神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:678/5711


[5218] 無手勝流

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 5月25日(土)14時24分11秒   通報   返信・引用

日本の最近の落ち込みを見ていると大変歯がゆい。一体何処まで落ち込めば底に当たるのだろうかと。
最近読んだブログからヒントを得た。日本は余りに成功したから変化を嫌うようになったのだと。
確かにそう思う。日本は社会として完璧で、何処を見ても申し分がない。その心地よさに浸って
誰も変化を言い出さなくなった。でもその心地よさは年々低下していき、今は韓国にも年収で
負けてしまった。深圳のハイテクシティーにはとても及ばなくなった。マンモスタンカーは殆ど韓国が
作っている。

日本の教育システムに問題があるのではないか。日本の教育とは企業で働くサラリーマンの
均質な製造装置に成り下がっていて、先の見えない未来を切り開く人材製造装置にはなっていない。

私は英語をやっていて思うのであるが、日本人には無手勝流と言うのが見えない。
直ぐテストにおんぶして、テストに自分の能力を計ってもらって、それで他者に評価してもらうと
言う姑息な考えで、これでは英語はものにならない。

英語とはしゃにむに開始して、クソ努力をいつ果てるともなく続けるのであり、評価するのは己自身で
他者ではない。この学校では教える事が出来ない、見えない先を自分で築き上げる人材を
今後養成しなくてはならないと思う。

ベルリオーズは幻想交響曲を作曲した天才であるが、なんとこの人ピアノが弾けなかったと言う。
僅かに弾けたのはギターだけで、それでこんな大曲を作曲してしまった。
アインシュタインは大学にも残らずに、特許事務所に勤めながら一般相対性理論を書いてしまった。

日本のこの凋落を救うのは、教科書だけ、テストで正しい解答するだけの人間から、
抜け出た何かが必要だと思う。

その意味で、神経症者も森田だ、フロイトだ、ユングだと言っているようではダメなのだ。
自分がユングになり、自分が森田になるべきなのである。


新着順:678/5711

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.