神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


1337件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[1246] youさんへの雑感

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)13時34分45秒   通報   返信・引用

自己顕示欲の塊。
何しにきてるんだか。
アホじゃなかろうか。
仏陀が残したものは、犬さんのような人と同時にyouさんのような人を創造したんだな。
だから、お互いに引き合うみたいだね。
仏陀はホント迷惑だな。
世に伝わる神々の物語というのは、ただのエゴの物語。


ではさようなら。



[1245] 犬さんへ

投稿者: you 投稿日:2018年 6月12日(火)13時27分6秒   通報   返信・引用

そうです。
私は年と共にどんどん目が悪くなっているので、死ぬまでに読みたい仏教書をパソコンで拡大して読める
ように、暇をみてはスキャナーでパソコンに取り込んでいる作業もしています。
小乗仏教(色即是空)と異なり、大乗仏教(色即是空⇔空即是色)は無限に教えが広がって行く世界です
から、仏教の勉強には終わりがありません。



[1244] youさんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)13時18分19秒   通報   返信・引用

youさんにひとつ疑問があるのですが、
youさんは、今も日常的に仏教書を読まれているのですか?



[1243] 樹木希林

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)13時16分26秒   通報   返信・引用

先日、ヤフーニュースで見つけた、
樹木希林さんのインタビュー記事がとても面白かったです。

樹木希林「地位や名誉なんて面倒くさい」


この記事を読んで、
樹木希林さんに興味を持ち、さらに検索したところ、
こんな面白い記事も見つかりました。


樹木希林のインタビュー内容が凄いことになっている件|ほぼ週刊吉田豪

樹木希林さんのように、
年を追うごとに自然体で生きられるようになるのが、私の理想です。

樹木希林さんの話を聞いていますと、
とても仏教的だなあと思ったのですが、
調べてみたところ、とても仏教が好きな人のようで、
歎異抄や法華経は、手垢がつくほどに読み込んでいらっしゃるみたいです。



[1242] likehellさん、犬さん、海さんへの雑感 (Ⅱ)

投稿者: you 投稿日:2018年 6月12日(火)13時01分30秒   通報   返信・引用

海さんは相変わらず滑稽だね。

>子供の頃に未消化だった自分の想いに対して、他人の誰もが向き合ってくれなかった為、自分自身で向き
>合ってあげる事にしたのが、神経症とも言えます。
>つまり、神経症者とは、自分を自分で育てなおしている、とも言えます。
>人の中の未消化な思いは、キチンと向き合ってあげる事で消化されていきます。

相変わらず得意げに安っぽい心理分析を書き続けていますが、その自分自身が相変わらず普通の生活が
できない事実を見ようとしない自己欺瞞に気付かない限り、海さんは永久に普通の生活ができるように
はならないでしょう。

「この掲示板を去ること」を一番他人に勧めながら、一番この掲示板に依存しているのが海さんである
ことにもいい加減で気付く必要があるでしょう。



犬さんの自己欺瞞と思い上がりは、もう完全に正常の域を越えていますね。

>youさんには最後まで、
>世間的なものに対する執着が神経症の原因であることに納得してもらうことができなかった。
>世間的なものに対する執着無くして、
>対人恐怖を初めとする神経症が成り立つはずがないことは、
>少し考えれば分かるはずだと思うんだけどね。

そんな自分勝手な神経症論を妄想して満足している限り、あなたの神経症は変わることはないでしょう。
それは誰に言う必要もなく、あなたが自分自身の毎日の生活でわかるはずです。
大乗仏教は世俗の価値観を否定していません。小乗仏教の偏った考え方の人だけが否定しているのです。
世俗と非世俗を分けなければならないという思いこそが「迷い」の中にいる何よりの証拠なのです。
毎日肉を食べ、道を歩いている時には平気で虫を踏みつぶして生活していながら、自分は宗教的な人間だ
などと思っている滑稽さに早く気付くことが大切でしょう。
あなたも海さんと同じで、現実を見ることから逃げて観念遊びによって人生の問題が解決するものと
思い込んでいるだけなのです。



[1241] likehellさん、犬さん、海さんへの雑感 (Ⅰ)

投稿者: you 投稿日:2018年 6月12日(火)12時57分8秒   通報   返信・引用

likehellさん

[1137]

>youさんは仏教の解釈を間違えている可能性が高い。仏教によって苦がなくなると言っているところに都合
>の良い解釈というか淡い期待のようなものが入っている。

仏教の「ぶ」の字も学んだことのない人がそのようなことを言う「思い上がり」には、
ただただ呆れるばかりです。

お釈迦様が教えを説いたのは、人々が苦しみから自由になるためだったことも知らないのですか?
神経症の苦しみも人間の苦しみの一つに過ぎないのですから、仏教の教えによって神経症が消えてしまう
のは当たり前のことであって何も不自然なことではないのです。神経症の苦しみから逃れたいという理由
で仏教の道に入ることは何も間違ってはいないのです。
そして、お釈迦様が言われている通りに(苦滅諦)、神経症も消えてしまうのです。
(正師に就かず、自分勝手に仏教書を読んでいるだけの人は本当の仏教を知ることは出来ません。)


>苦というのは主観的なもので実体のないものだからないと言えばないと言える。

それが「観念遊び」です。(likehellさんと海さんと犬さんは「観念遊び」の横綱ですね。)
虫歯の痛みで耐えられない時に、そんなことを言っていられますか?
虫歯の痛みも神経の反応であり、神経症も大脳辺縁系(脳神経)の異常興奮が元になって起きている苦痛
なのですから変わりはないのですよ。
虫歯の場合は「実体のないものだからないと言えばないと言える」などと悠長なことは言っていられない
でしょう。虫歯も神経症も神経の異常興奮がおさまれば治るのです。虫歯を治すには正しい治療法がある
ように、神経症の苦しみを治すにも正しい治療法があるのです。(それが「無我」ということです。)

