神経症を治す掲示板第二  書き込み自由


カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ] キーワード: 神経症 森田療法 対人恐怖


1338件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。


[1138] 犬さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)15時14分41秒   通報   返信・引用

こんちわ。

> 海さんは、明らかに自分よりも劣っていると思われる人と遭遇しても、
そのような感情を抱くことはないのかな。

よくわからないけど、本格的に神経症になってからは、というか、以前は、誰を見てもわたしの方が劣ってる、みたいに感じてきたかも。
わたしの神経症ね、今は昔とは違うけど、自分の視線の動きすら自由に出来なかったし、指一つ動かすにも、指に意識を乗せてからしか動かせなかったし、寝てる時も身動き一つ自由に出来なかったから。
身体動かすのが自由に出来ないだけじゃなくて、自分の意識をどこに向けるか、みたいな動きも自由に出来なかったんだよね。
今の自分の無意識の視線がどこを見てる、とか、いちいち監視してきたから。
説明うまく出来ないけど。
とにかく、わたしの以前の神経症の状態は劣等感の極み。
みんなが最低限に当たり前に出来る事が出来なかったんだね。
自分を何も出来ない状態にして、全ての他人より劣った状態を作り出し、そんなわたしが人を馬鹿にすると、自分の中で棚上げブーメランが返ってきて、神経症の状態が終わらなくなる。
それにね、自分より劣ってるなと思う人が自信満々に生きているのを見ると、相手を劣っていると思うわたしの見方が間違ってるのかな、と思うんだよね。

今日疲れた(^^;



[1137] とらわれる心が問題

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 6日(水)10時57分4秒   通報   返信・引用

>斎藤療法の本質は、斎藤療法を否定する所にあるから
その通りですよ。それをいちばん理解できてないのはおそらくyouさんです。
youさんは仏教の解釈を間違えている可能性が高い。仏教によって苦がなくなると言っているところに都合の良い解釈というか淡い期待のようなものが入っている。
苦というのは主観的なもので実体のないものだからないと言えばないと言える。しかし苦の尽きることもない。こういう一見相反する言葉の妙味を理解するのは確かに難しい。
神経症が治ることはないが神経症に悩む必要もない。
理解に苦しむでしょう。でも第二掲示板の中の人にもなんとなく気づいている人たちがいてそういう人たちはyouさんの書き込みに違和感を感じて反発してしまうのです。
仏教とか何とか療法を語ったり信奉する姿は神経症そのものですよ。そこから離れることが最終的に必要となる。勉強してきたことは無駄にはならない。でもそれも捨ててしまえ。
本当は私にとってもこういうことを書くのはよくないことなんですよ。ただ普通に生活すればいい。



[1136] 辛味

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 6日(水)10時09分13秒   通報   返信・引用

もくさみもほどほどが良い



[1135] 粉からし

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 6日(水)09時44分51秒   通報   返信・引用

作ったが中々風味があってよろしい。何故思い立ったか。チューブ入りのからしは量が少なすぎる。
中華料理の店に行くと粉からしをといで容器いっぱいに入れて準備している。あれを
欲しいと思ったが売ってなかった。

東京の新大久保に行くと面白いスーパーがあって、ここでは卸専門のスーパーのようで、
専門のからしもあるし、置いてあるものが皆グンと値段が安い。
所で新大久保はリトルソウルとも言われている。韓国系が多いし中国系もいるらしい。
八百屋に入ると中国風の八百屋で、懐かしくなった。

恐らく池袋は一番中国人が多い町だろう。そこかしこに中国人を相手にするレストラン、本屋、スーパーがある。そこで何故日本にはチャイナタウンが出来ないのかの疑問が湧いて来た。
サンフランシスコのチャイナタウン、バンクーバーのチャイナタウンの規模はそれは大きいし、実際中国人の町に特化しているが、池袋は全くそうなっていない。日本ではチャイナタウンは成功しないし、必要もないのだろう。

最近は莫大な数の中国人が常時入国しているが、殆どは日本に溶け込んで日本人化してしまう。何故だろうと考えて、一つは日本と中国の似たような文化だろう。中国人はアメリカ文化にはなじめないが、
日本の文化にはなじめる。次は日本の文化のパワーだ。チャイナタウンを作る努力より
日本人化した方が彼らに有利なのだろう。

フィリピンでも中国人はチャイナタウンを作る。明らかに中国人のパワーが勝るからフィリピン人とは
一緒にやっていけない。集まって融通しあい、事業を立ち上げ、地元の有力者になっていく。



[1134] 私も粉を愛用してるが

投稿者: likehell 投稿日:2018年 6月 6日(水)09時07分5秒   通報   返信・引用

私も粉わさび、粉からしですよ。
使う分だけその都度混ぜてます。
先に混ぜてしまうと辛味が抜けてしまわないですか。
多分、使う分だけ混ぜた方がいいですよ。



[1133] 禅の講義

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)07時46分44秒   通報   返信・引用

今日の禅の講義を読んで、
管理人さんって、ほんと幸せな人なんだなあって思った。

たくさんの人が管理人さんから、
心が離れていることにまったく気が付いていないんだもんな。

そのままでいいのだと思う。



[1132] Re: くだらない神経症談義は止めて

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)07時36分0秒   通報   返信・引用 > No.1127[元記事へ]

