神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


7102件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[7140] Re: 拉致問題

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月14日(日)05時59分3秒   通報   返信・引用 > No.7137[元記事へ]

> しかしローカル新聞に数回載った程度で多分全国紙には載らなかったでしょう。

全国紙に載っていました。だって私は朝日の全国紙読者だから。
人はある人を特定して非難しようとしますが、私は日本人全員が責任あると思う。
得も言われぬ不安が北朝鮮に対してあったのです。

NHKの放送を見て御覧なさい。アナウンサーが毎度、
「朝鮮人民民主共和国」と発音し、北朝鮮と言ったのは聞いたことがない。
図書館に行って北朝鮮関係の本を見ると、全部が汚いもので汚染されていた。
唯一北朝鮮にはっきりものを言ったのはアメリカでしょう。
プエブロ号事件で乗組員が虐待されて戻って来たからだ。

同じ現象を太平洋戦争に見る。
戦争が負けたら国民全員が東條が悪いと言う。
しかし東条の奥さんにメディアが面接すると、奥の行李を持ってきて
国民から来た手紙を見せたと言う。
その大半が何を弱虫言っているのだ、早く開戦せよだったと言う。

このような大事件が起きたら、国民全体で検証する必要がある。



[7139] 私は英検ド級

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月14日(日)05時44分49秒   通報   返信・引用

英検何級と言うのは、英語をしゃべると言うより、むしろその資格を
持って仕事の面接に行けば、良い仕事を得られるのではないかの
仮定の話で、実際は英検何級は仕事にも、英語ペラペラにも関係ない。

英語と言うのは、頭に試験がちらついている内は、自由に喋れない。
自由に話すには、時空を突き通すような、膨大な時間と費用を惜しまず
使わないと実現しない。

私の場合、毎日1時間以上話して10年かかった。25分の会話を
一回として、それを1万回やり、日本でも記録保持者ではないかと思う。

事実上、私はバイリンガルであります。私の頭の半分は英語で回転
している。こうなると、会話はもちろん読むのも早くなる。
単語を増やすなんて言わなくても、自然に増えている。
分からない単語が飛び込んできても、不思議に推測がつく。
前後の文章を読むとそれが出来る分けです。

こうなると、日本の英語教育が間違っているのが分かるでしょう。
英語の出来ない教師が、悪い発音と言うか、全く英語にならない発音で
生徒に聞かせる。

古代エジプト文字の解読見たいな作業で英語を読もうとする。
英語とは日本語と同じで、頭から尻にひっくり返さないで、すっと
読むのです。慣れて来ると読む速さは日本語に近くなる。



[7138] わからないこと

投稿者: ピロリン 投稿日:2020年 6月14日(日)03時22分3秒   通報   返信・引用

言わば管理人さんは一般人なわけで社会的影響力はないと思われる。そういう方から何を評価されたいと言うのか。まだ英検4級持っていたほうが価値高いわけで。先生と呼ぶなと言いつつ羨望の眼差しが垣間見えて君が悪いのです。神経症者が憐れなのです。

こういう所に入り浸る暇があるなら一刻も早く神経症から抜け出した感覚を掴んで、それを基準にアクションを起こしていかないと。あっという間に時が過ぎてすぐおじいちゃんになりますよ。



[7137] 拉致問題

投稿者: くんた 投稿日:2020年 6月14日(日)02時03分29秒   通報   返信・引用

私は山形県の日本海側の出身ですが70年代北朝鮮のスパイが沿岸でゴムボートに乗り換え上陸しようとしていたところを、沿岸道路をパトロール中の警察に逮捕されるという事件があった。
彼らはしけで流されてきただけと主張したが乱数表があったのが決定的な証拠だった。
しかしローカル新聞に数回載った程度で多分全国紙には載らなかったでしょう。

また夜間になると北朝鮮から電波の強いAM放送が流れ、明け方近くになると不可解な数字を読み上げるような放送があった。
実はそれがスパイ用の乱数表の読み上げであった。

まさに映画のようなことがスパイ天国の日本で行われていた。
国内関係者は知っていたはずなのに。



[7135] 横田さんの拉致問題

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月13日(土)20時45分51秒   通報   返信・引用

横田さんの息子が、単に安倍を非難するメディアを強く批判している。
私もそう思う。何かオウムのように、メディアは政府を批判し政権を批判
するが、本質の所は大変複雑で、むしろメディアが無責任を決め込む
ことが多い。

拉致問題は私の世代の問題であって、あの頃メディアも奮闘
努力をしたのを見ている。新潟の海岸で若いカップルが突然消えてしまった
のニュースが新聞に踊っていた。新聞も努力をそれなりにしていた。

でもそれ以上に、日本人全体が得体の知れない北朝鮮に恐怖を持っていた
のも間違いない。北朝鮮といわないで、長たらしい「北朝鮮民主人民共和国」
のような名前以外には使わなかったのがそれを証明している。

この問題を長く解決不可能にしたのは、日本全体である。
不安、恐怖に目を向けないで、敢えて目をつぶった。
その結果が膨大な数の拉致被害者だ。



[7134] 評価します

投稿者: 幸せ技術研究所 投稿日:2020年 6月13日(土)20時43分34秒   通報   返信・引用

上等の評価します
>高い収入を得ると言うのは、脳が正常に働くのが第一です。正常とは、脳に強迫観念が存在しない。
>強迫観念がなければ無意識の作動により、体が自由に動くばかりでなく、思考がツボにはまる。
>インスピレーションが湧く。良い結果が出て上司から引き抜かれるとなる分けです。

治ったは結果として表れて当然だ、治れば世渡り上手の金持ちになる、結果がでない治ったは無い
自称「治った」と言い、一生森田療法を勉強すると言う、治ったら治す方法技術の勉強は要らない

そこを森田博士はこう言う
自分の気分や想像で「治った」とか「よくなった」とかいっても、そんなことは問題になりません。
ただ、実際に治ったという事実が大切です。
体重がふえたとか、終日よく働くようになったとか、気転がきくようになったとかいう事実を観察して
初めて「治った」ということが決まるのであります。

直人は昨年は商売で儲けたから、今年中に不動産を買う



[7133] 夢さん

投稿者: 投稿日:2020年 6月13日(土)20時23分17秒   通報   返信・引用

夢さんのコメントを読んでいますと、
いま現在、神経症に苦しんでいる人の存在が置き去りになっているような気がします。
(そういう人が、この掲示板を見ていると仮定しての話ですが)

いま現在、苦しみの渦中にある人にとって、
斎藤さんが、HNさんや直人さんの一歩先を行っているかどうかなんて、
どうでも良くないですか?

