神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


3918件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[3629] 軸がぶれている

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月20日(日)08時57分50秒   通報   返信・引用

あらゆる療法の完全停止とは早い話が、思考を停止せよという事で、頭に良い考えが浮かんだら、直ちにそれを否定する。否定しても神経症脳は次の解決策を提案してくる。大変魅力的であるが、泣いてその提案を切る。又新しい考えが現れるが同じく否定する。これを繰り返す分けで、そんな事が出来るかと神経症者は疑うが、ドクターストップで斎藤は人間が変わった。以来もう、25年も安定的に健康世界に生きていて揺るぎない。

上記は訳がわからない。
心のやりくりではないか。
これでは生活の発見会と変わらない。

今まで雑用、雑用と言っていたのに。

斎藤は軸がぶれている。



[3628] [3618] 天才の孤独 を読んで

投稿者: H.N 投稿日:2019年 1月20日(日)06時47分1秒   通報   返信・引用

斎藤氏のこの投稿記事を読んで、『私も恐らく日本で最初に神経症を治した天才かも知れない。国民の1%が神経症と言うから100万分の1で あり、それが過去100年になるとどの位になるか。針の穴の100万分の1の狭い場所を通っての生還であるから、数字的には天才になる。』

こう言っているところなどは、もう普通人の感覚を通り越して『天皇の息子』と信じている人(き印の人)と言っても良いと思えます。

神経症が治ったのなら、神経症の原因とその解決策でも聞きたいところですが、斎藤氏ではその説明も治ると言った詳細な説明でさえも出来ないと思います。

神経症の原因と言うか、脳内的な原因は、意識と無意識の機能的な齟齬だと思います。言葉を替えて言うなら『心の矛盾』ですが、分り難い事なのですが『右脳の機能と左脳の機能の齟齬です。』

意識は感情が発生してその感情を味わう器官です。”無意識”はその感情を発生させている機能です。

”無意識”は人間の意識が感ずる事が出来ないようです、その事を鈴木大拙博士は『没交渉』の間柄と書いています。是は禅の立場を説明したものだと思います。

処が同じ禅の解説の中で、この二つの意識が出会う体験『見性』体験を説明しているところが在ります。それによると『今更お前は誰か?』と聞く必要などは無かった。と書いています。誰でもが知っていた存在であったことが書かれています。

吃音や書痙などでは『自分の無意識』と交替制が崩れてしまった事が原因で、話とか手の震えで字が書けなくなっていましたが、この体験以後では『交替制の順調な確保が保証されます。』出番争いの終焉という事になります。

二つの意識が脳梁の中で出会う体験後では『脳内でのホットラインが確保されます。』新しい脳の回路構成が確保されると言った意味です。是で生涯神経症に逆戻りをする事は無くなるという意味です。鈴木先生が『身が成る。』と説明していたところの詳細です。

ホットラインが確保されるという説明は、脳梁の中でです。左脳の顕在意識と言われる自意識と、右脳の意識である『無意識の主人公である、自身の命を働かせている人格』との間での回路構成が確保されるという意味です。

こういった単純な神経症の説明でさえ、再投資と言う人は全て嘘としてかたずけてしまうかも知れません。何せ天才なのですから?



[3627] 相撲取りを見ろ

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月20日(日)05時55分16秒   通報   返信・引用

モンゴルから来て相撲弟子入りする。物凄いシゴキを経験し生存を脅かされる経験をしながら、
幕内に入り横綱になる。そしてTVのインタビューに答える。あれ、日本語しっかりしゃべっているで
はないか。日本語の教育なんてこれっぽっちも受けてないのに。

今から40年も前にシンガポールに旅行をした。橋を渡ってジョホールに行き、モスリム寺院を訪れた。
すると現地の子供が我々に近寄って来て話かけてきた。完璧な日本語である。
「僕たち何処で日本語習ったの」と聞くと「ここで、時々ここへ来て日本の観光客と話すの」と
言うではないか。

この時言葉は教育ではないと閃いた。言葉は話す喜びであり、外国との直接の触れ合いだ。
これなくして絶対言葉はものにならないと。帰って来てから早速、無手勝流で英語を始めた。



[3625] さらに英語

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月19日(土)14時54分1秒   通報   返信・引用

中学生の時に英語をやれば身につくとは。
柔軟な脳をした人間に文法講義を
した結果どうなるか。
外国人と全く会話の出来ない人間の
完成である。
言葉はそもそも話せなければ意味がないのに
難しい理論を叩きこみ、相変わらず
英文解釈、英文読解ということになる。
今日も、大学入試が近いのか若い女性が
単語を暗記していた。
ああ、現代と言う時代においても
英語とは大学受験のためであり、
外国人と笑顔で話すためのものではないのです。
本屋に今日は寄ったが、英語の本が店頭に
並んでいたから読むと、結局は
本質からずれていることを主張している。
しかし現実は神経症と同じく、
厳しくだからこそ斎藤先生は
孤独なのである。
みんなが斎藤先生のように
なれれば、素晴らしいが、
一般の人間は先生についてこれないのです。
従って、TOEICや大学入試を
懸命に勉強する。天才に追いつけない
のですから、私は、先生の境地
にならないで生きるのも人生かなと
思います。
といいますのは、天才は稀有だから
天才なのであって、世の中が
天才だらけになることはあり得ないからです。
したがって、一般の人たちは一般の人たちの
やりかたで、人生を送るというのが
世の中かもしれない。



