神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


1338件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[1191] 人を好きになるということ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)23時50分47秒   通報   返信・引用

特に恋愛感情という意味で。今日は艶っぽい書き込みもありましたね。

人を好きになるというのは多分に妄想的な面があるわけで。もちろん最初はフィーリングのようなものもあるのですが「自分は彼女のことを好きだ」と思う(決める)ことによってどんどん好きという感情が強くなっていくんですよ。要は選択の問題。でも上手くいくとは限らない。振られれば相当傷つきます。傷つくのが怖いから人を好きにならないという選択をしてしまう場合がある。それ以前に告白する勇気がないから人を好きにならないという人もいるでしょう。管理人さんの異性恐怖も女性が嫌いなわけじゃなくて好きすぎて緊張しすぎたのかもしれないし。

勇気がくじかれてるんですよ。無我とか公平とかを求めれば苦しむことはないかも知れないけどそれが本当に幸せなんですかね。どこかで自分をごまかし逃げていないか。手に入れることは出来ないかも知れないけど現状に満足しながらさらに前に進んでいくことが大事なんじゃないかなあ。

人を好きになるとね、人って必ず傷つくし自分だって人を傷つけないわけにはいかないということがよく分かるよ。前に映画でも見たらと言ったことがあるんだけど傷つきやすい人って映画とかドラマでも傷つくんだろうなと思ったの。俺がそうだったし。

俺もいろんなものから逃げてるけどね。なかなか勇気が持てない。



[1190] aちゃんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)23時47分16秒   通報   返信・引用

この場を一緒に卒業しようね。
そろそろそういう時期なんだよ。
次のステージに生きる時期。
人はね、相性とかもあって、自分が話して分かり合える相手とそうじゃない相手があるんだよ。
矛盾を問いただしても、相手によって、無理なものは無理です。
ずっと言ってるでしょ。
茶化しも過ぎるとただの我になる。
我を押し通し過ぎると、自分の周りの大事な人にも迷惑かける事になっちゃうから、ここは引いた方がいいよ。
それが賢い選択。
aちゃんの場合は、管理人さんにあそこまで言われなければ、ここを卒業出来るタイミングがなかったって事なんだと思う。
だから、このタイミングを逃さずに卒業しましょう。
長年の執着を終わらせられる時期が今だよ。
わたしの卒業と一緒。
一緒に卒業する縁にしようね。
今卒業すれば平和なうちに卒業出来るから。
何でも自由に発言できるのが掲示板の良いとこだけど、ここでは無理でしょ。
緊張感を必要とする掲示板は、自分が疲れるだけです。
だから卒業しましょう。

みんな平和なうちに卒業しましょう。

ここには悪い人はいません。
わたしはaちゃんに救われていた部分もあるんだよ。
みなさま一緒に一歩進みましょう。
というか進んでください。
りんごさんもだよ。
やっとこの時期です。
あとはご自由に。


ではみなさまお元気で^ ^



[1187] 管理人さま

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月 8日(金)22時43分17秒   通報   返信・引用

神経症の人の悪口をネット言いケンカばかりして原因を自ら作ってる管理人さまを助けるほど警察は暇じゃないですよ、管理人さまが相手に脅かされているなら
相手は管理人さまに侮辱されている



[1186] 管理人さま

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月 8日(金)22時11分35秒   通報   返信・引用

弁護士には特権があり

企業側が弁護士に個人情報の開示義務特権なんて
ないですよ、どこの法律ですか?
嘘はダメですよ。そんなことしたら企業側がプラパシーの侵害になりますよ。



[1184] それともう一つ。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)21時10分42秒   通報   返信・引用

それともう一つ。神経症の苦しみはてめえの頭が作っているのであって斎藤ではない。
斎藤はそこから抜け出した人間であって稀有の存在であるはずである。
なのにその人間に対して攻撃を開始するとは一体どういう事か。
治らない人間が正しくて治った人間を許さないとは倒置も甚だしい。

やはり精神病の患者に甘い態度は禁物なのかも知れない。



[1183] 私は絶対に許さないよ。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)21時06分38秒   通報   返信・引用

私は絶対に許さないよ。このホームページを開始した今から18年前に繰り返し命を脅かすEメール、
掲示板の書き込みをした人間がいた。警察に何べんも行っている。
警察は中々動かないが、弁護士は動く。弁護士には特権があり、こちらがある一定の費用を
払えば直ぐ活動を開始する。サーバーが拒否しても拒否しきれない。そこが弁護士と普通の
人の違いだ。