それとも夢さんは、
HNさんや直人さんが言っていることは、
神経症の人にとって、「百害あって一利なし」だと思っているのですか?



[7132] 治す努力の停止は難しいこと

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月13日(土)18時59分53秒   通報   返信・引用

神経症者の脳は暴走しています。
治す努力を停止しようとすると、余計暴走してしまう。
これはどうもならない。ブレーキの故障したダンプ、あるいは
貨物列車で、危険極まりない。
しかし止めなければ、一生は神経症との格闘で終わってしまう。

私は運よく、48歳の晩に停止させることに成功した。
でも道はそれ程単純なものでなく、何度もフラッシュバックを経験し、
神経症者を指導する斎藤自身が神経症であったなんて
笑い話は幾らでもあった。

でも斎藤が普通の神経症の患者でないのは、私は決して神経症者と
談話をしない。治ったものが、病気の者と話すのは不愉快なのです。
この不愉快さが治りの証明です。
もし、この掲示板を覗いている人で、治った人がいるとしたら、
斎藤と同じ思いに違いない。

HN見たいに聞いてもないのに膨大な解答を寄せるなんて、これこそ
狂いの証明です。



[7131] 犬さん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月13日(土)18時19分1秒   通報   返信・引用

それが屁理屈なんだよ。

多分、斎藤さんが言いたいのはそういうことじゃないぞ。本当に真逆なんだと思う。斎藤さんの世界は、H.Nさんや幸せ技術研究所さんの一歩先に進んじゃってるんだよ。

言うは易く行うは難し

治すのをやめると言ったって、実際にできるかというとなかなかできないものだ。私が、あなたに仏教を語るのをやめたらどうだ、と言ったのと同じことなんだよ。

よく分かっていない人は、斎藤さんとH.Nさんと直人さんが同じことを言っていると思うかも知れない。だけど、実は全く真逆であることを、俺は分かりますよ。



[7130] 私は歯医者で新しい発見をする。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月13日(土)15時25分17秒   通報   返信・引用

歯医者には週刊誌を何時も用意している。パラパラとめくると、私が全く
知らない事が書いてあって、うふーん、たまには週刊誌を見るべきだなと
感心する。

でも、ここの所テレビでニュースを連続して聞いていたら、もういいになってしまった。
余りにも色付けし過ぎているのである。もっと生で荒っぽいニュースを聞きたい。
グーグルニュース、ヤフーニュースが今の所満足させてくれる。

所で昨日翻訳を完成したのであるが、なかなか読み応えする英文であった。
英語では心の問題を扱う時に、一言Depression、鬱で終わらせてしまう。
これを斎藤は、何時も鬱病の事かと思っていた。不安症、神経症、鬱病は
明らかに違うから、おそらくDepressionは鬱病の意味ではないのだろうと。
Depressionとは気が沈んでいる、動けない、判断がつかない、不安、職場に行けない等の
総合した心の状態であるのを翻訳していて初めて気づいた。

著者は、何故心の複雑な症状をDepressionの一発で終わらせるかを正直に語っている。
西洋では健康とは”朗らかな状態”であり、通常人は明るくあるべきだの社会的圧力があるらしい。
新しい発見であった。

そう言えば最近は神経衰弱の言葉が消えた。昔はイギリスでは女性がよく失神した。
ヒステリーの言葉が消えた。これ等のいきさつを英文は丁寧に語っていた。



[7129] 「雨」を表す美しい表現

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月13日(土)14時38分52秒   通報   返信・引用

私はコンビニやスーパーなどに立ち寄った際、よく週刊誌を立ち読みするのを趣味にしている。
「週刊現代」とか「週刊ポスト」などをよく読むが、これは神経質な人は概してそうなりがちだと思うが、
世間全般のことがあまりよくわからなくなりがちだから、その点、この種の雑誌はてっとり早く
「世の中のいま」がわかるし、世間一般の平均的な興味関心事や世論の動向などが、
ニュースなどより正確にわかるからで、立ち読みだからなにも「袋とじ特集」を期待してのことではない。

それにああいった週刊誌では「根も葉もない有象無象のSNS上のくだらないデマ」などと違って、
全く根拠のないウソは書かない。「火のない所に煙は立たない」ということで、
表面的なことしか言わないニュースなどよりもよほど役に立つことを教えてくれることが多いのである。

どこやらの療法や集会では「常に必要なことだけやる「目的本位」を心がけなさい」とか
「周囲の出来事よりも、自分のことだけを心がけるようにしなさい」などと指導しているらしいが、
するとこの場合「週刊誌の立ち読みなんかせずに、用事だけ済ませたらさっさと帰りなさい」
ということになるのだろうが、そんな非人間的でバカバカしい発想だけで行動できるかよ。

・・・というわけでいつも前フリばかり長いが、それでこの前もお店で「週刊現代」をパラパラと
めくっていたら、今出ている号には巻頭に「目で見る「雨のことば」辞典」というページがあり、
これがこのテの週刊誌には似つかわしくない(笑)なかなかすばらしい内容だった。

どうせ手垢のついた言葉ばかりの、ありきたりの内容だろうと思ったが、まず最初に出てくる言葉がいい。
「雨濯(うたく)」・・・「梅雨どきの大雨、または雨が強く降り注ぐこと」

そんな言葉知らなかったし、これまで聞いたこともなかったが、なるほどこれは美しい表現だね。

折しも日本のほとんどが昨日一昨日で一気に「梅雨入り」したが、「梅雨入り」とは概して
そういうものだが、とりわけ今年は先日の雨などは久しぶりのまとまった雨といった感もあり、
いきなりザァーっと降ってくるのもよし、長時間しっとりと静かに降り続くもよし、
いずれにせよ風情を感じたものだ。「雨もそんなに悪くない」と思えるのはそういう時だ。

その他「翠雨(すいう)」「簷雨(えんう)」などといった趣のある言葉も載っていて、
それぞれ「青葉をぬらして降る雨」「軒端(のきば)にしたたる雨」だ。
いずれも情景が目の前に浮かんでくるようなよい言葉だね。

他に「銀竹」というのもあって、これはまた「竹林、竹藪を白く濡らして降る雨の様子」といった所で、
何と風流だなあ、と思ったものだったが、じつは「光線を浴び、光り輝いて降る雨」のことなんだって。
「大雨が降るさま」を「竹」に見立てた、一般には「夕立」のことを指すらしい。がっかりでした。

