神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


7105件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[7294] 新規患者数は67人

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 7月 1日(水)17時13分21秒   通報   返信・引用

これちょっと多いね。これ以上増えるようだと何とかしないと。
皆、政府を批判するのに忙しいが、誰がやっても判断が難しい。

アメリカではすでに12万人以上が死んでいる。最終的に20万人に
なるのではという。
コロナは肺炎ばかりではない。血流に血栓が生じて多臓器に障害を起こす。
コロナ肺は繊維化が進み重大な後遺症を残す。
幸いにも日本の死者数は少ないが、油断をしてはならない。

東京ではホストサービスが震源地である。人間の性欲は大変高いから
これを抑えるのは一筋縄ではない。でもHIVと違って体液に接触して
感染するより、口から飛び出た唾液の粉末が原因のようであるから、
大声でしゃべる場所、歌う場所、互いに接近する場所、長時間の会話を
避ければ、通常それほど恐れる必要はなさそうだ。



[7293] サイゼリヤ

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 7月 1日(水)16時40分42秒   通報   返信・引用

私もサイゼリヤはいいと思いますね。あまり行かないけど。私はあまりジャンクフードっぽいものを食べないので。でも、たまに食べると安いし美味いなと思います。

ほとんど完成品の状態で入荷されてると思うんですよ。温めるだけ、解凍するだけみたいにね。そうすることでサービスを提供する人による質のばらつきを均一化することができる。

定番だけど、ミラノ風ドリアは安い。あと、マグナムワインかな。



[7292] サイゼリアの続き

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 7月 1日(水)09時34分48秒   通報   返信・引用

昨晩は、久しぶりに向かいのサイゼリアに行ってきた。
心なしか、店内に活気がない。
そこでお目当てのハンバーグを注文したのだが、自分の胃袋が
小さくなっているのに気づいた。

私は既にリタイアーしていて、肉体的消耗は殆どないから、その
体にサイゼリアのハンバーグは大きすぎた。味はよいが、食い終わって
げんなりだ。

そこで、神経症者の思考と健康な人の思考を比べて見た。
対人恐怖だったら、自分一人で入るのが恥ずかしい。楽しそうにしている
他のテーブルのカップルが羨ましい。今後も自分はこうして寂しいレストラン
を通いをするのかと考えて、暗澹たる思いだろう。

しかし、対人恐怖、神経症が治った斎藤はまったく別を考えている。
例えば楽しそうなカップルを見たとして、ご苦労な事だと感じる。
神は子供を産んで育ててもらうために、恋とセックスと言う美味しい
餌を与えた。あのカップルは、これから30年は大変だねと。

それより、食事をしている最中は、鈴木宗男が書いた本を速読していた。
読んだ結論は、とてつもなく腐敗している外務省、その不都合な事実を
知った人間の末路だ。外務省は国の中の外国と言われていて、特権的
情報アクセスを持っている。その彼らが決意して、マスコミを情報リークで誘導しようと
したら、マスコミと国民は一ひねりなこと。

悲しい事に、マスコミは外務省の策略に抗する術がない。あるいは喜んで
その懐に飛び込んで行ったか。
唯一、国民が悲劇から身を守るのは、国がある事で沸騰したら、これには何か
裏があるぞと一歩下がる事である。

太平洋戦争も国民の大部分がやれやれ、イケイケだったそうだ。
終われば全て東条の責任にしてしまう。
国民とはある意味でずるい存在だ。



[7291] (無題)

投稿者: ピロリン 投稿日:2020年 6月30日(火)18時49分41秒   通報   返信・引用

神経症とは何かを掴む病気なので、それらを否定することは間違っていない
HNさんのホームページを覗いたことがあるが何が言いたいのか分からない理解不能なモノであった、ただ他人の脳を切って除く訳には行きません、治ったか否かは誰も分からないわけです。はいこれで終わり。

にならないのが神経症なわけてす、もうここまでくると批判することで何かを得ようとする病気であり、神経症にエサを与えていることに気づかなければならない。
何かを掴むなとは全てを否定している行為すら否定することであり、言葉のない世界なわけだから中々理解することが難しい
無を作り出すことが出来ずとも神経症にエサを与えないことは誰にでも出来るはず。



[7290] 夢fantasyさんの面白い意見

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月30日(火)17時31分41秒   通報   返信・引用

> そもそも、神経症者と健常者でどっちが上だという評価をすること自体がおかしい。

「神経症者と健常者はどっちが上か」あれこれ考察することの是非はともかく、
夢fantasyさんもなかなか面白いことを言う。

> 神経症者は、自分が苦しんでいるのであって、他人を苦しめてるわけではないじゃないですか。
> むしろ、健常者の方が大胆な行動に出れる分、極悪非道な人も多いのですよ。

この部分については私もまったく同感。他にも内心そのように思っている人はいそうだけど、
こうした掲示板でそのような意見を率直に書く人は少ないよね。

斎藤さんといえば「かくも健康世界の人達の後ろ姿は美しい」が決まり文句だが、
べつに私は全然そうは思わない。

じつは以前からそうしようと思っているのだが、
そのうち「健康世界の人達の後ろ姿はそんなに美しいか?」という
タイトルの投稿を書いてみたいと思う。

ただし神経症者側の発想もあまりにワンパターンで問題があると思う。
「発見会」などは「人間が本来持っている真の人間性の回復」などと、
大層なことをスローガンに謳っているくせに、実際に中の連中が熱心に議論しているのは
「自己主張をしない人間になれること」「好き嫌いを言わない人間になれること」
「どんなよい訓練や修行があるか」といったことばかり。
バカじゃないのかね、それ方向がまったく逆じゃないの?、と言いたくなる。

ま、そもそも「森田理論」を作った連中自体が、内心では「神経質の人はどうあるべきか」
「〃どう生きるべきか」(なんかこんなお題目見ているだけで頭痛くなりますよね《笑》)
と言いつつ「神経質の人は『社会的弱者』『指導が必要』、よーするに『ただの患者』」と
見下しているわけだから、ありがたいお題目(笑)とは裏腹にそんな実態になるんだろうけどね。



[7289] 別にいいじゃねえか

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月30日(火)12時33分10秒   通報   返信・引用

ピロリンさんが「どう治ろうと他人の知ったことではない」と言ってるんだから、それでいいじゃないですか。俺もそう思うし。誰もピロリンさんが治ったかどうかなんて判定できないし、本人が治ったと言えば治ってるんですよ。それは、理論よりも態を表してる。

それを「お前は神経症者だ!」なんてコケにするのはいかがなものかと思いますね。

そもそも、神経症者と健常者でどっちが上だという評価をすること自体がおかしい。神経症者は、自分が苦しんでいるのであって、他人を苦しめてるわけではないじゃないですか。むしろ、健常者の方が大胆な行動に出れる分、極悪非道な人も多いのですよ。

掲示板で少々否定されたぐらいでブチ切れてるようじゃ器が小さいってもんですよ。



[7288] これ神経症の状態であり、鬱状態です。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月30日(火)11時32分33秒   通報   返信・引用