[1182] 皆さんに警告する。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)21時03分9秒   通報   返信・引用

少しでも危険な言葉を使いそれを匂わす行為をしたらその瞬間に出入り禁止になる覚悟をして下さい。
もし繰り返しそのような行為があったら、直ぐその筋に報告して損害を請求する。
最近の例によると100万円は軽く支払う事になる。



[1181] まあまあ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)21時01分34秒   通報   返信・引用

チャンスを与えては。第二掲示板の趣旨的に管理人に反論してもよいはず。書き方がよくなかった。



[1180] AZについて

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時58分28秒   通報   返信・引用

まあ、AZは二度とここには書く事が出来ない。ここはHNの所とは違い狂った人間に甘い態度はしない。



[1179] AZを永久に追放する。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時54分38秒   通報   返信・引用

脅迫を匂わせる言葉を使った。この野郎は自分の勝手で神経症になった癖にして、人のせいにする。
卑怯な奴だね。



[1178] わざと茶化すのは良くない

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時50分54秒   通報   返信・引用

AZさん。
違う意味で変な掲示板になるからそうゆうのはやめな。



[1177] 不愉快な連中

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時46分2秒   通報   返信・引用

神経症者とは不愉快な連中だね。精神病の人間には多くを期待できない。私は健康な人と
交流したいと思うね。



[1176] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時36分21秒   通報   返信・引用

「・・だから斎藤に会ったら斎藤を殺せが無為療法なのです。」
本音「斎藤に会ったら斎藤への完全なる同意、教えの同一をせよ!プンプン!」



[1175] 仏に会ったら仏を殺せ?

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 8日(金)20時25分31秒   通報   返信・引用

仏に会ったら仏にへえこらして教えの同一をする弟子を求め、少しでも異論を言うと全く認められない偽仏

誰とは言わないが



[1174] 電動ママチャリ

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)18時41分19秒   通報   返信・引用

最近やたら電動のママチャリが増えて来た。電気で半分動力を補助しているからスピードが早いし、出足が
凄い。信号が変わって最初に飛び出るのは必ずこのママチャリだ。
所が、今朝はママチャリの後ろに5歳位の子供を乗せ、赤ん坊を前に抱いて運転している女性をみた。
右腕は赤ちゃんをカバーしているから左手だけの運転でしかもスピードを出している。
危ないね!! 時々子供を自転車に乗せたままで用足しで自転車を離れる人がいる。倒れたらケガするだろうに。
でも自転車天国の東京は良いね。自動車の数がぐんと少ないから大気汚染が少ない。スーパーには
皆自転車で来て場所を取らない。韓国のソウルの繁華街に週末行ったときの光景たらありやしない。あそこは電車が少ないから皆車でくる。それが軒並み違法駐車で片車輪を歩道に乗り上げて止まっていて、歩けない。これを見て、ああ、東京が良いなと思った。



[1173] わたしの言葉に置き換えてみると

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)18時38分4秒   通報   返信・引用

『他人の間違いに目を向けない。他人がしたこと、しなかったことに目を向けない。
ただ、自分がやったこと、やらなかったことだけを見つめなさい(ダンマパダ)』

以前に言ったと思うけどもう一度。
自分にとって大事な事は、自分がどう在るかであって、ある意味、他人の在り方は、自分には全く関係がない事です。
これは、わたしの神経症の基本であり、これが全てです。



[1172] 歪み

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)18時35分12秒   通報   返信・引用

やはり、自分自身が納得した上で手放さないと、
未練を残したままに手放してしまいますと、
いつまでも過去からは解放されず、心には歪みが生じてしまうような気がします。

過去の未消化の思いや感情は、
どんなに雑用に専念したとしても、消すことは難しいと思います。

しかし、だからといって、
その未消化の思いや感情のはけ口として、
神経症者にあたるのは、本当にやめて欲しいと思います。



[1171] 管理人さんは純粋と言えば純粋だね

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)18時15分1秒   通報   返信・引用

いつもいつも、神経症治ったと自慢げに話してるけど、過去の呪縛とけてないんだね。
いつもいつも、子供みたいに見える。
苦しんできた過去が忘れられないんだね。
そんなに嬉しいかねぇ。
わたしは昔のことなんかほとんど覚えてないけどね。
日に日に自分の中から消えていく。
これが本来の治り。
特別視してきてないものは、自分の中にわだかまりとして残りません。
過去はただの夢です。
夢なんだから、治ったって、情報発信する必要がない。