[3624] 目の前に外人を連れて来ること

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月19日(土)09時32分24秒   通報   返信・引用

兎に角、自分の前に外人が現れないといけない。そんな経験が日常的に起きていれば、教育云々を
言う必要がないが、日本ではそれは起きない。
ではどうするか。中学1年の段階で、英語授業で尤もらしい文法教育を全廃し、
教室に外人を連れて来るのです。ここでランダムに会話をさせる。

一番良いのは彼等と遊ぶ。出来れば英語の教師を外人にする。どんなに苦しくても1時間
全て英語で行う。これを12歳から13歳の子供に経験させると早い早い。1年もしない内に
先生が付いていけないほど英語をしゃべり始める。

小難しい文法の授業なんてやる必要がない。それより英語で歴史を教え、英語で数学を教えたら
ハーバード留学と同じになるではないか。

これをやらないで30歳になってしまう。そして仕事の関係で英語が必要になって英会話を始めるが、
もう遅い。5年やり10年やってもさっぱり進歩しない。殆どが3か月で退出して行く。

これが日本の英語の現状でして、神経症と似ている。
一旦神経症になったら99%治らない。論議ばかりで今日も天井を見ている。



[3623] 英語について

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月19日(土)07時42分48秒   通報   返信・引用

英語についてはみな全滅と言う
先生の主張にびっくりしますが、
結局そういうことでしょう。
試験のための英語でしか
なかった。さらに驚くのは
そのことに何の疑問もない。
教育はいつになったら変わるのか。
いまの英語教育はあいかわらず
同じなのでしょう。



[3622] 天才の孤独 第二弾

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月19日(土)07時12分15秒   通報   返信・引用

私はこの年で英語をものにした。英語をペラペラにするは、日本人で35歳まで英会話のえの字も
やった事がない人間には殆ど不可能に等しい。でも私は曲がりなりにもやった。
で、人は皆私にどうやって英語を上達したか聞いて来る。

これ神経症者に解答して全員が向こうを向くのに似ていまして、彼等にアメリカの映画を見ろ
と促すが、今まで”はいやります”、”やりました”の返事を聞いたことがない。
その理由は十分に分かる。映画を見るは大変難しいのだ。スピードがあまりにも早くて
間に合わない。そこへ持ってきて、教科書で習わなかった表現が目白押しだ。
特に戦争映画になったら、division,brigade,battalion,squadron,platoonのような
軍隊に入らないと使わない英語がボンボン出て来る。

難しいが私は歯を食いしばって10年やった。これをやらない日本人は、英語を作文する。
自分で作った英語ほどおかしいものはないので、英語みたいであるが英語ではない。
私は自分がオームになったつもりで、意味が分からなくても俳優のセリフをオーム返しで
繰り返した。そしたらどうだろう。喋る時に考える必要がなくなった。言葉が自動的に
出て来るのである。

それと発音がある。映画で訓練しない人の英語は喋りが遅い。あまり遅くてじれったくなる。
次に発音が極めて悪い。特にアメリカ英語の発音は、日本語とはあまりにも離れていて
訓練をしない限り英語らしくならない。

まあ、このような事を幾ら言っても、大半の日本人は向こうを向いてしまって聞く耳もたない。
そこでだ。神経症と同じく、天才の孤独を味わうことにしよう。
日本人と英語論議してもしようがない。毎日外人と英語を話していればそれでよい。
神経症者と神経症論議をしても無駄。この人達は一生神経症をやる人達で
そんなの相手にしていられない。
こちらは既に健康世界に躍り出ていて、健康で生きるほど楽しい事はない。



[3621] 続き

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月19日(土)06時39分13秒   通報   返信・引用

仏のかたよりおこなはれて

とありますが、これは環境の力を言っているのです。
自力ではむりなのです。
やはり、鈴木学校でないと無理なのです。

鈴木先生が亡くなったとき、大勢の卒業生が死を悼んで集まりました。

高良の告別式については良く分かりません。



[3620] 斎藤療法批判

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月19日(土)05時36分14秒   通報   返信・引用

 心を以てはかることなかれ、ことばを以ていふことなかれ。ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて、仏のかたよりおこなはれて、これにしたがひもてゆくとき、ちからをもいれず、こころをもつひやさずして、生死をはなれ、仏となる。

仏の家に投げ入れて、とありますが神経症で言えば、仏の家とは鈴木診療所のことなのです。

ところで、インターネットのみで治そうとする斎藤療法に仏の家がどこにあるのでしょうか?
また、ことばを以ていふことなかれとありますが、インターネットでの言葉の羅列はことばを以ていうことなかれに反しているのです。

斎藤はパソコンにへばりついて全然汗を流していません。

鈴木先生とは雲泥の差です。
鈴木先生は先頭に立って指導されたのです。
大いに汗を流されたのです。

パソコンで治るのであれば、こんなに楽な事はありません。




[3619] 親しみを込めて

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2019年 1月19日(土)00時16分22秒   通報   返信・引用

斎藤さん
自分のことを天才というバカどこにいるんだよ。

でへまるさん
俺が海さんのことを好きだと言ったのは恋愛感情じゃないぞ。どれだけ幼稚なんだ。

寿司さん
もっと自分に自信を持った方がいい。

あんたら今のままじゃ劣等感を克服できないぜ。

以下、俺の好きな佐野元春のSOMEDAYの一節

****
いつかは誰でも 愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
ステキなことはステキだと無邪気に
笑える心がスキさ
****

斎藤さん
神経症の治癒よりも大事なものがある。それを求めて第二掲示板を作ったんじゃないのか



[3618] 天才の孤独

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月18日(金)20時47分7秒   通報   返信・引用