>本当は私にとってもこういうことを書くのはよくないことなんですよ。ただ普通に生活すればいい。

そんなことを言いながら、いつもこんな掲示板を覗いているのは、日々の生活に苦痛を感じているから
でしょう。「実体のないものだからないと言えばないと言える」などと観念遊びで自己欺瞞を続けている
限り、この先もあなたの状態は変わることがないでしょう。



[1240] 同類認定

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)12時19分37秒   通報   返信・引用

自分というものは、真に同類認定出来る相手にしか、自分の弱さや強さの全てを晒す事はできない。
人は、真にこれが出来る相手がいれば、その他に対しての承認欲求を持つ必要がなくなる。
愚痴というものは、相手を同類認定するから吐けるものである為、そう簡単に、愚痴などは吐いてたまるか、と、わたしは思いますね。
愚痴というのは、裏を返せば、相手に対しての信頼が形になったものです。

以上。



[1239] まとめ

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)09時11分8秒   通報   返信・引用

> 読んでいて違和感を感じる文章はどこかおかしい。私はあまり気にしませんが。私は対等だから斎藤さんと呼びます。みんなも自信を持って斎藤さんと呼べばいい。

違和感を感じる箇所も人それぞれ。
上から目線に対して愛を感じる人もいる。
優しさに傷つく人もいる。
イヤミも、通じる人と通じない人がいる。

ここに残る人というのは、管理人さんと自分を同類認定出来る人だけでしょうね。
わたしは、ここでは出来るだけ、斉藤さんを管理人さんと呼ぶようにしてきました。
それはなぜかというと、名前を出すたびに敬称を意識する事になるのが嫌だからです。
管理人さんが敬称を意識するから、こちらも同じようになる。
相手に何かを意識させるというのは、神経症者には良くないですね。
先生などと呼びたくもない為、出来るだけ管理人さんと呼んできました。
斉藤さんとすら、呼びたくもない。
自信を持っても何もないよ。
あれ、裸の王様に対してのイヤミだから。
対等だからこそ、意識する事はしません。
あなたがaちゃんと仲違いに終わった理由がよくわかります。

管理人さんが人を馬鹿にしてきた結果がいまに形になる。
目の前から人が消えていきます。
結果は受け取って受け入れてはじめて、過去が消化されていきます。
これが自然(自分)現象です。


人には、それぞれに、自分にとって本当に相応しい場所があります。



[1238] 確かに上から目線すぎるな

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月12日(火)08時11分33秒   通報   返信・引用

読んでいて違和感を感じる文章はどこかおかしい。私はあまり気にしませんが。私は対等だから斎藤さんと呼びます。みんなも自信を持って斎藤さんと呼べばいい。



[1237] バランスが大事

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)07時44分40秒   通報   返信・引用

子供の頃に未消化だった自分の想いに対して、他人の誰もが向き合ってくれなかった為、自分自身で向き合ってあげる事にしたのが、神経症とも言えます。
つまり、神経症者とは、自分を自分で育てなおしている、とも言えます。
人の中の未消化な思いは、キチンと向き合ってあげる事で消化されていきます。
無視、というものは、存在否定と同じ事だからです。

HNさんは、懇切丁寧に説明しようとしてくれます。
これは大事な事です。
ここの管理人さんは、質問には答えない。
これも大事な事です。
ようは、バランスの問題です。
お二方は、対照的に偏っている。
けどこれはどちらも同じ事になります。
だからお互いに相手に執着する事になります。

バランスが悪いと人と対等に向き合えない。


では。



[1236] 大丈夫ですよ

投稿者: 投稿日:2018年 6月12日(火)07時15分52秒   通報   返信・引用

それ以前に人が去っていきますから。
あなたを不愉快にさせる現実は消えていきます。
斉藤“先生”ほどに稀有な方と対等に向き合える方は、この世にはほぼほぼおりませんもの。
稀有な存在を尊重すれば、凡人には恐れ多くて近づける人はいなくなってきます。
人が真面目に(あなたを慕って)質問してくるものを平気で蹴り倒すような方はなかなか存在しません。
本当に稀有な方のようです。
質問(雑念)は、無視すれば良いわけではありません。
子供の質問に対して、問答無用に蹴り倒していては、子供の中には未消化な思いが蓄積されていきます。
この、未消化な思いのはけ口が、人を馬鹿にするという状況になってきますね。
本当に幸せな人は、人とは対等に向き合えるものです。

真海さん、あなたも、もうここは卒業しましょう。
あなたもだいぶ落ち着いてきたでしょ。
ここにいたみなさんは共に落ち着いてきていると思います。
わたしの状態にシンクロしてますものね。
だからここを卒業して離れていける時期だと思いますが。
どうですかね。


では失礼いたしました。



[1235] 危険な言葉の禁止

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月12日(火)06時26分22秒   通報   返信・引用

時々警告します。ここは危険な言葉を使ったら問答無用で出入り禁止になります。



[1234] Re: 無口も対人恐怖か

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月12日(火)06時22分13秒   通報   返信・引用 > No.1233[元記事へ]

> 斎藤さんは対人恐怖だったそうですが、こういうのも対人恐怖でしょうか。
> 昼休憩中など喋る題材が決まっていない自由な場で何をしゃべっていいか話材が思い浮かばず
> 無口になってしまうのです。この無口も対人恐怖でしょうか?