[1170] そうだね

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)17時48分29秒   通報   返信・引用

異性とうまくやれる他人を羨む気持ちはあるだろうね。
拘りがあるから美人がどうとか言うしね。
けど、神経症治すのと異性との両立が無理だったから、片方を捨てたんだと思う。
どちらにしても、本当に幸せな人なら、他人に対してあんな態度とらないよね。



[1169] そうかな

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)17時13分35秒   通報   返信・引用

管理人は女性に甘いですよ。そう感じる。ただ狂ってるものは狂ってると言ってるだけじゃないか。



[1168] つまり

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)17時05分17秒   通報   返信・引用

眠れる子を起こすようなバカな事はしない事、と、管理人さん本人が言っているように、管理人さん自身、目を覚ます事を拒否してるわけだから、今の状態が変わる事はないという事だね。
自分自身の変化を拒否してる人は変化はしません。
だから言うだけ無駄。
この場はさっさと通過するべき場所です。



[1167] わかったこと

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)16時16分33秒   通報   返信・引用

異性を眼中にいれる選択を、人生の選択肢からなくす事で神経症治したんだろうね。
世界の半分を自分の中から消したんだよ。
だから片目が完全に閉じてる。
世界の半分を見ない事に決める事で神経症治したんだね。
見たら最後、神経症のまま人生おくるのが目に見えてるから、神経症治す為に、世界の半分を捨てたんだね。
全てを受け入れた上で神経症を手放せる器じゃないから。
だから、自分の中での、女性性と男性性のバランスがとれてない。
動の対になっている静を受け入れられないのは、世界の半分を受け入れてないからですね。



[1166] (無題)

投稿者: 天然人 投稿日:2018年 6月 8日(金)16時00分14秒   通報   返信・引用

都会の雑踏、情報に振り回されて居る自分に気が付きました。自然の中で森林浴を楽しんでいます。心が安らぎます。
管理人様へ
投稿者のアドレスを覗き見は慎みましょう!



[1165] 完治根治以上を成し遂げた

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 8日(金)15時21分10秒   通報   返信・引用

多分完治根治は難しいが、私の対人恐怖、異性恐怖は完治根治以上のものがある。だって完全に興味を失ってしまった。私,毎日セルビアの美人と英会話3回していますが、全然意識しない。私のマンションの近所でも同じで、女性は眼中になくなった。一般対人恐怖を起こそうにも、起きる場所がないのです。でも厳密に言うと、テレビ番組の司会者みたいな仕事は止めたほうが良い。眠れる子を起こすようなバカな事はしない事。
そんな事しなくても人生は大変楽しい。



[1164] 夢・ファンタジー

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 8日(金)15時08分20秒   通報   返信・引用

完治根治なんて幻想ですよ。
間違いなくハードに問題がある。それなのに完治根治を求めると一生を無駄にしてしまう。ただハードに問題があるとしても正常な状態を定義するのは難しい。だから完治根治を求めてしまう。
生活の質を高めましょう。そのためには治療よりも動きですよ。



[1163] 筆子ジャーナル

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)14時34分52秒   通報   返信・引用

ミニマリストを目指すにあたって、
私が参考にさせていただいているブログをご紹介いたします。

筆子ジャーナル

雑用については、ここで学ぶよりも、
筆子さんから学んだ方が、よっぽど役に立つ情報が満載です。



[1162] 神経症の原因

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)11時10分31秒   通報   返信・引用

無為療法では、
神経症の原因を脳の欠陥にあると言い、
そのような脳を神経症脳と呼んでいます。

神経症の原因を脳に求めることは、
自身の狂いを自覚するための方便としては、
とても役に立つと思います。

ただこの理解では、
神経症の本質は掴めないと思います。

私は、神経症の原因を、
世間的なものに対する過剰な執着と考えてます。

そのために、
神経症から解放されるためには、
世間的なものに対する執着を弱めていくことが大切と考えます。

世間的なものに対する執着が強すぎる状態では、
雑用もままならなくなると感じてます。

そういう意味で、
神経症者は雑用ができないと指摘した、
管理人さんの洞察は鋭いと思います。

世間的なものに対する執着を弱めるためには、
日々の生活の中で、
自分にとって不必要なもの(物でも人間関係でも)を少しずつ手放していくことが、
必要と思います。

管理人さんが、
神経症から解放された年齢が48歳ということは、
とても興味深く感じられます。

異性に対する期待や執着が薄れてきたタイミングで、
宇佐先生の言葉に出会ったことが、
管理人さんの人生を変える大きな要因になったと思われますが、
もし、20代の頃に、同じ文章に出会っていたとしても、
その頃は、異性に対する執着に引っ張られ、
上手く理解できなかったか、
もし理解できたとしても一時的なものに終わってしまった可能性は高かったような気がします。