今、アンドラーシュ・シフピアノ演奏でベートーベンのピアノ協奏曲1番を聞いた。
楽譜を置いてないから全部暗記で引いている。この人楽譜を見ているのを見たことが
ない。一種の天才でしょう。

私も恐らく日本で最初に神経症を治した天才かも知れない。国民の1%が神経症と言うから100万分の1で
あり、それが過去100年になるとどの位になるか。針の穴の100万分の1の狭い場所を
通っての生還であるから、数字的には天才になる。

一人だけ治って世の中を見ると、前にも後にもついて来るものがいない。会話をしても
意味が通じない。これを天才の孤独と言うか。
世の中が天才秀才を羨むが、実の所、自分がなって見ると実に孤高の人生で、
寂しいとは思わないが、あまり楽しいとも思わない。まあ、神経症が治った事は
大変な収穫ではあるが。

天才の目標はあくまでも自分自身の中にある。人と相談しても意味がない。
天才の仕事は孤独であり、あまり楽しさを感じるものではない。
天才は決して妥協しない。自己の中に確信があるから、人との妥協はあり得ない。
アップルのジョッブズ、マイクロソフトのビルゲーツも同じだろう。



[3617] HNさんへ

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月18日(金)20時20分58秒   通報   返信・引用

これからもどんどん投稿してください。
HNさんが書き込まないと盛り上がりに
欠ける。
第二掲示板はある意味論争の場です。
激しい議論がないと意味がないのです。
森田療法の主張も、鈴木さんの
主張もなんでもありです。
もちろん、不真面目な態度は駄目です。
ここの掲示板は自由書き込み
なのです。



[3616] 精神病の患者とは争わない。

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月18日(金)19時42分46秒   通報   返信・引用

神経症者は不思議に斎藤と争う。生涯自分を苦しめるのは、自分の狂った脳なのに。
私の脳は正常に戻ったから、争うものがない。
3食食べて健康に生きていれば、それ以上何が必要かと言いたいくらいだ。

私は毎朝近くの公園に散歩に行くが、最近は寒さに慣れたのか、寒風に
曝されても何も感じなくなった。実に樹木の間を歩くのが楽しい。
多くの人がテニスをしている。保育園の幼児が遊んでいる。
今年は殆ど雨が降らないから地面が乾燥している。

どうして海外旅行を自慢しなければならないのか。
どうして毎日彼氏とのデートを自慢しなければならないのか。
まあ、神経症とは精神病であり、この人達の文章を読んで、何時も
病んでいるなと思う。



[3615] 再投資の暴言

投稿者: H.N 投稿日:2019年 1月18日(金)19時09分5秒   通報   返信・引用

『今まで25年も鈴木の卒業者を見て来たが、全滅ではないか。
HN,デヘマル、KEN、直人なんかが卒業生ですが、今もメロメロでボロボロ人生をしている。』

何の根拠もなくこういった御託を並べています。再投資とは喧嘩すらする価値がないと思っていますが、再投資信者が見たら、どちらが正しいとかを言うかも知れません。

『神経症を治すホームページ』の責任者ならもっと治った姿を正確に把握して欲しいと思いますが、神経症の何たるかでさえも語る気がない人だから仕方ないと思います。



[3614] 後継者

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月18日(金)17時21分4秒   通報   返信・引用

斎藤は二言目には、鈴木学校の後継者がいないとけなしますが、斎藤療法に後継者が現れるとは思えません。



[3613] 鈴木学校

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月18日(金)17時12分58秒   通報   返信・引用

鈴木学校ではがじょく明けの患者は落ち葉はきやスリッパの裏を雑巾で拭くなどの軽作業からスタートします。

最初はこんな事をしていてどう神経症の解決と関係があるのか、だまされているのではないかと疑問だらけでした。

しかし、入院生活をこなしていく内に、関係性が大いにある事が分かって来ました。

それは斎藤療法ではそこまで行かないのではないかと思います。

最初は禅の話のみが入院中で楽しかったのが、落葉掃きのようなつまらない作業が妙に楽しくなりました。

作業に入り込めばそのようになるのです。

入院中は症状で苦しい反面、希望やささいな動きに喜びを感じるようになるのです。



[3612] 物を知ってる人

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月18日(金)13時53分54秒   通報   返信・引用

やはりよく勉強されてるからはっとさせられる。
物事が分かっている人間は勉強をしてるし、
知識も豊富である。
我々若い人間はものを知ってる人間から
学ぶべきである。
むろん、斎藤先生に依存しては
いけない。
斎藤先生は斎藤先生、こちらは
こちらである。
しかし、経験豊富な人間の話しを
聞くことほど貴重なことはない。
今の若い人は本を読まない、
勉強しないと言う人も多い。
何故なら今の時代は娯楽
が多すぎて、昔の人の方が
勉強している。
例えば、高学歴の男性を
やっかみなのか批判する
人間がいる。
しかし高学歴の男性は
ものを知っているのです。
若い人間はものを知らないから
当然人生の先輩から学ぶべきだし、
大いに先輩から叱られたら
いいのです。先輩から
学ばないと言うのがもったいない。
最近はものを知ってる人間の
話しが面白い。
私は、学ぶより、芸術鑑賞など
が好きだが、本を読んでいる
人や、学歴の高い人間
を批判しないで、自分の
人生に活かす。これが大切である。