> ただ神経症が仮に治ったとしても取り戻せないモノが沢山ある。
例えば過食症が治った200キロの女性が減量に成功したとしてもその伸びきった皮はどうしようもない。
手を洗う事がやめられない男性が完治しても、
その荒れて皮膚炎を起こした手はもう元には戻らないかもしれない。
> 対人恐怖症だってそう、いくらそれを乗り越えたとしても、
それが晩年の場合は結婚は愚か、異性と交際しないまま亡くなる方も
もしかすると中にはいるのかもしれない。
> それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめると
やはり敗者の烙印が押されてしまう。
> そうならない為にも皮が伸び切らない内に自分の不格好な姿を鏡で眺めて
今自分がどういう状態なのかを直視する必要がある。それも緊急に


↑これ神経症の状態であり、鬱状態です。
神経症が治ると、こんなことグズグズ言ってない。
それより、ああ久しぶりにサイゼリアの脂ぎったハンバーグ食べたいなと考えているし、
実際行くだろう。
コロナを考えてサイゼリアにご無沙汰していたが、又行くことにする。

近所のスーパーでハンバーグを買ったが、偽ハンバーグに近く
うどん粉が沢山入っていた。昔のハンバーグは皆うどん粉ハンバーグで
殆どの人買わなかったのじゃない。最近進歩したはずと思っていたら、
やはり添加物てんこ盛りであった。



[7287] 通りすが男さん

投稿者: 投稿日:2020年 6月30日(火)09時47分7秒   通報   返信・引用

わたしは、〝いいんですよ〟というピロリンさんのコメント読んだ時、夢さんと向き合っている感覚に近いものを感じたわよ。
で、案の定、ピロリンさんの貴方宛への返信も、まるで斎藤さんを見ているかのよう。
悲しい哉、貴方の、オブラートに包んだ言い方も、なんの効果もなかったw
この方、無を作り出すというやりくりを手放すつもりもないようなので、無の時間とそうではない時間という2つの在り方を手放す事も出来ないだろうし、そもそも手放すつもりもないだろうから、在り方を一貫出来ないし、そもそもあのようなエゴを持った自分自身に満足してる間は、今の状態からの進歩はない。
けど、この方達は、それで幸せなようなのでそれでいいと思う。

下記、ある所から拾ってきた言葉。

変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは、変えていく勇気を
そして、二つの事を見分ける賢さを

ある意味、この言葉は、わたしの中に、既に在った言葉。
だから、掘れる穴しか掘りません。

じゃ、貴方もそろそろ、本当に、一緒に前進いたしましょう!



[7286] 書く事がない。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月30日(火)09時10分40秒   通報   返信・引用

神経症が治ると、神経症者たちの論争に入る気がしなくなる。
それより日常が忙しいのだな。朝の雑用を済ませた後に、また近所の公園に
散歩に行くか。まだ雨は降っていないが、かなり湿気が強い。

毎日、よい脳関係の英語の記事を探しているが適当なのがない。
最近は英語を読むのが早いから、いい記事があったら直ぐ翻訳に
取りかかる。

思いだしたが、昨日の英検テストの光景。あれ何かね。
英語の本質は、試験ではなくて、今日も明日も毎日最低30分英語を
話す事なのだが、実際は試験会場では満員だが、英語
話しているかと聞くと、殆どの人はやってない。
多くは英検で90点取ったらお終いだという。

日本人自身、英語とは何ぞやが分かってないらしい。
英検何点、TOEIC何点持ってきて私に見せても意味ない。
それより、その場で直ぐ日本語から英語に切り替えて、30分間
話しまくる。相手の反応の質、速さ、発音の良さで判定する。
こんな状態だと、英語ダメ国家日本はあと100年続く。



[7285] チャイコフスキーのピアノ協奏曲

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月30日(火)00時32分16秒   通報   返信・引用

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の第2楽章で、
これはまさにおやすみ前にうってつけの音楽であるといえよう。
https://www.youtube.com/watch?v=9el_MHg8efI

フルートを初めに何種類かの楽器に受け渡されていく主題を聞いていると、
「何処(いずこ)とも知れぬ夢想の風景に分け入っていくような」趣がある。

そして今度は「野山を愉しげにスキップするかのような」中間部もじつに心地よいし、
主部に戻る間際の「見得(みえ)の切り方」もカッコよく決まっていてすばらしい。

演奏しているのは旧ソ連のエミール・ギレリスというピアニストで、
その強靭で正確無比な打鍵から「鋼鉄の腕を持つピアニスト」という異名を取ったが、
実際にはそこから滲(にじ)み出る清冽で繊細な抒情性こそがこの人の本質であろう。



[7284] 通りすが男さん

投稿者: ピロリン 投稿日:2020年 6月30日(火)00時06分20秒   通報   返信・引用

私は本物だの偽物だのとかいう安い類の物差しでは計り知れない存在なんです。
いまさっきもブラックタイガーの焼きが甘かったせいで腹痛に襲われましたが無を作り出すことで絶対的危機から逃れることが出来ました。
いやはや、この無があれば百人力、鬼に金棒なのであります。
おやすみなさい



[7283] 「新装版 神との対話1」

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月29日(月)23時57分25秒   通報   返信・引用

この前の「神との対話」という本について、あれから2日後に読み終えたので、
前回投稿時に書いた通り、その感想をつけ足しておきたい。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7166

前回はとくに触れなかったが、この本はどうやら「スピリチュアル」の本である。
海さんが推薦する本だけあって、怪しいというか、胡散臭い部分も多分にある。

まず「輪廻転生」が存在するとして「過去の生」と「生の復活」があると主張、
人間はもう過去に何百回もの生を経験しているのだという。

このあたりが正直にわかには信じられない(というかまったく理解できない)部分で、
私が「スピリチュアル」を胡散臭く思うのはこのような内容に拠(よ)る所が大きい。
こういった話を聞くと、なんだか「ゲテモノ」の「オカルト」もどき、
あるいは「視聴率稼ぎ」の「UFO以下の低俗番組」に思えてしまうのだ。

ただし此処やHNさんの掲示板ではしきりと「前世」について投稿する人もいて、
そのような内容を信じていたり、興味を持っている人もけっこう多そうだ。

それでさらに続きを書くと、人間とは「身体-精神」だけのものではなく、
3層構造、すなわち「身体-精神-魂」から構成されているのだという。
人間が死ぬとこのうちの「身体」「精神」は滅びるが「魂」は残り、
次に地上に戻る際、それまでの過去の経験が反映される、のだという。
死ぬ際にあっても「魂」だけは「平静」で自分の運命を選択しているのだという。

HNさんなどは「人間は死ぬときでさえ、死にゆく自分を冷静に観察している
もう一人の自分(右脳)がいる」などと書いていたけど、これってもしかすると、
そういう内容と多少なりとも関連があるのだろうか(ま、違うと言われそうだけど)?
HNさんは必ずしも「スピリチュアル」には否定的ではないみたいだしね。

それから「スピリチュアル」に関心のある人からのコメントなどもいただければ幸いです。

あと「森田療法的な内容に多少関連づけられそうな内容」として
「悟りとはいまの自分以外の何者にもなる必要もないと理解することである」
「欲望に抵抗すれば、相手はかえって強くなる。見つめれば、相手は消える」
などの記載が挙げられる。
あとのほうはなんだか「森田理論」の「感情の法則」みたいだね。

それでこの前も書いたが、この本のポイントは「自己肯定の奨め」である。

宗教では(少なくとも外面的には)「人間の本能や欲望」を「否定」するものが多い。

また神経症関連の掲示板でも集団に行くと、やはりなぜかそのような意見を言う人が多い。
此処の掲示板もそうだし、HNさんの所もそう。発見会にもそのような人はたくさんいる。
彼等に聞くと、それが「人間としての正しい生き方」でもあるが、
何よりそれ以前に「そうしないと神経症が治らない」からなのだという。