これは私の想像でしかありませんが、
おそらく、管理人さんは、
神経症から解放されたあと、異性との親しい接触を試みたけれど、
その都度、神経症の症状がぶり返すのを感じ、
異性との親しい接触を諦めたのではないのでしょうか。

これが事実だと仮定して話を続けますと、
世間的価値観からすれば、
異性との親しい接触を断念することは、生きる喜びを放棄するに等しいことになりますが、
心の安定を最優先にするならば、
管理人さんの選択は、とても賢明なことだったと思います。

そして、
仏教が何よりも大切にしているのは、
この心の安定なのであります。



[1161] (無題)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)10時23分14秒   通報   返信・引用

私も海さんと同感で、
これ以上管理人さんに関わり合うことは、
自分自身の歩みを遅らせるだけであり、無駄なことだと思います。

神経症の治癒=悟りどころか、
神経症の治癒は悟り以上のものと主張するようになってしまっては、
カルトに一歩足を踏み入れてしまったようにさえも感じます。

間違った理解のもとに、
何十年も指導し、神経症者を見下してきた管理人さんが、
自分の間違いを認めることは、とても難しいのではないかと思います。

自分が正しいと思っている人を改めさせることは、
お釈迦さまでもできないことです。

ただ、ひとつ、可能性として残るのは、
神経症者全員が、この場から去ることではないかと思います。

そのためには、
ひとり、ひとりが、管理人さんが掴んだ以上の真理の道を理解する必要があるのではないかと、
私は考えております。


仏陀の言葉

『他人の間違いに目を向けない。他人がしたこと、しなかったことに目を向けない。
ただ、自分がやったこと、やらなかったことだけを見つめなさい(ダンマパダ)』



[1160] 結論だけ申し上げます

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)09時57分25秒   通報   返信・引用

健常者が間違いではないのなら、神経症者も間違いではない。
世の中の存在に、間違いなどはありはしない。
ただ、自分の答えとは違う世界に生きている人間がいるだけです。
わたしは決して、他人の現実に口をだしているわけではない。
目の前の状況は、わたし自身の変化にシンクロしており、自分の現実として、わたしは口を出してきた。
だから、争いが消える。
他人事を他人事のままに口を出すから、目の前が荒れる事になる。
これが我です。
我は、目の前に、争いを創造(投影)する。
目の前の現実は自分自身の意識の投影であり、現実に現れるものは嘘をつけない。
目の前の現実こそが、自分自身の本性を現している。
自分の周りが平和かどうかは、自分自身の意識状態がどう在るかで決定している。
これが、この世の仕組みです。



[1159] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 8日(金)09時29分43秒   通報   返信・引用

>HNさん
>神経症の問題は、自分自身の問題と思います。他人との関係性は余り直接関係していないと思いますが、如何なんでしょうか?
人との縁を結ぼうが切って行こうが、自身の内部的な問題とか人生に付いての生き方とか考え方が、神経症を作ってゆくのか、治ってゆくのかを決定していると思います。

森田療法界隈でも宗教色が強いところはそうなのかもしれない。斎藤さん(禅的森田)なら、動き雑用の一瞬一瞬の中に悟りがあり治りがある的な。
youさんなら無我の体得により神経症は消えると。
HNさんなら無意識の意識を認識し意識との仲違いをやめれば神経症は治ると。

自分はむしろ、自分の中の哲学認識とか自分の性格とか弱点をああだこうだを改善する(あるいは一瞬の中にある悟りを体得する)ことよりも人との実際の関係性こそがキーだと思ってる。
入院森田療法でも、不完全で駄目駄目な自分がありつつつも、人との関係性を持って普通に作業とか生活とか出来ることを実感するための場という側面があると思う。

森田療法では「よろよろっとでいいから(他の人と作業していく)」と言いますね。
宗教的な深い体得によりスタンドアローンでよろよろとしない強い人間になれればそれもまた良いのでしょうがなかなか難しそうです。



[1158] HNさんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)08時18分48秒   通報   返信・引用