[3611] Re: 暴露療法

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月18日(金)09時45分54秒   通報   返信・引用 > No.3610[元記事へ]

> 鈴木知準診療所では例えば犬の散歩当番の場合、糞取り器、犬の尿を流す為のバケツ係り、野良犬撃退棒などを携えて出発します。>
> しかし、不潔恐怖や対人恐怖にはよいのです。
> これは暴露療法に似ています。

これはダメだ。こんな事をやりながら一生を終わってしまう。
今まで25年も鈴木の卒業者を見て来たが、全滅ではないか。
HN,デヘマル、KEN、直人なんかが卒業生ですが、今もメロメロでボロボロ人生をしている。
貴方もその一人になる。

神経症とは,恐怖突入を生涯つづける人たちと定義しても良い。
健康になるとは、あそんな物とは別世界になるのです。大体、私と貴方は
もう話がかみ合わないし、かみ合う必要もない。私も合わせる気持ちがない。
健康世界とはそれほど気持ちが良くて恐怖突入なんて興味がない。

私は既に今日は洗濯を済ませた。一カ月も天気が続くから湿度が低く、
洗濯物は乾くが、気温が低いから、完全ではない。残りは部屋干しになる。

私が気がかりなのは、ゴーンの問題ですね。日本の司法は開発途上国なみだ。
自白させるまで牢屋から出さない。留置は数か月続く。正義は検察にあり、
個人と裁判官にはない事になっている。

アメリカではマイケルジャクソンが児童性的虐待で逮捕されたが、翌日には
保釈金を払って外に出ている。このあまりの違いに開いた口が塞がらない。



[3610] 暴露療法

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月17日(木)17時55分25秒   通報   返信・引用

鈴木知準診療所では例えば犬の散歩当番の場合、糞取り器、犬の尿を流す為のバケツ係り、野良犬撃退棒などを携えて出発します。

これはまるでちんどん屋の様な格好です。

しかし、不潔恐怖や対人恐怖にはよいのです。

これは暴露療法に似ています。

最初は患者にとっての練習ですが、森田の入院療法ではそのうち環境になり切り、生活上の実践に変化します。

特に不潔恐怖の患者にとっては恐怖突入ですが、その動きが必要なのです。

暴露療法や認知行動療法は練習だから駄目なのですが、入院森田の場合は生活上での練習なしの本番です。

入院である程度基礎が出来たら、恐怖突入が必要なのです。



[3609] 動き

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月17日(木)16時29分47秒   通報   返信・引用

健康な脳は起きている間、常に何等かの信号を送っている。体はその信号に反応して
動く。だから健康な人の動きは停止しないのです。ある人が停止していたら、周りは何かおかしいと
感じる。

私は雑用と言う言葉を使ったが、正確には動きが正しい。この動きは起きて寝るまで続いているから、あ
雑用を何時間やったはおかしい。一日中何かしていたが、健康な状態を表現している。
雑用と言うと掃除洗濯になるが、動きは、目を瞬くのも動きだし、外部の音に耳を
そばだてるのも動きである。

所で今は近所の大手のスーパーに行ってきた。お目当てはチキンカツで、午前中行くと
ないが、午後には出来上がっている。
ちょっと目に留まったのが特売のイチゴジャムだ。348円の特価だというから
買って来て、ついでに良く行く小さなスーパーである、アコレに寄ってイチゴジャムの
値段を見たら、348円ではないか。こちらは普通の値段である。

と言う事はサミットの値段はアコレより通常10%程高い値段設定になっている。でも
人でいっぱいだ。私は構わず普段はアコレで買う事にしている。
アコレで買う事により、普通の人より10%楽な生活をしている事になる。

人より楽な生活をしたかったら、これの繰り返しだと思う。旅行は出来ればシーズンを外す。
あまり有名どころを避ける。東京では車を持たない。
このような色々な工夫が、神経症が治るといとも簡単にできるようになる。



[3608] 雑用と論争

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月17日(木)14時53分5秒   通報   返信・引用

どんどん動けですよ 笑
動く姿に人間ははっとする。
わかりますか。
神経症治癒とは動きの
ある姿だ。
いや、世の中は動いてこそ
世の中だ。立ちどまって
内省してると、怒鳴られる。
理屈より動きだ。
黙々と動けば、それは
健康だ。
難解なことを言わなくてよろしい。
それより、動きです。
スポーツでもやったらどうか。
カラオケにいってらどうか。
デートでもしたらどうか。
なんでもいい。健康なら、
動いているはずだ。
他人と議論なんて無駄でしょう。
そこが神経症治癒のヒントではないか。



[3607] 運転免許を返納したこと

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月16日(水)18時59分9秒   通報   返信・引用

1週間前に運転免許はもう使わないから返納すると警察に届け出たら1週間後に電話があり、
代わりのIDカードが出たと連絡があり、もらって来た。
運転免許と殆ど変わらないが、運転は出来ませんと赤字で書いてある。
東京は良い所で車の必要性はゼロである。でも結構車を持っている人がいて、何のためと
何時も思う。私のマンションの周りには歩いて行けるスーパーが5軒もある。大抵は
自転車で行く。車を持って何処に行くと聞きたいくらいだ。

日本の役所事務は大変迅速でよろしい。フィリピンなんかは、たかが免許の返納でも数か月とか
1年かかるのでは。セルビアでは役人から金品を要求されるかも。
日本で当たり前に考えている事は外国では当たり前ではないのだ。何故あそこまで腐敗するのかと
考えるが結論が出ない。多分人間の半分は出来損ないなのだろう。だから国の形さえも
作れない。