> 私を抱かない坊やたち
> 手始めは管理人斎藤さん

がははは。あんたが一番くだらないよwww

笑わせてもらったけどwww



[1131] 海さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 6日(水)07時34分53秒   通報   返信・引用

おはよ。

>議論を否定してるわけではなくて、無駄な議論を否定してるだけなんだよね。

うんうん。
自分自身、議論自体を避けているところがあったのだけれど、
議論することによって自分が変わっていくということであれば、
議論も悪いことではないんだな、って思った。

まずい議論というのは、
自分の正解にこだわり、他者を説得することに必死になってしまったり、
他者の誤りを指摘することだけに躍起になってしまったりする議論だと思う。

こういう議論はただ疲れるだけだから、時間の無駄だよね。

>自分が掘れる穴は、ある意味、既に決まっているんだよ。

これは、どれだけ深く掘れるかは、
自分では決められないということだよね。
相手の心がどれだけ開かれているかということに依存していると思う。
自分としては、議論をするのであれば、
まずは、自分自身の心を開いた上で(自分の正解にこだわらないで)議論することが大切なのだと、
今回、学ばせてもらったような気がする。

>本当の自然体というのは、相手と優劣ない状態だからね。
>ワンネスが当たり前な世界。

自然体=相手と優劣のない状態、というのは初めて聞いたけど、
すごく納得できた。

でもさ、街を歩いていると、
明らかに自分よりも劣っていると思われる人と遭遇することがよくあるよね。

たとえば、
ものすごく太っていて、明らかに異性に受け入れられないような人とか。

正直なことを言うと、
そういう人を見ると、
「よく人生、これまで生きてこれたなあ」
と思ってしまったりするんだよね。

これはもちろん、
自分自身がまだまだ世間的な価値観に囚われている証拠だと思うんだけど、
海さんは、明らかに自分よりも劣っていると思われる人と遭遇しても、
そのような感情を抱くことはないのかな。



[1130] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 5日(火)22時57分24秒   通報   返信・引用

やっぱり出たああああ!!!
「思考がうるさいよ!ザツヨーせえ!とにかく動きだ!」おじさーーん!!!

良かったなあ
鈴木や宇佐に動きを叩き込まれて。
そんなに健康世界なら鈴木や宇佐も良かった良かった
(ん?しかし「クサミ」が・・)
と思うとか思わないとかでしょう



[1129] 海さんは

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 6月 5日(火)22時48分59秒   通報   返信・引用

レズになるけどよければ



[1128] 一時の快楽で

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 6月 5日(火)22時46分52秒   通報   返信・引用

苦しみを忘れさせてあげる



[1127] くだらない神経症談義は止めて

投稿者: 真美香 投稿日:2018年 6月 5日(火)22時37分47秒   通報   返信・引用

私を抱かない坊やたち
手始めは管理人斎藤さん



[1126] つづき(犬さん)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)21時49分25秒   通報   返信・引用

片方にしか変化が起こらない議論は、自分と相手の幸せが重なっている状態ではないので、そこには真の対等さがない、となってしまう。
だから、わたしは、お互いに一緒に変化できる相手としかシンクロはしない。
自然体で生きてるとそうなってくるよ。
本当の自然体というのは、相手と優劣ない状態だからね。
ワンネスが当たり前な世界。



[1125] 犬さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)21時36分28秒   通報   返信・引用

> 議論をして、そのことで、
もし自分自身が変わるところがまったくなかったとしたら、
それは、議論をする意味がないんじゃないかなって。

わたしもそう思うよ。
だから、実生活で誰かと議論する事はないし、掲示板でも、話しても無駄な人は全部弾いてきたんだね。
時間がもったいないでしょ。
だから、議論を否定してるわけではなくて、無駄な議論を否定してるだけなんだよね。
自分が掘れる穴は、ある意味、既に決まっているんだよ。


ふふふ♪



[1124] aちゃんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)21時23分48秒   通報   返信・引用

神というのは、ある意味、自分のことなので、自分の中の興味関心に素直に生きてね。
自分の現実は、人それぞれに、他人とお互い様に同時作用して自分が創造してるものなので、自分の現実を作り出している自分は、ある意味、神という事になるんだよ。
人間、みぃんな神^ ^


じゃね^_^



[1123] 海さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)21時21分1秒   通報   返信・引用 > No.1122[元記事へ]

