神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


8117件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[8393] なめちゃいかん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月27日(火)23時47分2秒   通報   返信・引用

囲碁にしても将棋にしても勝負事ですからね。無頼派が多い。私が好きな棋士に藤沢秀行がいる。こんな生き方なかなか出来ないでしょう。中原永世名人だって林葉直子事件を起こしている。勝負師は、そのときその瞬間に賭けているんですよ。ばかにするのもいいが、羨ましい気もする。

藤沢秀行
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%B2%A2%E7%A7%80%E8%A1%8C



[8392] アメリカ版の幸数療法

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年10月27日(火)21時06分35秒   通報   返信・引用

アメリカ版の幸数療法を発見しました。国は違っても真理は一つ、感謝幸数で長生きしましょう。
「幸せな人は9.4年長生きする」。日々の感謝が全てを癒す、という米国の研究結果
出典: 永井孝尚の写真ブログさん https://blogs.itmedia.co.jp/mm21/2011/12/94-e3b5.html

次に、小林義功禅師オカルト霊魂霊能者療法で対人恐怖症治りお礼挨拶に行ったが同時に教わった
メシウマw感謝幸数療法で鬱と暇恐怖が吹っ飛んで無くなって感激してる事を言い忘れたので
もう一度参禅入門しようか迷ってる。あまりしつこくでも老師の禅修行の邪魔になるかなあ。。。
小林義功禅師レベルまで修行進むと信者さんからオニギリ飯布施一つ頂くだけで
感激飛び上がるそうな。まさにメシウマw天国、感謝幸数療法禅仏教。



[8391] 将棋の藤井聡太2冠について

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年10月27日(火)21時03分41秒   通報   返信・引用

ぐるとさんへ
>この中でこの人、将棋の藤井聡太2冠について「いままでだったらありえない人」と...
>...そこに「侮蔑の感情」が滲(にじ)み出ていると思うのは私だけではあるまい。

今までのぐるとさんの投稿を見返して思うに、ぐるとさんって激しい人なんですね(笑)
まあ、侮蔑滲むとまではいかないんじゃね?目くじらたてる程の事は無いと思いますよw

次に、僕が入院した病院は霊魂神社神道と併合した森田療法だったので、数十年後禅や
神道に目覚めることになった、ありがたい。鈴木知準+宇佐晋一禅森田療法に傾いた日もあり、
高良武長生活の発見会メンタルヘルス岡本記念財団派だった日もあり、
今は神道幸数療法+森田療法で治りに到達した。無口性格は治らんがorz
対人恐怖症には悩んだ時期もあるが、思えば対人恐怖のおかげで深く色々勉強でき幸福です。
小学校の頃神道の霊魂神々名を僕に教えようとした同級生を馬鹿にしていましたが
反省してもしたらない懺悔の日々を送らさせてもらっています。



[8390] 将棋に対する嫉妬

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月27日(火)19時34分51秒   通報   返信・引用

私は将棋の話が出ると、どうして10中8,9囲碁ではなくて将棋
なのかとやきもちを焼く。
毎日ニュースを読んでいるが、殆どは将棋の話で、囲碁が出る事は稀です。
今、囲碁でも革命が起きていた、AIが導入されて囲碁の形が大きく
変わり、ひと昔前に比べると、これが同じ囲碁かと思う位変わった。

女性棋士が強くなったのも特筆出来る。まだ20歳になったばかりの
女性が一流男性棋士を見事に破る。
何より囲碁はインターナショナルだ。韓国、中国、日本により主に構成
されているが、過去30年間日本は毎回ビリで、どうして日本が勝てない
のか、説明出来る人がいない。

あまり日本が弱いので中国、韓国に同情されている。
私が思うに、日本では囲碁はゲームと言うより、道のようだ。
中国のトップ同士の対戦を見て驚いたのは、その態度のラフなこと。
服装もだらしがないし、肘をついている。
あくまで縁台将棋の延長として彼らは考えているようだ。

日本では単なるゲームではなくて、人間の生きる道の追及みたいな所がある。
これが弱くしている原因ではないかと、私は個人的に考えている。



[8389] 失礼な動画

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月27日(火)18時51分35秒   通報   返信・引用 > No.8243[元記事へ]

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8243

少し前に猫仙人さんが紹介したこちらの動画について。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8239

この中でこの人、将棋の藤井聡太2冠について「いままでだったらありえない人」という
表現をしている。これってずいぶんと失礼な発言だと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=XKKR8BzP8qM

おそらく「あんな内気で性格暗そうで口下手な高校生が賞賛されるなんて・・・」とでもいいたいの
だろうが、そこに「侮蔑の感情」が滲(にじ)み出ていると思うのは私だけではあるまい。

いったい何様のつもりか?
あの人のほうが、そういうアンタよりは顔だってずっと上だよ(笑)と言いたくなる。

さて、みなさんはどう思いますか?



[8388] 「風力発電」の景観破壊などの問題

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月27日(火)18時47分57秒   通報   返信・引用 > No.8370[元記事へ]

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8370

「風力発電」は景観を損なう、それほど意味はないのでは?、というのは同感ですね。
いわゆる「環境ビジネス」に群がる悪しき利権構造という感じがします。

これまで風光明媚だった場所にあの「無粋で巨大な白いプロペラ」が何台も並び立つ。

それであのプロペラ、じつはけっこう動いていなかったり、
そもそも動作停止状態のものも多いのですよ。効率もそれほどよいとはいえないらしい。

メーカーとしては作りさえすればあとはどうなろうが知ったことではないわけで、
そのように、たいした役にも立ってないのに、あの発電機の製作メーカーはほぼ独占状態、
世界各地で巨大プロペラ作り放題、ボロ儲けし放題なのが実情らしい。

現在は地方ではどこも過疎で疲弊が深刻な問題だから「地域の活性化に一役買う」という名目で、
全国各所で所かまわず一時はずいぶん売り込みの動きがあったようだが、潤うのはまずメーカー、
そして自治体(のお偉方)や有力者と建設会社、土地の地主といったほんのひと握りの人たちだけで、
「ポスト火力発電、原子力発電」「地球環境に優しいクリーンエネルギー」の美名のもと、
あの巨大な風力発電機は「農村漁村を食いものにしている」というのが本当の所でしょう。

現在は都市部では電力送信に昔から欠かせない電信柱や電線でさえも
「景観を損なう」という理由で地下配線にする動きも出ているくらいだ。
いっぽうであの無粋な風力発電機は、地方では高圧送電線と並んで大きな景観破壊になっていて、
景観地にも無神経に平然と林立してくるのがまったく腹立たしい。

ちなみに太陽光発電のソーラーパネルのほうは、必然性、必要性も高いことだし、
それほど積極的な景観破壊にはなってないし、あっちはそんなに問題ないのでは?、と思います。



[8387] 誹謗中傷、陰謀論、フェイクニュース

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月27日(火)17時02分46秒   通報   返信・引用

最近、この三つを毎日聞くようになった。スマホの
影響だと思う。皆、便利便利と言うが、便利の方向違いでは
ないだろうか。

そんなに情報を沢山得た所で、どれほど生活のプラスになるだろうか。
物事の正しい判断には熟成期間と言うのが必要である。
あるいは一を知って十を知ると言うのがある。
やたら無意味な情報処理をしていると、段々バカになるのではないか。



[8386] ヘッドホン

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月27日(火)16時48分54秒   通報   返信・引用

今日専門店に行って各種ヘッドホンの聴き比べをした。
迷えば迷うほど次第に違いが分からなくなってくる。
AKGの特別に高いのを買おうと思ったら在庫がないと言う。
それでDENONを最終的に決めたが、これが一体どれほどいいかと
言うと自分でも分からない。

各種ヘッドホンはあるが、皆似たような部品を使い設計を
しているから、違うと言ってもあまり違わない。結局、自分がどこで妥協する
かで決まるようだ。もう今後ヘッドホンを探す事は止める事にした。



[8385] 心に刺激を与える

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月27日(火)13時04分8秒   通報   返信・引用

昨日は夜更かしをした。今朝方4時まで起きていた。デジタルコンテンツの漫画にはまってしまったのである。普段、漫画など読まないのだが、たまたま読み始めたら面白くて。

" yukito "という青年向けヤクザ漫画だ。信頼、裏切り、暴力、シャブ中、セックス、愛情など心を揺さぶられる部分はたくさんある。たまには、心の振幅を大きくするのもいいんじゃないかと思った。