私が想像した内容のほうがずっと感じが出てしっくり来る、と思うのにな。

それから昨日テレビを見ていて知ったことだが、「イカ」と「タコ」には心臓が3つあるのだそうだ。

もちろん知っている人は知っていたことだろうし、メインの心臓はやはり1つなのかもしれないが、
テレビをぼんやり何気なく見ていても役に立つ(いや、まったく何の役にも立たないって(笑)。
少なくとも実生活には、でも面白いよね)知識が得られることはあるものだ。



[7128] 神経症者の文章を読んでいて感じること

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月13日(土)12時49分34秒   通報   返信・引用

これでは収入が稼げないと感じます。
それでなくてもコロナで景気が悪い。就職口が狭い。
単純労働しかない。
残念ながら神経症者の頭では、神経症論争に明け暮れている。
とてもいい仕事はこの人たちから期待できない。

高い収入を得ると言うのは、脳が正常に働くのが第一です。
正常とは、脳に強迫観念が存在しない。強迫観念がなければ
無意識の作動により、体が自由に動くばかりでなく、
思考がツボにはまる。インスピレーションが湧く。
良い結果が出て上司から引き抜かれるとなる分けです。

高い収入を得るには、どうしても強迫観念から解放された
自由な心を得るのが条件になる。



[7127] 管理人さん

投稿者: 投稿日:2020年 6月13日(土)07時53分52秒   通報   返信・引用

> > 不安が無いと危険だ、手洗いが無いと病気になる、対人に羞恥が無いと失礼になる
> > それが有るのが人間だろう、不安、手洗い、羞恥が無くなる事が根治、完治ではない
> > 108の煩悩を持って生きる普通の人になったら根治、完治である。
>
> これを屁理屈と言う。健康世界では全然考えていないのです。

上記の直人さんのコメントですが、
これは、直人さんなりの根治、完治というものを、
管理人さんに対して説明したものかもしれませんが、
その内容は、
神経症に悩む人に向けたものですよ。

管理人さんのような健康世界に住む人に向けたものではなく、
妄想に囚われ、病的な世界に住んでいる神経症の人が、
その病的な世界から脱出するためのヒントを提示しているものです。

管理人さんは、
この辺を混同されてしまっているので、
無用な対立が延々と続いてしまっているのだと思います。

管理人さんが言っていることは、
インシュリン注射を打っている糖尿病患者の人に、

「健康な人には、インシュリン注射など必要ないのです。
ケーキを食べたって問題ないのです」

と言っているようなものです。



[7126] これを屁理屈と言う。

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月13日(土)05時52分1秒   通報   返信・引用 > No.7125[元記事へ]

> 不安が無いと危険だ、手洗いが無いと病気になる、対人に羞恥が無いと失礼になる
> それが有るのが人間だろう、不安、手洗い、羞恥が無くなる事が根治、完治ではない
> 108の煩悩を持って生きる普通の人になったら根治、完治である。

これを屁理屈と言う。健康世界では全然考えていないのです。
それより行動であり、行動をしない事にはコロナの季節、収入の確保も
難しい。
神経症者の収入は低く、困難を極めているのでは。

所で政府は私の所に10万円を振り込んで来た。中々やりますね。
ロシアでは5万円の給付とプーチンが約束したのに、実際ではわずか
2000円だったので、民衆は怒って暴動になった。

ロシアは日露戦争で日本に負けたが、その後100年経っても未だ
日本に遅れる事、甚だしい。一度国家が遅れると、取り戻すのに
とんでもない時間がかかるのが分かる。

ロシアでもう一つ疑問。
あの国は未だ貧しいのに、ジェット戦闘機から旅客機、巨大貨物機、
宇宙ロケットと最先端の機器を自家製造している。
よくこんな事できるものだ。押しなべてロシアでは民生産業は弱いのに。



[7125] (無題)

投稿者: 幸せ技術研究所 投稿日:2020年 6月12日(金)20時22分34秒   通報   返信・引用

神経症の根治、完治については
不安が無いと危険だ、手洗いが無いと病気になる、対人に羞恥が無いと失礼になる
それが有るのが人間だろう、不安、手洗い、羞恥が無くなる事が根治、完治ではない
108の煩悩を持って生きる普通の人になったら根治、完治である。

>神経症とは脳が正常に作動していない状態です。
皆さんは治癒の状態を
その日から変わった=斎藤氏、その日から治る=森田氏 一晩で治った=直人
脳の狂いは、その日から治ったりしない、狂いでは無く迷いから覚めるであり、悟りを得たのである
治さない日々を体験して、病気に落とす悪い思いを自覚する事で、治るメカニズムを完全に把握する
体験自覚は森田博士の言だが、自覚とは知識です、はっきり自覚すれば二度と病気にならない(知識は一生続く)



[7124] 完治根治が嫌いな理由

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)18時42分19秒   通報   返信・引用

完治根治を言う心は、今すぐ完全に治したいだ。
しかし、事実は完治根治目指す心のエネルギーの10倍、100倍の力で
強迫観念が襲い掛かって来る。

そうなると破綻で、間もなく正常な生活が出来なくなるのです。
神経症とは大変恐ろしい心の病で、科学が解き明かさないとならないが、
現状で出来るのは唯一、治す努力の完全停止を今実行する以外ない。



[7123] 人間が変わってしまった

投稿者: 幸せ技術研究所 投稿日:2020年 6月12日(金)17時31分11秒   通報   返信・引用

>私は48歳の時に対人恐怖を治す努力の完全停止に成功している。あの時、今と同じように英語が好きで英会話喫茶に通っていたが、 行く前に対人恐怖の恐怖と鬱と戦う戦法を考えて通ったものだが、ある晩を境にして準備運動を完全に停止してしまった。 以来人間が変わってしまった。

確かに治すを完全に止めると、「人間が変わってしまう」は本当だ
私の場合きっかけは、よりドラマチックで強烈だった
28才の時に師を訪ねて対人恐怖の指導を願っていた、そのある日「日誌を書いて持ってきてもも誤字脱字が多い、不真面目でいい加減だ!」
「指導は止めた、帰れ、二度と来るな!」と言い渡された、私は絶望して家に帰り一晩泣き明かした
明け方、治しかえる道は完全に断たれた、もう治るは無い、一生持ったまま生きようと決心が出来た
私はそのその日から人間が変わってしまった。それは確かだ。