[3606] 雑用と健康

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月16日(水)12時43分40秒   通報   返信・引用

今日はユニクロに行ってきた。
それからカフェに行き休み
昼は焼きそばを食べた。
動いても疲れないし、脳が
健康だと流れるような雑用に
なる。

私は健康的な生活というよりかは
面白く、楽しく、愉快に生きた方が
結果的に健康にもいいと思う。
神経質に病気のことを
考えるより、心豊かな生活を
送れば健康ではないか。
病院を否定するのは極端だが、
病院にいつも通っている生活
なんてごめんだね。
科学的な根拠はないが、
やはり面白い生き方をする。
これは大切で、せっかくの人生が
つまらない人生ではもったいない。
世の中にいろんな人間がいるから、
世界に目を向けたいと思っている。



[3604] 体が軽いこと

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月15日(火)19時12分34秒   通報   返信・引用

神経症が治る、健康を回復するとは、体が軽く感じる事である。
私は今日も掃除、洗濯、縫物、炊事と流れるようにこなした。以前のように掃除を一日3回やるなんて
バカな事はしない。雑用は結果であって目的ではない。目的は療法の完全停止であり、それが
出来ると体は自然と動いている。

雑用と言うより動きであり、健康な脳は起きている内は何かを命令していて、それに反応して
体は動いている。だから、健康な人で天井見て考えている人はいない。

人間この状態になった時、争うであろうか。考える事は、遊びであり、その計画
である。
神経症者は斎藤に対して喧嘩を吹っかけてくる。雑用を言う斎藤が許せないらしい。
雑用が出来ない人間がどうやって働くのか。そんな人間が就職して来てどうやって
仕事をするのか。

でも雑用を強制的にやらしても無理だ。強迫観念が存在する限り動きは停止してしまう。



[3603] るみかへ

投稿者: (最後の)海 投稿日:2019年 1月15日(火)18時59分15秒   通報   返信・引用

人は、一番苦しい時は、1人です。
死に行く時が1人なら、苦しみもがき、我が死滅するときも、1人です。
あとは一人で這い上がるのみ。
わたしの神経症地獄は、生きたまま死を知る地獄だ。
思い知れ、このクズが!



[3602] 反斎藤療法

投稿者: 通りすがり 投稿日:2019年 1月15日(火)17時46分45秒   通報   返信・引用

斎藤は以前、耳にたこが出来るほど、家での雑用、家での雑用と主張していました。

現に当人は狭いマンションで掃除をしまくっていたようです。

これは強迫行為であり、異常です。

しかし、最近では方針転換し、療法の否定こそとシフトを変えました。

一体、斎藤療法の何を信じれば良いのでしょうか?

治ったと主張する人たちは皆、音信不通です。

斎藤は鈴木知準先生に対する私怨で鈴木先生を攻撃しているように思えてなりません。



[3601] 犬様③

投稿者: 投稿日:2019年 1月15日(火)11時01分45秒   通報   返信・引用

つまりね、人の中には、強迫観念、承認欲求というのがあるのが、ある意味、普通の状態なのよね。
これを、世間一般の健常者という。
わたしの神経症というのは、普通の人が持っている強迫観念や承認欲求を黙らせる作業の事なのよ。
これ、自分自身に対してやってるって事。
だから、わたしの場合、神経症自体が瞑想になるのね。
あなた、わたしの話、今理解できなくても、いつか理解できるかもね。

とりあえず、わたしの神経症のまとめを書いといたからね。


では、また長くなりましたが、本当にこれで。



[3600] 犬様②

投稿者: 投稿日:2019年 1月15日(火)10時44分4秒   通報   返信・引用

これは、この場においての話です。
実生活では、自分の内に対してこれをやってるだけで、議論とかにはならないし、そもそも、言葉が出てこない。
この場は、わたしの実生活とは反対の状態が映ってる。
あなた方の内を映してきただけだから。
向き合うと、自然に言葉がおりてきていただけ。
あはは。

ではでは、あなたも、早く前進しろ!じゃ♪



[3599] 犬様

投稿者: 投稿日:2019年 1月15日(火)10時22分14秒   通報   返信・引用

わたしの目の前に現れる人を黙らせていく作業というものは、わたし自身の中の強迫観念、承認欲求を黙らせていく作業と同じことです。
全てが自分自身。内の投影。
だから他人事じゃない。
果てしない作業だったけど、ボチボチ終わり。
HN様などは変わらないとは思うけど、もう関知しない。
やっと解放される♪

以上!バイバーイ!



[3598] じゃあね、皆様

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)22時22分56秒   通報   返信・引用

承認を求める人を相手にしてたらきりがない。
これ以上は、向き合いきれない。

じゃ、バ~イ!



[3597] 猫仙人様

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)22時08分59秒   通報   返信・引用

あなたにとっては、それが現実なんだと思いますよ。
自分というのは、人それぞれの価値観によって、信じる事が出来るもの、思い込む事が出来るものは違います。
ですから、誰の世界観も、間違いというものはありません。
人は、何を現実だと思い込もうが、個人の自由です。
他人にお伺いをたてて承認してもらう必要ないと思いますよ。
これをやっていると、苦しい状況に、終わりが来ませんよ。
ですから、ここの管理人様は、相手に承認を与える指導者を否定するのだと思いますよ。



[3596] 中年になると

投稿者: 猫仙人 投稿日:2019年 1月14日(月)20時39分57秒   通報   返信・引用

中年になると、若者が敬語を使って敬老してくれるので、その分対人恐怖が減った
感じがしていますが錯覚でしょうか?
?