彼等はとにかく「自己中心性の克服」「好き嫌いをなくすこと」「自己主張をしないこと」
が大切だと言い、自由な意見を言う人間に対しては「自己愛性人格障害」だと非難する。

この本では「人間は神の一部」「神と対等」として「我慢や修行」を否定している。
そんなことなどしなくても「人間はすでに救われている」ということ。
「最も愛情深い人間とは、最も自己中心的な人間だ」と論じていて、
「自分の感情を大事にする」ことの重要性を説いている。
「自分を愛せない人間が、どうして他者を愛することができようか」と主張している。

そして人間にとって困難かつ大切なことは「自分が何者であるか知る」ことだとしている。
「誰か自分以外のものに縋(すが)り信じることで救いを得ようとする」のは容易だ。
いっぽうそれに対して「自分の頭で考え、自分の意志で生きていく」ことは難しい。

しかし「自分のアイデンティティを確立」しなければ、
神経症を根治できたとはいえないのではないか?、と確かに思う。
このあたりは森田をやってる人でも理解できるのではないかな?

・・・と、ま「よい部分」だけを取り出せば、そのようなことを教えてくれる本である。



[7282] Re: 最近の掲示板から

投稿者: 投稿日:2020年 6月29日(月)21時28分41秒   通報   返信・引用

> > それどころそれどころか、自分の手柄のように語り始めるので御座いましょう。
>
> 私が感心したのはこの部分(太字)だ。斎藤さんには確かにそんな所がある。
>

斎藤さんの場合のこういったところは、取り立てて問題にするような事じゃないと思うけどね。
むしろ、貴方方は、斎藤さんのこのようなところを見習うべきだとさえ思う。
なぜなら、他人の言葉が自分の言葉になったのなら、自分の中から他人という先生は消え、自分は他人から学んだ事を、自分のものとして(自分の血肉に変え)自分の言葉で話すようになるからだ。
るみかは小さい小さい( ̄ー ̄)

貴方もいい加減になさったら、バイバーイo(・x・)/



[7281] 海さんに同意します。

投稿者: 通りすが男 投稿日:2020年 6月29日(月)21時23分21秒   通報   返信・引用

と同時にピロリンさんにはガッカリです。
本物だと思ってただけに残念です。



[7280] Re: いいんですよ

投稿者: 投稿日:2020年 6月29日(月)20時49分2秒   通報   返信・引用

> どう治ろうと他人の知ったことではない。
> 実際にHNさんの言う方法で症状が軽減した人がいるかもしれないし、それは本人しか知り得ない事。なので他人があれこれジャッジするのはナンセンスなのです。
> ただ神経症が仮に治ったとしても取り戻せないモノが沢山ある。例えば過食症が治った200キロの女性が減量に成功したとしてもその伸びきった皮はどうしようもない。手を洗う事がやめられない男性が完治しても、その荒れて皮膚炎を起こした手はもう元には戻らないかもしれない。
> 対人恐怖症だってそう、いくらそれを乗り越えたとしても、それが晩年の場合は結婚は愚か、異性と交際しないまま亡くなる方ももしかすると中にはいるのかもしれない。
> それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめるとやはり敗者の烙印が押されてしまう。
> そうならない為にも皮が伸び切らない内に自分の不格好な姿を鏡で眺めて今自分がどういう状態なのかを直視する必要がある。それも緊急に
>
>

他人の人生に対してあれこれ干渉するのこそナンセンスだ。
それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめるとやはり敗者の烙印が押されてしまう。そうならない為にも、、
などと言うくらいなら、まずは貴方(自分)から、他人の人生に対して、敗者とか勝者とかいった見方をやめたらどうだろうか。
自分は、他人を変える事よりも自分自身を変えることの方がたやすい。
ならば、まずは自分から変わる事が大事です。
自分の変化というものは、他人に相互作用する。
だから、他人を変えたければ、まずは自分から。
そもそも、敗者の烙印を押されない為になどと、他者を基準に考えて自分を変えようとしてもなかなかうまくはいかない。
特に神経症者の場合などは。
人の気づきは、自分自身で思い知る事で起こるのであり、そのタイミングというものも人それぞれであり、その人にとっては、それ以外のタイミングの可能性などはないのであり、問題を乗り越えた後に、取り返しがつくもつかないもない。
人の人生というものは、それぞれに、今の自分以外の可能性などは、最初から存在しない。

というわけで、貴方も、こんなとこで他人の人生に干渉してる間は、わたし同様、神経症ですよ。
いい加減にそれに気づいたらいかがでしょうか。

ではでは~o(・x・)/



[7279] 最近の掲示板から

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月29日(月)18時57分34秒   通報   返信・引用

「災投に何言っても無駄で御座いましょう 林檎」
https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18232

> 万が一、物申したことが受け入れられても、謝らないで御座いましょう。
> それどころそれどころか、自分の手柄のように語り始めるので御座いましょう。

私が感心したのはこの部分(太字)だ。斎藤さんには確かにそんな所がある。
もしかしたら他にも同じ目に遭った人がいそうですね。

「神経症から得られるものは何もない。 管理人」
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7248

> その良い例が不潔恐怖で、手を100回洗うから清潔ではなくて、異常に
> 手だけを洗うから部屋は乱雑になり不潔になる。不潔恐怖が不潔になった例だ。

今日もまた十年一日がごとく「森田療法の悪口ばかり」書いてる斎藤さんですが、
森田正馬の「神経衰弱と強迫観念の根治法(白揚社)」に、
この内容とソックリな話が書いてありますね。
いい加減自分も「森田療法の一派」であることを認めたら如何でしょうか?

「グルトさんに一部反応 管理人」
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7267

> ただ、幸いにも日本でただ一人治ったらしい一人がいる。
> それが斎藤で、(以下略)

おっとっと、確か「無為療法で治った人」があと3人いましたね。
(※正確にはさらにもう1人、ナント、外国に治った人がいるんだよ)
https://526.teacup.com/masahi/bbs/3349
「走る男さん」「あゆさん」「ヨッシーさん」は何処へ消えたのでしょうか?
このようなことを書くから「斎藤さんと彼らは同一人物」なんて
言い出す人が出てくる(笑)のかもしれませんね。



[7278] 大急ぎで鈴木宗男が書いた”汚名”を読み終える。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月29日(月)17時56分47秒   通報   返信・引用

やはり本を読まないといけないね。私は新聞が全て教えてくれると
若い頃考えていたが、これが大間違いであるのが分かった。
いわゆる世間の大悪人の問題になると新聞各社は一斉に一方方向に
走り出す。これでは、幾ら丁寧に新聞を読んでもさっぱり深部の所は分からない。

宗男の本の大部分は如何に自分が苦しんだかに重点を置いているが、
私が知りたいのは、彼を追い落とした黒幕は誰だったのか、どの組織であったのか、
そして何が原因だったのかであった。

まあ、大急ぎで分かったのは、外務省だったらしい。外務省が鈴木を追い出そ
うと画策した。同時に田中真紀子も追い出したい。
両方ともに追い出しに成功して願ったりかなったりであるが、お蔭で
マスコミの非力、政治の世界の残酷さが見えて来た。

安倍総理が以前語ったが、政治の世界では命が狙われる事が
あると言った。ロシアでは対立候補、それを応援する記者が暗殺
されている。それに比べれば日本はよほど良いとしておこう。