この手の質問には解答しません。恐らくHNが丁寧に回答するに違いない。
理由は、嘘を言う人間ほどしゃしゃり出て来るからです。

それともう一つ、斎藤”さん”が気にくわない。神経症者と神経症が治った斎藤では,半人間と
人間ほどの違いがある。そんな人に、かるく「さん」づけで呼ばれるのが大変不愉快だ。

更にある。無為療法は森田療法のように患者に親切に質問に答える場所ではない。
質問が止まらなくなった患者に強制力を使って質問を停止させようとする。
次に雑用のアクションを要求するが、雑用はやる気がありません、質問に答えて下さいなんて
そんな患者には用はない。



[1233] 無口も対人恐怖か

投稿者: 猫仙人 投稿日:2018年 6月12日(火)06時12分30秒   通報   返信・引用

斎藤さんは対人恐怖だったそうですが、こういうのも対人恐怖でしょうか。
昼休憩中など喋る題材が決まっていない自由な場で何をしゃべっていいか話材が思い浮かばず
無口になってしまうのです。この無口も対人恐怖でしょうか?



[1232] 世界観

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)22時40分43秒   通報   返信・引用

他人の世界観を認めるということは、
その人を、ひとりの人間として尊重するということに繋がると思います。

基本的に、
こちらにコメントをされる人の言葉というのは、
その人が多大な苦しみの中から絞り出した、魂の言葉だと思ってます。

自分から見て、
それがいかに間違っていると思えても、
その人の世界観として認めてあげることが大切と思ってます。



[1231] 真海さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)20時22分55秒   通報   返信・引用

あのね、他人の世界観が自分の世界観と違うからって、他人の世界観を否定しているのとは違うんだよ。
あなたはあなたでいいんじゃない?という事。

> 投稿も承認欲求じゃないの?_(^^;)

あなたがそう認識するなら、それでいいんだよ。
それがあなたの答えです。
ここで一つの答えを導き出す必要はないでしょう。
人それぞれの認識がどう在るべきかは強要するものじゃない。
他人と同じ認識になる事を自分に強要する必要はありません。
~しなければ、という事はありません。
色んな場合はありますが、自然に自分と同じ認識になる所にシンクロして生きるのが平和な生き方です。
あなた、いい加減に、質問するのやめられないのかな?
神経症者の足を引っ張りたいのかな。

自分が他人の質問に対応するというのは、自分の中の雑念に対応するのと同じ事であり、わたしは自分の中の雑念に一つづつ対応する事で雑念を消化してきた。
こうすると、自分の中の雑念は完全に消えます。
これと同じ事を、目の前の他人に対してもしています。
だから、わたしの前から、対立をしかけてくる他人が消えます。
自分の、雑念に対しての向き合い方と他人に対しての向き合い方は、全く同じ事です。
つまり、自分の中の雑念を見て見ぬ振りする人は、他人に対しても見て見ぬ振りする事になります。
これが現実逃避になる。


まあご自由にどうぞ。



[1230] 海さんの

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月11日(月)19時44分49秒   通報   返信・引用

投稿も承認欲求じゃないの?_(^^;)



[1229] それは

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月11日(月)19時41分14秒   通報   返信・引用

認めてないってことじゃん_(^^;)



[1228] HNさんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)17時25分37秒   通報   返信・引用

> それでは貴方は、世界中で神経症が治った人間は、斎藤氏只一人という事を認めているのですか?

私は認めてますよ。

ただ事実として認めているというわけではなく、
管理人さんが、

「世界中で神経症が治ったのは、自分だけ」

という世界観の中で生きているということを認めています。

HNさんが管理人さんの世界観への干渉がやめられないのは、
神経症者のためというより、
ただ単に自分の我を満足させたいだけとしか、
他の人の目には映っていないように思えます。

他人の世界観への干渉がやめられないというのは、
とても神経症的な行為ではないでしょうか。



[1227] HNさんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)11時33分42秒   通報   返信・引用

わたしはそんな事は言っていません。
わたしが言っているのは、なぜあなたやわたしが、ここの管理人さんが言われる事に対して正しいとか間違っているとか判定する必要があるのか、と言っているだけです。
つまり、HNさんが神経症を完治したことを、ここの管理人さんに承認させる必要はあるのでしょうか、と言っているだけです。
管理人さんが発信する情報によって苦しむ人が出たとしても、本来はそれはあなたには関係ない事です。
なぜなら、人というのは、相手とは一対一で向き合うものであり、第三者がその責任を背負う必要がないからです。
今の世間は、真に人と一対一で向き合わず、個人の行いに対して、家族や周囲の人にも連帯責任をおわせようとする。
だから人との対立が終わらなくなります。
つまり、ここの管理人さんの情報発信によって、誰かが苦しむ事になったとしても、それはあなたには全く関係がない事です。
ここに口を出すことが承認欲求であり、ただの出しゃばり、という状態になる為、あなたとここの管理人さんの仲違いが終わりません。

わたしへの返信無用ですよ。
みなさん、わたしに返信せずに勝手に変化してここを卒業していかれます。
それがお互いのためです。
わたしは、わたしが言うことが正解か間違いかなど、他人から承認をいただく必要がないため返信無用です。

likehellさんについて言えば、わたしから見ると、ここの管理人さんよりな為、aちゃんと仲違いみたいに終わりました。
aちゃんは、HNさん寄りでもなければ、ここの管理人さん寄りでもないからです。

HNさんは、ここの管理人さんを叩く事が目的ですが、そこに自覚がありません。
ただ、こちらの管理人さんも同じようなものであり、自分の都合が良いようにしか現実が見えていない。
だって、みなさん、神経症は精神病などという認識なんか受け入れてないしね。
あと、管理人さんがコメントすると、みんなが健常者の自分に対して恐れをなして消えていく、みたいな事を以前に言っていたけど、これだってただの思い込みだし。
このお二方は、自分が都合の良い見方しか出来ていない。
おめでたい方々です。
わたしから見たら、こうなります。
正解も間違いもありません。
これはただのわたし個人の認識であるだけですからね。
そこをとやかく言われても困ります。
他の人に対しても同じですからね。
これを言ってきているだけです。