神経症者は、心の平安を求め心を揺さぶられるようなところから逃げる人が多いでしょう。でも、それでは鍛えられないんですよ。いちばん良いのは経験することだけど、それが無理なら小説、劇画、映画のようなもので心を豊かにするのもありではないか。

そう感じました。



[8384] これは豪華

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月27日(火)05時22分29秒   通報   返信・引用

夢さんは食事に十分お金をかけている。これだけの夕食を毎晩食べられる
のは幸せですね。私はつい費用を考えてしまうから、内容は粗末になる。

鮭なんて、つい私がトラック運転手をやっていた25年前には安かった。
あのころは100%天然であり、築地で一本2,500円で塩じゃけ
を買って来て、自分では食いきれないから他の運転手に上げたら
喜んでいた。こんな話はとうの昔の話で、今は、まずいチリ産の
養殖鮭だらけ。ああ、地球温暖化は深刻な問題になったものだ。

ただ夢さんのメニューで一つ合点出来ないのは、トマトジュースと
ビールのカクテルだ。私の胃袋はそんなもの飲むとひっくり返る。



[8383] 今日の晩酌

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月26日(月)23時03分7秒   通報   返信・引用

今日の晩酌
https://drive.google.com/file/d/1fvjqxb7z-jeClPOL4n1ZuVDiEp1MvPDe/view?usp=sharing

時鮭(白鮭)
生牡蠣ポン酢
納豆の大根おろしがけ
筋子
大根おろしの汁にリンゴ酢
レッドアイ(ビールとトマトジュースのカクテル)

いつもは紅鮭を買うのだが時鮭を買ってきた。どちらも捨てがたいのだが、紅鮭は身はがれがよく食感も味もいい。時鮭は脂の旨みが絶品。紅鮭は日本の海域ではほとんど取れない。養殖も出来ず全て天然である。

相変わらず素材感の強い食事だと思うが、それが好きなのである。そして、私は食材にはお金を掛ける。良い食材を活かした食べ方が好きだ。



[8382] 最善のヘッドフォーンを求めて

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月26日(月)16時28分43秒   通報   返信・引用

今日は秋葉原に、試聴が可能なヘッドホン販売店に行って来た。
問題は、自分で機械を持って行かないと
店においてあるメニューから選ばないとならないことであった。
見ると、皆ポップミュージックばかりでクラッシックがない。
さあ、自分が用意するにはどうしたら良いか。すっかり考えてしまった。

幸いな事に、ここでは修理工房があり、断線の修理も
すると言うからこれ幸い、次回は断線したAKGを持って行くつもりです。
折角来たのだからポップミュージックで試聴したが、AKGの13万円の
ヘッドホンが良い音をしていた。

でも、13万円のヘッドフォーンを買うなんて普通はないでしょう。
高すぎる。余程音質にほれ込まない限りは決心がつかない。



[8381] NHKと公共放送

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月26日(月)10時05分32秒   通報   返信・引用

これを聞くと空しい感じがする。公共とは何であろうか。
品の良い意味で国民を楽しませて、重要な情報を与えると言うことでしょう。
しかし民放は重要な情報を与えないだろうか。
どんなチャンネルでも地震、津波、台風の情報は、
番組の途中でも小刻みで伝えてくれる。

私は地方の様子は分からないが、今テレビは
殆ど有線でしょう。すると50チャンネルも見られて、東京と同じことになる。

私の子供の時分は、NHK以外は殆どなかった。NHKは生活の
ライフラインであったのですが、今はその100分の1の価値しかなくなった。
なのに国民の誰からも税金みたく、毎月2000円取るなんて
国民の賛同は得られない。



[8380] まさかの

投稿者: 投稿日:2020年10月25日(日)23時59分3秒   通報   返信・引用

掲示板設立。
https://9219.teacup.com/purple_sea2020/bbs

ぐるとさんは、こちらで、新シリーズ書き尽くしてください。
ただし、いずれは、掲示板は閉鎖いたします。
承認欲求手放すならば、自らの文章を書き残しておく事への拘りも手放せるはずですから、ぜひこちらへ。

夢fantasyさんの投稿は、断固お断りいたします。



[8379] モテない男の歌

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年10月25日(日)22時29分27秒   通報   返信・引用

*東洋のハーレムのナンパ師範恋愛塾に入った時五万円も払ったが、マシンガントーク雑談で
女を楽しませ口説けば出来ると説教された。
が、お前は無口性格だから無理だなと破門され落第したorz。残念。
今日も電車の中で手をつないでオシャベリ雑談しながら登校する高校生を尻目に僕は孤独。

*Administratorさんへ
>顔をみると青い顔して、血の気が消えている。
>とても社会では使えないし、女にももてない。

Administratorさんは、女にもてるのですか?

>健康になると体が軽くなり、体の中心にリズムがあるように感じます。
>即ち動くのが気持ちがいい。

それでは座禅で動かず座るのはなぜでしょうか。



[8378] ぐると さんへ 無口悩みについて

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年10月25日(日)22時25分51秒   通報   返信・引用

*ぐるとさんへ
>「神経症」は治らない。「幸数療法」とやらが間違ってる所以です。

でも僕は下記の1番目のリンクの美輪明宏さん丹羽哲郎さん動画の幸数療法で凄く楽に
なっちやったんですが。という事は、そもそも僕は神経症では無かったのでしょうか?
或いは美輪明宏さんが間違っているとかでしょうか?

https://ameblo.jp/shakoufuan/entry-12588047791.html

>神経症の人には「自分の性格への悩み」というのがついて回ることが多く
>それで「性格改造のための空回りの努力」を始める場合が多いのです。

ところが森田療法の生活の発見会内で対人恐怖を脱出して純なる心に目覚めると
無口の性格が治りオシャベリな性格に出来るという幹事さんがいたので入門中です。
僕としては無口をオシャベリにはできないだろうという推測ですが試しに入門しました。

>私は以前からずっと「自分の性格を認めることが必要」と書いているはずですが??

であるならば僕と同じ考え方です。生活の発見会での入門も失敗に終わると思うので
そうしたら無口性格改造投稿の旅もネタが尽き、無口人間である事を認める事になります。
失礼しました。「自分の性格を認めることが必要」は正解です。勘違いしていました。

>「無口神経症」というのはなくても、猫仙人さんの場合「無口な性格であることの悩み」を、
>「神や霊魂や霊能力」などに縋(すが)ったり、怪しげな動画に熱中することで解決しようとしたり

それは違います。それぞれ別系統の悩みです。神様は無口は治せませんよ。
神は森田先生のように甘くはなく、もっと厳しいので。
無口性格改造旅は生活の発見会の純な心で治すか、ぐるとさんの言うように性格を認める諦念で
治すしかありません。無口で女にモテずに出世もできなかったが年を取るにつれ諦めかけてます。
ただあの世への不安悩みは神様に治してもらえます。(これはここの掲示板の守備範囲外ですが。)



[8377] 新シリーズ予告!「森田本紹介」

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月25日(日)20時00分11秒   通報   返信・引用

こちらの管理人の書いてることは「森田療法もどき」だし、読者もまた「森田」について
興味関心があるか、以前はあった、もしくは昔森田療法を受けたことがある、という人が多いようだ。

じっさいあちこちの掲示板で「森田」や「禅」について「どんなことを勉強すれば神経症が治るか」、
所かまわず質問を散らかしまくっているような人もいて、そういう人を見ていると
「そんなに知りたいんなら、自分でちっとは調べろよ!」とでも言いたくなったりもするが、
そんな人が多いことからしても、やはり神経症者は「森田関連の書籍」について知りたいものらしい。

ところがそういった内容について、要所を外さず、余す所なく系統立てて説明している人は
残念ながら皆無のようだ。それに「森田」には「注意すべき点」や「落とし穴」もある。
どういう点に注意すべきなのか、痒い所をきちんと指摘している人もいない。

「森田療法の欠点」らしきものを書いてる人や投稿をみると、どれもただ単に「悪口」止まり。
そのような愚痴を聞かされても、読者は「じゃあどうすればいいの?」という感想になり
途方に暮れるだけだろう。あれでは悩んでいる人の助けにはならない。