まあ、こういう事で、たまに本を読むこと、インターネットの小さな
放送を聞く事が大事と分かった。ただ幾分余分の出費が必要になる。



[7277] いいんですよ

投稿者: ピロリン 投稿日:2020年 6月29日(月)14時33分44秒   通報   返信・引用

どう治ろうと他人の知ったことではない。
実際にHNさんの言う方法で症状が軽減した人がいるかもしれないし、それは本人しか知り得ない事。なので他人があれこれジャッジするのはナンセンスなのです。
ただ神経症が仮に治ったとしても取り戻せないモノが沢山ある。例えば過食症が治った200キロの女性が減量に成功したとしてもその伸びきった皮はどうしようもない。手を洗う事がやめられない男性が完治しても、その荒れて皮膚炎を起こした手はもう元には戻らないかもしれない。
対人恐怖症だってそう、いくらそれを乗り越えたとしても、それが晩年の場合は結婚は愚か、異性と交際しないまま亡くなる方ももしかすると中にはいるのかもしれない。
それがイケないワケでは決してないが、世間一般の常識に当てはめるとやはり敗者の烙印が押されてしまう。
そうならない為にも皮が伸び切らない内に自分の不格好な姿を鏡で眺めて今自分がどういう状態なのかを直視する必要がある。それも緊急に



[7276] 所得水準世界30位の日本

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月29日(月)08時55分31秒   通報   返信・引用

もう日本経済大国日本は昔の話で、日本人の所得は先進国で最下位に
落ちてしまった。嬉しくはない話ではあるが、私は最近これをむしろ喜んで
いる。私の世代は、日本の絶頂期と最悪期の両方を経験している。

今から30年前の東京は凄かった。トラック運転手をしていたが、たかが環七
で甲州街道を抜けるまで1時間半かかった。高速を見れば都内は常に20km
から30kmの渋滞。空を見上げれば青空なんてない。茶色の空だ。
太陽はぼんやりしていて、ジーゼルエンジンから排出されたガスが空一面を覆っている。

大した事ないマンションが2千万円から3千万円、果ては5千万円、1億円と
とめどもなく上昇する。給料の上昇以上のスピードでマンションが高騰するから
逆に人々は買えなくなっている。

あの頃オーストラリアに行ったが、東京で500円から1000円で売っていた
Tシャツがオーストラリアではわずか100円であった。
ボールペンも一本20円とか30円で、東京の物価の高さに閉口してものだ。

今はその逆で、昨日のニューヨークからのニュースによると、女性用のパーマが
なんと10万円だと。彼女と二人でレストランに入ったら、最低15,000円
かかるし、3万円、5万円なんてざららしい。

サンフランシスコのアパートの家賃が25万円からという。これじゃ、大半の人が
払えない。必然的にホームレスが増える。
コロナで病院に入って退院後受け取った請求書はなんと1億円だと。

さあ、日本とアメリカのどちらが住みやすいか。私は断然日本に手を上げる。



[7275] ぐると様へ

投稿者: H.N 投稿日:2020年 6月29日(月)07時16分10秒   通報   返信・引用

何時も長すぎる文章との批判が多いし、自分でもそう感じていますので、余り説明しない事が多いでしたが、何回かはこの逆説志向が、症状の受容のために有効とは書いています。

吃音での逆説志向では、自分から吃音を、話そうとする事は、吃音を受け入れる事を促す事に繋がると云ったような事を書いたことがあります。

吃音者に吃音でも良いですと云うよりは、よほど抵抗が少ないと思います。



[7274] 笑える

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月28日(日)22時51分42秒   通報   返信・引用

1秒差だった



[7273] 神との対話的には

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月28日(日)22時46分17秒   通報   返信・引用

悩める人が多いようで。あの人にすすめられた”神との対話”という本的に言うと「あなたがそう思うのなら、そうすればいいじゃないか」ということになる。そして、結果に執着するなと。

本に書いてあるからではなく、これは正しい。



[7272] ちなみに

投稿者: 投稿日:2020年 6月28日(日)22時46分16秒   通報   返信・引用

> 返信無様です、貴方の承認は特に望んでいません!

貴方がわたしに対して返信返すという行為は、それ自体が、貴方はわたしに対して承認求めているからですよ。
つまり、言ってる事とやってる事が違う。
斎藤さんがHNさんに返信するのも、HNさんが斎藤さんに返信するのも、お互いに相手に対して承認を求めているからこその行為です。
わたしが相手に対して返信返すのも、これと同じ事ではありますが、わたしが書く事によってその連鎖を止める事が出来る。
なぜなら、わたしは個人的には、貴方方に対しての承認欲求なんかは既に持ち合わせていないので、ただ単に貴方方の鏡であり、それにより貴方方に因果をお返しする事が出来ているから、それにより場が浄化する。
貴方方からどのように見えていようと自由ですが、貴方方がわたしに対して見ているものは、貴方方自身です。

> 返信無様

ちなみにこれも誤字。

ではこれで(何度言ったかわかりませんが)。
あとは、返信ご自由に。



[7271] コロナ報道の不思議

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月28日(日)22時29分1秒   通報   返信・引用

東京の今日の新規感染者数60人。一体何人調べて60人なのだろう。私の周りにPCR検査を受けた人はいないのだが。どうもこの辺をうやむやにして切り抜けようとしてるのではないか。不思議でならない。



[7270] りんごさんGOGO♪

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月28日(日)21時12分29秒   通報   返信・引用

https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18232

林檎さまもたまにはよいことを仰るので御座います(笑)。



[7269] HN様

投稿者: 投稿日:2020年 6月28日(日)21時06分50秒   通報   返信・引用

最後に一つ申し上げます。

貴方の文章の中の誤字、なんとかした方がいいと思いますよ。
誤字脱字というものは、あっても問題はありませんが、人間性が出ますよ。
文章の良し悪しは関係なく、相手に対して、自分の言いたい事を正確に伝えたいとの思いがあるのなら、このようなところへも気を配った方がよろしいかと。
これも、その人の今の状態にもより、ケースバイケースではありますし、これも個性とも言えますが。

では、たくさんお節介申し上げましたが、これで本当に最後にいたします。



[7268] 斎藤さんとHNさんへ

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月28日(日)21時04分52秒   通報   返信・引用 > No.7267[元記事へ]

> 要は神経症とは狂いなのです。健康な人にはこんな現象起きてないし、説明しても
> 理解しない。神経症者同士でも理解出来ない。
> 雑談恐怖なんてのがある。暇恐怖とか言うのを猫さんが言っていた。オナラ恐怖もある。

斎藤さんへ。こういうのを「詭弁」という。

「無為療法が神経症を治せない」「斎藤さんはそこをまったく説明できない」ものだから、
いつも「自分は世界で初めて、ただ1人神経症を治した」「かくも健康世界はすばらしい」
とかなんとか「馬鹿の1つ覚え」で、話を「擦り替えて誤魔化(ごまか)す」だけで、
何の説明にもなっていない。

> 常々、私が主張している事は、神経症の治りは『症状の受容』と云っています。
> 逆説志向はこう云った治りを補助するのには有効と云っています。

HNさんへ。これまた「詭弁」という。

あなたははこれまで「逆説思考はこういった治りを補助するには有効」なんて内容は
ひとことも言ってなかったよね。
このように、斎藤さんの「神経症を治したのは自分だけ」の「馬鹿の1つ覚えの繰り返し」と違って、
「批判されると論旨がころころ2転3転する」のがHNさんの特徴だね。



[7267] グルトさんに一部反応

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月28日(日)20時46分40秒   通報   返信・引用 > No.7256[元記事へ]

> でもでも、じゃあこれ、いったいどうやったら治すことができるの?
> どうすればこちらの上の状態から、下の状態に戻すことができるのだろう?

