古事記に魅せられて



カテゴリ:[ 趣味 ]


2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2] 内海君の投稿結果を見る

投稿者: 山田益美 投稿日:2019年 1月18日(金)17時00分41秒 KD106167099110.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

teacupの掲示板に、内海君の投稿を入れ込んでみた。
読みやすさはどうだろうか。

日時:2019-01-18 14:47
名前:内海隆司
題名:13.新しい元号への祈願。
本文: 明治の旗印、昭和20年敗戦までの旗印、敗戦後の昭和の旗印、平成の旗印は、有ったのでしょうか。旗印は必要でしょうか。新しい元号の旗印は上からではなく、各人が受け入れられる多様な生き方を許容するスローガンが共感されて成り立つのでしょう。「次世代の天孫」の各人に共感と感動を与えられるスローガンとは何になるのでしょう。時代を超え、民族の違いを超え、宗教を超え、国境・地域を超えて共感できる価値基準・規範を再構築して地道に変化していくことになるのでしょうか。日本は多くの課題を抱えた「課題大国」と言われています。課題の認識が共感・共有できて、明確化・透明性化されたものならば、問題解決策は地道な努力で見つかり、課題は克服されていく。
 日本にはこれまで困難な課題を乗り越えてきた歴史があります。問題は40年後の理想郷をどう描き実現させるかです。
 新元号の2019年が、40年後の2060年になって回想する時に、社会改革のスタート年であったと評価されるのであれば、40年後の未来社会は現在の諸課題を克服した姿になっているのでしょう。
 今年に成人式を祝う「次世代の天孫」が子育てに専念する頃の2060年は、飛鳥京に古代国家が成立して歴史編纂の発端となる天武天皇の詔(681年)から1380年、日本書紀編纂が成立してから1340年の節目の年でもあります。これからの40年が日本の国柄を変える大切な期間であることは間違いないようです。
 みんなが納得のいく社会造りは、全員参加の多様な人材を許容する価値観の多様な社会が理想郷になるのでしょうか。最後は人造り、「次世代の天孫」の人材育成さえ間違えなければ、世界的なIT社会での変動騒乱は乗り越えられると期待できます。
 夢は志をもち楽観的に持続させることで実現できると言います。そのような夢を祈願することからがスタートです。祈願することは自己への約束事の誓でもあります。未来への請け日(ウケヒ)です。ウケヒ(宇祁毘)は古事記の天体観測の専門用語でもあったのです。
 各人が専門分野を持って働く社会では、プロ集団に育った多様な専門家同士の協業と共生が、新しい仕事を創生して社会を変えていくことになります。IT社会での変動騒乱を乗り越えていくには、諸課題を問題定義して、その分野の専門家の知恵を結集して、問題解決策を体験していく、やがて解決策が成功して成果があがれば、その集団はプロフェッショナルとして表彰される。

 成功体験のモデルを追いかける時代は終わり、今後は未成功分野のモデルを創生していく時代です。多様な専門知識が次々に生まれてくる時代です。今年は変化に耐えられる人材育成を40年、50年先を見据えて考え、具体化していく元年にしたいものです。




[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2019年 1月18日(金)09時17分46秒 KD106167099110.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.