神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


3039件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[3084] 森田療法を治す目的にしないために

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月30日(火)13時30分19秒   通報   返信・引用

森田療法を治す目的にしないためにを発信している者です。

斎藤氏の記事とか、斎藤氏に賛同している事を書いている気記事などに対して感じている事を書いてみます。


(無題)   投稿者:まち(Chore)    投稿日:2018年10月29日(月)15時44分8秒


   『森田療法では神経症を治す目的で動くよう教える。』
そうだったんですね。

まことしやかに斎藤氏に賛同している人もいる様ですが、間違って『森田療法では神経症を治す目的で動くよう教られた。』と思っているから再投資と書いています。

森田療法で治った人は皆、森田療法を治すための手段とは考えていないようです。それはあたかも雑用を治す手段としていないで治った人と同じだと思います。

治す手段として森田をやっても、雑用をやっても同じだと思います。諸田療法を治す手段として『ダメな療法として、森田療法の間違いを指摘している斎藤氏の言い分も』雑用と森田療法を置き換えるならそっくり『雑用療法批判、或は斎藤無為療法批判』となります。

斎藤氏が森田江療法で治らなかった理由は、『森田療法では神経症を治す目的で動くようしていた斎藤氏に原因があった。』という意味になります。

森田療法でも雑用療法でも治る理由と治らない理由は同じです。本人の認識の仕方が明暗を分けていると思います。

本人が間違った取り組み方をしていた事が原因で『森田療法で治らなかった事』は誰の目で見ても明らかです。ただ本人だけが認めようとしていないから『再投資』とかいて、小馬鹿にしています。

ですがその当の本人は『全く気にしていないか気が付く様子もないようです。』ますます『再投資』と書きたくなっています。



[3083] 命は対等

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月30日(火)10時17分4秒   通報   返信・引用

今日の朝顔
https://drive.google.com/file/d/1kTWOVtBAN4bHO8Kwgjiwu8BgGIdoou4Q/view?usp=sharing

もう葉っぱはだいぶ枯れたけどね。きれいに4つ咲いてくれました。

俺ね、健常者であろうと神経症者だろうと犬猫だろうと草や花でも命の尊さって等しいと思うんだよね。いずれ滅びる命に大小を付けられるのか。

自分にできることは生を全うすることだよ。



[3082] やはり動き

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月29日(月)20時34分17秒   通報   返信・引用

幾ら能書きを言っても、動きが停止していたらそれでダメなのです。
動きとは健康な脳の証明だ。
私は今、健康世界に住んでいて、体がとても軽い。何をするにも自分に命令するものがない。
考える前に立ち上がって既に処理している。人間の脳は素晴らしいと思う。一々考える必要が
ないのですね。自動操縦であり、飛行機で言えばオートパイロットです。

こうなるにはどうしたら良いか。治す努力の絶対的な停止が必要。治しを希求しながら、その目的の
為に動こうとすると、体はいきなり重くなる。強迫観念がにわかに発生して10分後には
ダウンであろう。
自分が健康であるかどうかのリトマス試験紙は、体が軽いかどうかなのです。



[3081] 森田療法を治す目的にしないために

投稿者: HN 投稿日:2018年10月29日(月)19時12分26秒   通報   返信・引用

「森田療法も神経症を治す目的で実行すると逆に悪くなる」事は鈴木知準先生も、森田先生も知っていたと思います。
その為に『不問』を徹底していました。
良くなっても不問、悪くなっても不問です。
症状の事を口にしない生活を続けて行く事で治ってゆきます、或は治っても治らなくとも良くなってゆきます。
是が治ったという事になります。



[3080] 人生

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月29日(月)16時09分2秒   通報   返信・引用

要するに引きこもろうが、
外に行こうが自由だ、
他人に生き方を規定されたくない。
大切なことは動きだ。
そこに生活の充実はある。
生き方を決定するのは己でなければ
ならぬ。
斎藤先生の雑用こそ人生とは
まことにその通りで、賛同する。
はっきり言うが動けないと、
生活が崩壊する。
気の毒な話だが、しかし
実際動けないと生活は困難だ。
だからみなさんも苦しみから
抜け出すことを切に願う。