以上です。



[1226] 叩く書き込みに文句を言いません

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月11日(月)11時31分5秒   通報   返信・引用

神経が緊張するのは、暗に死を意味する場合、ころしの恐怖を匂わせる場合は躊躇しない。
20年間の経験が役に立って直ぐ立ち上がる。
以前嫌がらせのEメールで困って警察に相談したら相手にされなかった。しかし弁護士に相談したら直ぐ
動き始めた。これは凄いですね。弁護士は法律で立場を保障されているから、
サーバーも拒否出来ない。あの時はNTTであったがNTTも個人情報の開示に協力する。



[1225] うぜえ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月11日(月)11時13分38秒   通報   返信・引用

正直書くことがないからただ見てたのだけれどH.Nさんは斎藤氏を叩くことが目的に見えてしまって。



[1224] 海さんへ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月11日(月)10時32分2秒   通報   返信・引用

それでは貴方は、世界中で神経症が治った人間は、斎藤氏只一人という事を認めているのですか?



[1223] 喧騒の中の孤独

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)08時56分39秒   通報   返信・引用

HNさんは、こちらの掲示板の閲覧数が多い事にあやかりたいなどと思っているようですが、こちらは、喧騒の中の孤独状態になっているだけに思えますが、あなたの目には何が見えているのでしょうか。
そもそも、他人にあやかる事なく、一人歩きされたらいかがでしょうか。
あと、あなたとAZさんがやってきた事は、本質が全く違います。
あなたはただ、自分の正解によって相手を負かしたいだけであり、AZさんにはこのような思いはありません。
ほんとにあなた方は、自分の都合が良いようにしか現実を見ることが出来ず、わたしからは異世界すぎて交わることが出来ません。

いい加減に、他人を改めさせようとする事はやめて、自分自身を改めてはいかがでしょうか。
あなた方が神経症者に言うこともまた、ブーメランであります。

余計なお世話を書きましたので、わたしの話は無視していただいて結構です。
今までのように、神経症者を見下していただいて結構です。
けど、他人を見下す行為というのは、自分自身の成長を止めてしまう行為であるという事だけは、覚えておいた方がいいですよ。
世の中には、病気という形が色々あり、色んなカテゴリーわけがされていますが、本来、人間が学んでいる事はみんな同じであり、病名なんかは関係ありません。
病気は、ある意味では病気ではなく、ただの形態の違いに過ぎない。


では、類は友で頑張ってください。



[1222] 天使と悪魔は仲が良い(同じ事)

投稿者: 投稿日:2018年 6月11日(月)07時04分9秒   通報   返信・引用

まるで下のお二方のよう。

ある人にとっての天使は、別のある人にとっては悪魔になり得る。
情報発信する側の人間というのは、これを真に知った方がいい。
人の中には、天使と悪魔、善と悪があり、自分の中のこれらのバランスが悪いと片目を閉じたまま歩く事になり、片目が閉じているが故に障害物にぶつかる事になる。
これが、人との対立になる。

HNさんは、ここの管理人さんの発信する内容を間違った情報と思われているようですが、HNさんは、ここの管理人さんから見たあなたへの視点はお持ちではないようですね。
あなたに対して、あなたの言われる事を間違いだとする視点も世の中にはあるという事を知れば、あなたは相手を間違いとして相手と仲違いを起こす事にはなりません。
あなたの掲示板にいた荒らしさんなどは、あなたとここの管理人さんは、どちらも同じように偏っていると、みんな思っていましたよ。
傲慢も謙虚も、過ぎれば同じ事になります。
HNさんのしている事は、ただただ自分の正解を相手に認めさせようとする行為であるだけで、やっている事がここの管理人さんと変わらない。
だから、ここにはあなたが一番最後まで残る事になる。
ここの管理人さんの中にあなた自身が見えるから、干渉せずにはいられない、という事です。
人は、相手の中に自分自身が見えるから、相手に干渉して仲違いを起こします。
HNさんがここの管理人さんに言われる事は、そのままあなた自身の事であり、逆も同じ。
今まで散々、あなた方は、ブーメランという言葉を目にしてきたと思いますが、あなた方は、この言葉を自分自身の事として捉えるべきです。
他人が見せる現実を他人事にしか見ないから、あなた方は何も変化しない。

そもそもの話としては、情報発信というものの中には、誰にとっても正解であるという唯一絶対の情報というものは存在していません。
情報発信する人というのは、自分が何を創造しているかの自覚がなく、情報の受信者側は、情報発信者からの情報が、ありがた迷惑になっていることへの自覚もなく、発信者と受信者で、お互いさまに自覚がないため、堂々巡りが終わらない。
答えを与える人と、答えを求めている人は同時に創造される為、情報発信というのは、発信者と受信者は、真に対等な関係であり、どちらも学びの最中に生きている状態であり、どちらが正解でも間違いでもありません。
これがわからず、自分が相手の優位に立つ事をやめられず、それ故に堂々巡りが終わらないから、わたしがそこに介入するハメになっていた。
あなた方がどのように認識しようと、これが、わたしが認識している現実です。
この認識について、あなた方と相互間会話するのもまた無意味である為、わたしに返答返すのはやめてください。

人は、自分の正解と他人の正解が食い違う事を認める事(受け入れる事)が難しい。
これが、人が持つ、我、というものです。
世の中には正邪はなく、在るのはただ、自分とは違う答えに生きている人間がいるだけだという事を、覚えておいた方がいいでしょう。
人間関係を平和に保ちたいなら(他人の足を引っ張りたくなければ)、ですが。

みなさん、あなた方には、もう愛想が尽きていますよ。
だから人が消えていく。
他人から何も指摘されなくなったら、ある意味もう終わりです。
これ以上の成長が見込めないから、人が離れていく。
これにも色んなケースがあって、自分が口を挟むまでもない、という場合と、いくら言っても無理だからあいそが尽きた、という場合。
自ら進んで1人でいるのと、孤独というものとは、一見似ていますが、本質的には全く違うものです。
まあ、色んな場合がありますね。
あなた方の場合、他人からとやかく言われているうちが花。