あなたが神経症者(わたし)の事を真剣に考えているのであれば、わたしに返信なんかしてこないはずです。
あなたはわたしをここに足止めさせたいのですか。
いくら話しても話は交わりませんので、干渉するのはやめてください。
HNさんはここの管理人さんだけを相手にしていてください。
あなたと対等に向き合えるのはこの方だけです。
人はそれぞれに、必要な縁も答えも違います。
なぜこれがわからないのでしょうか。
人とは常に一対一です。
あなたはただ、相手の間違いを正したいがために(自分の正解を相手に承認させたいがために)、相手に話しかけているに過ぎない。
こういうあなたの在り方が、あなたの掲示板が荒れた理由です。
自分の現実というのは、自分自身の意識の在り方によって決定しています。
とにかく、ここの管理人さんも同じですが、あなた方の正解を相手に承認させる為に、神経症者を巻き込むのはやめてください。
あなたにとって、わたしの事はただの他人事です。
これ以上、偽善で向き合うのはやめてください。
人には、分かり合える相手とそうではない相手がおります。
これをどうか受け入れてください。
お願いします。


ではお元気で。



[1157] 人が最終的に変化できる時(動かされる時)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 8日(金)07時58分16秒   通報   返信・引用

これにも色んなケースはありますが、人は、最終的には、異性間での異性愛という性愛によって、初めて本当に変わる事が出来る。
つまり、自分と真に対等に対になれる相手と繋がる事によって初めて、自分は自分の人生を真に振り返る事が出来るようになり、反省して改める事が出来、夢というプライドを手放す事になる。
これが、世間がいうところのツインソウルというものです。
相手は、鏡の中の自分。
自分は自分を一番に愛している為、自分に大きな変化をもたらす相手は、最終的には、鏡の中の自分だけという事になるんですね。
ワンネスというのは、ある意味、セックスの世界です。
意識のセックスですね。
これを体現できるのが、最終的には、ツインソウルだけという事になります。
生命エネルギーというのは、性エネルギーとイコールです。
最終的に、人にとって、性愛は消える事はありません。
人間は人間以上でも以下でもなく、身体という現実も共に生きるからです。
こんな感じですから、ここの管理人さんの事で言えば、ここまで自分が極まっているこの人を変える事が出来るのは、多分、この人と対になる異性だけ、となると思いますね。
人は、真に愛せる相手に出会わない限り、なかなか変われないものです。
真実の愛によって、人は変わります。
けど、ここの管理人さんの場合、今の人生で、異性との縁が出来る事はもうなさそうなので、この人を変える事はもう誰も出来ないだろうと思います。

だから、この人に執着する事で無駄な時間を過ごすのは、そろそろやめ時だと思います。


ほいじゃね。



[1156] 海さんへ

投稿者: H.N 投稿日:2018年 6月 8日(金)07時47分54秒   通報   返信・引用

神経症の問題は、自分自身の問題と思います。他人との関係性は余り直接関係していないと思いますが、如何なんでしょうか?

人との縁を結ぼうが切って行こうが、自身の内部的な問題とか人生に付いての生き方とか考え方が、神経症を作ってゆくのか、治ってゆくのかを決定していると思います。

[1149] 神経症について《まとめ》
神経症とは、自分の中の因縁に苦しむものです。
これはつまり、他人との因縁関係に苦しんでいるのと同じ事。
だから、人との縁を卒業していく必要があり、真に一人歩き出来るようになる必要がある。

この生き方が、世の中の全ての人が求めている生き方です。
だからこそ、健常者であろうとなんであろうと、人に優劣などはない。


[1148] 一つご忠告
神経症治癒に欠かせないのは、人との縁を断捨離(卒業)していくこと。
管理人さんがやっている事は、相手を自分のところに留めさせようとする行為。
あなたが相手を馬鹿にする(干渉する)というのはそういう事です。
自分しか見えていないから、相手を引き止めようとする。
とにかく、人との縁というものも、断捨離する方向でお願いします。

[1145] 他人の現実(世界)に口出し無用!
人と対立して人の足を引っ張る方々へ。

縁の断捨離してください。
つまり、干渉無用。
縁を断捨離していくだけで、人はそれぞれ、類は友の場所へ帰っていく。
そこに、自分が求めている答えがある。


海さんにこそ《他人の現実(世界)に口出し無用! 》と言いたい気持ちです。



[1155] おやすみ

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月 8日(金)00時17分52秒   通報   返信・引用

明日彼氏とデート…
でも雨だからダメかな



[1154] 海さんへ

投稿者: 真海 投稿日:2018年 6月 7日(木)23時46分13秒   通報   返信・引用

_(^^;)



[1153] 真美香さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 7日(木)23時08分3秒   通報   返信・引用

真斎藤がいいんでない?
あなた方は仲良しだしね。
あなた方、今世で因縁関係解消する気、なさそうだよね。
まあ頑張ってくださいな。
わたしはあなた方との因縁は解消します。



[1152] 海さんへ

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 6月 7日(木)22時44分6秒   通報   返信・引用

真美香飽きちゃた真海にしていい?真斎藤でもいいけど?