[7122] 翻訳完成

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)15時14分0秒   通報   返信・引用

翻訳不可能な心の病
http://mui-therapy.org/newfinding/untranslatable-illness.html

心の病気には社会的背景があって、時々翻訳不可能な事がある。
昔、神経衰弱の言葉があったが、今は使われない。何故だろう。



[7121] トランプは大統領として的確でないこと

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)11時48分53秒   通報   返信・引用

どうも彼は敢えて人種差別を煽る傾向があるし、第二次大戦後出来た
システムを破壊しようとするように見える。それに代わるシステムは自分は
構築できないのに。
刹那的で自分優先であり、同盟国を無視しようとする。

どうしてこんな人物をアメリカが選んだか。
ま、アメリカも完璧でないと言うのがこれで分かる。
では、アメリカの代わりになる国が世界であるか。

中国、これ全然だめ。ロシア、ダメ。何処を見てもいない。
問題ありながらも、アメリカは過去70年間よくやって来たと
認めよう。だが時期大統領にトランプだけはごめんだね。



[7120] アホノミクス

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月12日(金)10時31分50秒   通報   返信・引用

私はアベノミクスをアホノミクスと呼ぶ。ケインズ経済学が有効かどうかは分からないが、ある程度的を得ている部分もある。そこから導かれるのは、金融の量的緩和は無効になる。財政政策は非常に有効であるということだ。なぜなら、日本の金利はゼロ金利といわれるように流動性の罠の状態である。流動性の罠の状態で貨幣の流通量を増やしてもこれ以上金利が下がることはなく投資が増加することはない。逆に、流動性の罠での財政政策は金利の上昇によるクラウディングアウト(金利の上昇による投資の抑制)が起こらないので非常に有効なのである。よって、金融の量的緩和よりも政府支出(財政政策)の方が有効なのである。

しかし、金融の量的緩和は異次元に行われていて、政府支出はしょぼい。これでは景気が良くなるわけがない。



[7119] 一晩明けたらダウの暴落

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)09時10分9秒   通報   返信・引用

これだから投資は難しい。誰も将来を正確には予想できない。
出来ないものを出来ると考えるから、人は投資に失敗するのです。
一つ確実なのは、アメリカはやはり資本主義のリーダーであり、
今後も市場を引っ張って行く。

人間は常に努力をする生き物で、将来も市場は年率
数%の割合で成長するであろうと言う事だ。



[7118] グルトさんの多芸多才

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)06時07分13秒   通報   返信・引用

貴方のクラッシック音楽の素養には恐れ入りますが、同時にポップミュージック
への力の入れようにも驚く。そんな事、良く出来るものだと。
私はクラッシックだけで、あとは何も分からないし、分かりたくもない。
自分の限られたエネルギーを、一点集中して生きるしか能がないし、
また、それがベストだと信じている。

また、貴方の文章作成能力にも驚いている。
貴方の次に才能があると思ったのは一休さんで、彼の記憶力は
抜群であった。鈴木の所に入院した人たちの軌跡を詳しく述べていた。

でも、才能と神経症が治っているかどうかは別の次元であるから、
私は学歴、職歴を言うなと言う。
また、バンコクに行った、ロンドンに行ったを言うなとも言う。

神経症を治すには、ひょっと立って台所に行った瞬間が大事なのです。
意識の混乱からの生還は、自分の日常の直ぐ横に存在する。

南極に行った、月面着陸したなどと言い始めたら、この人の
一生は神経症で終わること間違いない。



[7117] Re: これ評価します

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月12日(金)05時55分30秒   通報   返信・引用 > No.7116[元記事へ]

> 「治す努力の即刻停止です」は客観的に言えばその通りだ
> 主観的に言えば「辛いが治すは出来ない持ったまま生きよう」になる

これは無理。こんな器用な事はできない。

> 治すを諦め持ったまま生きた時に治す努力の即時停止が出来ている

出来てないでしょう。

> 雑用の効用としては、理論的価値や効率を置いて、目の前の事に手を出して行けば自己の能力を最高に引き出せるになる

雑用は効用を目指している内は成功しない。真の雑用には効用がない。
健康な人で誰が効用を目指して動いているだろうか。大体自分が動いている
事さえ意識していない。ただ一つ感じているのは動物として動くとは気持ちが
言いとだけ。



[7116] これ評価します

投稿者: 幸せ技術研究所 直人 投稿日:2020年 6月11日(木)22時32分45秒   通報   返信・引用

>無為療法の原点とは何もせずで、治す努力の即刻停止です。
>雑用を必死にやるはNGであるのは、誰でも分かるはずです。

これは評価しますね
「治す努力の即刻停止です」は客観的に言えばその通りだ
主観的に言えば「辛いが治すは出来ない持ったまま生きよう」になる
治すを諦め持ったまま生きた時に治す努力の即時停止が出来ている

雑用の効用としては、理論的価値や効率を置いて、目の前の事に手を出して行けば自己の能力を最高に引き出せるになる
人は理論では動かず、動きが動きを作り効率が生まれる



[7115] まあなんだかんだ言って

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月11日(木)21時43分15秒   通報   返信・引用

斎藤さんは人気者ですよ



[7114] 中島みゆきの音楽

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月11日(木)21時39分34秒   通報   返信・引用

昔は中島みゆきというと「暗い」の一言で敬遠されるきらいがあったのですが、
この頃は「糸」とか「一期一会」とかはカラオケの定番ソングにもなって、
今では多くの人に分け隔てや偏見なく親しまれるようになりました。
紫綬褒章も受賞したことだし、最近はずいぶんと箔(ハク)もついたようです。

本当は「肩に降る雨」とか「霧に走る」などが超名曲なのですが、
この人の所はチェックが厳しいようで、いずれも「オリジナル音源」は
YouTubeから削除されているので、代わりにこちらの2曲を選んでみました。

https://www.youtube.com/watch?v=gUDikbjabaw

「♪やむにやまれぬ~人生は綱渡りだ 選ぶつもりで~選ばされる手品だ」

映画の主題歌だった異様な迫力のある曲で、ちょうど就職超氷河期の頃だったこともあり、
この曲はこのくだりだけでもう、連日面接で互いに「ウソつき大会」を競い合っている
大学生達の心を鷲把(づか)みに捕えたとも言われています(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=ia1HWtcQLwQ

「♪朝陽の昇らぬ日は来ても~君の声を疑う日はないだろう」

歌謡曲の世界ではこれまで決まって「朝の来ない夜はない」とくるのがお約束でありまして、
このような「終わりのない夜」などいう発想は「タブー」で衝撃的だったのですが、
こんな凄味のある歌詞をサラリと歌ってしまうのがこの人らしいですね。
何だかマーラーみたいな世界で感銘を受けたものです。