[3079] 安田氏解放

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月29日(月)09時20分41秒   通報   返信・引用

私は最初、このようなフリーランスの記者がいるから情報が入るとむしろ持ち上げたが、同時に
なんてヘマをやってくれるかと半分腹立たしかった。
現地には誘拐ビジネスが存在していて、誰でもいいから捕まえて商品にする。
そんな所にのこのこ出かけて捕まりましたなんて、何とバカなと思う分けです。
このような率直な素人の意見が意外とツボを押さえている所がある。
今日読んだもう一人の戦場記者が安田さんを批判していた。戦場記者なんて英雄でも何でもないと。



[3078] くだらなすぎる

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月28日(日)19時09分42秒   通報   返信・引用

特にH.Nは。
前にも同じ印象を受けたが、中身がすかすか軽すぎるんだよね。



[3077] 神経症の原因

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月28日(日)18時13分18秒   通報   返信・引用

神経症の原因は『意識のし過ぎ』が原因と思います。或は無意識の自分に成れなくなるという言い方も可能と思います。つまり自身の心の矛盾とか対立とか分裂を悩むというと分かり易いかも知れません。

治る時は無意識の自分と仲直り出来た時です、或は無意識状態に簡単に順調に切り替わる事が出来るようになる時です。

神経症が治る時とは『斎藤さんに聞いたら良いと思います。』ある日本屋で立ち読みをしていて、その日一日で治ってしまうようです。従って精神病ではない事を意味していると思います。



[3076] 対人恐怖とオナラ恐怖

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月28日(日)16時22分51秒   通報   返信・引用

一見、対人恐怖はまともで、オナラ恐怖はお笑いと思うでしょう。しかし根っこは同じで、脳の恐怖の
中枢の暴走反応だ。暴走する原因は限りなくあり、異性恐怖であり、赤面恐怖であり、
ゲロ恐怖なんてものもあった。雑談恐怖とか天職恐怖なんてものもあって、より取り見取りの状態だ。
聞いていて笑ってしまうが、本人は深刻な問題で、多くは人生を破壊してしまう。
重大な問題であり、精神病として扱うべきだ。

なのに、この人達に仕事に努力せよ、勉強をせよ、異性を見つけよなんて馬鹿な忠告をする人が
絶えない。そんな事で治るなら、そもそも神経症は存在しないし、100年前に解決していた。

神経症を発症する原因には遺伝子が絡んでいると思う。患者の家族に同じ症状が頻繁に見られるからだ。
脳の構造に問題があり、少しのストレスで暴走してしまう。
一旦暴走すると止まる事はなく、殆どの人は一生神経症を続ける。
早く脳の科学が究明して欲しい。



[3075] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月28日(日)14時34分18秒   通報   返信・引用

引きこもりでも一向に構わない。
要するに手足さえ動けば。
そこで、仕事だ、恋愛だと
言うと、心がおかしくなってくる。
別に仕事だろうが、恋愛だろうが、
茶碗あらいだろうが、買い物だろうが
構わない。
健康とは、手足が動くことだからである。
もちろん、世の中に出ていきたい健康な
人間がほとんどだろう。
しかし健康と言う観点からいえば、
女性だ、仕事だは強迫行為だ。
これは苦しいですよ。



[3074] HNと同じになってはならない

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月28日(日)11時50分46秒   通報   返信・引用

HNと同じになってはならない   投稿者:斎藤   投稿日:2018年10月27日(土)21時05分30秒


   その位の書き込みが良いでしょう。もし丁寧にコメントすると
森田療法の掲示板になってしまう。

まちさんが丁寧なコメントを書きたい衝動に駆られたら、貴方自身の
神経症の治りに疑問が生じる。

例えとして、禅の小話を読めばよい。禅匠が見習い坊主に丁寧に教えている
場面があるであろうか。禅匠の坊主に対する回答は厳しく意味不明なのです。
それが悟りへの道であって、丁寧に説明
する禅匠がいたとしたら、HNと同じになってしまう。


と言いながら「長ったらしく翻訳している事は」『HNと同じになってはならない 』に反していませんか?