[3595] [3590] 悲しい病 ―寿司様へ

投稿者: H.N 投稿日:2019年 1月14日(月)20時10分7秒   通報   返信・引用

寿司様、そう悲観しなくとも良いです、神経症は症状の消滅とか、症状の改善から治癒を目指す事は逆効果になると思います。

書痙とか吃音の人が、症状の改善のために字を練習したり、会話教室に通う事は『対人恐怖の人が営業の職場で鍛えようとしている事と同じです。』

神経症の治癒を図るという事は、症状を改善するというより、症状を受け容れる事で治癒が始まる事を意味します。手が震える人いならば『手の震えを抑えた時にもっと酷くなって、手の震えを抑えない時に収まっている事を学ぶ事だと思います。』

症状の奥に在るものを見つめて行く事が大事と思います。表面的な事柄とか底の浅い話に終止しているなら道は遠いと思います。もっと深い人間性を学ぶなら、神経症を理解出来ると思います。



[3594] 管理人様

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)18時50分50秒   通報   返信・引用

> 早い話がこの掲示板の維持も一種の孤独の癒しだ。

本来、孤独というものは、他人を通して癒されるものではありません。
他人を通して癒される孤独というものは、ただの依存ですね。
周りに人がいようがいまいが、孤独を感じる自分自身の在り方が変わらない事には、孤独を感じる意識に変化は起きません。
あなたはそれを、無意識にわかっていると思います。
ですから、妥協せずにこれるのだし、だから、最終的に、ここに人が残らないのも、必然の流れだと思います。
あなた自身にとっても、この先、この掲示板は必要なくなる気がしますね。

また長くなりましたが、失礼しました。



[3593] 自分を鍛えるが間違っている。

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月14日(月)17時07分51秒   通報   返信・引用

私が営業の仕事を選択したのは、敢えて人に会う職業を選択すれば、自分を
鍛えられて、対人恐怖の苦しみを脱出するのではと考えたからです。
これが神経症的思考で、それでは無駄な一生を終わってしまう。

神経症は鍛える対象ではない。脳が正常に作動していないのです。
正常に作動していない脳が、自分を鍛えたらどうなるか。
明後日の方向にぶっ飛んでしまう。

狂った脳が正常を回復する唯一の手段は考えないことです。
考えないでは生きられないが、神経症を治す手段を
考える時間を無くすることはできる。事実管理人はそれをした。

手段を考える時間を無くすることが出来れば、営業の仕事を選択しなくても、
自然と対人恐怖は治っている。
私はもう20年も対人恐怖を経験したこともない。
昔は異性恐怖が酷かったが、若い女性に会って緊張するなんて
別世界の出来事になってしまった。



[3592] 余計な一言言いたくなっちゃった、あはっ( ̄▽ ̄)

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)17時06分22秒   通報   返信・引用

誰もいなくなるほど、寿司様の異常性が際立って見えますね。
これはこれで、面白い掲示板が出来上がりそうですね。
誰も投稿しなくなってくるから、管理人様ファンのあなたは、掲示板存続のために、一人で頑張ってください。
あなたは、誰も投稿しないから投稿しているのではなく、あなた自身の選択で、投稿したいから投稿している。
この自覚、持った方がいいですよ。
人はみんな、自分のやりたいことしかやっていません。

どうせ、この状況も、長くは続かないだろうけど。
ふふふ。


じゃぁ~ねぇ。



[3591] 付け加え

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月14日(月)16時40分56秒   通報   返信・引用

誰も投稿しないので、
私が投稿します。
断わっておきますが私は
この掲示板を独占するつもりは
ありません。むしろ、
わたしはいつでも書き込みを
中断する。
斎藤先生の無為療法は
難しいかもしれない。
だって、世の中は
見渡す限り、自然な
動きが消滅しているからです。
だから、むしろ先生の
話しは不自然に聞こえる
のでは。
人間は一日中動いてない。
むしろ神経症脳
は普通のことでは。
私は神経症について
知らないのかもしれない。
やはり神経症は重い、軽い
はあるのでは。



[3590] 悲しい病

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月14日(月)16時16分29秒   通報   返信・引用

斎藤先生が営業の仕事の
話しをされていました。
確かにそうだと思う。
他人と意思疎通が図れない
人間が営業だ、接客だになる。
脳が健康なら人が苦手なら
人は避けるのです。
避けないで、向き合おうと
する。そこに判断の失敗が
あるのです。認知の失敗が
あるのです。
脳が健康だと対人関係が
苦手なら避けるのに、
むりに対人関係の
仕事につく。
脳を病んでいなければ、
世の中に貢献するところを、
むしろ逆をしてしまう。
悲しいことです。
ですから精神病とは
悲しい病なのです。
生物学的に問題がある。