いやじつは何のことはなく、ただ「南極」のことを歌っているだけなんですけどね(笑)。

一応最初の2曲も載せておくけど、いずれも「本人歌唱」じゃないから少し聞きづらいかも。
https://www.youtube.com/watch?v=9-LIXd68c0M&spfreload=10
https://www.youtube.com/watch?v=Xw-FMKVi6xs

ちなみに「肩に降る雨」って、別に失恋の歌ではないと思うんだよなあ。
みんな想像力が乏しいんだね。
この曲、最後に長調に変わるとこが、まともな装置で聞くとじつに感動的なんだよね。
(べつに「これが神経症が治った境地」などといったバカなことは書きません)

それから「霧に走る」のほうはシングルのB面曲なので以前はCDで入手困難、
どうせならとこの1曲だけのために(まあ「悪女」とか「時代」とかも入っていたが)
5000円位するシングルのAB面が全部入ったベスト盤を買ったことがある(バカかも)。



[7113] 犬くん

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月11日(木)20時48分23秒   通報   返信・引用

久しぶりだな
オールスターに選ばれたんだな



[7112] 面白すぎる

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月11日(木)20時46分35秒   通報   返信・引用

ぐるとさん、程々にな。
丸くなったとはいえ、やり過ぎると、伝家の宝刀、必殺技、出入り禁止が待ってるぞ。
寸止めでな



[7111] 管理人さん

投稿者: 投稿日:2020年 6月11日(木)20時41分38秒   通報   返信・引用

「雑用の難しさ」ということですが、
神経症治療において、必ずしも、
雑用を言う必要はないのではないかと、
わたしは思ってます。
(人によっては、雑用をすることが、
とても効果的であることもあるとは思いますが)

2018年の12月にも、
同様なことは書かせていただきました。

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/3264

ほかの方も同じだとは思いますが、
皆さん、
管理人さんに議論を吹っ掛けようとか、
論争を仕掛けようと思って書いているわけではなく、
自分自身の経験に基づいて、
管理人さんの理解の至らぬ点や、間違いと思われる点を、
ただ指摘しているだけだと思います。

それら全てを狂い書き込みとして、
長い間、自身の間違いを修正することなく、
無用な対立を煽ってきたことに関しては、
管理人さんも、素直に反省しても良いのではないかとわたしは思います。



[7110] 雑用の難しさ

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月11日(木)19時10分24秒   通報   返信・引用

私も以前、雑用をうるさく言っていた。だって神経症者に共通するのは
動けないからだ。
25年位前に無為療法を開始していますが、あの当時雑用が
出来るかを神経症者に聞くと、殆どが、テレビゲームはどうですか
と聞いて来た。

これはダメで、テレビゲームを見ていると言うのはかなり状態の
悪い事を意味します。斎藤はその逆で、週末には雑用で
一日があっという間に過ぎていた。

でも雑用も曲者で、雑用を強調すると雑用が強迫観念に
なってしまう。これだから神経症は難しい。
これで治ると人参をぶら下げると、夢中で飛びかかるのが神経症の
特徴で多くが失敗する。

ここで無為療法の原点に戻ろう。
無為療法の原点とは何もせずで、治す努力の即刻停止です。
なら、雑用を必死にやるはNGであるのは、誰でも分かるはずです。



[7109] 斎藤先生ここにあり

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月11日(木)19時02分32秒   通報   返信・引用

> 「温泉卵のつもりで生卵をわっかいて、シンクに流してしまった。
> これが正常な無意識の働きである」と言ったらバカじゃないですか。
> 単純作業工が指を失うのに似ている。これは無意識ではなく、うつつを抜かした状態です。

誰ですか。斎藤さんのちょっとした雑用ミスをいちいち取り上げて問題にしてる人は。
そんなくだらないこと全くもってどうだっていいじゃないですか。

そもそも、斎藤先生に失礼ですよ。

> 私は”解答を出してはいけない”と言う。
> さらに”解答を出してはいけないと言う解答も出してはいけない”とも言う。

そりゃあ毎日こんな屁理屈ばかり頭の中でこねくり回してる人ですよ。
こんなこと考えながら作業してると、誰でも頭がお留守でしくじっちゃいますよ。

それに斎藤さんだって鈴木知準診療所で作業で失敗した時には、
もしかしたら鈴木先生から「君のその間違い、それがすなわち「現在になりきる」態度が
まだ会得できない証左なのだよ」などと叱られたかもしれない。

でも斎藤さんは、世界で初めて神経症を治すことに成功した人ですよ。
ノーベル賞受賞者など足元にも及ばない、遥か上を行っている人ですよ。
そのような人にくだらない常識の枠をはめてあれこれ批判するのはおかしい。
神経症者の半人間の幼稚園児のくせに、身の程知らずもいい所だ。

ニュートンは「卵を茹(ゆ)でる」つもりが気がつくと「時計を茹でて」いた。
斎藤さんはさらにその上を行くのです。
やはり秀でた人には、凡人には到底うかがい知れない境地というのはあるものだ。

ということで、治った人は治った事実が頭上に燦然と輝いて、青菜に塩でコント青信号なのです。
神経症者と論争するのがバカバカしくなるのです。さっさと雑用しているのです。
アナグマを見てごらんなさい。一日中巣を掘っている。あれが健康世界なのです。
斎藤さんからすれば「神経症が治らない憤懣をぶつけている」のです。

そんなことを言ってる暇があったら、とにかく雑用すべきだ。
健康世界も森田原法も雑用雑用、詰まる所雑用に行きつくし、あれも狂い、これも狂い、
たった一つ、やっぱり動きあるのみ、神経症地獄に真っさかさまで強迫観念が荒れ狂うのです。

それで斎藤さんはといえば、今日もまた、これも一重に全てはわれわれ神経症者のため、
頼まれもしないのに体臭恐怖や放屁恐怖、さらには拒食症といった、おそらく此処の人達には
あまり興味がないと思われるジャンルの話まであれこれ仕入れて熱心に分析を試みておられます。
おめーこそただの「神経症おたく」じゃねーか。

まさに天馬空行く境地、我々凡人はまた参考にさせていただきましょうね。
斎藤さんの神経症者を思う心情は、まったく山よりも高く、海よりも深いのです。



[7107] (無題)

投稿者: ピロリン 投稿日:2020年 6月11日(木)17時50分38秒   通報   返信・引用

そう、私はホンモノであるわけですから知らず知らずの内に神経症や自我の強い方々の何かを刺激していてもおかしくはないわけです。それは私がホンモノだという証明にもなります。