またHNさんなどは、誰の質問にも「森田療法」を紹介し「鈴木大拙の本」を読むことを
推奨しているので、一見「森田療法の本」についても詳しそうにみえる。しかしなんとHNさんは、
じつは「森田正馬の本を1冊も読んだことがない(!)」し、また今後も読むつもりはないのだという。

HNさんについて、私はりんごさんみたいに「どんな質問についても同じ説明をして、
あとは『右脳理論のスペリー博士の動画のリンク』を貼って終わり」なんて悪口(笑)を言って、
必要以上に貶すつもりはないが、「森田関連の本についての知識ゼロ」で
「森田先生の言ってることだから正しい」を多用するきらいがあるのは批判されてもしかたあるまい。

さらに管理人にいたっては「世界でただ1人、奇跡的に管理人だけが最初に神経症を治した」
「管理人ほど神経症を語れる人間はいない」の繰り返しで、そもそもてんで話にならない。

ということで、誰かが「森田療法」や「森田理論」について、どのような本を読めばいいのか、
きちんと教えてあげるべきで、そこで今回、それでも「森田療法」や「森田理論」について
知りたいという人のために「新シリーズ」として「森田関連書籍の紹介」を随時、行なうことにした。

ただし通り一遍の内容では面白くないので、多分に「斜(はす)にかまえた」内容になるはずだ。
「この角度から捉えるとこうなる」「このような見方もある」という視点を大事にしていて、
多少「フザけた」要素が入る回もあるけれど、しっかり要所(ツボ)は押さえたものになりますよ。
おそらく読めば多くの人が「目から鱗が落ちる」こと請け合いだ。

・・ということで、例えばこのような本などを採り上げる予定だ。

「森田精神療法の実際(高良武久)」「ノイローゼの積極的解決(鈴木知準)」「森田式精神健康法
(長谷川洋三)」「心配性をなおす本(青木薫久)」「あるがままの世界(宇佐晋一他)」
「対人恐怖の正体と治し方(馬杉保)」「神経症を治す本(〇藤正弘)」・・・などなど。
ズバリ、あなたもよく知ってるいわゆる「代表的な森田本」がどんどん出てきますよ。乞うご期待。

こうやってみると、終わりのほうには多少変なのが混じっていますね。
ま、それも「ご愛敬」。お慰みということでご了承のほどを(笑)



[8376] 雑記

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月25日(日)19時57分47秒   通報   返信・引用

まずはKYさん。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8339

> また「拒食症」など「当人に病識がない」ものは明らかに「精神病」であろう。
>               ↓
> 多くの摂食障害はこれではいけないと心の片隅で思っていますが太ることの不安でやめられない。
> 統合失調症の妄想の確信とは違うと思います。中には病識が無い人もいるかもしれませんが。

そうなんですよ。確かに仰る通り。「食べる必要性」は自覚してもどうしてもそうできない状態に
苦しむのだろうと思われます。しかし神経症の「肥満恐怖」の場合ならけっきょく理性が勝つわけで、
中には痩せ細って死んでしまう人もいる「拒食症」は明らかに毛色の違う病気でしょう。

ただしこれらの事柄は、この投稿での全体の主旨ではないので、適当な長さで収めようとすると、
どうしても「細部は端折(はしょ)る」ことになるわけで、このように細かい箇所はどうしても
「説明足らず」になる所が出てきて、忸怩(じくじ)たるものがあったりするのですが(笑)、
そのあたりは何卒ご容赦、ご理解のほどお願いできれば幸いです。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8331

> いまもって「性格改善についての悩み」には解決の糸口が見出せていないようだ。
             ↓
> 森田先生も鈴木先生も神経質性格は変えられない、神経質に生きるという指導です。

ここでの主旨は「神経質性格が変えられるか否か」ではなく、猫仙人さんが「性格改造の悩み」を
持っていて、(あちこちで怪しげなオカルトの話を持ち出したりして質問している所からみて)
おそらく現在、その悩みがまったく解決できていないということです。

この「自分の性格や性格改造について悩み」については、水谷啓二や岡本常男も触れているもので、
神経症の人に付随してよく現れる症状であることが知られていて、広義の神経症というべきものです。

それで私は一貫して「まず自分の性格を受け容れることが肝要」と書いています。
神経質な性格自体は変えられませんが、受け容れることにより「必要に応じて性格は変わる」ことは、
「長谷川洋三」などの「森田理論系」だけでなく「鈴木知準」なども言っていることです。

それからKYさんはHNさんの掲示板にも投稿をしているようです。こちらの管理人はよいことも
いうことがあるけれど、ずいぶんと間違ったこともいっているので、バランスを取る意味でも、
こちらのサイトばかりみずに、そのようにHNさんのサイトと両方みるのがよいでしょう。
とりわけ最近はHNさんの掲示板は閑散とした雰囲気なので、質問でもコメントでも、
こちらと同様に、みんながもう少しどんどん投稿するのがよいと思います。

もっともご承知の通り、HNさんにはこちらの管理人みたいに性格がネジくれた要素はないですが、
この人も時々おかしなことを書いたり、都合の悪いことは適当にごまかす癖があったりするので、
その点は注意してください(笑)。

次は猫仙人さん。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8365

> >たとえば猫仙人さんが、昔対人緊張を「逆に緊張してやれ」で解消することができたらしいが、
> >いまもって「性格改善についての悩み」には解決の糸口が見出せていないようだ。
> >猫仙人さんにとって、じつはおそらくそれこそが神経症の本質だからだ。
>
> いや、それ違う。内向型無口は神経症の範疇から外れていて性格だから治りませんよ、森田療法でも。
> 例えば無口の職人の男をアーパー女子高生や明石家さんまやタモリのように四六時中の
> オシャベリ人間に性格変更することは不可能。
>      ・・・(中略)・・・
> これを出来る医者がいたら、ぐるとさんの論を信じても良い。が、そうはいかないであろう。
> 肌の色や背の高さと同じで変更不可。森田療法で「無口神経症」ってのは聞いたことがないし、
> 森田先生は入院中のオシャベリ男のことを漫談男として嫌ってます。

さっきも書きましたが、神経症の人には「自分の性格への悩み」というのがついて回ることが多く
それで「性格改造のための空回りの努力」を始める場合が多いのです。
「無口」と「神経症」には直接関係はありませんが「無口な性格」についてあれこれ悩むのは
立派な「広義の神経症」になるのですよ。それでここで出てくる「私の論」って何でしょう?
私は以前からずっと「自分の性格を認めることが必要」と書いているはずですが??

「無口神経症」というのはなくても、猫仙人さんの場合「無口な性格であることの悩み」を、
「神や霊魂や霊能力」などに縋(すが)ったり、怪しげな動画に熱中することで解決しようとしたり、
あちこちでそのことを質問しまくったりしていて、客観的にはむしろそれが神経症の主症状に見えますよ。
何を信じようが、それはもちろん猫仙人さんの自由ですが、あとになって「昔は江原啓之や美輪明宏の
話を信じてたけど、あれはいったい何だったのだろう?」とならなければいいのですが。

最後に管理人。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8352

> それは30年間読みまくった森田療法から完全脱却して、
> 治そうの考えを、頭の中から完全消去したからです。

私は「森田関連の本」を読んでた期間は3年、いや多く見積もってもせいぜい5年ですよ。
「30年間」とはなるほどスゴい。たいしたもんだ(笑)。そこまで読み耽れば嫌気がさすのも当然だ。

ちなみに「治ると森田関連の本はもう読まなくなる」というのは本当のことだと思います。
でも読みたい人、どうしても手が出る人は、やめようと思ってもやめられないでしょうから、
気がすむまで、納得するまで読むべきです。行きつくところまでは行かないと不安でしょうから、
読みたい本、気になる本がある人は、早めに片っ端から読んでしまうことをおすすめします。



[8374] 雑用を必死にやるようになったら精神病院行き

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月25日(日)16時06分16秒   通報   返信・引用

この人の脳には「雑用をやれば神経症が治る」のマントラが
唸りを上げている。これは狂いであり、そのまま、The End
に向かって突っ走る。

雑用は結果であって入り口ではない。
健康になると体が軽くなり、体の中心にリズムがあるように
感じます。即ち動くのが気持ちがいい。
やる事が見えると言うより、見える前に体が動いている。