自分がやっている事は全て許されて、他人がやっている事は全てが間違いになるなんて事は、あまり現実社会にはない現象だと思います。再投資と言われる所以かも知れませんな!



[3073] だから

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月27日(土)16時34分40秒   通報   返信・引用

本人が治ったといえば誰が何と言おうと治ってるんですよ。
あえて治ったなどと言う必要もないが。
極めて個人的な問題なので。
症状があるかないかは関係ない。

斎藤さん
私は神経症と精神病は一応分けてるので。
ただ精神病だと言ってあきらめさせてしまった方が早い気はするけど。



[3072] 仕事を言う狂い

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月27日(土)13時07分32秒   通報   返信・引用

神経症とは重大な精神病です。精神病とは仕事が出来ないと言う以前に、生きる事が困難になっているのです。自分の目の前が混乱し、半分人間を止める状態になっているのに、仕事を言う空しさ。

神経症では不安が暴走して脳を乗っ取っている。乗っ取られた脳は意識の混乱を起こし、普段無意識で
処理する物事を処理できなくなっている。即ち目に入った情報の一時処理が出来ない状態だ。

そんな人に仕事をしろと促すアドバイスとはなんぞや。脳の故障としての神経症が全く分かっていない。
まあ、大体精神医療なんてものも最初からないのだと最近の本が言っていた。

実際、精神医学は事実上ない。だって脳の構造、情報の処理の仕方、感情、不安、鬱等全てが分かってない
からだ。医者に医療を求めるのは無理な注文で、ないものをあると強く希求して、
架空の精神医療を作ってしまった患者と社会にある。

あんまり言うと皆さんがっかりするからこの辺にしておきますが、無いものをあると
勘違いすると詐欺が発生する。抗鬱剤による副作用がその一つだ。



[3071] (無題)

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月27日(土)08時15分56秒   通報   返信・引用

神経症とは治そう病   投稿者:斎藤   投稿日:2018年10月26日(金)14時50分1秒


何時も私は書いています、治す必要が無くなった時が治った時だと!或は治す事を止めた時が治った時と。

治したいとか治りたいとかを言わなくなった時が治った時だと。

森田療法の『不問療法』とは、そういった事を言わなくする療法です。従って『雑用』と言った言葉も不要です。



[3070] 雑用と敢えて書く必要がない

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月26日(金)14時00分6秒   通報   返信・引用

先日足立の市場に行ってきた。築地が引っ越しして遠くなり、電話したら当日売りはしないと言う。前もって
電話で注文してくれと言うではないか。これでは敷居が高くて買えない。

そこでインターネットで調べて、足立に鮮魚市場があると知る。まあ兎に角行って見てみよう。
行ったら、かなりおおきな市場であったが築地の活気に比べたら10分の1である。でも買おう。

タラ、ホタテ、牡蛎、イカゲソと買って来た。恐る恐るタラをばらして食べたら、その上手い事、
こんな美味しいタラを食べたことがない。やはり市場で売っている魚は本物だ。
ようし、今後は定期的に足立市場に行くと決めた。これ上級の雑用ですよ。

生活とはこんな事の繰り返しです。決して仕事とか有名大学に入るとかでなくて、単純作業の
繰り返しで、その中に生きる喜びがある。これが健康の証明ですよ。



[3069] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月25日(木)18時17分34秒   通報   返信・引用

健康世界では動きは止まらないはずだ。
むしろ動かないことが不自然であり、
動かないで、休んでいることは
脳に不具合が出ていることだ。
まちさんやゆうさんには
第二掲示板にいる人間として応援している。
何故なら私は斎藤先生にある種の敬意を
持っているからであり、48歳の
時に動くようになったことに
感動を覚えているからである。
私は心を病んだ人たちのしんどさ
に対して悲しみを覚える人間だ。
雑用の会にぜひ参加してほしい。



[3068] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月25日(木)15時04分27秒   通報   返信・引用

動くと気持ちいいが治りだ。
顔つきは気持ちよさそうである。
気持ちいい顔をしてるのが
健康世界である。
一方、精神病世界は生活に
気持ちよさがない。
この気持ちいいと言う感覚は
大切で、動けば気持ちいいのである。
この気持ちよさがないと言うことは
脳に深刻な問題が生じているのである。
脳の興奮を鎮静化させるにはどうすべきか。
治療法を放棄して、動くしかないだろう。



