teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第4回「先輩を囲む会」開催案内

 投稿者:S61年卒)企画担当 久保健一  投稿日:2017年11月 5日(日)11時53分12秒
返信・引用 編集済
  【白堊イベント】
●日時:2017年12月2日(土)午後3時30分~午後5時
●会場:新宿区・戸塚地域センター5F「会議室1」
●住所:東京都新宿区高田馬場2-18-1 ●電話:03-3209-8001(戸塚地域センター)
●ゲスト:宮野谷篤さん(S53卒・日本銀行理事)

宮野谷さんは、釜石市のご出身。大学卒業後日銀に入行し、ニューヨーク事務所、金融機関の破綻が相次いだ時期には担当課長として対応、近年は、金融機構局長、名古屋支店長、理事大阪支店長の要職を歴任されています。今春より本店に戻り、金融機構局、発券局、情報サービス局担当理事として勤務されています。
金融・経済に関するお話しのみならず、子供時代を過ごした釜石の思い出、痛快な学生生活を送った一高時代、そして、趣味の点描画や街歩きのことなど、幅広く興味深いお話が聞けることと思います。ビジネス関係のお仕事されている方はもちろん、特に、大学生や若い世代の方のご参加を歓迎いたします。

http://www.hakua.org/tokyo/20171202_information.htm

 
 

第3回「先輩を囲む会」の開催について

 投稿者:S61年卒)企画担当 久保健一  投稿日:2017年10月15日(日)13時50分49秒
返信・引用
  【白堊イベント】
●ゲスト:及川孝信さん(S60卒・次世代社会づくりカンパニー「キウィ・ジェイ・アナ」代表取締役)
●日時:2017年11月11日(土)午後3時30分~午後5時
●会場:新宿区・戸塚地域センター5F「会議室1」
●住所:東京都新宿区高田馬場2-18-1
●電話:03-3209-8001(戸塚地域センター)
●アクセス:JR山手線・西武新宿線の高田馬場駅「早稲田口」から徒歩3分。地下鉄東西線高田馬場駅「2番出口」から徒歩3分
●参加費:会場代として1人200円をいただきます。
●懇親会:終了後、近隣にて開催します。

●参加お申込:久保健一(eメール:kubo3070@gmail.com/電話:090-2447-8353)までご連絡ください。なお、消防法の規定で会場の定員は30人厳守となっています。定員に達した時点で申し込みを締め切らせていただきます。ぜひ、お早めに申し込みください。

及川さんは、28歳の時に日本でビジネスコンサルティング会社を創業。新規事業コンサルティングなどに加え、東京と地方をつなぐ多くのマーケティングプロジェクトなども手がけました。43歳の2010年にはニュージーランド(NZ)で起業。「家族優先」「学びの自己管理」「人生何度でもやり直せる働き方」といった「NZ流」を取り入れた日本企業・学校・自治体向けの次世代人材育成セミナー、インターン、留学など多彩な教育関連事業を行っています。及川さんの代が幹事学年を務められた今年5月の49回総会で、ビデオを通じて会場にメッセージを届けられたので、ご記憶のある方も多いと思います。来月、日本に一時帰国することになり、その機会をとらえて、ゲストとしてお招きすることになりました。
囲む会では、及川さんが追求する新しい社会のイメージをうかがいながら、日本の教育・働き方をどう変えて、どのような未来を作っていくべきか、また、我々は何ができるかについて、参加者のみなさんと一緒に考えていくことができれば、と思っています。及川さんは、特に「子育て現役」の方々との対話を呼びかけています。これまで同窓会活動に参加されてこなかった方も、気軽においでください。
 

野口田鶴子さんの定例公演「宮沢賢治の世界-VOL29」のご案内

 投稿者:細越博資  投稿日:2017年10月 6日(金)06時52分18秒
返信・引用
  野口田鶴子さんの秋の定例公演が、下記の通り開催されますのでご案内いたします。
ご来場をお待ちしております。

           記
1.時:2017年10月28日(土)15時開演(14時30分開場)
2.於:広尾 東江寺本堂
    地下鉄日比谷線広尾駅2番出口より徒歩5分
3.レクチャー&朗読・音楽
  演題:「青森挽歌三」、「青森挽歌」、「薤露青」
    レクチャー 吉田文憲氏
   朗読    野口田鶴子
   音楽    小木曽 綾氏
4.制作:SHOW&野口
     [予約問合せ]野口 090-1765-9117
      [会費] 2,000円(当日会場にて)
           
 

Re: 「先輩を囲む会」の開催について

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月26日(火)09時50分5秒
返信・引用 編集済
  > No.510[元記事へ]

【白堊イベント】第2回目のご案内も出ています。
Facebook会員でない方も、URLを参照してお申し込みできます。

> 第50回総会幹事学年(S61年卒)企画担当の久保健一です。来年5月の総会については、
> 「大人の文化祭」をテーマにして、世代を超えた幅広い交流の場にしたいと考えており、
> みんなで準備を進めているところです。
>
> まず、総会プレイベントとして、「先輩を囲む会」を9月から開催したいと思います。
> 各界で活躍されてきた先輩を、後輩たちが文字通り囲んで、人生の苦楽にまつわる体験を聞き、
> 仕事や今後の進路についてアドバイスをいただく機会とします。
> 白堊OB同士の新たな交流のきっかけにもなれば、とも思っています。
>
> 第1回目は、9月16日であり、参加方法等詳細は、URLを参照してください。

http://www.hakua.org/tokyo/20171021_information.htm

 