[1151] 管理人さんには言うだけ無駄

投稿者: 投稿日:2018年 6月 7日(木)21時37分31秒   通報   返信・引用

同じことを考えるにしても、健常者が考えれば正常で、神経症者が考えれば異常、となるだけ。
学者などの専門家が仏教を考えるのは正常で、神経症者が仏教を考えれば異常。
つまり、管理人さんは、肩書きや名声に左右される人。
このような人が持つ、人間差別意識は変わる事はない。
世の中にはこういう人間もいるんだよ。
だから、早めに切り上げるのが賢い選択です。
このような人には、誰にも相手にされない現実を与えてあげるのが一番です。
付き合うだけ時間を無駄にするだけです。



[1150] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 7日(木)20時07分37秒   通報   返信・引用

相変わらず人には情報を求めるな考えるな解釈をするなそんなのは狂いだと言いつつ
本人は、翻訳をし禅の引用をし、脳がどうだ無だ無意識がなんだかんだ禅の悟りはどうのこうのと解釈研究を重ねてるというね




[1149] 神経症について《まとめ》

投稿者: 投稿日:2018年 6月 7日(木)07時13分28秒   通報   返信・引用

神経症とは、自分の中の因縁に苦しむものです。
これはつまり、他人との因縁関係に苦しんでいるのと同じ事。
だから、人との縁を卒業していく必要があり、真に一人歩き出来るようになる必要がある。

この生き方が、世の中の全ての人が求めている生き方です。
だからこそ、健常者であろうとなんであろうと、人に優劣などはない。


完。



[1148] 一つご忠告

投稿者: 投稿日:2018年 6月 7日(木)05時13分43秒   通報   返信・引用

神経症治癒に欠かせないのは、人との縁を断捨離(卒業)していくこと。
管理人さんがやっている事は、相手を自分のところに留めさせようとする行為。
あなたが相手を馬鹿にする(干渉する)というのはそういう事です。
自分しか見えていないから、相手を引き止めようとする。
とにかく、人との縁というものも、断捨離する方向でお願いします。

人は、断捨離すれば、自分にとって必要不可欠なものと繋がる事が出来るのだ!


以上です、皆さま、さよなら。



[1147] 世の中(世間、家族)を知るとは《まとめ》

投稿者: 投稿日:2018年 6月 7日(木)00時06分48秒   通報   返信・引用

世の中は、自分なんかいなくても何の問題もなくまわっている(機能している)。
これは、家族の中でも同じ事が言える。
まずはこれを知り、心底から受け入れる。
これはつまり、自分というものの無価値さを知る。
無価値さを知ると、逆に、価値を知ることになる。
無価値さを受け入れると、本来の価値が輝き出す。
無価値さを知り、価値を知る。
価値を知り、無価値さを知る。
世間の皆さんは、社会(家族)の中での自分の役割や居場所がなくなってしまう事を、無意識に恐れているあまり、自分に我慢を強いて生きているが、それに気づかない。
だから目が覚めない。
この生き方が、いわゆる、出しゃばり、という状態になり、そこで人が対立することになる。
自分というのは、居場所を求めなくなると、本来の自分の居場所が見えてくる。
この居場所というものは、誰か他の人での代用がきかず自分だけの居場所であるため、誰とも奪い合いになりません。
本来の自分の居場所というのは、自分以外の誰かの代用がきかず、自分でなければダメだという、本当に自分が必要とされている居場所です。
これは、本来なら、誰にでもあるものです。
これが見えなくなるのは、自身の中にある、我によるものです。
自分に代用がきかない場所に生きる生き方が、社会の中に埋没して生きる生き方。
社会の中で、浮きもせず沈みもせずな生き方なため、人から意識されるような生き方にはなりません。
ある意味社会の中で消えたように、溶け込んで生きるというのが、我がない生き方です。
自分というのは、社会の輪から、抜けたくても抜けられない。
人の意識は繋がっているからです。
孤独を恐れなくなるほど孤独になれないし、逆に、孤独が欲しくなる。
自分というものが消えてしまえば、逆に、自分が残ります。
意識は永遠です。