[3067] 翻訳完成

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月25日(木)08時47分37秒   通報   返信・引用

アルツハイマー病を起こすヘルペスウィルス
http://mui-therapy.org/newfinding/herpes-virus-dementia.html

BBCからの翻訳です。もしこれが本当だとするといよいよ難問のアルツハイマー病の原因が
解けたことになる。神経症とは直接関係がないが、科学の進歩は大変遅いが、確実に前進している
のが読み取れてうれしい。

神経症の最終的解決はやはり脳の科学であり、たまたま仏教にいいヒントがあるから利用している
だけで、仏教が治すとは考えていない。禅の悟りと神経症の治りには似ている所があるが、決して
=で結び付ける分けには行かない。大体悟りそのものが言葉で説明できないのであるから、
雲をつかむ様な話になってしまう。

我々の脳は生まれた時から恐怖、不安に反応がし易く、一度反応すると元に戻れない危ない構造を
していたと仮定すると説明がつく。欠陥的構造とは何か。何がこの欠陥を作るかは今後の
科学の進展に任せる。



[3066] (無題)

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月25日(木)08時28分7秒   通報   返信・引用

以前チベット仏教の、ダライラマが机の上に骸骨を置いていると書いたのは貴方です。この意味は脳内で賑やかに議論をしているのは、左脳の人格と、右脳の人格だと思います。

悟りを開いた後では脳内が静まり返るようになっています。心の矛盾や対立が解消したからだと思います。それが涅槃と言われている状態です。



[3065] 斎藤さん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月24日(水)21時36分9秒   通報   返信・引用

何でそんなに切れてるの?
原則書き込み自由じゃないの?
あなたの行動をみんなが見ているんですよ。



[3064] アルツハイマー病の原因

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月24日(水)16時45分35秒   通報   返信・引用

ヘルペスウィルスが原因らしい。口唇疱疹を起こすウィルスだ。それと特定のAPOE4遺伝子を持っていると
発病が12倍も膨れ上がると言う。
ただ今翻訳中。

科学の進歩は遅いが確実に前進しているのがこの例で分かる。
気が知れないのは、悟りを延々と話す人達、仏教を1年中説いている人だ。この人達が行くべきは
精神病院であってお寺ではない。
もし現代、仏陀が生きていたら彼は科学者に脳の科学を質問するだろう。だって仏陀も一人の素人に
過ぎないからだ。



[3063] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月24日(水)15時29分28秒   通報   返信・引用

観念的な人間や夢想的な人間は
なぜそうなるのか理解できない。
なぜ現実が見えないのか。
私は現実を好む。
観念を語る健康な人間がいるが、
性格的な問題か。
ただちに雑用に取りかからなければならない。
今すぐにである。



[3062] 幸せへ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月23日(火)21時00分1秒   通報   返信・引用

お前態度を正さないと出入り禁止になるぞ。生意気な事は病気を治してから言え。



[3061] Re: (無題)

投稿者: 幸せ 投稿日:2018年10月23日(火)20時40分49秒   通報   返信・引用 > No.3059[元記事へ]

脳は臓器であり、狂う事も痛むこともあるあるだろう
精神、心は臓器では無い、臓器が外界と触れる時に発生する
火の様な物で、形は無く変化して止まらない、狂いとは言わない
有る酸素の量で火は変化する、与えられた環境や考え方で変わる

全てを脳のせいにして、環境も生き方も選ばず、雑用とは
自分の可能性も能力も投げ捨てて、教祖様に従うみたいだ
全てを脳のせいにして、耳、目をふさいで科学の進歩を待つか
目を見開いて周りを見て、根性と勇気を出して生きべきだろう
命の営みは短い、早く夢から覚めるべきですね。



[3060] Re: 精神病は分からない

投稿者: 幸せ 投稿日:2018年10月23日(火)20時17分8秒   通報   返信・引用 > No.3058[元記事へ]

衣食住は皆に必要な絶対条件です、問う事では無い
嫌でも他人と話しても得ないといけない
脳の働きは医学の研究者が日夜行い、どんどん解明されつつあります
脳が狂っていたら、良い薬がたくさん有るだろう、よく効く

精神、心の働きの研究は、まったく進歩していない、薬は効かない
だから個人個人の思いで処理しているだろうが、自然にまかすしか無い
雑用も処理の一つだろうが、利益を生まない雑用ばかりでは
衣食住はどうする?