[3589] 夢様

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)14時23分50秒   通報   返信・引用

あなたのわたしへの執着は、手放す事が出来る執着です。
わたしとあなたの道は交わる事はないのは、ある意味では、既に決まっている事だから。
あなたには理解されないのはわかっていて書いてますが、これは、自分自身(学び)を知り尽くせばわかる事。
わたしが向かうべき道は、ある意味、既に決まっており、あなたが向かうべき道とは方向が違います。
手放す事が可能な執着というものを全て手放していくと、自分にとって本当に大事な縁と縁する事になります。
自分にとって本当に必要不可欠な縁なら、絶対に切れたりしないものであり、手放せる縁というのは、自分の中の執着心によって繋がっているだけであり、自分にとっての本当に必要不可欠な縁とは違います。
ですから、あなたも、自分の中の執着心という意識を、真に手放して前進すれば、新たな縁も出来るだろうし、大きく前進します。
ある意味では、人の苦しみというものには、必ず、終わりがある。
ひと時限りの絆(幸せ)ではなく、永遠の絆というものを、見つけてください。


では本当にこれで。



[3588] 斎藤先生の指摘

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月14日(月)11時44分19秒   通報   返信・引用

遠慮がない。これは人間関係に問題を
生じさせます。恐らく脳が興奮状態で
物を言う人間になっているのでしょう。
物を言ってる前に、ささっと、
洗濯をし、食事をし、トイレに行く。
これが出来ない。
例えば政治家がものをいうなら普通のことでしょう。
政治家が論争しないならおかしい。
しかし普通の人間が論争するだろうか。
それより何かを処理しているはずだ。
私は接客を受けるときに、この人は
脳が興奮しているといことを
感じる癖がついてしまった。
あまりよくない癖なのですが、
どこか、脳は健康なのかを
見てしまう自分がいる。
遠慮なくものを申してると
人間関係に亀裂が入るでしょう。
強迫観念が暴走しているのだから、
一刻も早く、動くべきだ。



[3587] りんご様

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)10時59分1秒   通報   返信・引用

最後に、あなたに話しかけたくなりました。
最後は、あなたにも、様をつけて話しかけて終わりにします。
あなたとも、長い付き合いでしたので。
あなたも、わたしと学びを共有してきたクラスメイトみたいなものです。
お互いに、執着が深いほど、学びも深いんですよ。
ですから、あなたもまだ、ここに来てしまうでしょ。

世間は、一般の社会経験があまりない人間が何を言っても、馬鹿にして取り合わないが、人の経験というものは、感性を学んでいるだけなので、既に卒業済みの経験といいますか、既に持ち合わせている感性を得るための経験というものは、あえてする必要がなかったりするので、社会経験としては経験不足という形になる場合があります。
社会にもまれて学ぶ必要ないからです。
ですから、社会経験の有無により、人を判断していては、物事の本質は見えてきませんよ。
というわけで、わたしには、理解者は必要ない。
わたしの感性共有出来る人なんかいないし、この場において、いてもらっても困る。

ではこれにて。



[3586] よってたかって(仲間意識で)1人を槍玉にあげるような事はやめましょう

投稿者: 投稿日:2019年 1月14日(月)09時42分50秒   通報   返信・引用

そのようなやり方で相手を追い出しても、意味ありませんよ。
本質的な解決にはなりません。
何においても、執着というものは、お互いに、自らが真に納得して手放さなければ、意味がない。
だから時間を要するんですよ。
人の意識というものは、そう簡単には変化出来ない。
真に後戻りのない前進に踏み出せるまでには、時間を要する。

わたしは、夢さんという人をストーカー呼ばわりしてきたけど、ストーカー気質とは正反対の生き方をしている人間であると、認識している。
わたしと似ている部分も感じますし、それでなければ、あんなに自由に、相手に言いたい事なんか言えない。
わたしが管理人様に対してきたのと同じように、ある種の信頼はおいてきた為、言いたい事が言えてきた。
ただ、夢さんというのは、行動の原動力になっている本質の動機というものが、わたしとは全く違う。
だから、意見がかみ合うことはない。

あと、先日書かれてあった解放さんはりんごさんですね。
あなたも、いい加減に、前進しましょう。

わたしはもう、ここには来ない。
あなた方も、いい加減にした方がいいですよ。
相手に弁解すればするほど分かり合えない事を悟りましょう。
自分を理解させようという心が、逆効果を創造する。

では最後に管理人様、、
人と仲間意識でつるんで相手を批判することほど、やってる事が幼稚だと、いい加減に気づいてくださいね。
幼稚な対応をするあなたに同調できる人が、最終的に、ここの掲示板には残るのかもしれないですね。



[3585] でへまるさんへ

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月14日(月)08時16分43秒   通報   返信・引用

中々良い事を言ってくれる。
夢fantasyの書き込みの動機に、何か不純なものを感じる。ストーカーの気があるというか。
そんな必死に掲示板に書き込む努力をする暇とエネルギーがあるなら、もっと社会に役立つ
努力があるだろうと思うが、彼はしない。
世の中には遠慮と言うものがあり、これが潤滑油の役割をして社会がなりたつ。
それをかなぐり捨てて、暴力には暴力でと開始すると、中東のテロリストと同じことになる。

所で鈴木の所でも恋愛はあったでしょう。でも神経症者もバカではない。50年も前の話であるが、
入院生が神経症者同士の結婚は良くないと言っていた。遺伝の確率が大変高く、子供が大変だということだ。

以前神経症者が恋愛教室のような掲示板とサイトを立ち上げて活動を開始した事があった。
この人は自分は治ったと言っていたようで、書き込んでいる人も管理人は完治したと考えていた
ようだが、実際は全然反対で彼は神経症の真っ盛りであった。

神経症でも恋愛が積極的に出来るタイプもあるし出来ないタイプもある。
恋愛と神経症には直接関連がない。会社の社長になる事と神経症も関係がない。
神経症とは心の病気であり、病気に焦点を絞るべきであって、立身出世、偏差値大学とは
意味の違う話である。



