teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


yamano さんへ

 投稿者:nobo  投稿日:2016年 1月23日(土)11時06分56秒
  横浜市民ではない私が勝手に動くのは良くないのではと思いますので、まずは横浜市民の考えをお伺いしようと思います。

横浜市の今の引取り対応について動物愛護派並びに動物愛護団体はどのように考えているのか、まずはそのことが知りたいですね。

 
 

noboさんも

 投稿者:yamano  投稿日:2016年 1月20日(水)21時35分11秒
  神奈川県民ですから、聞く耳を持たないと言う事は無いと思います。
横浜市に直訴メールか電話をして要望をしたらいいと思います。
横浜市をお足下とされている方も、あの手この手で陳情をされているんじゃないでしょうか。

横レス、済みません…。ですが、言わんよりは言う方が良いかと思います。

http://blog.livedoor.jp/sueko6/

 

横浜市による駆除目的に捕獲された飼い主のいない猫の引取りについて

 投稿者:nobo  投稿日:2016年 1月18日(月)23時22分12秒
  こんにちは。

もちろん個人的には条例化してほしいですが、可能性はあるのでしょうか?
神奈川県も禁止といっても条例のように法的に禁止しているわけではありません。
決まりごとというか、方針というか、そういう類のものです。
それでも駆除目的の捕獲は禁止、という方針を打ち出しているので、横浜市もそうすべきだと思います。
もちろん私も全面協力いたしますが、私は横浜市民ではありませんので、横浜市の動物愛護団体が請願されたほうが実現性は高いのではないでしょうか。

ところで横浜市の引取り対応ですが、何年か前に引取りを止めたはずですよね。
何故また引取るようになったのでしょうか・・・?
75%の自治体が引取っていないわけですし、地域猫発祥の地の横浜市が引取っている今の現状は、とても恥ずかしいことだと思います。
横浜市の動物愛護団体は今の引取り対応について納得されているのでしょうか?
 

市に請願を出してください

 投稿者:太田正孝  投稿日:2016年 1月15日(金)14時50分40秒
  ● 飼い主のいない猫を市民が駆除目的で捕獲することを禁止

神奈川県も禁止しているのに市が禁止条項を持っていないのはいけません
私からも、禁止を条例化するように当局に働きかけますが、市民の立場で、
条例化を要望する請願を出していただきたいです
 

横浜市による捕獲猫の引取りについて

 投稿者:nobo  投稿日:2016年 1月14日(木)22時57分56秒
  ご無沙汰しております。

昨年動物環境・福祉協会Evaさんが、駆除目的に捕獲された飼い主のいない猫の引取りに関し、全国都道府県・政令指定都市、中核市にアンケート調査をしたのは御存知でしょうか?

「引き取る」は約5%、「引き取らない」が約73%、その他が約22%でした。
横浜市は「引き取る」でした。

そこで真意を確かめたく横浜市に以下のような質問をせていただきました。

--------------------------------------------------------------------------------

飼い主のいない猫が「庭に糞尿をするから」という理由で捕獲器で捕獲し、保健所に持ち込んで来た場合、どのような対応をしているのでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

すぐに以下のような回答が横浜市から来ました。

--------------------------------------------------------------------------------

「庭に糞尿をされる」ということについて、特定の猫を引取ったとしても別の猫に糞尿をされる可能性があり、根本的な解決にならないため、侵入防止対策をとることをお勧めし、引取りを行わずに問題を解決できる方法を提案します。
なお、本市では、侵入防止対策の一つとして、超音波式の猫よけ製品の紹介・貸出しも行っています。
 上記対応をした上でなお、引取りを求められた場合、引取りを行います。


--------------------------------------------------------------------------------

以上です。

捕獲器で捕獲した人間が職員の説明ぐらいで引き取りを取り下げるとは思えません。
そもそも取り下げるような人だったらその前に電話や窓口で相談すると思うのですが・・・。
これでは駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫のほとんどは引き取られ、殺処分されてしまうと思います。

そこで駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫を引取る根拠理由を教えてほしいと尋ねたら、「動物の愛護及び管理に関する法律第35条第3項に基づき引取りを行っています。」という回答が来ました。

そこで35条3の所有者の判明しない猫の中に駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫も含める根拠理由を教えてほしいと尋ねたら、「飼い主の所有・占有の意思の明示や、猫へのマイクロチップ埋め込み、名札による飼い主の明示等により、所有者が判明する猫以外の猫は所有者の判明しない猫として判断しています。」という回答が来ました。

私は何故35条3の所有者の判明しない猫の中に、駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫も含めるのかと聞いているのに、「飼い猫ではないから」では、質問の答えになっていません。

例えば環境省が35条3の所有者の判明しない猫の中に駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫も含めるという見解だからとか、動物愛護管理法に関連する記述の中に35条3の所有者の判明しない猫の中に駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫も含めている旨のことが書かれてあるからとか、そういう誰しもが納得できる明確な理由を示さなければ根拠理由にはなりえません。

要するに横浜市は明確な根拠理由も説明できないのに、駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫を35条3の所有者の判明しない猫の中に入れて引取っている、ということになります。

しかも地域猫が推進されていない地域から持ち込まれた、駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫までも引き取っています。
動物愛護・管理法に関する付帯決議8に駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫は原則引き取り禁止と書かれています。
付帯決議8を可決した共産党の市田議員によると、例外として地域猫活動を行ない、それでもどうしても解決しない場合は引き取りもありうる、そうです。
ですのでもし地域猫が推進されていない地区から駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫が持ち込まれた場合は引取りを拒否しなければなりません。