夢さんの言うとおり雑用せずとも無になることはできます。そもそも雑用でここまで無を作ることが出来たらそこら辺の専業主婦全員が見性に近づいてるということになる。そんなバカな話はないわけで。ただ、ここ神経症を治す掲示板であり、場違いなのは私の方、即刻退出するべきですね。

脳内の出来事を他人に伝えるの葉とても難しい、下手するとキチガイに思われてしまう、もうこうなると自己満足の世界でしかないわけです。自分を欺くことはできません。本当に治っているか、悟りに近づいているかは自分自身が知っている のではないでしょうか



[7106] メダカを飼っている

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月11日(木)17時34分17秒   通報   返信・引用

言ったことあったかな。もう10年ぐらいなるのだろうか。ベランダでメダカを飼っている。
https://drive.google.com/file/d/1MEPCHQwT70JQsODxiZxZBZez0afCr2kk/view?usp=sharing

私は動植物が好きでね。今年は朝顔をやるか迷ってる。ゴールデンウィークが蒔きごろだからそろそろ限界か。大葉を植えて自家消費するのも魅力を感じる。



[7105] 何故こんな醜い世界にいるのか

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月11日(木)12時13分55秒   通報   返信・引用

「亡くなったのはかわいそうだけど」"有名税"を肯定する大学生の言い分。

とブログにあった。
誹謗中傷する人、される人、私には理解出来ない世界だ。
そんな世界にくぎ付けになって、わあわあ言っている人たちの気が知れない。

スマホを道端で見ながら科学進歩の成果だと言う。
多分、人間ってそれほど賢い動物でもなさそうだ。



[7104] 精神病の患者が、自身の病気を分析するおかしさ

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月11日(木)11時32分26秒   通報   返信・引用

広く心の病があるが、神経症ほど自身を分析する病気はないのでは。

2チャンネルに行くと、肛門臭を論議するスレッドがある。
ここでは朝から晩まで肛門臭を論議している。
中には世界の何処からか拾って来た大学教授による肛門臭の論文を掲載
している。これ明らかに異常な世界で、ここに集まる神経症者は
いわゆる放屁恐怖とか体臭恐怖とか言われる人たちだろう。
彼らに取っては事実だろうが、健康な人間には
どうでもいい話であり、直ぐ引き下がる。

拒食症を相手にするサイトではオードリーヘップバーンの写真を掲載し、
毎日痩せる事ばかり討議している。第三者が貴方の体は普通であると
説得しても無駄で、彼らの脳は自分の体は醜いと判断して、食事制限に突き
進む。

上の2つの話は精神障害の話であり、彼らを止める事は出来ない。
神経症も同じで、どう話を持って行っても何時も神経症論議に終始する。
彼らの脳では強迫観念が燃え盛っていて、一か所で思考が
ぐるぐる回りするのを止められない。

彼らは自分は正しいと主張するであろうが、実際は生活が追い詰められて
いて、不安と恐怖、生活の困難、生活の質の低下で破綻に近い。

私は自分自身、それを経験しているから、この狂った人たちとの論争なんて
まっぴらだ。それより、敵は自分の狂った脳で、目標は健康世界への復帰だ。
これさえ実現出来ればよいのであって、神経症者との対話なんて無駄な話だ。



[7103] 管理人さん

投稿者: 投稿日:2020年 6月11日(木)10時17分0秒   通報   返信・引用

たぶん皆さん、
管理人さんと論争をしたくて書いているわけではないと思います。

というより、
管理人さんのほうが、
論争の火種になるような書き込みばかりをされているので、
その消火作業として、
仕方なく?書いているところもあるのではないでしょうか。

管理人さんは、
「治癒の状態を描写するための言語表現」と「神経症の人が治癒へと導かれるための言語表現」を混同されていて、
そのことで、
掲示板において、無用な対立が起こってしまっているように感じます。

管理人さんがよくご批判される、
「スッとした動き」ですが、
これはただ単に、治った状態を描写しているだけの言語表現であって、
神経症の人が治癒へと導かれるための言語表現ではありません。

この点を管理人さんは混同されているからこそ、

「スッとした動き」だなんて言っている間はダメだと、批判されるのだと思います。

「スッとした動き」という表現は、
管理人さんが言われる、
「意識をしなくても、次から次へと必要なことを適切に処理している状態」という表現と、
言葉は違いますが、その言葉が意味する内容は、まったく同じですよ。

このことを管理人さんは理解されていないため、
鈴木先生の指導によって治った人が、
管理人さんからみて、治っていないように見えてしまい、
それで、無用な対立が永遠に続いてしまっているように思われます。

失礼いたしました。



[7102] 私のトランプに対する印象

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月11日(木)09時40分42秒   通報   返信・引用

「憲法を順守せず、国際秩序に関心を払わず、同盟国を軽視する」。

これ、当を得ていますね。
でも最初からトランプがどんな人間であるか、アメリカ人自身分かっていたはずだ。
これはオバマに対する幻滅、クリントンに対する幻滅の現れかも知れない。

誰がなっても理想的政治をするのは難しい。
今、小池に対するバッシング、安倍に対するバッシングが激しいが、
誰がなっても文句を言われない政治は出来ない。
だからと言って私が手放しで小池、安倍を賞賛しているわけではない。
ただ、無責任なメディアを嫌うだけある。



[7100] 宇佐療法のブログ2という偉そうな難癖付けのクソゴミ

投稿者: 子猫 投稿日:2020年 6月11日(木)04時36分25秒   通報   返信・引用

http://18miroku.blog.fc2.com/blog-entry-98.html#comment493

宇佐療法のブログ2というブログのコメント欄で斎藤さんのことをボロクソに語ってるってことをここに報告したい。(笑)
斎藤さんの表現が気に食わないところもあるのだろうが、頭の中で解決を図りたがる神経症者たちに対して行動を起こすことが重要だという斎藤さんの指摘は立派なものだ。
ところが、この宇佐療法の臭み野郎は以前斎藤さんの雑用をやろうという言葉にすら難癖をつけて、雑用では不親切だとか抜かしていた。ただケチをつけたいだけのゴミ野郎であることは確実だ。
完璧に支持は出来なくても斎藤さんは神経症者界隈では功績もあることを認めたがらないただの嫉妬野郎だ!
この俺がこいつの存在に気がついてしまった以上このゴミ嫉妬宇佐療法の臭み野郎を成敗するまで批判し追い続ける。



[7099] 昨日のこの投稿について

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月10日(水)22時31分31秒   通報   返信・引用