ではあとは本当にどうぞご自由、、。



[1221] 翻訳完成

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月10日(日)16時37分32秒   通報   返信・引用

創造性を高める方法
http://mui-therapy.org/newfinding/to-increase-creativity.html

最近はBBCが面白い記事を連発しています。それに引き替え、タイム誌とか
ニューヨークタイムズなんかが元気がなく、面白い記事がとんと見当たりません。

この記事によると、パッと閃く貴重なアイデアは余り一か所に沈潜した思考では
上手く行かないと言っています。それより、同時進行で数個の違った仕事をしつつ
考えていると良いアイデアが閃くと。

私もこれには完全に同意します。翻訳をやっていて、中々上手い言葉が
見つからない時があります。そんな時は思い切って中断して、別の仕事を
開始します。しばらくして戻って来ると、先ほど苦しんでいた言葉がすっと何処からか
出て来る。

無意識ですよ。無意識が大変重要な役割をしています。無意識がある
お蔭で深刻に考えなくても物事が処理できる。
神経症者は毎日仏教だ、哲学だ悟りだと言いながら、生活が停止している。
健康世界とは無意識を重要視し、しかも使いこなしているのが分かると思う。



[1220] HNの発言 投稿者:斎藤

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月10日(日)14時29分14秒   通報   返信・引用

HNの発言   投稿者:斎藤   投稿日:2018年 6月10日(日)13時50分35秒
パニック障害が治るきっかけは、開き直る事が良いのかも知れません。もうどうにでもなれと開き直る事です。そうして今の不安を受け容れた瞬間から、次の不安は襲って来なくなる事実を学ぶ事でしょう。これでパニック障害は治っています。
一休さんの発言
↑これを慈恵医大に流れたあるがまま心理学と言い、鈴木が唾棄したものです。

HNを読んでいると思うのは、何も書いてないではないかと感じる。↑の意見ではまるきり意味をなさない。
治っている人間の意見と言うのは本質に迫る。その迫り方が激しくて、大概の神経症者は受け入れられないから
あらゆる汚い言葉を投げながら消えて行く。全く神経症者とは性根の良くない人間だ。


>>>H.N


一休さんが治らない理由


神経症が治らない人は、何時までも症状の改善を図っている人です。徹底的に治そうとする場合では一生掛かっても治る事は無いかも知れません。

治そうとする事を止める(治さなくなる事)を受け容れた時が治りです。

神経症は『治らないものであった』という事を納得をした場合だけ、神経症が治る事を意味していますが、余りに難しいので、神経症を理解出来る人が少ないのかも知れません。

斎藤氏であっても、揺り戻しを恐れるあまり『雑用、雑用』と言い続けているようです。



[1219] 人にはそれぞれに役割がある

投稿者: 投稿日:2018年 6月10日(日)06時54分30秒   通報   返信・引用

自分が相手をスルー出来ないのは、相手の中に自分自身が見えるから。
他人に干渉する事は、イコール、他人という自分自身に干渉しているに過ぎない。
ですからこの場に残る人は、ある意味では既に決まっているし、同類しか寄りつかないという事は、管理人さんが稀有な存在であるならば、そこに同調できる人しか集まらない。

わたしは、管理人さんなどよって足を引っ張られ、巻き込まれてきている人をここから追い出しただけ。
ここでのわたしの役割も終わり、やっと肩の荷がおります。
日に日に肩から力が抜けている。

わたしは今まで、存在(自分)の全てに干渉して生きてきた為、今後はそれをひっくり返して生きようと思います。



[1218] likehell 様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 9日(土)19時59分47秒   通報   返信・引用

それで良いんではないでしょうか、治す事をしない状態を治ったと言っていると思います。人生は短いと思います、心残りが無いようにする事が大事と思います。



[1217] 本は飽きるほど読んだ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 9日(土)16時59分0秒   通報   返信・引用

H.Nさん
私はもう治すための努力はしてないんです。
それより今日をどう楽しく生きるか。
バドミントンから戻ってきました。
これから飲みに行ってきます。



[1216] 精神病

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 9日(土)16時28分6秒   通報   返信・引用

皆さん私のキャンペーンで、神経症は精神病であるの認識を受け入れるようになったみたいだ。
やはり事実は嫌でも受け入れるべきで、それの方が問題解決の近回りになる。
神経症を単に思い違い、人生の誰でも経験する困難の一つなんて言っていると膨大な無駄が待っている。

所で最近アメリカで有名人が二人自さつした。一人は料理シェフで有名なアンソニー・ボーデインだ。
二人とも原因は鬱病と言う。この鬱病を脳の科学が究明したらこれは革命になる。
神経衰弱とかノイローゼとかの言葉はお払い箱になるでしょう。



[1215] Re: likehell 様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 9日(土)13時54分56秒   通報   返信・引用 > No.1214[元記事へ]

> 素人です、鉄工所を経営しています。今はステンレスの加工が多くなっています。神経症などの関連した書物を好んで読んでいますが、専門家であっても、また世界中で注目されている専門家であっても、「精神疾患の原因はいまだに分かっていません」となっているようです。
>
> 只、自身の経験から言っても、書物の中で述べられている内容から言っても、精神疾患の原因は脳内の戦いが原因だと思っています、つまり心の矛盾や対立や分裂を悩んだり、又病んだりしているという意味です。
>
> 只、言える事は、当の本人しか治す事が出来ない事だけは明白なようですので、専門家であっても素人であっても、治す事が出来るのは、本人以外では不可能だと思います。仏教での『無明』からの解脱、或は『無明』からの解放がカギを握っているようですので、学ぶ事が大事なようです。