[1146] 海さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)22時14分37秒   通報   返信・引用

> 怠け者の自分を受け入れるのは、ホントに難しい事なんだと思う。

そうだろうね。
特に、この日本では、
働いているのが当たり前みたいなところがあるし、
働かないことで、世間から脱落してしまうことを、ほとんどの人が恐れていると思う。

人生で最も大切なことは、
この恐れを無くすことであって、
もし心の中から恐れを無くすことができれば、
たとえ、働いていなかったとしても、
それは、その人の周囲の人たちにたくさんの恩恵をもたらすることになると思う。

海さんは、
ホームレス芸人の小谷って知ってるかな。
この人、お金がないけど、生活に困っていないどころか、
働いている人、働いていない人に関わらず、
多くの方に癒しを与えていたりするんだよね。

無職になったら勝ち組? キンコン西野が語る、ホームレス芸人・小谷の幸福論

キンコン西野「信用は現金化できる」 ホームレス芸人・小谷がお金に困らない理由を分析


> 働かなきゃってのは、みんなが持つ強迫観念であり、トラウマのようなものだね。

そうそう。あとお金ね。
仕事とお金という呪縛から解放されていたうえで、
仕事やお金と向き合えたら良いよね。

> みんな癒えてないのがよくわかるし、わたしは誰かに理解してもらおうとは思わなくなった。

うん。
ここに関わっている人で、完全に癒されている人は誰もいないよね。
一番困るのは、自分が癒されていないのに、癒されていると信じている人たちね。
そういう人たちは、癒されていない人の優位に立ち、見下してくるから、
本当にたちが悪い(笑)。


> youさんは(名前出したくなかったけど)、犬さんが裕福だからそんな悠長な事を言える、みたいな事を言うけど、

youさんとは、
結局、この点について分かり合うことはできなかったね。

youさんには最後まで、
世間的なものに対する執着が神経症の原因であることに納得してもらうことができなかった。

世間的なものに対する執着無くして、
対人恐怖を初めてとする神経症が成り立つはずがないことは、
少し考えれば分かるはずだと思うんだけどね。

この理解無くして、
本当の意味で、神経症から解放されることは不可能だと思う。



[1145] 他人の現実(世界)に口出し無用!

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)18時27分37秒   通報   返信・引用

人と対立して人の足を引っ張る方々へ。

縁の断捨離してください。
つまり、干渉無用。
縁を断捨離していくだけで、人はそれぞれ、類は友の場所へ帰っていく。
そこに、自分が求めている答えがある。



[1144] あはは^ ^

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)17時12分20秒   通報   返信・引用

断捨離!
人との縁の断捨離は一番効果がある^ ^
人間関係も、数が多ければ深さがなくなる。
これ、自分の中の可能性に対しても同じ事が言える。
人それぞれ選択は色々ありますが、今というのは一点なため、わたしは数より深さを選択する事で楽になってきました。



[1143] 犬さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)16時56分0秒   通報   返信・引用

わたしね、普通に寝れるようになってからね、赤ちゃんみたいに1日のほとんどを寝る、という暮らしを数年間してきたんだよね。
何年前の事かは忘れたけど。
赤ちゃんて、この世の身体に自分を適応させるためにたくさん寝てるんだと思うんだけど、そんなような期間を通ってきたんだよね。
その間に、怠け者の自分に対しての葛藤をなくしたんだよ。
昔はずっと、怠けた生活になってる自分に葛藤を持ちながら動けなかったけど、この葛藤がなくなったんだよ。
怠け者の自分を受け入れるのは、ホントに難しい事なんだと思う。
働かなきゃってのは、みんなが持つ強迫観念であり、トラウマのようなものだね。
みんな癒えてないのがよくわかるし、わたしは誰かに理解してもらおうとは思わなくなった。
youさんは(名前出したくなかったけど)、犬さんが裕福だからそんな悠長な事を言える、みたいな事を言うけど、人の状態と環境もセットで存在してるし、人と比較なんか出来ないんだよね。
自分の現実は、全部自分自身だからね。



[1142] 俺もだよ

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 6日(水)16時47分5秒   通報   返信・引用

憧れるのはホテルのような無駄のない部屋。
いらないものはガンガン捨てて。
なかなか難しいけど。



[1141] ミニマリスト!