横浜市は地域猫が推進されていない地域から持ち込まれた、駆除目的で捕獲された飼い主のいない猫までも引き取っているので、付帯決議8尊重していないことになります。

保健所などに持ち込まれる猫は3種類です。
飼い主のいる猫、飼い主のいない猫、飼い主がいるのかいないのか判らない猫。
そして飼い主のいる猫が持ち込まれた場合は35条1による引き取り対応をし、飼い主のいない猫が持ち込まれた場合は付帯決議8による引き取り対応をし、飼い主がいるのかいないのか判らない猫が持ち込まれた場合は35条3による引き取り対応をする。
これが国の方針です。

残念ながら横浜市は動物愛護管理法並びに国の方針に沿った引取り対応をしているとは思えません。

それともう一点。
神奈川県では飼い主のいない猫を市民が駆除目的で捕獲することを禁止していますが、横浜市では禁止していません。
飼い主のいない猫を駆除目的で捕獲する行為は虐待や遺棄に繋がります。
横浜市は飼い主のいない猫を市民が駆除目的で捕獲することを禁止していないので、それは飼い主のいない猫の遺棄や虐待に手を貸していることに繋がっています。
いうなれば結果的に行政が犯罪に手を貸しているということです。

上記のような横浜市の引取り並びに捕獲対応について、横浜市の動物愛護派の人たちはどのように考えていらしゃるのでしょうか?
納得されているのでしょうか?


 

横浜市と逆方向へ進む札幌市、和歌山県がパブコメ募集中です

 投稿者:himawari  投稿日:2015年11月 9日(月)08時44分55秒
  早速ですが、ご承知のとおり札幌市、和歌山県ともパブコメ募集中です。
餌やりさん(市民、県民)ばかりに義務を押し付ける内容です。


拡散のご協力をお願い申し上げます。
なお犬猫救済の輪さんに意見例(短文、コピー可)があります。

特に札幌市は(太田正孝先生ご指導で改善された)横浜市条例の時と同じ過誤をおかしております、
パブリックコメントに参加のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。


札幌市パブコメ
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5131.html


和歌山県2回目のパブコメ
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5129.html

 

お役にたちます

 投稿者:太田正孝  投稿日:2015年 9月29日(火)18時17分27秒
  ● (無題)   投稿者:横浜のメロンさま

何かりましたら、何でもお電話ください 090-1505-4690
 

(無題)

 投稿者:横浜のメロン  投稿日:2015年 9月22日(火)23時19分9秒
  早速のご回答、ありがとうございます。
「警告書」が来たあと、区役所に相談に行きましたら視察に来られたそうで、「猫の姿も見かけなかったし陰に猫用のトイレも設置してきれいな環境にしてあるので問題ないのでは、」と言ってくれました。

区役所のかたは、横浜市猫の飼養ガイドラインの目線に立った愛護の考えかたをされていると思いましたが、管轄が異なる市の建築局市営住宅課は旧態依然の「鳩、犬猫への餌付け禁止」のルールのままなのです。
猫に関しては、エサをやるから増えるのではなく、手術しないから増えるのです。


昔からの方針を変えるのは難しいことだとは思いますが、殺して済ましてきた時代とは変わってきた世の中の風潮を少しずつでも踏まえてほしいなと思います。

市から「警告書」が来たエサやりのおじさんは「もう、えさはやれないな」と猫用トイレも取り壊してしまいました。


太田先生、横浜市民と動物たちのため今後ともご尽力よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
 

本当にご苦労様です

 投稿者:太田正孝  投稿日:2015年 9月22日(火)10時01分50秒
  ● リリース後   投稿者:横浜のメロンさま

難しい問題です。
もともと飼育されていた猫が、人間の無責任から野良猫になりました。
貴方がお金を出してまで、不幸な猫が増えないように去勢手術をして、そのあと、放置もできず
餌やりをすれば非難され、あえてすれば、市営住宅からの退去を求められるのですか?

飼いネコは、放置されれば生きていけないから、それを見捨てることは虐待同様で、動物愛護
の考えから、これを見捨てるわけにはいかないのですが、さりとて、えさやりをすれば、
その猫の糞や小便に、迷惑をこうむると非難されるのです。

不幸な猫を、調整区域の山に作られた「楽園」に集めて、天寿を全うさせてあげられないか
という提案も寄せられています。

そのような提案も、今の市長さんでは一笑に付されるだけで、どうにもなりません。

地域猫活動にご尽力されて、本当に頭が下がりますが、それを推進すれば、必ず起こる軋轢
です。
今後、どうしたら地域猫を推進できるか?地域での話し合いが進むように、
議会でも提案いたします。

市営住宅入居の点で問題が起きるようなら、お電話ください。
何らかのお力になりたいです。
 

リリース後

 投稿者:横浜のメロン  投稿日:2015年 9月21日(月)00時09分31秒
  太田先生はどうお考えになるでしょうか。

私は市営住宅に住むものです。近所に野良猫が居つくと、増えたら困るのでTNRしますが、リリース後に面倒を見てやることを横浜市が許してくれません。

手術仲間のエサやりさんは、通報されて「警告書」がきて、四匹の猫を見捨てるか、退去を覚悟するかで悩んでいます。

「横浜市猫の適正飼養ガイドライン」は健康福祉局だけのもので、建築局市営住宅課には通用しないものなのですか。せっかくの横浜市の方針なのに市営住宅は話の外で、地域猫はあり得ないと・・・。
でも、現に飼い主のいない猫はここにもいるのです。

手術に連れて行くのにあとは知らないよ、とは考えられません。
 

レンタル掲示板
/225