神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:66/7106


[7280] Re: いいんですよ

投稿者: 投稿日:2020年 6月29日(月)20時49分2秒   通報   返信・引用

> どう治ろうと他人の知ったことではない。
> 実際にHNさんの言う方法で症状が軽減した人がいるかもしれないし、それは本人しか知り得ない事。なので他人があれこれジャッジするのはナンセンスなのです。
> ただ神経症が仮に治ったとしても取り戻せないモノが沢山ある。例えば過食症が治った200キロの女性が減量に成功したとしてもその伸びきった皮はどうしようもない。手を洗う事がやめられない男性が完治しても、その荒れて皮膚炎を起こした手はもう元には戻らないかもしれない。
> 対人恐怖症だってそう、いくらそれを乗り越えたとしても、それが晩年の場合は結婚は愚か、異性と交際しないまま亡くなる方ももしかすると中にはいるのかもしれない。
> それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめるとやはり敗者の烙印が押されてしまう。
> そうならない為にも皮が伸び切らない内に自分の不格好な姿を鏡で眺めて今自分がどういう状態なのかを直視する必要がある。それも緊急に
>
>

他人の人生に対してあれこれ干渉するのこそナンセンスだ。
それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめるとやはり敗者の烙印が押されてしまう。そうならない為にも、、
などと言うくらいなら、まずは貴方(自分)から、他人の人生に対して、敗者とか勝者とかいった見方をやめたらどうだろうか。
自分は、他人を変える事よりも自分自身を変えることの方がたやすい。
ならば、まずは自分から変わる事が大事です。
自分の変化というものは、他人に相互作用する。
だから、他人を変えたければ、まずは自分から。
そもそも、敗者の烙印を押されない為になどと、他者を基準に考えて自分を変えようとしてもなかなかうまくはいかない。
特に神経症者の場合などは。
人の気づきは、自分自身で思い知る事で起こるのであり、そのタイミングというものも人それぞれであり、その人にとっては、それ以外のタイミングの可能性などはないのであり、問題を乗り越えた後に、取り返しがつくもつかないもない。
人の人生というものは、それぞれに、今の自分以外の可能性などは、最初から存在しない。

というわけで、貴方も、こんなとこで他人の人生に干渉してる間は、わたし同様、神経症ですよ。
いい加減にそれに気づいたらいかがでしょうか。

ではでは~o(・x・)/


新着順:66/7106

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.