これを感じるから社会の人は皆、笑顔で働いているのではないですか。
誰が青い顔をして「無」の能書きを言っているだろうか。



[8373] 何を言ってるのか分からない

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月25日(日)14時19分1秒   通報   返信・引用

ぐるとさんの最近の投稿はひどい。あゆさんに対しても、どこからの目線で話してんだと思うし、ちょっと傲慢ではないか。治ったかどうかを判定するのは難しいが、治ってないのを判定するのは簡単だ。



[8372] 「無」とか絶対境地

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月25日(日)13時54分6秒   通報   返信・引用

これを話すようになったら、一生は狂ってお終いです。
逆を考えたらよい。日本人の99%は、興味もないし
説明も出来ない。しかし社会はご覧のように問題なく回転している。

話は飛ぶが、私が中国重慶に行った時に、飛行機の中で日本から
仏教の坊さんたちの一向と乗り合わせた。この人たち飛行機の中も
作務服のいで立ちで、異色であった。

その一向の一人に話しかけたら、鎌倉の禅宗の人たちらしい。
それで私は「無」について話すと、嫌な顔をされたので、
あはー、これが「無」の正体だなと一瞬納得した。

健康な人たちに取って「無」は関係がないし、話すようになったら、
むしろ心に問題が生じているのである。



[8371] 「絶対境地」ってどこにあるの?

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月25日(日)12時33分25秒   通報   返信・引用 > No.8350[元記事へ]

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8350

> 神経症っていうのが、忘れることでは治らないことを知りました。

あゆさん、よいことに気づきましたね。
でもあゆさんの場合は、はたしてそれがこの先きちんと定着するかどうかが疑問で、そこが課題ですね。

このように「神経症は忘れることでは治らない」わけです。

すなわち「自分は神経症で悩んでいるが、ほかに何かよいことがあったから、そっちに着目して
神経症の苦しさを紛らせようとしても、それは『一時しのぎ』にはなっても神経症は治らない」のです。

例えばたとえ「宝くじの特等」が当たっても、やっぱりそれでは「神経症」は治らない。
「幸数療法」とやらが間違ってる所以です。

> 最近、身体を動かしています。
> 何かすることは、重要なことですね。

だから確かに「動く」ことは「人間が生きていく上で大切で必要」ではあるけれど、
じゃあそれで「神経症が治るか」といえば「治らない」。この両者に関係はないんですね。
これ重要なところです。

「神経症」の人たちの中には「一時的に気が軽くなる」「気持ちがよくなった」からと味をしめて
「動き」「作業」「雑用」に熱中することで「神経症を治そうとする」人が一部にいますが、
そうすると「神経症を治す」ための「やりくり」になるだけで、一時的な「気休め」にはなっても、
やめればまた否応なく「神経症」のことを考えざるを得ないわけで、そのうち余計
「鬱に沈む(?)」ことにもなってしまう。下手をすると「一休さん」みたいになって逆に悪くなる。

それでは「治り」はどこにあるか?。これは「神経症」の人がおそらく一度は必ず考える問題です。
そこで叩き台として、管理人が書いたこちらの「禅の講義(今月のもの)」をもとに考えてみましょう。
http://mui-therapy.org/zen/zen.htm
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8342

> 私は”解答を出してはいけない”と言う。
> さらに”解答を出してはいけないと言う解答も出してはいけない”とも言う。

「神経症」はこのような発想では「やりくり」「循環思考」になるだけで治らない、
ということをこの前解説しましたが、じつはこちらの(以下の)内容も誤りです。

> 神経症の解決も「イエス」と「ノー」の知性の営みを超えたものでないとならない。
> そんなことが出来るのかと聞かれそうだが、実は絶対境地は我々の直ぐ横にあり、
> 日本人の99%がその境地で生きている。この簡単な事を、神経症者がなぜできないか理解できない。

とくに「絶対境地は我々の直ぐ横にあり」の部分が間違っています。

「絶対境地」などあなたの「直ぐ横」にもなければ、かといって「縦」を探してもない。
そんなものどこにもありはしないのです。これは逆。「絶対境地」があると思い求める態度こそ神経症だ。

じゃあどうすればいいの?、そう思った人にヒントを教えると、しいていえば、
これはじつはいま悩んでるあなたの状態、それこそが「絶対境地」であり「治り」なのです。

例えば「青い顔をして天井を見上げてる人」ならば、その姿がその人の「絶対境地」ということだし、
「神経症の堂々めぐりで悪戦苦闘している人」ならば、その状態そのものが「絶対境地」で「治り」だ。
これは、治ったあとになるとわかってくることです。
そこに逃げ場はない。排除すべきものではなかったんですね。

このこと、すなわち「『絶対境地』など横をみても縦をみても、どこにもない」ことが理解できたとき、
はじめて神経症者が持つ「治そうとする強い意志」が、心身に対して
「モーメント(回転力)」としてではなく「重心そのものに作用する力」として働くようになります。
そうなると「無駄な心のやりくり」「無理な号令」がなくなるので、するすると神経症は治っていきます。

それでここで肝心なことは、無理に「動こう」と命令しなくても、おのずと勝手に体が動くようになります。
「神経症を治すための動き、雑用」ではなく、必要に応じての的確、合理的な身体の動きになるわけですね。
不必要で不自然な思考、無理な努力、不必要な動作がなくなり、考えや行動に無駄が少なくなります。
同時にこのとき、その人の能力や個性(持ち味)を最大限発揮できることになるわけです。

それが「森田療法」でいうところの「煩悩即解脱/菩提(ぼんのうそくげだつ/ぼだい)」そのものだ。
また、あまり好きな言葉ではありませんが「森田療法」では「煩悶のまま救われる」というのも
しばしばよく言いますね。「森田正馬」が言ったとされる言葉ですが、これも同じ内容ですね。

「森田の言葉」が嫌いな人のためにいうと、仏教や禅の言葉「即心即仏」というのもまったく同じ。
「救いはほかにあるのではなく、いまのあなたの心そのものが悟りであり、仏である」ということです。



[8370] 風車の害

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月25日(日)08時05分3秒   通報   返信・引用

最近、化石燃料から自然エネルギーに変える運動が盛り上がっているが、それを
トランプは反対し、風力発電は渡り鳥を殺すと言い始めた。
私もそれには気になっていて、風車が渡り鳥のルートに立っていると沢山の鳥を
殺すのではないかと。
所が実際は鳥は猫に殺されるのが抜群に多く、建物との衝突、車との衝突、
毒餌、電線との衝突、感電死等で死んでいて、風車で死ぬ数はうんと少ないのが分かった。

https://www.newsweek.com/trump-wind-kills-all-birds-chart-not-true-1541597#slideshow/1657671

所がソーラーパネルや風車は風景を害する。
最近日本を旅行していて、以前は自然な山間地に、いきなり膨大な数のソーラーパネル
が設置されている光景を見る。サンフランシスコに今から20年も前に行ったが、バスが緩やかな
丘の頂上に到達すると、平原に無数の風車が立っていたのには興ざめであった。

でも目の前に迫る地球温暖化を見て、多少の我慢をしても設置するしかないだろう。
私が最も恐れるのは原子力であり、今から約10年前に東京は死ぬ運命にあったのを
どれ程の人が覚えているだろうか。福島から僅か200kmで、風向きが悪かったら、
爆発の規模がもう少し大きかったら、私は既に東京には住んでいないはずだ。



[8367] コロナ考

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月24日(土)21時30分51秒   通報   返信・引用

私は、かなり楽天的なところがあって、コロナ過の中で飲みに行きまくっていました。社員もコロナを気にしない人なら連れていってました。私はマスコミに非常に懐疑的で、ニュースなどほとんど信用していませんでした。

私は、病院というものも信用していなくて、金儲けのために病人にされ殺されることもあると思っています。

まあ、こんなことを言うと不謹慎だと怒る人が出てきますが、本音です。



[8366] コロナをどう考えるか

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月24日(土)19時33分45秒   通報   返信・引用