[1214] likehell 様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 9日(土)13時08分46秒   通報   返信・引用

素人です、鉄工所を経営しています。今はステンレスの加工が多くなっています。神経症などの関連した書物を好んで読んでいますが、専門家であっても、また世界中で注目されている専門家であっても、「精神疾患の原因はいまだに分かっていません」となっているようです。

只、自身の経験から言っても、書物の中で述べられている内容から言っても、精神疾患の原因は脳内の軋轢が原因だと思っています、つまり心の矛盾や対立や分裂を悩んだり、又病んだりしているという意味です。

只、言える事は、当の本人しか治す事が出来ない事だけは明白なようですので、専門家であっても素人であっても、治す事が出来るのは、本人以外では不可能だと思います。仏教での解脱がカギを握っているようですので、学ぶ事が大事なようです。



[1213] 妄想しすぎじゃないか

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 9日(土)12時42分20秒   通報   返信・引用

H.Nさん。あなたは学者なのですか。



[1212] 海さんへ

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月 9日(土)12時24分50秒   通報   返信・引用

今から神戸に彼氏と遅めのランチ
海さんも早く彼氏見つけて
卒業ね、彼氏見つけたら卒業できるよ
男の人は彼女ね
ラブラブツーリングGo ー



[1211] AZ様へ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 9日(土)11時37分2秒   通報   返信・引用

貴方の怒りには同感です、森田先生とか鈴木先生が治っていなくて、自分だけが治っているといった主張は、とても受け入れる事など出来ません。

何よりも再投資には神経症に対する理解不足があるような気がしています。

それは『神経症の治りには、完治とか根治が無い』と言った主張です。

それともう一つ『脳のハード面に依る先天的な欠陥』と言った主張です。


神経症の治りには完治とか根治が無いという事を主張する裏側には『神経症が治っていなくて、只ぶり返しがある事を意味しているだけと思います。』

鈴木先生はよくこう言っていました『体得出来た時には神経症に後戻りする事は無くなる、です。


それともう一つ『脳のハード面に依る先天的な欠陥』と言った主張に反対する理由は、パニック障害を思い浮かべて頂くと分かると思います。


パニック障害は『偏桃体が異常に高ぶって、異常な反応を引き起こす現象』という事が言えると思います。この事を彼は昔のホームページでは、不安の発火点が低い脳と表現しています。今のホームページでは別の記事に置き換えているようです。

不安に対する発火点が低い事を、脳としてのハード面が脆弱(欠陥として生まれて来た)と表現していたものと思います。

パニック障害は、大変な不安感とか恐怖感に襲われる現象ですが、『是は脳の欠陥からではありません』普通の正常な脳だから現れている現象です。

此処の理解不足が原因で、斎藤氏は脳のハード面に欠点があると間違った認識をしています。


パニック障害が起きる原因は、仏教で言うところの『無明』だと思います。これは噛み砕いて表現するなら、二人の自分です。不安を教えている自分と、その不安を教えられている自分です。

その不安を教えている方の自分は『無意識の主人公であって、世界を認識していて、過去とか未来とかにも精通しています。もう一言書くなら自分が何処からやって来て何処に帰って行くのかさえも知っている自分です。』=『仏性』の事です。


もう一人の自分とは『自意識』と表現出来る自分の”心”です。

パニック障害の原因とは『自意識』が(もう一つ(一人)の自分から)送られてくる情報を『着信拒否』をする事が原因で引き起こされています。

この情報を送っている方の自分は、着信拒否をされている事が分かる事から『再送をしてくることになります。』ところがこの再送が問題になります。

嫌な情報と思って着信拒否をしている自分に対して、その情報の送り手であるもう一人の自分は『その情報をもっと大きくして、再送をして来ます。』

小さな不安なら⇒もっと大きな不安。大きな不安なら⇒恐怖。恐怖ならもっと大きな恐怖感と言った具合です。

パニック障害が治るきっかけは、開き直る事が良いのかも知れません。もうどうにでもなれと開き直る事です。そうして今の不安を受け容れた瞬間から、次の不安は襲って来なくなる事実を学ぶ事でしょう。これでパニック障害は治っています。

どんな不安でも恐怖でも襲って来いと決心が出来た時から、どんな情報でも再送される事が無くなるからです。言い替えるなら小さな情報の内に『着信拒否をせずに、ちゃんと受け取りが出来ているからです。』

どんな不安でも恐怖でもちゃんと受け取りが出来る時の心の状態を『あるがまま』と表現します。この意味は『絶対肯定』を意味しているからです。

パニック障害とは『今現在を否定している事』を意味しています。又如何いった神経症であっても、苦しんでいるという意味は今現在を受け容れる事が出来ない事で苦しみがある事を意味しています。

全てを受け容れる事が出来た時『全ての苦しみは消えています。』是が絶対肯定という意味ですが、何事があっても脅かす事が出来ない安心を意味しています。この境涯を『涅槃寂静』と表現すると思いますが、最も重いパニック障害が治った場合では最も深い涅槃寂静を知る事になります。



[1210] 最後に一つ書いておきます

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)10時25分29秒   通報   返信・引用

人が人と対立するのはなぜか、というと、みんな、自分の中にある性的な部分が欲求不満だからです。
エネルギーの解放も出来ていない。
我慢、というものが、エネルギーを閉じ込めてしまいます。
つまり、あなた方は、ワンネスを知らないという事です。
知らないというより、覚えていない、思い出せない、という事です。
世間が言う悟りなるものは、自分という仏を思い出す事であり、仏=神=自分、というものを思い出す事を言います。
既に自分の中にあったものを思い出すのが、悟りであるため、特別なことは何もありません。


では、みなさま、
今まで本当に長い間、ありがとうございました。



[1208] 寂しい

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 9日(土)09時40分37秒   通報   返信・引用