[3059] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月23日(火)16時00分30秒   通報   返信・引用

脳の狂いは明らかです。
薬も効きません。
あらゆる療法も駄目です。
相当な厳しい病が精神病です。
科学を待つしかありません。
一体薬が開発されるにどれだけ
かかるか。
斎藤さんの主張は本当に
きちんと聞くべきです。
インチキを並べ立てているのでは
ないからです。



[3058] 精神病は分からない

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月23日(火)13時11分43秒   通報   返信・引用

質問はよくないです。
じゃんじゃん処理しないと。
他人と話をしている場合では
ありません。
斎藤先生の脳の翻訳期待してます。
正直私も精神病については
分からないとしかいいようが
ないですね。
脳が狂うのは確かです。
生活が崩壊します。
はっきりいって仏でも
精神病については分からないのでは。
だから雑用するしかないと思います。



[3057] Re: 対人恐怖なのか

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月23日(火)06時41分38秒   通報   返信・引用 > No.3055[元記事へ]

> 自分は、赤面や震えは無く、上司が来ると少し緊張してテンションが上がる程度で、
> 健康人でもあるような不安です。上司がいないと緊張が緩んで良いなと思うくらい。
> 最近この程度では対人恐怖ではない気がしています。どうでしょうか?
> ?

この手の質問はよく受ける。自分は神経症としては軽いと主張する分けです。
確かに神経症でも重い人はいて、殆ど仕事に就けない。私は苦しいながらも仕事を続ける
事ができた。なら、軽いかと言えば全然で、48歳の時点で生活は崩壊していた。
ざっくり言って神経症は精神障害であり、軽重はない。全員が重大な問題に直面している。

先日ある神経症者に面接して、盛んにその人は自分の症状は軽いし、良くなっている
と繰り返した。なら、わざわざ斎藤に面接する必要がないわけで。
その人の顔を見ていて、ああ、意識が混乱しているなと思った。

以前、雑談恐怖症の人がいた。この人は雑談だけがダメであとは何ともないから
社交的で、鬱も経験した事がないと言う。しかしその人に会ってみると
もう顔に現れていて、意識が混乱しているのが見て取れる。生活もかなり
困難になっているだろう。

貴方に戻ると大体ここに書き込んで質問をすること自体、既に問題は深刻化
しているのでしょう。症状の軽重を言うのではなくて、意識が統一されているかを
見るべきだ。神経症の深刻な側面は意識の分裂です。
行動する自分とそれを見つめる自分に分かれている。この症状に煩わされるように
なったら神経症であり、長い困難が待っている。



[3056] Re: (無題)

投稿者: 幸せ 投稿日:2018年10月22日(月)23時18分59秒   通報   返信・引用

今日の衣食住はどうする?
遊びやセックスではまかなえ無いだろう
雑用の中でも仕事と言う雑用を選んで多く行わないと
衣食住はまかなえない
まかなうには外に出て大勢と共に動くしか無い
そこには苦も競争も友愛も有る世界が展開する
衣食住がまかなえて初めて幸福と言える



[3055] 対人恐怖なのか

投稿者: 猫仙人 投稿日:2018年10月22日(月)21時05分37秒   通報   返信・引用

自分は、赤面や震えは無く、上司が来ると少し緊張してテンションが上がる程度で、
健康人でもあるような不安です。上司がいないと緊張が緩んで良いなと思うくらい。
最近この程度では対人恐怖ではない気がしています。どうでしょうか?
?