幸いにも日本では思ったほど第二波は厳しくなく、新規感染者、死者数、
病院の空きベッド数ともに、まだ余裕のある姿だ。
これに比べてヨーロッパ、アメリカは非劇的で、新規感染者の数はうなぎ上りです。
アメリカでは死者数は22万人に上り、イギリス、フランスでの死者数は3万とか4万とか
で、聞いているだけで恐ろしくなってくる。決して人々を驚かせる目的でニュースを
しているのではなく、メディアも国民も政府も皆恐怖に慄いている様子が伝わってくる。

日本ではブログを読むと、メディアの騒ぎすぎ、怪しげな専門家が煽り過ぎ、
ワイドショーの視聴率稼ぎと論調を張る所がある。

私はその真ん中を取る。幸い日本ではコロナは思ったほど非劇的ではなかったが、
たまたま運が良かったのであって、ヨーロッパを見ても悲観的になる理由は
十分あると思う。
まだ説明がつかないが、どうもモンゴル系である日本人、韓国人、
中国人はコロナに対して強いようだ。特別に日本人は清潔で、ルールを
守っている分けではないが、不思議とコロナの爆発は起きていない。
多分、このまま行って1年後には治まるような気がする。



[8365] 無口と神経症は無関係

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年10月24日(土)19時27分55秒   通報   返信・引用

*ぐるとさんへ
>たとえば猫仙人さんが、昔対人緊張を「逆に緊張してやれ」で解消することができたらしいが、
>いまもって「性格改善についての悩み」には解決の糸口が見出せていないようだ。
>猫仙人さんにとって、じつはおそらくそれこそが神経症の本質だからだ。

いや、それ違う。内向型無口は神経症の範疇から外れていて性格だから治りませんよ、森田療法でも。
例えば無口の職人の男をアーパー女子高生や明石家さんまやタモリのように四六時中の
オシャベリ人間に性格変更することは不可能。
これを出来る医者がいたら、ぐるとさんの論を信じても良い。が、そうはいかないであろう。
肌の色や背の高さと同じで変更不可。森田療法で「無口神経症」ってのは聞いたことがないし、
森田先生は入院中のオシャベリ男のことを漫談男として嫌ってます。
KYさんの下記の発言が的を得ています。「性格改善についての悩み」=「性質上の無口」は
「森田療法」でさえも治せません。生涯無口を覚悟して生きるしか無い。

>森田先生も鈴木先生も神経質性格は変えられない、神経質に生きるという指導です。

*対人恐怖症の苦しみは自分自身が選んだこと @あがり症克服チャンネル佐藤たけはる @動画
出典: https://www.youtube.com/watch?v=rX1ea7AO5z8

*菅政権、福島原発処理水の海洋放出を決断!反対するなら責任ある対案を!|竹田恒泰チャンネル2
出典: https://www.youtube.com/watch?v=1rSshd0j2YU
竹田恒泰氏:明治天皇玄孫



[8364] 用途次第

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月24日(土)18時07分43秒   通報   返信・引用

>ただし「重曹」ってそんなに洗浄力があるのかな?。正直ちょっと疑問。

重曹の洗浄力が特別というわけではなく用途によっては効くということ。皮脂、石けんかす、焦げつきなどには効果てきめんだ。試しに風呂の椅子と洗面器にかけて置いてみるといい。笑ってしまうほどですよ。



[8363] 固形石鹸から液体石鹸に変える

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月24日(土)17時53分32秒   通報   返信・引用

私は、新しいものを嫌う人間になったらしい。何故、液体石鹸を使わなければならないかと
自問したが、スーパーで置いてないのだからしようがない。
それで、エイとばかり、手洗いも風呂も液体に変えて見た。

そしたら風呂では、液体が使いやすいではないか。すっかり液体派に最近は変わった。
でも、固形石鹸にもそれなりに使いやすい面もあるから、場合場合により
使い分けたら良い。

私みたいな人間は多くないだろうが、以前存在する証拠は、今も探せば固形石鹸は
販売しているのを見れば分かる。
今はデジタル全盛であるが、敢えてLPを聞く人もいる。
コンピューター、Eメールを使わないでファックスを使う人もいる。
世の中、これがダメであれが良いと言う分けでもないのが、面白いではないか。



[8362] 屁理屈

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月24日(土)10時14分53秒   通報   返信・引用

>例えば「戦争でたくさんの人を殺した」ことについて、あとからそれを振り返っても
>「何とも思わない人」と「良心の痛痒を感じる人」がいるし、また人を騙すことについて
>「自分に害が及ばなければ平気な人」と「心に疚(やま)しさを感じる人」がいる。

上記と神経症との関連はないと思います。

私は、終わったことをくよくよ考えないようにしてるんですよ。これはテクニックでね。考え始めたらやめるようにしてるのです。動きも然り。あなたの精神分析よりもよっぽど役に立つと思いませんか。精神分析で神経症は治らないのですよ。



[8361] せめて慰めでもいいから

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月24日(土)09時00分54秒   通報   返信・引用

「対人恐怖の人は優しい」には、どうせ治らないなら、慰めでも良いの表現が
漂っている。
これ、ゴッホの天才と統合失調症の言い回しに似ている。統合失調症にも
天才の可能性を見て、精々あまり思いつめるのを止めようと言いたいのであろう。

特にこのような厭世感覚が神経症者にはあって、それが「お蔭様で
結婚出来ましたとか、ロンドンに行ったとか、東大に入った」とかの表現
になって現れる。

しかし、これ絵に描いた餅を食べた気になって満足しろと言っているようで、
情けない。だから私はこの手の書き込みを最も嫌うのである。



[8360] 雨がひた降る日の舗道を思わせる音楽

投稿者: るみか 投稿日:2020年10月23日(金)23時57分56秒   通報   返信・引用

今日はまた雨が降ったけど、この季節の雨は降り方までどこかさめざめとしていて、
周囲を静かにその雰囲気で包み込む。そんなとき思い出すのがブラームスのこの曲だ。
https://www.youtube.com/watch?v=gnjv7W1YNa4&t=197s

全体的に暗鬱な感じの渋い曲ではあるが、聞きどころは何といってもしばらくして
何げなく現れるピアノの旋律(第2主題という)で、その雰囲気がすばらしい。
(すぐ終わるが最初は3分05秒あたりから。第1楽章で3回出てくる)

うす寒い空の下、ひたひたと優しく音を立ててしっとりと静かにあたりを濡らす雨と、
濡れそぼり光るペイヴメントやショーウインドー、車が通って跳ねる水しぶきの音とか、
そのような情景を想起させるものがあり、この部分には感動したものだ。

こういう時期にしみじみと降る雨の景色は、ほの暗く、ほの明るい。



[8359] 対人恐怖の性格の人はやっぱり優しい人が多い

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月23日(金)22時54分0秒   通報   返信・引用 > No.8349[元記事へ]

まずさっきの下の投稿、

> だからちゃんと「対人恐怖の人は(いちがいにはいえない面も多少あるが、また掲示板の
> 投稿などを見る限り、中にはそういう人もいるみたいだが《笑》)」と書いたでしょ?

> 管理人のはおそらくその「いちがいにはいえない、そういう人」なんですよ。

この箇所の「引用元」を貼り忘れたので、載せておきます。この投稿で上から10行目ぐらいのとこです。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8346

さて、それで、やっぱり「対人恐怖の人」って、基本優しいから「対人恐怖」になるんだと思いますよ。
これは「ほかの人がそれほど気にかけないことが気にかけてしまう性格」あるいは
「細かいことが気になってしまう性格」を「優しい」ととるか「弱い」ととるかの問題だと思いますよ。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8349

例えば「戦争でたくさんの人を殺した」ことについて、あとからそれを振り返っても
「何とも思わない人」と「良心の痛痒を感じる人」がいるし、また人を騙すことについて
「自分に害が及ばなければ平気な人」と「心に疚(やま)しさを感じる人」がいる。

ここでの後者の人はべつに「弱い人」なわけではなく「優しい人」とみるべきでしょう。
あるいは「正しい人」ともいえるかもしれない。

夢fantasyさんが上記の後のほうの人を、ただ「優柔不断な人」「ソンな性格」だとみるのであれば、
それはそういった話にセンスレスなのだというべきです。
もちろん対人恐怖の人にも色々いるようですが、
そういった人達の気持ちがわからない面が確実にあるのではないでしょうか?