こういう結果になってしまったことが。AZさんは私に対してむしろ好意的だったと思うんですよ。だけどよくないものはよくない。斎藤さんに執着しすぎた。
私はこれからバドミントンの練習だ。いちいち気にしてられない。



[1206] HNさんへ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 9日(土)09時38分44秒   通報   返信・引用

貴方の良い所は言葉遣いが丁寧であること。これは立派だ。ただ中味は無茶苦茶だから大抵は読まない。



[1205] 一対100万の戦い。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 9日(土)09時36分57秒   通報   返信・引用

神経症を治すホームページの運営とはこの数字の戦いですよ。だから困難は十分に承知しているが、やはり
こちらも人間だから反撃をする。でも神経症者に勝ってもなにも褒美はない。真の褒美は健康に成る事で
健康ほどありがたいものがない分けで、ここで毎日大活躍している海さんなんか、その空しさを一番知っている
のは本人であって、だから私は彼女とは言葉を交わさない。

神経症とは精神病であり、その苦しみは文字通り地獄で、罰を神経症者は毎日受けている。
まあ、ここが精々の息抜きの場所であろうが、その息抜きも限度を超すと罰を与えられる。

ああ、神経症者と争うほど馬鹿らしいものはない。
同じ例が日本人と英語で争う例が似ている。日本人と英語の話をしてもちっとも面白くもない。
雰囲気が悪くなる原因は、英語が出来ないことに由来している。
外人は話せば話すほど、にこにこして乗って来る。
日本人は話せば話すほどへそを曲げて妨害し始める。



[1204] [1197] 神経症者に甘い態度は禁物 に付いて

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 9日(土)09時34分44秒   通報   返信・引用

《 投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 9日(土)05時20分39秒
ここは第一掲示板とは趣旨を変えて開始したが、書いているのは頭が狂った神経症者であるから問題を
抱えているのは百も承知でして、そこを自由書き込みを維持しながら、どう趣旨を保つかが今後の課題です。
でも介入する時は躊躇せず介入することが大事だと今回学んだ。》

神経症とは精神病です。その人達に書き込み自由は余り意味がないのは分かるでしょう。でもあまり自由と取り上げて、書き込みに難しい条件をつけると今度は書きこみがゼロに なり、治った斎藤は殆ど書く事がなくなる。その辺のバランスを取る所が難しい。

脳というハードの狂いを治したのは、世界中で斎藤氏只一人です。森田も鈴木も治っていないのです。

でも、治ったのは世界に雑用の会だけとか、ノーベル賞ものとか他の療法や方法論は全て間違いであるとか

思考構造がリアルにkarutoなのは認識したほうがいい。


再投資にとっての神経症は精神病という意味がようやく解り始めて来ました。それは誰も考えていない事つまり『自分は天皇の子供(特異な存在)』と主張しているという意味である事をです。

(神経症の治りを、雑用の有無でしか図る事が出来ない(特異な存在)という意味ですが、健常者にとっては『雑用が出来るのか?出来ないのかは』話題にすらなれない問題と思います。

或は治ったのか治らないのかの判定が出来ない存在という言い方も可能と思います。



[1203] 悪質だから

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 9日(土)08時59分42秒   通報   返信・引用

私はあなたの方にむかついてますよ。それを隠す気はない。
あんたがばかなことをするから神経症者に甘い態度は禁物という言葉に正当性が出てしまう。
迷惑なんだよ。



[1201] 叩く相手を間違っている

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 9日(土)08時29分50秒   通報   返信・引用

確かに管理人が上から目線に感じるときもあるけど俺には全く気にならないね。そう思うなら反面教師にすればいいだけのこと。君がやってるのは仕返しだろう。意見の対立と言えるレベルじゃない。ばかげてるよ。気にするのは劣等感の表れだろう。同時に上から目線も劣等感の表れなんだから無視しろ。



[1199] 管理人さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)05時56分37秒   通報   返信・引用

大丈夫ですよ。
いまに誰もいなくなります。
それが、管理人さんが選択した現実です。
自分棚上げで人の上に立ち、自分が神様の代理とでも言わんばかりに、人に罰を与えるような所に人が寄り付くとお思いですか。
神経症者だって馬鹿ではありませんよ。
だから離れていきます。
人はお互い様ですよ。
お互い様に自業自得を生きています。
みなさんこれをいつか知る事になるでしょう。
気づきというのは、時間差でやってくることもあります。
今わからなくても問題はありません。
それを受け入れられるかどうかです。
生き急ぐから苦しくなります。
いづれわかる時がきます。
ですから、ここにいた全ての人にとって、ここは学びの場として確実に機能しておりました。

では長いことお世話になりました。
ありがとうございました。

長生きしてください。
お元気で。



[1198] 学べば即ち固ならず

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)05時34分28秒   通報   返信・引用

孔子の論語の中に、

『学べば即ち固ならず』

という言葉があります。

これは学ぶことによって、
自分の中の頑固さが消えていくという意味です。

私はこれこそが真の学びの目的だと思っております。

学べば学ぶほど、
自分の中の頑固さが取れて、柔和になっていくのでなければ、
学ぶ意味さえないのではないかと思っております。

学びというのは即ち変化することだと思います。

この変化は、
特別性を無くしていくプロセスだと思います。

自分は人より優れている、逆に、自分は人より劣っている、
そのような特別性を無くした人こそが、
いわゆる悟った人だと私は思っております。

神経症が治ったことで、
自分のことを稀有な存在とし、特別性をこれ以上ないほどまでに強化させてしまった人が、
自分は悟りを理解したと思い、自らを欺き、それゆえに他を欺いております。

