ない。
宣言せずにさっさとそう在ればいい。

永遠に報告ごっこやっててくださいな。
こんな事してたら一向に進まないから。
これが承認欲求。
神経症と同じ。


じゃあさようなら!



[451] さあ

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 5月 6日(日)23時16分41秒   通報   返信・引用

眠りにね



[450] 相変わらず心理分析ばかり

投稿者: likehell 投稿日:2018年 5月 6日(日)22時11分42秒   通報   返信・引用

健康な人は欲求を満たすために動いているんですよ。

一休さん。あなたはいつになったら治るんですか。治らない人に鈴木先生マンセーされても困るんですよ。

海さん。私が知っている承認欲求の放棄はアドラーのものだけど、他人に認められようとして自分の行動を相手に合わせてしまうのはやめなさいという意味だったはず。たとえば斎藤さんに認められようとして、そう思ってもいないのに合わせるのはやめなさいということ。

承認欲求自体がなくなるわけじゃないですよ。承認欲求がなくなるわけじゃなくて認められなくても何とも思わないということ。

俺はお金も欲しければ地位も名誉も欲しいですよ。バドミントンももっと上手くなりたいしゴルフも上手くなりたい。それを手に入れるために勉強もするしトレーニングもする。でもそれが手に入らなくても幸せだと思えるかが大事なんですよ。

私は死ぬまで楽しみますよ。



[449] (無題)

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 5月 6日(日)18時48分12秒   通報   返信・引用

リモートホストを掲示板に表示していましたね。失礼。うっかりそうなっていました。
今は表示されていません。


601件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.