それから私は「神経質な性格を無理やり変えろ」などというようなことは昔からいっさい書いていませんよ。
それは私の投稿内容を読めばおのずとわかると思うのですが。

また対人恐怖の心理の裏や奥にはそれなりに「狡い心理」が働いてるのも前回の投稿(上のリンク先)で
指摘した通りで、まったく美化もしていません。

私が書いているのは神経症の人はまず「現在の状態を認める」こと「現在の自分の性格を認めること」、
そこを抜きにしては一歩も進めませんよ、空回りの無駄な努力になってしまいますよ、ということですよ。
これは以前の投稿などを読み返してもらえるとすぐわかる話です。



[8358] ネットや論文で氾濫する「似非科学情報」の犠牲者

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月23日(金)22時19分27秒   通報   返信・引用 > No.8351[元記事へ]

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8351

> 印刷物を読むと、直ぐ鬱病の人は真面目な人だと言う。
> じゃあ、鬱病でない人は不真面目なのか。

この「論理の飛躍」、いったい何なんでしょう?。すごい言いがかりだね。
相変わらずだが、今回のは凄い屁理屈だな(笑)。

> 同じく、対人恐怖の患者が優しい人なんて、笑わせるなと言いたい。
> 私は元対人恐怖で異性恐怖であるが、優しくもなんともない。
> そんな事言われると迷惑だ。

わかってないなあ(笑)。

だからちゃんと「対人恐怖の人は(いちがいにはいえない面も多少あるが、
また掲示板の投稿などを見る限り、中にはそういう人もいるみたいだが《笑》)」と書いたでしょ?

管理人のはおそらくその「いちがいにはいえない、そういう人」なんですよ。

上記注釈を入れて断ってるの、読み落としたのかな?(笑)。

鬱病の人は真面目というのはこれも本当です。どちらかというといわゆる「生」がつく真面目、
「生真面目」な人が多い。律儀な人も多い。これは間違いない。義務感が強すぎたりもする。

ほかの人より潔癖で完全欲が強く、また自分をよく見せたい、周囲の期待に応えたい、
よく評価されたいという気持ちが強い。それで「燃え尽き症候群」にもなってしまう。

どうしてそう「人によく思われよう」「完全であろう」とするかというと、
そこには「自己の欲得や利益のため」という自分本位な動機がちゃんと潜んでいたりもするが、
これ自体、ほかの人も同様にみな持ってるわけだから、そのこと自体はことさら非難できない。

また、普通の人なら、これ以上頑張ったり、気持ちを前向きに持ち続けるのは無理だと思ったら、
そこから先は適当な所でいい加減に手を抜くものだが、そこに上手に歯止めがかからなかったりする。

> これは脳科学がない時代の説明でしょう。

管理人のように、日々「ネットや論文」での「胡散臭い情報」ばかり漁り、
それらに眼を眩(くら)まされているうちに、気づかぬ間に視力が低下して、正しい内容と
「インフルエンザと性格の関連」なんていう「トンデモ科学」や「迷信もどき」の判別が
わからなくなってしまう。そういった内容こそ「フェイクニュース」だといえるでしょう。

「あるグループを何人かずつに分けて手を挙げさせた」なんていう実験では、
じつは施験者は設定次第で、ある程度自分の意図に沿うような結果が出せるのです。

昔「発掘!あるある大事典」でのやらせ実験やデータ捏造などの話と同じです。ネットの情報などに
攪乱されると、どれが「まともな内容」でどれが「フェイクニュース」かわからなくなるわけです。

上記「印刷物に書かれた鬱病の人は真面目」という話は、
中途半端な「脳科学データ」なんかより、ずっと根拠がある内容なのです。



[8357] 洗剤について

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月23日(金)22時13分58秒   通報   返信・引用

洗剤は全般に「マジックリン」より「ハイター」のほうがずっと強力で役に立つ。
ただし「ハイター」は衣類用の「ワイドハイター」などを除いてすべて強酸で塩素系、
強い漂白作用を持っているので、変色するようなものには使えないので注意。

ただし「重曹」ってそんなに洗浄力があるのかな?。正直ちょっと疑問。



[8356] 重曹とは

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月23日(金)20時53分14秒   通報   返信・引用

NaHCO3で弱アルカリ性の物質です。風呂の汚れは恐らく弱酸性であって
NaHCO3と中和して落ちると言う事でしょう。

所で私も先日風呂の汚れを落とした。あの黒はカビではないかと思う。
この場合、ただ、たわしで簡単に落ちた。

トイレ掃除用洗剤、白いタオルについた汚れを落とすハイター等は強い
アルカリ性でうっかり目に入ると失明する可能性がある。だから私は慎重に
使うし、出来るなら使わないで済ましている。

子供の頃、大変優秀な働き盛りの男性がいきなり盲目になった
例を目にしている。彼は会社で化学実験をしていて事故に有ったらしい。
アンモニアが噴き出て目に入り、直ぐ洗ったが間に合わなかった。
その人が道を歩く姿を今も忘れない。
この人の子供が私の友達の一人で、その後東大に入ったと言う。

以来、強い薬品特にアルカリ性薬品を見ると使いたくない。



[8355] 優しい人

投稿者: 通りすが男 投稿日:2020年10月23日(金)20時41分8秒   通報   返信・引用

夢ファンタジーさんも、管理人さんも
優しい人だと思います。
と同時に弱い人でもある。
この弱さを認めれば、今以上に楽になれますよ。

上から目線で失礼しました。



[8353] 風呂掃除には重曹

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月23日(金)18時13分9秒   通報   返信・引用

風呂掃除には重曹が効果的なのをいまさらながら知った。風呂場の椅子と洗面器が積年の汚れで黒ずんでいたのだ。この汚れをバスマジックリンとちょっと粗目のブラシでこすっても全く落ちない。買い替えるしかないかなと半分諦めていたのだが。

インターネットで調べて重曹水が効くと知った。早速試してみると1日でとは無理だったけど、重曹水をスプレーして次回の風呂に入るときにこするとポロポロと汚れがはがれるではないか。これを数回重ねると完璧にきれいになった。

安い重曹がこんなに効くのにバスマジックリンが全く効かないなんて。やはり商売とはありふれたものを売ると儲からないので、形を変えて利益を取るようにしてるのだなと感じました。



[8352] あゆさんへ

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月23日(金)14時36分7秒   通報   返信・引用

貴方の書き込みは神経症の最も難しいポイントを突いている。
神経症は忘れる事では治らない。忘れようとするその努力が、
神経症を悪くしているからだ。

じゃあ、動けば治るか。これ治らない。何故なら、神経症者は全員
動けば治ると信じているからです。死体累々ですよ。
鈴木の所から数千人の患者が元気で退院したが、その内の誰が
インターネット上で活躍しているか。
彼らの言い分は、治ると信じて動いたら、動けなくなったでしょう。

私も多少その気があった。だから最初の内は無為療法が
雑用療法の様相であった。しかしこれはおかしい。
無為療法の最初に、神経症とは治そう病と書いてある。
治そうの強迫観念は猛烈であり、殆どが一生治そうで終わってしまうと。
なのに、雑用をすれば治ると考えるのは同じ間違いの延長ではないか。

じゃあ、何故私が雑用をしつつ、神経症を脱出したのか。
それは30年間読みまくった森田療法から完全脱却して、治そうの
考えを、頭の中から完全消去したからです。
でも消去だけでは手持ちぶたさだ。そこで動いたと言う事です。



[8351] 鬱病、まじめな人は本当か

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月23日(金)14時22分46秒   通報   返信・引用

印刷物を読むと、直ぐ鬱病の人は真面目な人だと言う。
じゃあ、鬱病でない人は不真面目なのか。
これは脳科学がない時代の説明でしょう。

同じく、対人恐怖の患者が優しい人なんて、笑わせるなと言いたい。
私は元対人恐怖で異性恐怖であるが、優しくもなんともない。
そんな事言われると迷惑だ。

これインフルエンザにかかる人は短気な人と言うのに等しい。
科学が発達しないと、このようなフェークニュースがどんどん広まる。
50年も前に、うどんと天ぷらの食い合わせが悪いなんて
女性が話していたっけ。私はその手の話には全然近寄らない
人間です。