神経症が治った人の学びというのは、
ただ、自分の正しさを補強するためだけの学びであるので、
孔子とは逆に、
学べば学ぶほど、頑固さを増していく学びです。

そのような人からは、人が遠ざかっていくのは当然だと思います。



[1197] 神経症者に甘い態度は禁物

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 9日(土)05時20分39秒   通報   返信・引用

ここは第一掲示板とは趣旨を変えて開始したが、書いているのは頭が狂った神経症者であるから問題を
抱えているのは百も承知でして、そこを自由書き込みを維持しながら、どう趣旨を保つかが今後の課題です。
でも介入する時は躊躇せず介入することが大事だと今回学んだ。

精神病院には拘束という手段がある。あまり芳しくないが、必要に迫られてやる分けで、実際運営する側と
してはやりたくはないがやらざるを得ない理由があるのだろう。ここも書き込みに対して拘束を準備している。



[1196] 犬さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)03時13分59秒   通報   返信・引用

下記に書いた通りな為、わたしの言葉の中に、仏陀の言っていたような言葉を感じたんだよ。

わたしはもう卒業します。
お元気で、バイバイ。



[1195] これは少し違います

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)02時45分16秒   通報   返信・引用

> 例え師のように参考にした教えであっても他人の作ったものを崇拝、絶対視してそれに寄り掛かるな。

仏に会ったら仏を殺せ、というのは、仏と自分を一つにして生きなさい、という事。
右脳と左脳の統合。
つまり、仏と自分が一つになると、自分の中から仏と自分が分離した状態ではなくなる為、仏が自分自身になり、自分自身が仏になる為、自分の中から仏が消えてしまうという意味です。
右脳と左脳が一つになるのと同じ事。
つまり、自分の中から、相対的なものが消え去る、という意味です。
みなさんはこれがわかっていない為、人と対立することになっています。

何度も言っておりますが、ここへの長居は無用ですよ。
以前に一休さんにも似たような忠告をいたしましたが、一休さんはそのまま突き進み、危うく訴えられそうになりましたね。
後から後悔してもしりませんよ。
相手を説得することしか見えなくなると、我を押し通す事になり、こういった事になりかねない。
いくら筋が通っている反論であろうと、この世には正邪はなく、人それぞれの答えがあるのみなので、我を押し通し過ぎるとそれが自分に戻ってきます。
人は、心底から身にしみなければ真にわかる事はなく、変化することが出来ないからです。
ですから、何か起きる前に、真にそれに気付ければ、自分はそのような経験をする必要がなくなります。
つまり、自分の中に足りない感性があると、それを身をもって経験させられる事になる。
ほとんどの人は、失敗して初めてその事を後悔し、自分を改める事を知ります。
これを覚えておくといいと思います。


もう言いません。では。



[1192] 最後に、、

投稿者: 投稿日:2018年 6月 9日(土)00時55分33秒   通報   返信・引用

> 神経症の苦しみはてめえの頭が作っているのであって斎藤ではない。

これはHNさんが言ってる事と全く同じこと。
あなた方は、もう、他人の言葉で自分の答えが変わる事はありません。
だから、あなた方はお2人で仲良く仲違いするべきであって、他の人を巻き込むべきではない。
あなた方が他人を巻き込む行為というのは、相手の間違いを正す為の行為にしかならないからです。
あなた方は相手と対等にお互いに変化できる関係は持てません。
なのに他人を巻き込むから人間関係がゴタゴタしてくる。
巻き込む自分が悪い。
類は友で仲良くすればいい。
対等さが持てる関係にこそ、学びがあるからです。

> 斎藤はそこから抜け出した人間であって稀有の存在であるはずである。

HNさんはこのような言われ方はされませんが、やっている事はここの管理人さんと同じです。
ですから他人を巻き込むのはやめましょう。


全ての人は学びの人であり、神経症を治すだけが全てではありません。
神経症を治したら学び(人生)が終わりになるわけではありません。
人間は、人間関係から、人と平和に共存する方法(愛)を学びます。
自分はどこまでいっても完璧にはなれず、終わりはありません。

あと、aちゃん、管理人さんの怒りをかったこと、少し重く考えた方がいい。
この世はね、いくら相手に矛盾があっても、我を通し過ぎると自分に戻ってくるからね。
いくら筋が通っている反論をしても、人間はそれぞれ自分の世界にしか生きられないから、理屈ではないんだよ。
平和な人間関係築きたいなら、最終的には、相手に対しての承認欲求捨てるしかないんだよ。

ではさよなら。



[1191] 人を好きになるということ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)23時50分47秒   通報   返信・引用

特に恋愛感情という意味で。今日は艶っぽい書き込みもありましたね。

人を好きになるというのは多分に妄想的な面があるわけで。もちろん最初はフィーリングのようなものもあるのですが「自分は彼女のことを好きだ」と思う(決める)ことによってどんどん好きという感情が強くなっていくんですよ。要は選択の問題。でも上手くいくとは限らない。振られれば相当傷つきます。傷つくのが怖いから人を好きにならないという選択をしてしまう場合がある。それ以前に告白する勇気がないから人を好きにならないという人もいるでしょう。管理人さんの異性恐怖も女性が嫌いなわけじゃなくて好きすぎて緊張しすぎたのかもしれないし。

勇気がくじかれてるんですよ。無我とか公平とかを求めれば苦しむことはないかも知れないけどそれが本当に幸せなんですかね。どこかで自分をごまかし逃げていないか。手に入れることは出来ないかも知れないけど現状に満足しながらさらに前に進んでいくことが大事なんじゃないかなあ。

人を好きになるとね、人って必ず傷つくし自分だって人を傷つけないわけにはいかないということがよく分かるよ。前に映画でも見たらと言ったことがあるんだけど傷つきやすい人って映画とかドラマでも傷つくんだろうなと思ったの。俺がそうだったし。

俺もいろんなものから逃げてるけどね。なかなか勇気が持てない。


1337件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.