神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:58/7882


[8084] 動けないとは深刻なこと

投稿者: Administrator 投稿日:2020年 9月12日(土)15時37分59秒   通報   返信・引用

健康な人の日常は、無意識に支配されています。無意識とは旅客機でいえば
オートパイロットであり、コンピューターによる自動操縦です。
これがあるから、操縦士は多大な肉体的、精神的負担から解放される。

人間も無意識があるから、一々考えなくても物事を処理できる
わけですが、この無意識が消えると、動きを全て意識で命令しなくてはならなくなる。
これは事実上無理であり、だから神経症者の多くは動けなくなってしまう。

心の病気では神経症ばかりでなく、意識が異常動作していて無意識が表舞台から
消えている。このため患者は動かず立ち止まり、自分との対話に
忙しくなります。

これではいけないと気が付いたのが森田療法であり、その内の鈴木療法です。
気付きは良いが、動けば神経症が治ると指導してしまった。
すると神経症者は治りを求めて必死に動くことになる。しかし取引された
動きであるから自らを縛ってしまう。
ここに神経症の治りの難しさがあるのですね。

動きは、無意識の再登場が前提であり、意識により強引な誘導は事態を
返って悪化させてしまう。


新着順:58/7882

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.