[3054] 崩壊した精神医学

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月22日(月)21時00分33秒   通報   返信・引用

内海聡の本を読むと、大体精神医学と言うものはなくて、患者を薬漬けにして廃人にさせる商売であると書いてある。
未だ、科学は脳を全然理解していない。統合失調症も、躁鬱病も、神経症も、その病理は誰も説明出来ない。従って治す薬はないのに、医者に行けば必ず薬が処方されて、長期間飲む羽目になる。脳神経細胞に働く薬は大なり小なり麻薬に似ていて、依存が起き、服薬を停止すると激しい離脱症状を起こす。

この話を聞くと、鈴木知準や森田のやり方は未だ可愛い。今の精神医学そのものが巨大なインチキの塔に見えて来る。
今まで無為療法に対してプロである精神科医からの抗議が一度もなかったが、その意味が今分かって来た。
彼等は自分達の無力さを骨身に感じているのである。
無為療法の治す率は大変少ないが、少なくても薬を拒否するし、インチキ心理療法の餌食にも
ならない。少なくても管理人のこのパフォーマンスの良さは、精神科医もうらやむほどであろう。



[3053] 死(および人生そのものの不安)に対する恐怖からの救い

投稿者: H.N 投稿日:2018年10月22日(月)20時02分52秒   通報   返信・引用

死に対する恐怖症からの救いが、釈迦の教えだと思います、或はキリスト教の教えとも共通していると思います。

要するに宗教の目的が『魂の救済』と言われる所以です。


悟ると死が怖くなくなるという事です。恐くなくなるというか「怖い」に成り切る態度が出来るという言い方も可能かも知れません。

死に対する恐怖症が完治した経験から書いています。


釈迦でさえも『ノイローゼ』だったのではないだろうか?と思われます。何故なら、そうでなければ『一切皆苦』という言葉にならないと思うからです。


ノイローゼとは『意識地獄』を意味すると思います、”死”を考えたくないと思っても絶えず『死』が頭から離れない状態と思います

この状態で何時も『死』に自分の意識が向いていたのですが、鈴木知準先生のところで2か月間学んで帰って来て、4年後、自身の性(しょう)を見る体験『見性』をした事が在ります。

自分が永遠の命を希求していました、処が自分自身が既に永遠からやって来て又永遠に帰って行く事が分かる体験です。

この事が在って『死に対する恐怖症』神経症が完治をしました。



[3052] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月22日(月)11時26分48秒   通報   返信・引用

今日も雑用頑張ります。
雑用は仕事も遊びもセックスも
同じことだ。仕事だけが雑用でない。
全部雑用だ。健康世界は雑用している
姿しかない。



[3051] 食費はあるの?

投稿者: 幸せ 投稿日:2018年10月22日(月)01時08分47秒   通報   返信・引用

どうせ動くなら世に役立つ事をしたいね
仕事場へ行けば、雑用など探さなくとも、次から次へと雑用が降りかかって来る
仕方ないからやれば、月末にお金が入る、うれしいね。
家で雑用したらお金は入らないと違うかな
食費に困らないかな??



[3050] これは神経症者に取っては禁忌です。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月21日(日)20時00分46秒   通報   返信・引用

今日のブログを読むと、医者が死者を解剖すると一定の年齢以上では殆どの例で癌を発見すると言う。
時限爆弾をして誰でも持っているわけで、それが爆発しないだけだ。
だから気にしないで生きようとしか言いようがない。
先日仙谷さんが肺がんでなくなった。相撲取りの輪島は咽頭がんでなくなった。医者は死ぬなら癌で死にたいと言う。何故なら一気に死がやってこないからだ。多少の慰めになるか。

何が言いたいかと言うと、死の恐怖を和らげるなんて決して考えてはいけないと言うこと。
方法なんて考えるな。これは神経症者に取っては禁忌です。



[3049] 憂鬱な気分

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月21日(日)16時58分55秒   通報   返信・引用

年に何度か憂鬱な気分になる。昨日、知り合いの女性(彼女ではない)と食事に行ったら、店でたまたま父親とバッティングしたのが影響してるようだ。父は肺がんを治療していて退院してるのだが、どうも再検査の結果が良くないようなのである。

