神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:29/6273


[6468] 言葉のゴミ溜め

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 2月 4日(火)17時28分1秒   通報   返信・引用

あまり退屈だからHNの掲示板に行って少し読んだが、あまりにも空虚な言葉
が並んでいるので直ぐ退出した。同じ印象を私が最初に加藤諦三の本を、
本屋の立ち読みで読んだ時に感じた。

何故これほど読んでいて空しくなるかは、この人たちは狂いの最中にあるのに、
それを隠して言葉で逃げ切ろうとしているからです。
会社のトップが失敗を犯した時に見られる現象で、呆れるほど言葉
を投げつけるが、全てが意味をなさないで、周りを白けさせる。

まあ、こんな事を言っていてもしようがない。治ってない人間が治りを装って
出版、発言する行為は森田の時代からあったし、今後もあるであろう。
科学が発達すれば一瞬に消えるがまだ、科学はそこまで発達していない。

それよりも今は、パンデミックが恐ろしい。薬局に行ったらマスクも衛生用品も
全て売り切れである。あまり中国を非難するのはよそう。非難はパンデミックが
終わってからでもよい。今、世界はかたずをのんで見守っている。

私は相変わらず英会話で忙しい。ネイティブ相手に会話を初めて彼らの上質
の英語に堪能しているが、今、もう一度非ネイティブの会話を見直した。
皆フィリピンをバカするが、フィリピン相手でも会話が楽しめれば
これをすぐネイティブにも応用できる。ネイティブだって、結構雑に会話を進める
人がいて、これならフィリピンとかセルビアと話した方がましだと思う事が
結構ある。

英語で世界の人と話していて感じるのは人間みな一緒だと言う事である。
日本人が子供を産まないと言うが、インドのムンバイの女性が同じことを
言っていた。インドの多産は田舎の現象であり、ムンバイでは多くの人は
子供は2人で十分らしい。


新着順:29/6273

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.