昨日私が書いた下の投稿について、今日「人生問題の解決~掲示板~」を
ざっと見返してみた所、以下2つの投稿(相談に対する回答)の内容を
一部混同して書いている箇所があったようです。
https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18161
https://9019.teacup.com/jinseimondainokaiketsu/bbs/18164

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7086
この投稿の文章自体は、HNさんの主張内容全般によく見られる傾向やそこに潜む欠点を
いみじくも的確簡潔に指摘した、素晴らしい内容になっていると思うのですが、
昨日は投稿回数が多かったこともあり、あまり正確に内容を確認せずに急いで書いたせいか、
上記HNさんの2つの回答の文章について、早合点してごっちゃにしてしまった箇所があり、
何だかHNさんの2つの回答の「論旨を一部ツイスト」させた感がある箇所がなくもなく、
その点に関しては深くお詫び申し上げます。

以後気をつけたいと思いますので、何卒ご了承くださいませ。



[7098] 斎藤さん ≒ HNさん

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月10日(水)22時15分55秒   通報   返信・引用

少々くどいですが、無為療法とは森田療法の一派なのです。

斎藤さん:「無為療法は、捨ててこそ無為療法」
HNさん:「森田療法とは森田療法で治らないことを徹底的にわからせる療法」

本質的に全く同じことを言っているのがわかるでしょう。



[7097] しつこいようですがw

投稿者: 通りすが男 投稿日:2020年 6月10日(水)18時42分58秒   通報   返信・引用

「温泉卵のつもりで生卵をわっかいて、シンクに流してしまった。これが正常な無意識の働きである」と言ったらバカじゃないですか。単純作業工が指を失うのに似ている。これは無意識ではなく、うつつを抜かした状態です。

確かに、これは、たんなる不注意でしょうw
神経症や無意識とは関係ないと思います。
まあ、この辺は、無意識のプロフェッショナルのピロリンさんにも
聞いてみたいところですw




[7096] Re: ひとり言

投稿者: 投稿日:2020年 6月10日(水)18時15分16秒   通報   返信・引用

> 「そろそろ本当に神経症手放したいので」
> 神経症は治すものであるが、症状は持ったまま生きるものだろう
> 症状を辛抱すれば、人の感情本能が自然にわいてくる、その感情本能を生きればいい、そこには天からもらった自分が自由自在に生きている
> それを神経症が治ったと言います
>
> 「神経症は、治す方法などはどこにもない」
> 神経症は「治そうとする病気」と宇佐博士は言う、治すを求めるのは最初の方向が違っているので、できた結果は見当違いだ
> あえて治す方法を言うと「治すのを止めた」結果の体験自覚が治すを成功させる
> 体験自覚は森田博士の言だが、自覚とは知識です、病気に落とす自己の悪い思いを、はっきり自覚すれば二度と病気になりません(知識は一生続く)
> 故に森田博士の理論が治す方法となります。
>
> 「ピロリンさんの事をああだこうだ言っているのは、貴方ではないんでしょうか。」
> 申し訳ないです「ピロリンさん」て誰ですか??人ですかものですか??解りません??

ふふふ^ ^
じゃ、これで本当にさようなら。
貴方もこんな場所、早く通過なさってね。
自分のおうち(テリトリー)にお帰りください。
わたしは帰る^ ^

バイバイ。



[7095] 温泉卵と生卵

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月10日(水)14時53分51秒   通報   返信・引用

ああ、猫仙人さんまで出てきた。斎藤さん、猫仙人さん布団を干したそうですよ。通りすが男さんも、面白いからって意地悪だな。その話を持ち出すなんて。

温泉卵と生卵の話は俺じゃないかw

「温泉卵のつもりで生卵をわっかいて、シンクに流してしまった。これが正常な無意識の働きである」と言ったらバカじゃないですか。単純作業工が指を失うのに似ている。これは無意識ではなく、うつつを抜かした状態です。

大学院生と幼児などとコケにして論争をしたいのはあなたじゃないですか。

ちょっとネタに乗ってみました



[7094] 大学院生と幼児

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月10日(水)12時00分36秒   通報   返信・引用

私は決して神経症者の神経症論争には加わらない。
これ幼稚園の園児の遊戯に、大人が加わって遊ぶみたいなもので、
とてもやっていられない。

神経症の人と神経症が治っている人では、雲泥の差だ。
神経症とは脳が正常に作動しない状態なのです。

どんな時に差が現れるかと言うと、朝の忙しい時に私は間違って
温泉卵のつもりで生卵をわっかいて、シンクに流してしまったの話を
したら、神経症者がこの話に割り込んで来た。
恐らく論争をしたいのだろう。

しかし、こんな時に健康な人はどう反応するであろうか。
温泉卵だろうが生卵だろうがあまり重要でない。
生返事をしながら、食事してトイレに入り、背広を着て、
玄関から飛び出ていくのです。
この動作が神経症者では消えている。

今日は夏日になり、気温も30度を超えるだろう。
神経症者は神経症論議に忙しいが、健康な人は布団を干して、
敷布を交換してとやる事がいっぱいなのだ。
このやる事が見えない、あるいは放棄して、神経症論議に
うつつを抜かす状態が、神経症と言う精神症状なのです。



[7093] 温泉卵と生卵の件

投稿者: 通りすが男 投稿日:2020年 6月10日(水)11時48分38秒   通報   返信・引用

それを笑い話にするかは性格の問題。
神経症と別問題だと面白います。
あ、神経症も性格の問題だから一緒かな?
よくわからないけど、その話を聞いて、スルーするも良し
食いつくも良しだと思います。



[7092] 布団を干して

投稿者: 猫仙人 投稿日:2020年 6月10日(水)11時44分42秒   通報   返信・引用

>今日は夏日になり、気温も30度を超えるだろう。
>神経症者は神経症論議に忙しいが、健康な人は布団を干して

梅雨入り前の最期のチャンスなので布団干しました。



[7090] 活性化

投稿者: 夢fantasy 投稿日:2020年 6月10日(水)10時07分1秒   通報   返信・引用

活性化してますねw

H.Nさんが来て海さんが登場したら直人さんという人まで出てきた。ぐるとさんはるみかという人なんですか。ここにりんごさんが登場したら差し詰めオールスター戦といったところか。みんなホームページを閉鎖してここに集合したらどうか。

ぐるとさんは大分批判的になってきましたね。こちらの方が本性なのかな。まあ何を言ってるのかさっぱり分からない文章もあるが楽しく読ませてもらってます。



[7089] 囲碁の素晴らしさ

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 6月10日(水)08時44分33秒   通報   返信・引用