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)16時42分18秒   通報   返信・引用

管理人さんから、
ミニマリストの言葉が出て、ちょっと驚きました。

私も今、ミニマリスト生活を心がけています。

と申しますか、
全ての神経症者はミニマリストを目指すべき、
というのが、私の神経症に対する考え方のひとつです。

海さんが、少し前に、
強迫観念とは、可能性のことであるという名言を吐きましたが、
過去について、
「あのときああしてれば、あのときあんなことしなければ」などと考えたり、
未来についても同様に、
「こういうことが起こったらイヤだな、こういうことが起こって欲しいな」などと考えたりすることは、
全て、可能性の中に生きることになり、
そこから、強迫観念が湧き出てくることに繋がります。

なので、
海さんが、「神経症を手放せる時」というタイトルの記事の中で、

>趣味にしても友達にしても、本来の自分にとって本当に必要なものではないものを持っている場合、それらの趣味や友達との縁を持ち続けている限りは神経症は手放せない。
>つまり、神経症というのは、本来の自分にとって本当に必要なものは何かに気づき、自分にとって必要不可欠なもの以外を手放していく事で治す事が出来る。
>つまり、自分にとって贅沢なものを手放していき、必要不可欠なものだけを残していく過程です。

こう書いている通り、
神経症治癒のプロセスは、
不必要なものを手放していき、必要不可欠なものだけを残していくことになるかと思います。


ただ、若いうちから、
一気に不必要だと思うものを手放そうとすると、
心の中に強い抵抗を感じる恐れもありますので、
ひとり、ひとりが自分のペースで、無理なく手放していくことが大切と私は考えます。

ある程度の年齢になってからのほうが、
手放していくことはやりやすいと思います。

管理人さんがよく、

「私は神経症が治りすぎてしまった」

と言われますが、
私は、これを加齢による肉体的衰えによって、
物質的なものや、肉体的なものへの執着が少なくなったことで、
物欲、性欲、食欲などを手放しやすくなったからではないかと考えております。



[1140] 海さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)16時08分50秒   通報   返信・引用

お疲れさま。

>わたしの以前の神経症の状態は劣等感の極み。
>みんなが最低限に当たり前に出来る事が出来なかったんだね。

う~ん。分かるなあ、その気持ち。
自分も似たようなところあったから。

だから、多くの人が当たり前のようにやってることは、
自分でもできるようになろうと思って、いろいろやった。

正直なところ、
心から満足するようなことは少なかったけど、
やってみたかったことを大体やり尽くしたことで、
そいうものに対する、未練や劣等感がなくなって、
自分が本当にしたいことが見えてきたから、やって良かったと思ってる。

>そんなわたしが人を馬鹿にすると、自分の中で棚上げブーメランが返ってきて、神経症の状態が終わらなくなる。

分かる、その棚上げブーメラン(笑)。いわゆる罪悪感というやつだよね。

>相手を劣っていると思うわたしの見方が間違ってるのかな、と思うんだよね。

うん。それが全てのような気がする。
だから、他者や世間に対する見方を修正する必要があると思うんだけど、
これは、自分で意図してできることではなくて、
他力によらなければ不可能というのが、今のところのぼくの理解。



[1139] ミニマリスト

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 6日(水)15時19分55秒   通報   返信・引用

ミニマリストとは、最低限の必要な物だけで生きる人達を言います。斎藤の場合は、出来るだけ身の回りを処分して最低限も持ち物だけにしようとする。その精神の肝は、空間を大事にするです。物が増えると空間が減る。物が増えると探すのに苦労して実際は持っている割合には殆ど使わない。特に高齢になって来ると,人はものを溜め込もうとするようになる。トイレットペーパーを100本も集めたり、スーパーの買い物袋を膨大な数集めたりで、そんな人が死ぬと家族が大変な思いをする。

私は先を考える傾向がありますので、万が一の時に人に迷惑が掛からないように、時間があるとものを捨てている。今日は母親の額縁写真を処分した。葬式の時にもらった額縁が大きすぎて、収納場所を占拠する。額縁から外して画像だけを折りたたんでしまい、スッキリした。
欧米にもミニマリストが時々いて、部屋を見ると病院の一室に見える時がある。

所で皆さんに面白い考えを教える。敷布団ですが、和室で使っている場合、敷布団は要らないです。
私、マットを2枚敷いて終わりだ。この考えは腰痛が激しくなった時に考え付いた。腰痛は朝方痛むから、
夜の寝方に影響される。硬い敷布団では腰が痛くなるので、マットの一番安い柔らかいヤツに替えたら
これが丁度よい。あの重い敷布団より軽いマット2枚の方が余程扱いやすいし、寝心地が良い。


1338件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.