[8350] (無題)

投稿者: あゆ 投稿日:2020年10月23日(金)13時08分9秒   通報   返信・引用

神経症っていうのが、忘れることでは治らないことを知りました。
最近、身体を動かしています。
何かすることは、重要なことですね。



[8349] 美化してるのでは

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月23日(金)11時12分16秒   通報   返信・引用

ぐるとさんの言う、対人恐怖の人は基本優しいというのはどうかな?私は、優しいのではなく、弱いのだと思うのです。弱さを受け入れるために優しさにすり替えているのだと思う。

おそらく、この弱さとは生来持った遺伝的なものなのです。心拍数の起伏が激しい、臆病である、心配症である、そういったものを受け止めてどうやって生きていくかを探るべきなのです。

ところが、神経症者は逆の方向に向かって行ってしまうのです。遺伝的なものはなかなか治せないのです。だけど、それを治そうとする。いつまでたっても治らないという結果に陥るのです。

努力する姿は涙ぐましいが、不可能を可能にしようとする姿は馬鹿に見えてしまうのです。

人はみな欠点を持っているけど、それをカバーしながら生きているのですよ。



[8348] 翻訳完成

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月22日(木)20時34分1秒   通報   返信・引用

恐怖、不安と神経回路
http://mui-therapy.org/newfinding/same-brain-circuit.html

無為療法が始まって以来、脳科学を翻訳して来たのですが、従来の説明では
恐怖とは蛇を見て飛び上がるような反応で、不安はじくじくと長期に渡る漠とした
感情と習って来た。

しかし私の個人的感覚では、恐怖と不安は互いに重なり合う事が多いと
感じていた。それを今回の研究ではfMRIを使って証明している。
まだまだ先は長いが、このような事実の積み重ねで、難しい心の病気
が将来解決されると信じたい。



[8347] ニューズウィークの乱暴な商売

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月22日(木)09時33分29秒   通報   返信・引用

ニューズウィークと言ったら日本では大変有名であり、インターネットが始まる以前から
読者が多かったはずです。ここが最近大幅にビジネスを変化させた。
もちろん、資本も移動して今は名前だけで、中身は全然違っているのかも知れないが、
あまりに乱暴な商売で、ぎょっとした。

今までタダで見させてもらってきましたが、最近更に見るには購読しろと言う。
一カ月500円だからだまされたと思って購読にサインした。
所がどっこい、いきなり毎日迷惑Eメールが飛び込み始めた。宣伝を兼ねているが、
これを止めさせる方法がない。おっと、方法を発見したが、それが非常に粗雑であり、
ボタンを押すとEメールがこなくなるが、請求は毎月くる。

そこで自分のアカウントに行って内容変更を試みるが、これまたインチキで、アカウントの内容の
変更が出来ない。即ち、一度購読を決めると修正できないようなアカウントである。
ここにアメリカ文化の日本人にとって危険を学んだ。
アメリカ人には当たり前でも、日本人を狼狽させる。

コロナ禍でも、退院したら500万円の請求が来た、1000万円の請求が来たの
ニュースがアメリカから度々入る。資本主義もその極限まで行くと、非常に
不安な社会が現出する。
ああ、そうそう、ある患者はヘリコプターの救急を頼んだら、一回の利用で
これまた500万円の請求だと。社会を表面だけ見ていると、とんだ目に会う。



[8346] 対人恐怖の人は基本優しい人が多い

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月22日(木)05時35分46秒   通報   返信・引用

この前、対人恐怖の原因を「幼少時に他の人を苛(いじ)めた罪悪感」と決めつける牧師の話をした。
ちなみに鈴木知準の本では、この牧師の見解はとりわけ肯定的にも否定的にも扱われていない。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/8309

私は精神分析全体を否定しているのではないが、それでもこの牧師の意見はおかしい。
絶対におかしい。逆じゃないかと思うのである。

対人恐怖になった原因がもし幼少時を含む過去の体験にあるのなら、それは当人が
「誰かを苛めた」のではなく、反対に「誰かに苛められた」「理解できない冷たい仕打ちを受けた」
「不安恐怖を植えつけられる目に遭った」と考えるほうが自然であろう。

もともと対人恐怖の人は(いちがいにはいえない面も多少あるが、また掲示板の投稿などを見る限り、
中にはそういう人もいるみたいだが《笑》)、全般に「繊細で優しい」人が多いのではないかと思う。

この前ニュースで「最近心に不安を抱える若者たちが増えている」という内容をやっていた。
それで「悩み相談機関」で「人からどう思われてるか、おかしなことを言って悪い印象を
持たれるのではないかと考え込むようになり、引きこもるようになった若者」の
カウンセリングの話が例として出てきたが、そもそもそのような悩みを持つこと自体優しい。

じっさいカウンセラーも、この人について「優しい」「思いやりがある」と評していたようだ。

もちろんこの人とて、悩みの陰には「相談では表面に現れないズルい心理」も働いてるだろう。
しかしそのような要素があるからといって、その人を「自己中心的だからそんな悩みを持つのだ」と
非難するのは間違っている。じっさい森田でも精神分析でも
「人からよく思われようとする心理」=「ズルい心理」「エゴ」と決めつけようとする人がいるよね。

しかし、やっぱりこのような人は、基本ほかの人より細やかな神経を持ち、
さまざまなことを良心的に処理しようと思うから、そうなるのだろうと思うのだ。

またこのような人は総じて「世間知らず」であり「人の心の裏側や醜い面に気づかない」、
また「それを見ることを恐れる心理」から、普通の人なら何でもないような行動を避けてしまうことも
よくある。そういう点では、やっぱりそのような人は繊細で優しい人と呼ぶべきなのである。

よく神経症の人は「人の善意を悪意にとる」と言われるが、必ずしもそればかりではない。
ちょうど反対に「人の悪意が見えてこない」「見たくない心理」から対人恐怖になる人もいるのだ。

人間の性格はさまざまで「人の善意などなんとも思わない、利用するだけ儲けもの、そう思えない人は
ただのバカ」としか思わないような人もいるいっぽうで「人から少しでも悪く思われることが気にかかり、
何もできない人」もいる。またそのことに対して、現実的な整理対処能力に乏しい人もいる。

そのような性格を「人から悪く思われたくないのはエゴだ、ズルい心理だ、たんに自己中心的なだけだ」
と叱責するのは間違ってる。ただし「性格の未成熟」ということはできるだろう。

対人恐怖の人は「幼少時に人を苛めたからその報いをいま受けてるのだ」なんていう「おとぎ話」では
なく、もっと現実の世界の人間関係を正しく認識し、上手に適切に生きる術を身につけるべきであろう。

「他罰的反応ばかり」は悪くて困るが、逆に「自罰的反応ばかり」もひとりよがりで悪いということだ。
だから対人恐怖の人で、もし徒(いたず)らに自分を責めるような人がいたら、それはやめて、
正しい現実認識と、それを基にした方向での努力こそ大切ということになるのではないだろうか。



[8344] 値段の差は知れている

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月21日(水)15時10分6秒   通報   返信・引用

洗濯石鹸には大きな変化が過去一度あった。今から30年前で、それまでは
大箱で、今の粉の箱の10倍位あった。持ち運びが大変で、使い勝手が悪くて何とか
ならないかと思っていたら、いきなり小さな現在の箱になった。
以来30年経ち、メーカーもそろそろ変化の時と考えていたのではないか。

室内干しに向いている、湿って干しても臭くならないとかが売りであるが、本当か
自分で確かめて見る。まあ、多少高めになっているかも知れないが、私の
見た所では目をむく値段の差はない。

それよりヘッドホンで目をむく事が起きた。私はクラッシック音楽にうるさい人間だ。
音質に物凄く拘る。今の所AKGがベストであったが、同じAKGでも機種が違うと
音質が大きく違うのを知った。オーディオテクニカも買ったが音質には失望した。

AKG,K142をインターネットで探して購入したは良いが、これがなんと2か月で
断線して右が聞こえなくなった。修理を要請した所、この機種が古くて今は
部品が調達できないと言う。14,000円がパーになった。

過去1年間でヘッドホンのすったもんだで4台も買ったが全部無駄に終わった。
粉せっけんに比べて損害がダントツです。
さあ、自分が求める音質のヘッドフォーンが得られるかどうか、試聴が
出来るお店を求めて行脚は続く。