> 「健康世界は無意識の自動操縦」について繰返し説くことはできても、一度神経症になった人に、
> ではどうやればその「無意識の自動操縦」状態になれるのかについて教えてはくれない。

> じゃあ万事休すか?、いやいや、あるんですね。ちゃんと「『視界恐怖』から解放される方法」が!
> だってそうじゃないと困るじゃないですか!!


要は神経症とは狂いなのです。健康な人にはこんな現象起きてないし、説明しても
理解しない。神経症者同士でも理解出来ない。
雑談恐怖なんてのがある。暇恐怖とか言うのを猫さんが言っていた。オナラ恐怖もある。

神経症とは脳の異常動作なのだ。
で、どうするどうすると問い詰めると、一気に症状は悪化する。あまり追及すると
錯乱状態になりますから気を付けて下さい。
神経症は本来精神病院が治す病気ですが、今は薬も療法もない。

ただ、幸いにも日本でただ一人治ったらしい一人がいる。
それが斎藤で、治ったらしいと表現したのは、神経症者とは全然違う境地では
あるが、脳の生物学的構造は神経症者と変わらないからだ。だから一抹の
不安があるし、完全治癒とは行かない。

でも、皆さんがここで見ているように、私は神経症者と会話に決して参加しない。
何故なら、私が彼らの会話に入るとは、幼稚園の園児に割り込んで一緒に
遊ぶみたいなものだからです。



[7266] 神経症者の鏡さんへ

投稿者: 投稿日:2020年 6月28日(日)20時43分27秒   通報   返信・引用

> こんな事は貴方が主張知る以前から当たり前の事です。

貴方は自分の深層心理がわかってない。
まあいい。
もうやめときます。
本当の意味での神経症者には終わりはありませんから、リンクしてればこちらが終わらなくなる。
貴方は自分自身を癒す為に神経症者に関わり続ける。

返信ご自由に。


ではお元気で。



[7265] 通りすが男様へ

投稿者: H.N 投稿日:2020年 6月28日(日)19時56分36秒   通報   返信・引用

その言葉も駄目なような気がする。は正解と思います。症状の受容 は神経症が治った結果の姿だからです。

吃音の人に『そのままで良いです。』と云ったところで何にもならないと思います、処が治った後であ通じる言葉になっているかも知れません。



[7264] 症状の受容

投稿者: 通りすが男 投稿日:2020年 6月28日(日)19時49分31秒   通報   返信・引用

その言葉も駄目なような気がする。
正しかろうが、正しくなかろうが、神経症者と言葉は相性悪いみたい。
実戦、理屈のバランスを考えると、8対2くらいがちょういいね。



[7263] 海さんや

投稿者: H.N 投稿日:2020年 6月28日(日)19時49分26秒   通報   返信・引用

勘違いしないでください、『あんたらの正当性を証明する為に生きてるわけじゃない。』こんな事は貴方が主張知る以前から当たり前の事です。

自分だけ偉そうにしているのは貴方の悪い癖です。自分だけは誰のの承認も望んでいませんは、貴方の詭弁じゃないですか。

返信無様です、貴方の承認は特に望んでいません!





[7262] ぐると含め、みなさまへ

投稿者: 投稿日:2020年 6月28日(日)19時23分47秒   通報   返信・引用

> 私の方法が駄目の場合も募集しますが、良い場合も『書痙』や『吃音』を治した」という人がいたら出てきて下さい。

他人(神経症者)は、あんたらの正当性を証明する為に生きてるわけじゃない。
これ以上、自分を正当化したいが為に他人を巻き込むなや。
他人は、貴方方の実績に貢献する為に生きてるわけじゃない。
他人は、神経症者を治す方法を見つけたい貴方方に貢献する為に生きてるわけじゃない。
自分は他人に貢献する為に生きてるわけじゃない。
貴方方がこのように生きるのは勝手だが、そこに他人を巻き込もうとするなや。
奉仕や自己犠牲の精神を他人に押し付けようとするな。
世間は無意識に、他人にこれを洗脳しようとし、ずっとその連鎖を続けてきた。
自分の正当性を他人から承認されなくても、自分がこうと思う答えがあるのなら、他人に何を言われようが、自分は自分の答えを発信し続けたらいいじゃないか。
あんたらは、他人の承認がなければ自分を承認出来ないのか。
だから終わりがない。
自分と他人との答えを統一化しようとするのは、そろそろやめなはれ。
これが他人の足引っ張ってんのがなぜわからない。
人はそれぞれに、自分が信じる事が出来る答えに効果を出す。
ただそれだけ。
貴方方は、答えを発信している時点で、自分は自分の正当性を主張しているだけなのだという事を自覚した方がよろしいです。
貴方方は、他人に対しての聞く耳など、最初から、ほぼほぼないんですよ。
それを自覚して、いい加減に、苦しみの中にいる人間の足引っ張るような生き方やめてください。



[7261] ぐると 様へ

投稿者: H.N 投稿日:2020年 6月28日(日)17時00分59秒   通報   返信・引用

『さて、話を元に戻すが、神経症とはHNさんのやり方で治るほど生やさしいものではない。
これを読んでいる人達も、各自そのあたり胸に手を当ててよく考えてみるとよろしい。

ウソだと思うのなら「私はその方法で『書痙』や『吃音』を治した」という人がいたら出てきなさい。
言っとくが「症状があるなしにかかわらず、何とか生活をしていく」だけじゃダメだよ。
「ピタリ」と手の震えや喋りの震えが止まった、という場合に限る。
HNさんはそう言ってんだからさ。ホラ、いないでしょ?』

同じように、やってみたけれど直らなかった人も出て来て下さい!
両者の話を聞かない限り、話は一方的になってしまいます。

常々、私が主張している事は、神経症の治りは『症状の受容』と云っています。逆説志向はこう云った治りを補助するのには有効と云っています。

私の方法が駄目の場合も募集しますが、良い場合も『書痙』や『吃音』を治した」という人がいたら出てきて下さい。



[7260] 英語もそう

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月28日(日)16時14分21秒   通報   返信・引用

英語が上達すると、脳の活動が冷めて、あまり頭をしぼらなくても
スイスイ話せるし、読める。英語を読む時、文法も考えない。
日本語を読むのと同じで頭から尻へ、すっと読んでいく。

神経症も同じだ。神経症が治ってない人間は論争に夢中になるが、
そんな人間の脳をMRIしたら真っ赤になるのではないか。
治った人間は論争なんて興味なく、私など今セルビアの人間と
30分間話した。この男性日本のことを良く知っているので驚いている。

私の頭が真っ赤になるときは、相手が英語を教えるとデカく出た時だ。
英語を教えるヤツにろくな人間がいない。英語は話すためにあって、
教育の対象ではない。何故教えるなんて態度がデカいのか。

恐らく自分がネイティブでない引け目を感じているからだろう。
ネイティブは言葉を教える事が出来ないが、彼らの言語能力は
宇宙のように凄い。



[7259] 犬さんの投稿について

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月28日(日)14時49分2秒   通報   返信・引用