やはり大切な人が幸せなら私も幸せだし、大切な人が苦しんでいたら私も胸が痛くなる。だから私はあの人が言うように他人に無関心というわけではないのである。

だけど他人の苦しみに一日中引きずられていいのか。それを是とすれば鬱病にまっしぐらであろう。だから一方では他人に無関心でいられるような切り替えも重要なのである。

どちらが正しいとは言えないだろう。セットなのだから。

前に書いた日記を思い出した

眠れぬ夜
http://parlors.blog68.fc2.com/blog-entry-235.html

今日は水回りの掃除をしてからバドミントンに行ってきた。これからゴルフの練習に行く。



[3048] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月21日(日)13時51分8秒   通報   返信・引用

夢さんも大変ですね。
動くと言うことは大変気持ちいい。
その動きが止まると気持ちは
後ろ向きになり、顔は青ざめてくる。
動けないと言うことは苦しみである。
それを治癒すること大変に世の中を
活性化させる。動きがない世の中は
どんよりしてますから。



[3047] 動かないと

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月21日(日)09時46分52秒   通報   返信・引用

父親の体調が悪くてね。
心配していると動きが止まってしまう。
ここは意識して動かないと。



[3046] 対人恐怖症

投稿者: 猫仙人 投稿日:2018年10月21日(日)05時42分5秒   通報   返信・引用

【講座風景⑤】物事の良し悪しを「気分」で価値づけする社交不安症
https://www.youtube.com/watch?v=6coPtuv5SUM



[3045] 海さん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月20日(土)22時18分27秒   通報   返信・引用

君がいちばん可愛いよ



[3044] 治りとは

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月20日(土)16時38分6秒   通報   返信・引用

本人が「治った」と言えばそれが治りなんだと思いますよ。



[3043] もよおされて生きる

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月20日(土)16時03分3秒   通報   返信・引用

鈴木知準もいい事を言った。神経症がよくなると何かをしたいと催されると言った。
催されるとは、無意識の方から来る命令です。だから言葉にするのが難しい。
何となくしなければならないと感じる。これが催すです。
何となく買い物をしないとならないと催す。
そろそろ冷蔵庫が空っぽになるからと。
これが健康な生き方であり、神経症の外側の世界だ。無意識が活発になった状態と言える。

これに対して命令で動く。自分に押し付けて何かをする行為は、健康でない生き方だ。
それだと何れ行き詰る。
この催す感じを回復するには、強迫観念が静まってくれないとならない。
強迫観念を静かにさせるには、治療と言う強迫行為を停止しないとならない。
神経症者には難問中の難問だが、人生の何時かやらないとそのまま神経症で人生は終わってしまう。



[3042] 内海聡の本を読んで

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月20日(土)08時49分8秒   通報   返信・引用

恐らく著者自身が、自分の言っている事に自信がないのではと思い始めた。
彼によると精神病はなく、すべて健康の延長であると言う。だから薬の処方は間違っていて、健康として
扱えば全て治ると主張する。これは無理だ。

確かに今の精神科が出す薬で治す薬はないでしょう。全て薬漬けになり、最後は人間おさらばになる。
でも精神病はないという彼の意見には賛成できない。
私自身の病気である神経症は、これは重大な精神病です。暴走の激しさはすさまじく、大抵の人は生活を
破壊して終わってしまう。これが健康であるなら大体病気と言う言葉の存在意義がなくなる。

病気とは、著しく健康を損ねて通常の生活が出来ない状態を意味している。通常の生活が維持できるなら、
病気と言う必要がない。神経症は病気の範疇に十分入る。ただ、薬がないし、精神医療なんてものも今は
ない。そんな時、いっそのこと健康と言う事にしてごまかそうと言うなら、ある程度理解できる。



[3041] 治りよりも大切なこと

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月20日(土)08時48分29秒   通報   返信・引用

それは今日一日を妄想せず生ききることだと思う



[3040] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月20日(土)07時10分2秒   通報   返信・引用

薬以外に精神病の人は
方法がない。無為療法
で治癒者が出たとして、
それがたったの四人
である。いかに狭き門か
分かる。やりたい放題
というよりもう現実的に
それ以外ないのである。
なにもしない訳にいかないから
薬で鎮静化させると言う
社会のロジックである。
実際精神科がなかったら、
より無茶苦茶なことに
なる。だから社会のロジックは
認めるべきだ。
治癒することすなわち雑用が
出来ることが困難を極めるなら、
社会は対策を取らないといけない。
無策で病んでいる人を放置しては
駄目なのだ。



