神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:483/5695


[5401] HNさん

投稿者: 投稿日:2019年 6月21日(金)11時31分25秒   通報   返信・引用

HNさんがよくおっしゃる、

「症状の消滅を願わなくなったときが治り」

というのも、
これは、症状の消滅を願う心、つまり、自己の計らいを捨て去り、
弥陀の本願に任せきったときが、治り、
ということになろうかと思います。

歎異抄の中に、

「回心(えしん)というは自力の心をひるがえし、すつるをいふなり」

とありますが、
この回心こそが治りということになろうかと思います。

ただ、治りというと、
やはり、普通の人は、治り=症状の消滅と誤解してしまうと思いますので、
神経症の治療において、
治りという表現は使わないほうがいいのではないか、
使うにしても、誤解されないよう、
慎重に言葉を選びながら使ったほうが良いのではないかと、
個人的には思ったりします。

治りという表現を使うことで、
お前は治ってない、オレは治った、
みたいな不毛な論争が永遠に続き、
そのことによって、
苦しんでいる人がさらに、無用な苦しむをこうむる事態になりがちですし。

神経症が治ったと称する人たちの間の、
誰それは治っているけど、
誰それは治ってないとか、
そんな不毛な論争は、ほんと、もうやめにしてほしいと思います。


新着順:483/5695

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.