将棋のプロが、コンピューターソフトウェアに勝てないと分かったのは、2000年代の
初めではなかったか。将棋連盟がプロメンバーにコンピューターとの対戦を
禁止している。
チェスの世界チャンピオンがコンピューターに負けたのは1998年頃だろう。

所がその後、何時囲碁の砦をコンピューターに明け渡さないとならないか、世界が注目して
いたが、2018年に韓国のトッププロがコンピューターにやられて、この
コンピューターソフトウェアは他のプロの強豪とその後60戦戦ったが、全勝
であった。あまりの強さに今はコンピューターはプロのトップでも2目から3目
ハンデを置かないと打てないが常識になっている。

話はそれたが、将棋と囲碁ではコンピューターが人間プロに勝つのに、更に
17年の歳月が必要であったと言うことで、それだけこのゲームの内容の
高さを証明している。

私は毎日プロの勝負をテレビで見ているが、その正確さ、読みの深い
事に驚いている。しかるに日刊現代を見ていると、名人だ、棋聖だの文字が
おどるが、その殆どは将棋のタイトルであって、囲碁を取り上げる事は大変すくない。
やはり新聞は大衆を見ていて、大衆を相手にしないと金を稼げないのだろう。

だからバカ相手に、リアリティーショーを盛り上げて、汚い
言葉を投げ合って、その末自殺者まで出す。大衆なんて所詮程度が低く
こんな連中が、歩道に止まって往来を妨害しながらSNSを見まくる。
そして、自分達は科学技術の勝利を楽しんでいるのだと言い張る。

人間だなんて、自分に都合よく考えるものだ。
科学の進歩は人間の進歩に必ずしも寄与しない。バカがバカになるのを
加速するだけだ。



[7088] 雑談

投稿者: ぐると 投稿日:2020年 6月10日(水)00時33分46秒   通報   返信・引用

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/6994
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7072

これについて、もちろんSNSでの誹謗中傷はひどいし自殺した人はかわいそうだが、
ああいった番組は観るほうも観るほうなら、出るほうも出るほうなんだよ。

「コイツ、ブッ殺すぞー」「あ、オメーの今のリアクションジジィーみたい。
キモー、今度カレシにチクるぞ」「テメーみたいなキモデブ、ウゼーから引っこんでろ!」
などなど、もう汚い言葉のオンパレード、あれ見て視聴者が、
それがそのまま移ってSNSでも同じ言葉で罵り投稿したくならないほうがむしろおかしい。

だからあのテのバラエティー番組に出る人は、人からどんな罵詈雑言を投げつけられても
全く何とも思わない、図太い神経の人ばかりなのだと私はこれまで思っていたよ。
またその位の覚悟は当然必要なはずだ。

テレビ会社のお偉いさんだって、俗悪な内容だとわかってやってんだからさ。

斎藤さんはこの事件にいたく心を痛めているらしいが、だからいつもあの調子でやっていて、
今回みたいな何かトラブルが起こった時だけ「取ってつけたように」遺憾だの謝罪だの、
再発防止の徹底だのを発表してもあんまり意味ないじゃん、と私は思ってしまう。

昔私が我慢できない番組のコーナーが2つあった。それは「さんまのからくりTV」の
「ご長寿早押しクイズ」と「TVタックル」の「日本の景気を考える」コーナーだった。

見ていて「ああまで惚(ぼ)けたことを言う老人や田舎者がいるか!」と思ったりもしたが、、
いずれも「老人」や「(東北など、特に地方の)零細労働者」を心底嘲笑した内容だった。
しかしいずれも人気番組の人気コーナーだったらしく、制作陣を「天才」呼ばわりする人もいて、
あれを見て腹の底から共感、ゲラゲラ大笑いできる人も多いのだろうと思うとゾッとしたものだ。

https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7078
https://9209.teacup.com/dai2keijiban/bbs/7079

話は変わって、今日は藤井聡太7段が勝った。
私は囲碁将棋の話でいえばどうやら「日本人側」「一般大衆側」になるみたいで、
まことに下手な将棋しかやったことがなくて、囲碁は全くわからない。

私の周りでは、子供の頃から周囲に将棋をやっていた人のほうが多かった。
また会社の昼休みなどでも、以前はよく将棋を指している光景を見かけたものだ。
(ま、これはもしかすると囲碁は「盤が大きすぎる」こともあるのかも)

思うに少なくとも日本人にとっては、一般には将棋のほうが「戦(いくさ)」をストレートに
連想させる「階級や役割、性質に応じて動きの異なる、人間に擬した何種類かの駒」があって、
そのあたりが子供でも興味や親しみが湧きやすいのではないか?

それで昔からの疑問だが、将棋って駒の種類は色々あるが、枡目は9×9と81個しかない。
初手の種類も「角道を開ける」とか「槍(香車)の前の歩を進める」とか、決してそれほど多くない。

過去記録に残る対局だけでも、すでにゆうに万は超えていると思われるが、
最近はAIなどによるパターン解析なんかも進んでいるだろうし、
これまでも、あるいはこれから将来に亘(わた)って「打ち手のパターン」が
そのうち全て煮詰められてしまうということはないのだろうか?
これって昔から、しばしば冗談まじりによく言われてきたような話だが、
こんなことを考える私は頭が悪いかもしれないが、真剣にどうなのだろう?、と時々思ってしまう。

しかしとりあえずそのような話は聞かないし、今も対局ごとに
新たな熱戦が展開されているみたいなので、それはやはり素人の余計な心配なのだろうな。



[7087] ひとり言

投稿者: 幸せ技術研究所 直人 投稿日:2020年 6月10日(水)00時05分39秒   通報   返信・引用

「そろそろ本当に神経症手放したいので」
神経症は治すものであるが、症状は持ったまま生きるものだろう
症状を辛抱すれば、人の感情本能が自然にわいてくる、その感情本能を生きればいい、そこには天からもらった自分が自由自在に生きている
それを神経症が治ったと言います

「神経症は、治す方法などはどこにもない」
神経症は「治そうとする病気」と宇佐博士は言う、治すを求めるのは最初の方向が違っているので、できた結果は見当違いだ
あえて治す方法を言うと「治すのを止めた」結果の体験自覚が治すを成功させる
体験自覚は森田博士の言だが、自覚とは知識です、病気に落とす自己の悪い思いを、はっきり自覚すれば二度と病気になりません(知識は一生続く)
故に森田博士の理論が治す方法となります。

「ピロリンさんの事をああだこうだ言っているのは、貴方ではないんでしょうか。」
申し訳ないです「ピロリンさん」て誰ですか??人ですかものですか??解りません??


7102件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.