[3039] 本の読んで

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月19日(金)16時43分14秒   通報   返信・引用

「精神科は今日もやりたいほうだい」内海聡---を読んで驚いています。
最近精神病院の患者は静かにしていると聞いたし、自分も見ている。これ薬をしこたま飲ませて強制的に
静かにさせているらしい。
処方薬と麻薬を比べるとあまり化学組成が違わない。副作用が少ないと言っても、先日のニューヨークタイムズの特集記事ですさまじいのを目のあたりにした。
プロザックなんてこれはインチキだったな。セロトニンを増やせば不安が和らぐなんて言うが、どこにその証拠があるのだ。最近は研究発表でセロトニンを扱うことが殆どなくなった。
電気ショック療法なんてものもあるが、頭を電気ショックでひっぱたくだけで、原始的この上ない。
まだ、精神医学はないと極論しても良いかも知れない。



[3038] 熱海に来てる

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2018年10月18日(木)18時09分52秒   通報   返信・引用

熱海の夜景
https://drive.google.com/file/d/1vytvsfRFpsYYZcPOd_2LLJRO4S5M_Nwr/view?usp=drivesdk

これから宴会です



[3037] 治りは具体的

投稿者: 管理人 投稿日:2018年10月18日(木)15時49分0秒   通報   返信・引用

HNの掲示板や犬の書き込みを見ると、神経症の治りとは空を掴むような表現していますが、これがインチキ
なのです。本物は神経症の治りを、より直截的で、ズバッと分かりやすい表現で説明する。

● 先ず不安のレベルがグンと低下する。あるいは消えてしまう。
● フラッシュバックが減るばかりか、無くなってしまう。
● 体が軽くなる。即ち動く時に命令をする必要がない。
● 考えが明瞭になり、すぐその場で決定できる。しかも決定したの認識はない。

これだから健康世界は生きるのが楽しいのです。神経症者のように掲示板に書き込む時に
恨み節、下から上を見上げる視線、不愉快、グダグダ意味不明の文章を書かない。
何故ならその必要がないからだ。



[3036] (無題)

投稿者: 幸福 投稿日:2018年10月18日(木)15時18分10秒   通報   返信・引用

確かに雑用が出来ると体が軽い。
動けないと重くてなにも
出来やしない。体が軽いと
気持ちは前向きですが、
重いと、後ろ向きな気持ちだ。
精神病とは大変な病だ。
医者に頼るしか方法ないからね。
現実は厳しい。
斎藤さんは現実を辛辣に
述べている。実際その通りだし
私は斎藤さんではありません。
しかし百年後に精神病の
病理は解明されるだろうか。



[3035] 夢見るバカへ

投稿者: 投稿日:2018年10月18日(木)07時56分34秒   通報   返信・引用

あなたと絡む方が、終わりのない蟻地獄。
管理人さんより、大迷惑。
いつまでも、第三者が口出しするな。
あなたに、他人同士の争い事(神経症)を和解させられるような度量などはない。
他人同士の争い事を鎮める事が出来るのは、自身の中の争い事を鎮める事が出来る人間だけ。
表面的なものしか見えてないもんな、あなたの目。
心の目が欠如してるので、人との繋がりが見えてない。
目の前の現実は、自分の内の世界の投影なため、あなたのように、他人事を、自分には無関係としている人間には、わたしの話は伝わりません。

あなた、自身の器(魂)を知り尽くしてから行動しな。
知りもしないで偉そうに口出しするから、他人が大迷惑する。
学びには熱心でも、魂の経験浅いし、あなた自身が一番問題ある。
だから口出すな。
あなたが他人に口出ししたくなるのは、そこにあなた自身が見えるから。

あんたに向き合ってる時間、ほんと勿体無いので、これで。
あなたには、この世の因果は見えんよ。
目が曇ってるから。
あんたには、何を言っても無駄。


ではこれで失礼。永遠に。


3039件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.