犬さんがHNさんの掲示板にこんなこと投稿をしていますね。
https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18229

ちょうど将棋や囲碁を指す時、頭の中をスキャンして観察すると、
素人では「脳の多くの領域を使って思考している」のに対して、
プロ棋士は「思考に使う領域は脳のごく一部分」という点と
同じようなことかもしれませんね。

おそらく達人になると「無駄な思考をしなくなる」、ということでしょうね。



[7258] HNさんの反論に答える

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月28日(日)14時15分12秒   通報   返信・引用

HNさんよ、どうやらやはり「逆を行くやり方で私は神経症を治した!」という人は現れないようだね。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7234

それではお望み通り「逆をやってみたけれど治らなかった」という人を紹介しよう。
https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18212

私がそうなのだ。もっとも私の場合「手の震えとか口の震え」とは違って
「視界に関する恐怖」だが、ただ原理は同じだろう。

この前から「テレビを観る際の神経症」について書いたが、
当時私は「読書恐怖」「視界恐怖」というのがあった。
勉強したり本を読んだりする時に「今読んでいる行以外の行が気になって、思うように読めない」
という状態で、そこが発端だった。

これはその後アッという間に「ありとあらゆる場面」に拡大して、
例えばテレビを観る時には「画面意外の周りの視界が気になる」、
また画面内でも「今注視している以外の箇所が気になる」などで、
まったく生きた心地がしなかったものだ。

そこで私も例に洩れず、当時は「何をとち狂ったか(笑)」熱中していた
「森田療法」の本を参考にして、なんとか「逆を行く」やり方でこれを解決しようとした。

森田正馬の「神経衰弱と強迫観念の根治法(白揚社)」には「わざと鼻に注意を向けさせることで
アッサリ『鼻尖恐怖』を治した例」が載っている!、おお、すばらしいではないか(笑)!!
あと高良武久の「森田精神療法の実際(〃)」にも「他の行が気になって勉強できなくなった学生が、
ページ全体を見るようにしたら治った」という例が載っていたりしたしね。

そこで私もさっそくこの「逆療法」に挑戦したが、しかし本のようにはまったく上手くいかなかったな。
「あえて、対象以外の部分をわざと見るようにする」「『視界に入るものすべて』を見るようにする」
など、ありとあらゆる「逆を行く」やり方を試してみたが、まったくどれもダメ、
複雑でわけがわからなくなるばかり、もう悪くなるいっぽうだったよ。

繰返しになるが、これは「手や口の震え」とは違うけど、原理はまったく同じだろう。

これは治ってみたらわかることだが「逆を行く」なんて「小賢しいやり方」に
期待したり、実行することが、すなわち「神経症の真っ只中」ということになるわけだ。

もっとも、このように、HNさんの主張する「逆を行く」やり方で失敗した
苦い経験を持つ人は、他にもいそうだね。こちらの掲示板の読者にもいっぱいいるんじゃないかな?
なあに、誰でも「治った話」なら「少々ウソついても大げさに吹聴」するけど、
「治らなかった話」なんて誰もが「自分からはなかなかしたがらない」ものだよ。

それから老婆心ながら、ついでに「神経症」が原因で起こる「不眠症」に対しても
「逆療法」はまったく歯が立たないことについて触れよう。
この件については、以下のように「斎藤さんもHNさんに部分的には同意している」。
ご両人とも、このように意見が一致する場合もあるわけだ。

> 不眠症も逆でやれば治る場合もあるが、神経症でない原因で不眠症が発生している時がある。

それで斎藤さんはこのように主張しているが、これは「まったく逆」だよね。
もしも「逆を行くやり方」、すなわち「逆療法」なんかで治せたのであれば、
その「不眠症」はもともと「神経症」などではなかったということだ。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7147

「不眠症」とはべつに「神経症関連」の専売特許ではなく、
健常者を含めて、何か大きな精神的ショックや心配ごとがあった時、
あるいは翌日に「試験」や大きなイベントなどの重大な出来事を控えている場合には
誰でも「不眠症」になりうる。世の中に「眠れない夜」に纏(まつ)わる
歌謡曲など「星の数ほどある」ことからもそれは容易に窺(うかが)えよう。

しかしながら「神経症性の不眠症」ならば、もはや「今夜は眠らない」と
腹を括る(=逆を行く)ことで治るようなことはまずない。
せいぜい「最初の1回だけは成功しても、翌日からはまた元に逆戻り、
いやもっと悪くなる」になってしまうだけだ。

これは青木薫久の「心配性をなおす本(KKベストセラーズ)」にもそのような話が
「失敗例」として載っているし、KENさんもそのような話を書いている。
恥ずかしながら私も昔、そのようなことを経験した記憶がありますぜ。
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/6986

さて、このページを読んでいる皆さんはいかがですか?



[7257] 司法書士とは何ぞや

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月28日(日)13時52分47秒   通報   返信・引用

ある件で相談に行ったのですが、司法書士とは弁護士に近い職業との話であった。
遺言の作成もやっていて、信託銀行でやる場合に比べて費用は半分から
3分の1であった。

法務局では新しいサービスを開始して、自筆で書いた遺言を法務局が
預かってくれるらしい。この場合の費用は僅か3,900円と言う。
信託銀行で同じ作業をすると何と、15万円以上請求される。

どうりで一度作成すると、銀行からわんさかと再度書き直しの電話が
かかって来るはずだ。
銀行も素人筋の無知識につけこんで一儲けしようと企んでいる。
まあ、今は銀行業は死にゆく業種で、近くの銀行が撤去されて
コンビニになってしまった。彼らなりに必死なのだろう。

所で行政書士は痴呆老人のケアーもやっている。しかしこの方は
書士一人でやるのだから実際は機能せず、法律上やっている事に
なっているだけだ。



[7256] 無為療法の限界 または 斎藤さんの「面白い書き込み」

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月28日(日)13時27分16秒   通報   返信・引用

HNさんのイチャモンに答える前に、斎藤さんが大変「面白い書き込み(笑)」を載せているので、
そのことにいちおう触れておこう。
http://mui-therapy.org/saito_column/omoshiroi-kakikomi.html

さてさて、よく見ると(いや、見ないでもひと目でわかるが)、これ私の投稿からの引用ではないか。

いやはや何はともあれ、私の拙(つたな)い文章が「たたき台」になって、
何かのお役に立てるとは、まずもって喜ばしいことだ。
皆さんも大いにこのような内容をよく読んで、じっくりと参考にしていただきたい。

> 自分の意識の焦点を何処に絞るか聞いているのが第一に間違いです。
> 意識の焦点は、普通自動的に選択されていて、意識しなくても自然に焦点はあっているのです。

ふむふむ。なるほどその通り。

> おかしな努力を積み重ねると、進化で獲得した脳に不自然な命令を下すことになるから、
> 脳は混乱し始める。その先はヘタすると錯乱が待っていますよ。気を付けて下さい。

そうそう、そうなんだ。そんな努力なんか、一切やっちゃダメなんだね。
「あるがまま」も「恐怖突入」も「不安即安心」も、そんなもんあるもんか!!

でもでも、じゃあこれ、いったいどうやったら治すことができるの?
どうすればこちらの上の状態から、下の状態に戻すことができるのだろう?