[3584] 友達、恋人

投稿者: 寿司 投稿日:2019年 1月14日(月)07時29分31秒   通報   返信・引用

でへまるさんの仰るとおりですね。
ここは恋愛だ、友達だの場所ではない。
神経症のサイトである。
まあ、第二掲示板はそれでも、
ある程度の自由な空間であるべきだが、
恋愛をする場ではない。
それなら、いくらでもそういう
サイトがあるでしょうに。



[3583] 夢fantasyさん、

投稿者: でへまる 投稿日:2019年 1月14日(月)01時35分46秒   通報   返信・引用

あなたには人をリスペクトする気持ちはないのですか?
ここは斉藤さんが20年以上運営しているホームページであり、
あなたより30歳も年上の方に向かって、対等に話せ、友達になってくれって、
かなり無理があります。

あなたも経営者なら、管理する人間の気持ちはわかるでしょう。
従業員は気楽です。文句も言えるし、逃げることもできる。
しかし、管理者はそうはいかない。
その環境を存続させることは、大変な労力が要ることです。

またこの掲示板を使って告白なんて、止めてもらいたい。
しかも会ったこともない、顔も分からない状況で…
鈴木診療所でも、たまに寮生同志で恋に落ちる人もいたが、
『こいつら何しに来てんだ』と私は思っていました。
『恋愛なんかしてる余裕あんのかよ』って。
その後うまくいったカップルは一人もいなかったと記憶している。
むしろ破滅の道を行ってますよ。
もっと真面目にやりましょうということです。

他の方もここで友達作るとか彼女作るとか、止めた方がいいです。
私生活の写真とか、そんなのSNSでやって下さい。
その方がよっぽど友達作れますよ。



[3582] 海さん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2019年 1月13日(日)22時48分51秒   通報   返信・引用

君の望む通り俺は出入り禁止になったよ。
もう家のパソコンからは書けない。
この書き込みも明日の朝には消されるだろう。
俺は出入り禁止になるように書いたんだよ。
俺は君のことが好きだったんだ。
君がいるから書いていたんだ。
元気でね
じゃあね



[3581] 三角関数論議

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月13日(日)16時47分13秒   通報   返信・引用

ブログの世界で、学校で三角関数を教えるべきかどうかの論争がかまびすしいが、私は数学が
余り得意でなかった関係上、すべきかすべきでないか言えない。
ただ、英語については二言も三言もある。数学の微分積分はあまり社会では使わないが、その考えが
多少役に立っていると思う。

しかし英語については全滅なので、これは一言言わねば。中学の1年から大学4年までやってこの
ザマはない。普通の大学生だったら、ニューズウィークの1ページの文章を持ってきて読める人は
いないだろう。
言語の特質を無視したからこうなっている。英語は言葉であるのをお忘れなく。
言葉とは相手があって、その人に話しかける事から始まる。このプロセスを踏むと誰でも
脳の中の言語中枢が活性化されて脳が言葉に反応し始める。
英語を読むとはこのプロセスから起きた一つの結果で英語の一部なのです。

言葉とは外人と意思疎通ができた時の喜びを与える道具であり、これを無視したやり方はその
代償として無残な結果が待っている。一億人が英語で失敗するとは、なんと人材と
費用と時間の無駄であることか。



[3579] Re: Re: でへまるさんへ

投稿者: 猫仙人 投稿日:2019年 1月13日(日)09時43分30秒   通報   返信・引用 > No.3578[元記事へ]

> いろいろ聞かれますが、
> 私は一患者であったというだけで、
> 専門家でもないですし、卒業生の幹部でもないので、
> さらに聞きたい場合は、別の所で聞いてみて下さい。

ありがとうございました。
調べてみます。



[3578] Re: でへまるさんへ

投稿者: でへまる 投稿日:2019年 1月13日(日)09時17分21秒   通報   返信・引用

> >>鈴木知準先生の卒業生の作っているホームページは御存じではないでしょうか?
> >知らないですね。
>
> では、鈴木知準先生の療法を継いだお弟子さんは出ましたか?

もちろん医者になっている方はたくさんいますが、
私の知る限り、みんな外来でやってますね。
正直に言って、知準先生のような徹底した入院森田療法は、
治療者にも大きな負担であり、家族も巻き込んでしまうため、
禅寺に出家するみたいな覚悟がないと、
個人では無理かもしれません。

いろいろ聞かれますが、
私は一患者であったというだけで、
専門家でもないですし、卒業生の幹部でもないので、
さらに聞きたい場合は、別の所で聞いてみて下さい。







[3573] 孤独

投稿者: 管理人 投稿日:2019年 1月12日(土)17時03分24秒   通報   返信・引用

孤独とは必ずしも一人でいるという事でもない。人に囲まれていて孤独を感じる時がある。
私は余り孤独を意識したことがない。でも最近はリタイアーライフが長すぎて、もう少し
人に囲まれたいと思う時もある。

それを解決するのが英会話であり、今は毎日1時間半、3人の外人と話している。
これが結構孤独を癒す。老若男女、多国籍であるから沢山の情報が入る。
コンピューターとインターネットは思わぬ変化をもたらしてくれた。

以前だったら地域の老人施設が孤独を癒してくれただろうが、今はスカイプが大変な働きを
してくれる。早い話がこの掲示板の維持も一種の孤独の癒しだ。
デジタルの時代に生きて、孤独の問題は大変化したのではないか。


3918件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.