神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


新着順:99/8622


[8817] 雑感

投稿者: ぐると 投稿日:2021年 1月 5日(火)22時54分27秒   通報   返信・引用

年末にコンビニで「週刊文春」を立ち読みした。
この雑誌、基本活字ばかりなので「現代」「ポスト」よりも日常なかなかとっつきにくい。
そのように思う人が多いだろう。でも暇なときにこうやって読むとけっこうおもしろかった。

◎ 小室圭が高校時代イジメ
小室圭たちのグループが、高校時代、太った女子たちをイジメていたらしい。イジメられた生徒のうち、
ほかは成績がよかったりで、イジメになんとか対抗できたが、運悪くそうでない1名が退学を
余儀なくされたらしい。教師が外国人で「生徒が日本語でいっている悪口の意味がわからないこともあり、
一切注意しなかった」のをいいことにしてのことらしいからタチが悪い。
その筋では「雰囲気イケメンはいちばん性格が悪い」ということらしく、さもありなん話かもしれない。
「その程度のイジメなら、いまどきどこの学級でもあるのが普通」という意見も多そうで、
いまや教育評論家なども「学校とは社会に出る前の準備学習の段階で、その過程でイジメに
打ち克つたくましさを身につけられないようでは困る」などと口を揃える時代ではあるが、
個人的にはやはり「イジメ」とは「イジメる側が悪い」のだと思う。

◎ 河井案里が夫と離婚したがっている
河井案里はとても上昇志向の強い性格で、恋多きタイプの女性でもあった。夫と結婚したのも
政治家ということが大きな理由であったらしい。それで自分もめでたく議員に当選できたわけだが、
状勢は暗転、現状もはや夫と結婚するメリットはなくなった。今後の人生の足かせとなる可能性すらある。
となれば、あんな「アライグマ」より、イケメンのほうがいいと思うのは理の必定。
もちろん雑誌にそう書いてあったからといって、じっさいに離婚するかどうかは疑問。だからといって、
しなかったからといって、記事が「出まかせ」だったことにはならない。当人にとって、
やはり世間体というのも何より重要なことらしいから、たんに両者を天秤にかけた結果にすぎないだろう。

◎「新型コロナはインフルエンザと同格の5類相当に認定すべき」と発言した医師が学会で四面楚歌
「みんなが内心思ってることをついつい喋ってしまって袋叩きに遭う」ということは多い。
この医師の発言などもそうであろう。私などは「新型コロナ」はやはり深刻な感染症だ、と思っているが、
世間一般の認識では必ずしもそうではないようだ。この掲示板でもりんごさん、一休さんはじめ
「あれは検査母数が増えたから感染者数も増えただけ。政府は世論を気にして騒ぎすぎ」
みたいなことをたくさん書いている。
トランプ氏やボルソナロ氏が「新型コロナなどインフルエンザみたいなもの」といって顰蹙を買ったが、
これはそういった「一部の民意をたんに代弁したにすぎない」と思うし、「新型コロナ」が
「既往症のない人なら、まず重症化しない」ことを考えたら、必ずしも間違いとはいえないと思う。
その点この医師の発言は一理あるし、すくなくともじゅうぶん問題提起にはなっている。非難されるべきは
ろくに知識もないまま対策もせずに「コロナを軽視して飲み歩いて感染を広めている者たち」であろう。


新着順:99/8622

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.