> テレビの画面、音声と言っても幅は広い。画面のどの部分か、
> 音声は人の声かものの音か、人の声なら誰の声を聞くべきかと尋ね始めたら、
> これだけでも一気に不安は増大し、発狂状態になる。
> 神経症を治す目的であるとは言え、こんな事は決してやってはいけないのです。

   ↓ ↓ ↓

> テレビに話を戻すと、ぼーとする、居眠りする、何か必要なことを思い出す、
> 外部から入る音に聞き耳を立てる等は、全て考える必要がない。
> 自動的に丁度良い所に注意は向けられている。

残念ながら、そこが斎藤さんの限界だね。

このように、斎藤さんが「世界一」と謳うさすがの「無為療法の教え」も
「健康世界は無意識の自動操縦」について繰返し説くことはできても、一度神経症になった人に、
ではどうやればその「無意識の自動操縦」状態になれるのかについて教えてはくれない。

ちなみにこれは「動き」や「雑用」してもダメですよ。
やめると元に即戻るんじゃないかな?。テレビを観る行為に「動き」なんかない。

じゃあ万事休すか?、いやいや、あるんですね。ちゃんと「『視界恐怖』から解放される方法」が!
だってそうじゃないと困るじゃないですか!!

そうでなければ私が此処で2週間前に「テレビをぼんやり見ていて気づいた話」なんて内容を、
こうやって元気に投稿できるわけがない。

しかももちろん「瞑想」とか「修行」その他、変てこりんな「方法論」一切抜きだ。
そんなことすれば余計悪くなるだけで、ワケわかんなくなるいっぽうだよ。

ま、しかし此処でそれを書いてもつまらないから、またの機会に譲ろう。
それは先のお楽しみ、と(笑)。それまでは、さ~あ、みんなで考えよう(またまた笑)!!



[7255] 新聞

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月28日(日)09時11分11秒   通報   返信・引用

新聞。私はたまに読みたくなりますけどね。週に一回でいいかな。私は読売新聞です。新聞各社は10年ぐらい前に文字サイズを大きくしたのを知っていますか。その分、文字の総数が減った。

インターネットが世界を変えた。今じゃ新聞はなくてもよいのだろう。だけど、インターネットに情報を提供しているのも新聞社ですからね。

PCやスマホの画面で活字を読むのと、紙媒体で活字を読むのではちょっと違うような気がする。電車で新聞や本を読んでいる人が減った気がする。みんな揃ってスマホを見ている。

インターネットは、上手に使えば便利です。だけど、ある程度の節制をしなければバカ製造器になってしまうような気がする。



[7254] Re: 新聞

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月27日(土)17時12分14秒   通報   返信・引用 > No.7252[元記事へ]

> 長年惰性で取ってきた新聞をやっと止めました。
> 同じ内容ならインターネットから読めるし、紙面消化のための無駄な記事を多すぎる。

はっきり言うと、新聞だなんて無駄だと思う。
特に日経がそうだ。

膨大な数のファンドの成績を印刷している。
ある人が言ったが、あれは墓標だと。国立墓地に立つ無数の墓標を
思い浮かべてもらいたい。

今、株式市場のデーター、特にアメリカを含む海外の情報はパソコン
で簡単に見られる。
昔、証券会社の店頭に実年の女性が数名座って電光掲示板を
見ている光景を見た。一体何をしているのかなと私はいぶかった。

あんなふうに文字を追っていても株式投資は儲からない。
もっとおおきな、大局観が必要でしょう。
コロナ以後の世界がどう動くかのような。



[7253] 囲碁・芝野が最年少で新十段に、無傷の3冠

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月27日(土)17時01分51秒   通報   返信・引用

また将棋の話かなと思っていたら、久しぶりの囲碁の話であった。
名人だ、棋聖だとタイトルが踊るが、見ると大抵将棋の話で、今回は
囲碁でほっとした。

柴野虎丸なんて良い名前ではないですか。一発でおぼえられる。
まだ、20歳で三冠を取っている。

私が若い頃、本因坊、名人は皆40代ではなかったかと思う。
最近はもう10代の後半で強くなり、20になるかどうかで日本のトップに
立つ。物凄い革命だと思う。何故こうなったか。

一つにコンピューター革命だろう。昔は先輩や大御所から習った。しかも
肉体的痛みを感じながら。実際、頭をひっぱたかれたらしい。その恨みを
今も語る棋士がいる。

今はコンピューターの方が先輩より強い。日本のトップがコンピューターに
2目から3目置かないと勝負にならないらしい。
こうなると下克上で、囲碁の新人は先輩から習うのではなく、直接
コンピューターから習っている。しかも世界からの棋譜が取り寄せる事が
出来て、最新の研究が出来る。

それと私思うのであるが、囲碁では、知識の集積よりも、
勝負の臨んでその場で瞬間に最善手を選べるかどうかが重要です。
しかも自分が何目勝っているか負けているか、短時間に読まないと
ならない。コンピューター的精密さを要求されて、こうなると若い
頭脳に勝てないのかもしれない。

私自身最近暗算能力が落ちているのを感じる。



[7252] 新聞

投稿者: くんた 投稿日:2020年 6月27日(土)16時55分44秒   通報   返信・引用

長年惰性で取ってきた新聞をやっと止めました。

同じ内容ならインターネットから読めるし、紙面消化のための無駄な記事を多すぎる。
最近プロ野球がいよいよ開幕などと球団のPRを兼ねて前面的に記事を出されても
今の時代プロ野球の開幕など期待する人などほとんどいなく、時代錯誤も甚だしい。
事実テレビでナイター中継など無くなったし。

その分の金は、これまた無駄な住宅ローンの利子に返済します。



[7251] リニア新幹線反対

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月27日(土)16時38分45秒   通報   返信・引用

私は、今から30年前からリニア新幹線に反対している。
一度ものは試しとばかり、東北新幹線に乗った。胸を膨らませて乗ったが
がっかりの印象であった。音公害を意識してか、沿線に防音壁を張り巡らして
いる。すると窓の景色の下半分は見えない。見えるのは遠くの家の屋根だけだ。
それと高速を許す地形がないから、殆どはトンネルで、これ高速地下鉄と
読んだほうがいいのではと思った。でも青森まで3時間を切るのだから
一定数で便利を感じる人がいるのだろう。

リニア新幹線はどうだろう。恐らく全区間トンネルではないか。とても旅行を
楽しむどころではない。それと大阪まで1時間半で行った所で、どれほど
感激があるのか。駅の立地の問題もある。新大阪駅が出来た所で、そこから
梅田まではえらく遠いだろう。せっかく大阪に1時間半で行けても、接続が悪いと
殆ど利益は吹っ飛ぶ。

大体それほど高速が欲しいなら飛行機で行けばよい。飛行機なら用地の
買収がないから、何と奄美大島まで片道わずか7,000円なんて切符が
販売されている。

膨大な用地の買収、自然破壊、アルプスの土台に穴を開けるのだから何等かの
問題を引き起こす可能性がある。

日本には苦い経験がある。NHKが膨大な予算を組んで、高画質テレビの
放送を研究していたが、それがコンピューターとデジタル時代の到来で、
で一瞬に吹き飛んでしまった。
運が悪かったとも言えるが、速度が500KMを超える新幹線に
どれ程意味があるのかという疑問を、常に心の奥に置いて置いた方が良い。



[7250] Re: リニア新幹線反対

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月27日(土)15時41分20秒   通報   返信・引用 > No.7249[元記事へ]

> 駅の立地の問題もある。新大阪駅が出来た所で、そこから
> 梅田まではえらく遠いだろう。せっかく大阪に1時間半で行けても、接続が悪いと
> 殆ど利益は吹っ飛ぶ。

斎藤さん、少しムキになりすぎなのでは?