[8343] 私と逆だw

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年10月21日(水)10時06分17秒   通報   返信・引用

固形石鹸と液体石鹸

私は、洗濯用も風呂用も、液体石鹸から固形石鹸に変更した派です。どちらがいいという問題じゃなくて好みの問題なので悪しからず。

洗濯石鹸の場合、粉石鹸には漂白剤が入っているんですよ。だから汚れ落ちは粉石鹸の方がいい。コスト的にも粉石鹸の方が有利だ。液体石鹸の多くは漂白剤が入ってなくて、素材によってはそちらを使用した方がいい場合もある。

風呂用石鹸は、液体石鹸は便利だが、やはりコスト的に不利だ。そして、固形石鹸は肌に優しく泡切れが良いのが特徴だ。

何か付加価値を付けないと値段を高くできないんですよ。液体石鹸を使うメリットは利便性だけと言ってもいいと思う。

Sさんも、その辺に着目してみるといいですよ。



[8342] Re: 固形石鹸と液体石鹸

投稿者: ぐると 投稿日:2020年10月20日(火)22時27分55秒   通報   返信・引用 > No.8341[元記事へ]

> 近くのスーパーに行って、何時もの洗濯石鹸を買おうと思ったが、
> ない。どうしたのだろうと思ったら、どうも粉状から液体に変わったらしい。
> 私は頑固人間で新しいものを嫌う。でも売ってないのだから、
> 今回は液体洗濯石鹸を買う事にした。使い方が違うから最初は面倒だ。

それはたいへんでしたね。でもそれ、けっきょくそのお店でその商品の
粉末タイプを扱わなくなっただけじゃないですか?
メーカーの販売戦略方針とか、お店のほうで液体洗剤のほうが利益率が高いとか、
おおかたそんなとこですよ。

たぶん粉末タイプの商品自体がなくなったわけじゃないと思うので、
扱ってる店で買えばいいだけなんじゃないですか?
(ここまでなんだか夢fantasyさんみたいな言い方《笑》)

ところで管理人がまたこんな話を書いてるが、これが禅問答とその解釈の悪い点だ。
http://mui-therapy.org/zen/zen.htm

> 私は”解答を出してはいけない”と言う。
> さらに”解答を出してはいけないと言う解答も出してはいけない”とも言う。

断言するが、こんな屁理屈で治る人など、世界で誰一人、いない。
逆にいうと、こんなことを一日中考えてるのが神経症者たるものの証なのです。
こんな問答繰り返してると、なるほど「青い顔して天井見上げる」ようになるのもよくわかる。

管理人が「神経症を治すのは100億分の1」だの「ノーベル賞を受賞するより難しい」だの
言っているのは、こんなことで神経症を治そうとするからではないだろうか?

こんな話、日本人の99%以上は「何言ってるか、さっぱりわからないよー」だろう。
上記のような堂々巡り思考、強迫観念が重症化した人がよく陥る無限ループですね。

それにしても「人は人の中に、勝手に自分を投影させる」という。管理人が人をすぐ
「神経症者」「精神病」呼ばわりするのは、ご自分がじつはそうだからじゃないんですか(笑)。

明日以降は管理人とはべつに、また真面目なことを書きます(笑)。



[8341] 固形石鹸と液体石鹸

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月20日(火)15時28分57秒   通報   返信・引用

近くのスーパーに行って、何時もの洗濯石鹸を買おうと思ったが、
ない。どうしたのだろうと思ったら、どうも粉状から液体に変わったらしい。
私は頑固人間で新しいものを嫌う。でも売ってないのだから、
今回は液体洗濯石鹸を買う事にした。使い方が違うから最初は面倒だ。

そこで考えたのは、私は風呂でも固形石鹸を使っているが、これを液体
にしたら如何かだ。早速勇気を出して液体石鹸を買って来て風呂で
使ったら、使い勝手が大変よろしい。いよいよ数十年来親しんで来た粉、あるいは
固形石鹸を手放して、全部液体にしようと思う。

年を取ると、新しいものに同化するのが鬱陶しく思うようになる。でも時代は変化
するから、勇気をもって新しいものに挑戦しないと。
しかし、スマホに関しては断固使わない生活スタイルを押し通すつもりだ。
悪い表現かも知れないが、スマホとはバカが新幹線に乗るようなものだと思う。
人間の本質なんて、使う器機で上達するものではないでしょう。

むしろ最近では情報を少なくする努力をした方が良い。
天気が知りたかったら空を見る。道に迷ったら人に聞く。
コンピューター、インターネットの本質とは今人々が使っている
スマホとは違うものではないか。



[8340] 動きに難癖をつけるようになったらお終い

投稿者: Administrator 投稿日:2020年10月20日(火)09時26分9秒   通報   返信・引用

私は今部屋の掃除と風呂の準備を始めた。
私のアパートは断熱材を十分使っていないらしく、浴槽は冬は寒い。
そのまま入ると寒くてしょうがいないから、あらかじめ温めて置く。
この時間が約30分。
冬季は寒いが夏は涼しいのが良い所です。

その間、リビングと寝室の6畳を掃除した。
体が大変軽い。動く時考える必要がないのが嬉しい。体内からリズムを感じる。
これが心が健康である証拠であるが、神経症者はこれを大変嫌う。
だから、動けと言うと必ず難癖をつけ始める。

人間は動物です。動物とは動く生物と書く。動く生物が動きを
嫌ったらお終いなのだ。何か深刻な問題が隠れている証拠です。



[8339] 慢性的精神疾患の原因

投稿者: KY 投稿日:2020年10月20日(火)09時15分15秒   通報   返信・引用

ぐるとさんの書き込みは詳しくて分かり易いです。
他の神経症者も参考になります。
私の認識と違う点。
いまもって「性格改善についての悩み」には解決の糸口が見出せていないようだ。
             ↓
森田先生も鈴木先生も神経質性格は変えられない、神経質に生きるという指導です。


また「拒食症」など「当人に病識がない」ものは明らかに「精神病」であろう。
              ↓
多くの摂食障害はこれではいけないと心の片隅で思っていますが太ることの不安でやめられない。統合失調症の妄想の確信とは違うと思います。中には病識が無い人もいるかもしれませんが。

H.Nさんの全ての不安うつ症状、トラウマまでもが不問療法で治るというのは違います。
現実の問題で不安うつになっている人や幼少期に虐待された人やHSP(生まれつき非常に感受性が強い人)の人などがいます。
これは経験主義の誤りで、自分がこれで良くなったから、他の人も自分と同じ方法で治るという主張がやめられなくなっています。
神経質者の偏った認識態度の是正、幼弱性の克服も必要となります。

以下慢性的精神疾患の原因です。

例えが不適切なのですが、分かり易いので御了承願います。

軽度知的障害の原因は生まれつき、先天的、遺伝的軽度知的障害の人もいれば、脳が未熟な乳児期に高熱を出したことが原因で軽度知的障害の人もいます。

慢性的精神疾患の原因も生まれつき、先天的、遺伝的に神経質性格、躁鬱気質、HSP気質(感受性が敏感な人)をもって生まれた人が、それぞれ神経症、双極性障害、うつ病等になり易くなります。

脳が未熟な幼少期に虐待を受けると、分子レベルで脳が神経生物的に変化し、前頭葉や視覚野の体積が減少したりします。

そのことが原因で、慢性的精神疾患(全般性不安障害 強迫観念 鬱病 摂食障害 離人症 心身症等)を発症します。

軽度知的障害の一部の人は乳児期の高熱が原因と同じ様に慢性的精神疾患の一部の人は幼少期の虐待が原因です。

ですから先天的原因の要素が大きい精神疾患と後天的原因の要素が大きい精神疾患では、治療法が違います。

しかし治療法が似たような面もあります。

神経質性格は性格が偏る偏向性格になります。

例えば神経症の対人恐怖だと、人から良く思われたいと異常なまでに執着します。

被虐待者は人格が歪みます。

例えば異常なまでに人間不信になり安定した対人関係をもてなくなります。

神経質性格者は性格の偏りを是正する、被虐待者は人格の歪みを是正する精神療法が必要となります。

https://ameblo.jp/kenbo-7325/


8117件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.