神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:24/6273


[6473] 夢中に動くはシャワーを100回浴びるのと同じ

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 2月 6日(木)08時37分37秒   通報   返信・引用

神経症者に動けと言うと、大概の神経症者は必死に動く。
動けば強迫観念を振り切れると思うわけで、それを鈴木知準がしたし、
斎藤も間違ってやったことがしばしばあった。

だから神経症者に動けは誰でも言えるし、誰でも失敗する。
鈴木知準を卒業した人が数千人いるのに、インターネット上で
発言している人は殆どいないではないか。たまにいても、HNとか直紀さんとかKとか
気持ちの悪い人間たちだけだ。

斎藤が動く時は、強迫観念を振り切るために動いているのではない。
呼吸をするのと同じで、ほっておくと自然に動いている。これ健康な人と
同じで、健康な人で雑用を必死にやっている人はいない。
そんな事をしていたら笑われる。第一馬鹿らしくてやってられないでしょう。

時々、斎藤は何故最近雑用を言わなくなったかと聞いて来る人間がいる。
雑用なら賛成するが、治療行為の完全停止は出来ないと言いたいのだろう。
神経症とは治療行為が止まらくなった精神病ですよ。その強迫行為を
続ける限りにおいて治る事は絶対にない。

いわば、不潔恐怖の人間がシャワーを100回浴びながら不潔恐怖を
治す見たいな話しでそれは絶対ない。

斎藤は今、雑用は全然言わないが、雑用が途切れる事がない。
だって、生きると言うことは雑用の連続だ。雑用とは生きる動作
であって、仕事だ勉強だと言うのは格好はいいが、頭が可笑しくなった
人たちの言葉だ。


新着順:24/6273

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.