Re: 毎日新聞盛岡一高記事

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月15日(金)12時25分43秒
返信・引用
  > No.508[元記事へ]

特集もすでに第6回まで掲載されています。
バックナンバー一覧を、URLクリックしてたどることができます。


> 在京白堊会の諸君、下記のURLどちらかををクリックすると
> 「ぐるっと首都圏・母校をたずねる」に記事が出ています。
> いつまで掲載されるか不明なのですぐにご覧ください。
>
> https://mainichi.jp/articles/20170804/ddl/k03/100/049000c
>

URL:e在京白堊会

http://pmp-jp.com/wp31/

 

演劇「長寿庵啄木」のご案内

 投稿者:S52卒、長内 努  投稿日:2017年 8月25日(金)11時09分11秒
返信・引用
  昭和52年卒の長内努と申します。突然の投稿で失礼いたします。
この度、東京で演劇公演がありますので、ご案内させてください。「もし石川啄木が100歳まで生きていたら…」というフィクションですが、原作のおきあんご(本名昆明夫、S43卒)や、女優の畠山泉(H19卒)、演出助手でキャストも務める藤原瑞基(H23卒)も盛一OB・OGです。そして私が舞台美術を担当します。
啄木と金田一京助との交流や母校でのエピソードも登場しますので、興味のある方はご観劇いただければ幸いです。よろしくおねがいいたします。

今回の公演は岩手からの発信型企画で、盛岡と東京で上演。「流山児★事務所」所属の実力派の演出家・小林七緒さん(日本演出者協会常務理事)を盛岡に招き、ほぼ40日間小林七緒さんや東京から招聘している俳優2名に、盛岡に滞在いただいて演劇版の「アーティスト・イン・レジデンス」を試行しています。さらに新人オーディションで2名、盛岡以外からの県内俳優の参加、演出助手に岩手の若手の登用などで、岩手の演劇層の底上げを図ることも狙った作品です。脚色も小林七緒さんが担い、作曲と音楽は東京の諏訪創さんにお願いしました。俳優たちは全員個性豊かで、その中でも岩手の俳優たちは著しい成長を見せて、楽しめる舞台になっています。
 作品は、啄木が長生きして100歳まで生きていたら、という奇想天外な話ですが、「老い」や「幸福感」という現代の課題にも通じます。望郷の天才詩人・石川啄木が追い求めていた「自分」とは一体何か、私たちと一緒に舞台から探してみませんか。
 今回の東京公演は、遠方からの出演者や新人俳優が多いことで、4ステージの席を埋めるということがなかなか難しい公演です。是非とも、皆さんのご協力を賜り、ご観劇いただくとともに、ご家族、ご友人、職場や地域のお知り合いの方々にもお声がけ、お誘いいただければと存じます。

http://iwate-arts.jp

 

「先輩を囲む会」の開催について

 投稿者:S61年卒)企画担当 久保健一  投稿日:2017年 8月17日(木)22時30分13秒
返信・引用 編集済
  第50回総会幹事学年(S61年卒)企画担当の久保健一です。来年5月の総会については、
「大人の文化祭」をテーマにして、世代を超えた幅広い交流の場にしたいと考えており、
みんなで準備を進めているところです。
【白堊イベント】
まず、総会プレイベントとして、「先輩を囲む会」を9月から開催したいと思います。
各界で活躍されてきた先輩を、後輩たちが文字通り囲んで、人生の苦楽にまつわる体験を聞き、
仕事や今後の進路についてアドバイスをいただく機会とします。
白堊OB同士の新たな交流のきっかけにもなれば、とも思っています。

第1回目は、9月16日であり、参加方法等詳細は、URLを参照してください。

https://www.facebook.com/events/760885037449317/?acontext=%7B%22ref%22%3A%224%22%2C%22feed_story_type%22%3A%22370%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

 

藤沢周平を知る講座

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 7日(月)12時06分6秒
返信・引用 編集済
  S40卒)鈴木文彦氏が講師を務められます。
2017年09月07日(木) 開講
※午前・午後クラスがあります。
応募締切日 : 2017年8月16日(水)必着

【白堊イベント】

http://jre-shumi.jp/shop/g/g473201709-01/

 

毎日新聞盛岡一高記事

 投稿者:白堊應援圑30 星  投稿日:2017年 8月 5日(土)01時45分4秒
返信・引用
  在京白堊会の諸君、下記のURLどちらかををクリックすると
「ぐるっと首都圏・母校をたずねる」に記事が出ています。
いつまで掲載されるか不明なのですぐにご覧ください。

https://mainichi.jp/articles/20170804/ddl/k03/100/049000c

https://mainichi.jp/ch160400424i/%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A8%E9%A6%96%E9%83%BD%E5%9C%8F%E3%83

 

毎日新聞・連載開始

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 4日(金)14時11分52秒
返信・引用 編集済
   ぐるっと東北「母校をたずねる」8、9月は、県立盛岡一高編。1880(明治13)年に「公立岩手中学校」として創設された伝統校だ。初回は盛岡市内の大手薬局「村源」会長、村井研一郎さん(87)=1946年度卒。過酷な肉体労働、空襲の恐怖--。太平洋戦争の真っただ中、入学した村井さんは、長い同高の歴史を作る一員となるという自覚が、その後の人生観につながったと語る。

https://mainichi.jp/search?q=%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A8%E6%9D%B1%E5%8C%97+%E5%B2%A9%E6%89%8B

 

レンタル掲示板
/51