新大阪から梅田までは「待ち時間」を入れてもせいぜい10分ぐらいですよ。
いっぽう伊丹空港からだと30分ぐらいはかかる。
関空だともっとお話になりません。

それに最近では「飛び恥」なんて言葉もあるように、
やっぱり鉄道って一番「環境にやさしい」乗り物なんですよ。



[7248] 神経症から得られるものは何もない。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月27日(土)08時52分30秒   通報   返信・引用

森田療法ではよく、神経症に感謝しろみたいなことを言うが、”あほ”と言いたくなる。
殆どの場合、病気は治すべきであって感謝の対象ではない。

神経症の特徴として、異常に高い不安のレベルと強い強迫観念があげられる。
通常の不安なら生活を安全に導くが、不必要に高い不安は生活を
困難にさせ、安全を通り越して危険にさせる。

その良い例が不潔恐怖で、手を100回洗うから清潔ではなくて、異常に
手だけを洗うから部屋は乱雑になり不潔になる。不潔恐怖が不潔になった例だ。

強迫観念が余り強いのもダメ。一方方向だけにのめり込み、バランスの取れた考え
が出来ないから、結果的に全て失敗する。
私のオンライン英会話10,000回が多少関連している。この異常な回数は、強迫観念
に幾分影響を受けているのは間違いない。
神経症者は英会話に成功しているから、神経症に感謝しろみたいな事を言うが、
冗談じゃない、これと神経症を結び付けるな。

そんな無駄な事を言っている暇があるなら、青い顔して天井を見てないで
どんどんやったらどうかね。



[7247] 本質は自民党内の「内紛」

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月26日(金)22時16分42秒   通報   返信・引用

河井夫妻の事件で現金の受け渡しがあったのは事実。
前にも一度書いたように「火のない所に決して煙は立たない」。
検察はなにも「ウソの証拠をでっち上げた」わけではなかろう。

でもことの本質は、どうやら「自民党内での内紛」にあるらしい。
ひとことで言えば「安倍派と岸田派との対立」、または「党本部と広島県連との確執」ということ。

広島という所はもともと「岸田派の地盤」で、だから「広島県連」もそのように構成されている。
これまで該当の選挙区でも「岸田派の議員と野党議員が1人ずつ」、ずっと議席を分けあってきた。

ところがさきの参院選では、この長年続いた状況を覆す出来事が起こった。
これまでの県連・岸田派の現職候補に対して、党本部が安倍派の河井候補を強力に擁立してきたためで、
曰わば「本部Vs.県連」、両者の間で「自民党同士の『共喰い』ともいえる異例の選挙戦」になった。

それで激しい選挙戦の末、河井候補が勝利したが、この選挙は周囲に大きな禍根を残すことに
なったらしい。結果的に落選した岸田派の現職候補側の恨みはすさまじく、その結果、
広島県連を通して河井夫妻側に強力な圧力がかかった、ということがどうやらことの真相であるらしい。

ま、これは誰も大っぴらには言えないことだと思うけど、あの程度のカネの流れなら、
おそらく全国津々浦々、どこでも同じように広く行なわれてることなんじゃないかな?

テレビの報道だってそんなにバカじゃない。論説者の中には「今回の事件のポイントは、
事件を通して、選挙では今でもこのようなことが広く行なわれていることが浮き彫りになったことで、
これは改めて選挙をめぐるカネについての問題提起ともいえる」などと「ことの本質を窺わせる」
ことを言っている人もいて、これなどなかなか的を得た見解といえよう。

やはり「選挙にカネはつきもの」です。

それでリニアモーターカーは静岡県内の領域だけ、今だに建設のめどが立っていなくて、
今日JRの社長と静岡県知事が会合を開いた、というニュースがあった。
反対の理由として、静岡県は執拗に「大井川の水資源への影響」について懸念しているのだという。

しかしそんなのはただの「口実」にすぎないだろう。
静岡がああまで頑強に反対するのは、実際にはそんな理由ではまったくないと思う。

よーするにリニアモーターカーは静岡には何のメリットももたらさないばかりか、
却ってマイナスになるだけからだ。現行の新幹線なら「6駅」もあるのに、
リニアができれば静岡は「素通り」、曰わば「完全スルー」で「取り残された」形になる。

だからあの知事はああだこうだ難題をつけて、可能な限り絶対に建設着工させないつもりなのだと思う。
ただしそのようなことはひとことも言ってないよね。

このように、ニュースなどでは「本音」の生々しい部分はなかなかそのまま伝えることはできない。
でもそれなりに見えてくるものがある。それと同じようなものだよ。



[7246] 私の新聞に対する信頼喪失

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月26日(金)17時55分24秒   通報   返信・引用

これは1991年から1993年に起きた日本の経済バブル崩壊までさかのぼる。
土地の値段は上がる、株価は上がる、油絵の値が上がると異常な上昇を
しめした日本経済は、一夜にして下がり始め、その後2年間で1000兆円の
価値が失われたと言われている。

個人も国家も会社も膨大な損失を被ったが、あの当時熱心に新聞を読んでいた
斎藤は、毎日バブルの生成から弾けまでの詳細な分析を待っていたが、ついに
10年間以上その手の記事はなかった。

この時気が付いたのは、世の中の本質が知りたいときはお金を払わなければ
いけない事。即ち本屋に行って金を出して探さなければいけないと気づいた。

以来、新聞テレビ嫌いになり、今も情報は殆どインターネット経由で、パソコン
で読んでいる。もちろんパソコンにも問題があるから、出来るだけ間口を広めて
おいて、決してテレビのワイドショー的情報入手はしない。

だから、私が言った河井前法相は一つの提起で、彼が正しいなんて決して
言ってない。ただ、世間が騒がしくなって一方方向に走り出した時は待てよ、
これ裏があるのではと、私の動物的感覚がひらめく。



[7245] 趣味

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月26日(金)17時10分31秒   通報   返信・引用

メダカ
https://drive.google.com/file/d/1MEPCHQwT70JQsODxiZxZBZez0afCr2kk/view?usp=sharing

ベランダでメダカを飼っています。神経症の治癒とは関係ないが、趣味を持つのはいいと思う。趣味を多く持つというのは、結果として執着の分散につながる。神経症とは、症状への執着ですからね。

鶏が先か、卵が先か

どちらでもいいじゃないか。



[7244] やっぱり公園散歩が一番

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月26日(金)14時31分27秒   通報   返信・引用

最近散歩のコースを変えて、近所を歩いている。
新しい発見があり、こんな所に歯医者があり、こんな所に感じの良い
一杯飲み屋がありと、楽しい発見である。
が、又公園散歩を復活させると、やはり公園散歩が断然いい。

当然、広大な森がありよいに決まっているが、一つ大幅に
違う事がある。近所を散歩すると小金持ちが、これ見よがせに
豪奢な家を誇り、車をピカピカにして置いている。
これが不愉快だね。まあ、やきもち半分かも知れないが、
必要でもないのに、車をピカピカにして置いているという心根が
不愉快だ。

その点、自然を相手に公園を散歩するとなんの不満もない。
四季折々の植物、鳥の声、蝶々、自然の香り、幼児の
遊ぶ姿と全て心和ませる。


7105件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.