> この生き方は、犬さんが求めている生き方とは違うと思うなあ。

う~ん。
実際には、そのときになってみないと分からないという感じだよね。

もし縁があれば、
自分ではその気はなかったとしても、
困っている人たちの力になる場合もあるだろうし。

まあとにかく、
とりあえずは、自分のことだよね。

> わたしの場合はね、わたしの話が、人を介して誰かに伝わればいいなんて思わないよ。


youさんに返信しながら、
この部分は、海さんに突っ込まれるような気がしてた(笑)。

今回、youさんといろいろとやり取りさせていただいて、
自分自身は、いろいろと得るものがあったと思っているけど、
youさんは、たぶん、なかったんだろうなって思う。

でも、ぼくは思うんだ。

議論をして、そのことで、
もし自分自身が変わるところがまったくなかったとしたら、
それは、議論をする意味がないんじゃないかなって。

ぼくが海さんとこうしてやり取りをしているのも、
海さんと話していると、
意図せずして、
自分が変わってきているのを感じることができるからかもしれない。


> あと、わたしのは才能とかではないよ。
> 才能なんてものはただの特別性であり、ある意味、誰も才能なんか持ってないよ。
> だから他人に憧れる事もない。
> 才能なんかに拘るのは、特別性への憧れに見える。


あははは。
こういうことをさらりと言ってのけてしまうところに、
ぼくは痺れる(笑)。



[1122] 犬さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時57分41秒   通報   返信・引用

> いつになるかは分かりませんが、
自分の中で確固としたものを築き上げることができた暁には、
困っている人たちの力になれたら良いなと思ってます。

これ、マジで思ってるのかな。
この生き方は、犬さんが求めている生き方とは違うと思うなあ。
わたしの場合はね、わたしの話が、人を介して誰かに伝わればいいなんて思わないよ。
今目の前の相手との一対一の間だけで常に完結。
人を介して伝わるものは、ある意味、噂と同じになる。

あと、わたしのは才能とかではないよ。
才能なんてものはただの特別性であり、ある意味、誰も才能なんか持ってないよ。
だから他人に憧れる事もない。
才能なんかに拘るのは、特別性への憧れに見える。
だから、キリストや仏陀が手放せなくなる。


じゃね^ ^



[1121] 海さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時43分7秒   通報   返信・引用

>それまでは、ずっと継続しており、継続していたからこそ、直線的な時間という感覚が消えた。
>この世に生きてる自分と、それを俯瞰してる自分がいて、これがくっついた事がなかったから。
>神経症以外の瞬間がなかった為、比較出来るものがなく、自分の中から時間感覚が消えていた。

海さんのこういう話を聞くと、
海さん以上の苦痛を経験した人は、
ここにはいないのかもしれない、そんな気になる。

だからこそ、
海さんは、人とは違う特殊な才能を賜ったような気がする。

ほんと、よく耐えたね。

>自分とペースが合わない人とはやらない。
>自然体でペースが合う人とやる。

あははは。海さんの言う通りだね。
ぼくも、偉そうなことを言っているけど、
自分とペースが合わない人とは、基本的に一緒にいない(笑)。

>自然なシンクロは意図で作れるものじゃない。
>意図を大事にしていると、ワンネス理解できないよ。

はい。肝に銘じておきます。

>youさんを相手にするのはやめましょう。

海さんと一緒で、
基本的にはスルーできない質なんだよね。

でも、youさんも、
海さんとぼくには呆れているようだから、
もうあんまり言ってくることはないんじゃないかな。



[1120] では

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時39分32秒   通報   返信・引用

わたしは卒業します^_^
今後はアナログ生活のみにします。
やっと終わり。

あとは頑張ってね。



[1119] ふむふむ、これなんだな。

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時35分24秒   通報   返信・引用

「犬さんと海さんの会話を読んでいると本当に滑稽に感じてしまいます。
二人とも心の病気で社会生活を普通に送っていけない状態にあるにも関わらず、
二人ともお釈迦様よりも深いことがわかっているようなつもりで話をしている」

ふむふむ、これなんだな。やっぱり神経症者でも2人の会話を見ていると健康でないと感じるらしい。
健康世界では誰もお釈迦様なんて話してない。大体、話す事が恥ずかしいのだな。
もたもたしていると、おいおい、ぼやぼやしてないで、これ運んでくれよ、配達してくれよと檄が飛んでくる。

最近の契約社員の仕事は激烈で、携帯電話もへし折られるらしい。もっとすごい所では殴られる。
手を止めないで10時間働かないとならない。健康世界とは楽しいと同時に大変な世界でもある。
まあ、こんな掲示板に逃げ込んで哲学論議をしているようでは、今後は暗いな。



[1118] aちゃんも

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時32分0秒   通報   返信・引用

出来ればyouさんは流していきましょう。
相手してたらここに長居されちゃうしね。
aちゃんは議論好きだから、無理にとは言いませんが(^^;
ここの管理人さんやHNさんの方がyouさんよりも器がでかい。
わたしからはそう感じる。
だから、youさんから学べることなんか、ほぼほぼないと思いますが。
わたしの個人的な意見なので、あとはご自由に(^^;



[1117] youさんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時31分37秒   通報   返信・引用

こんばんは。


>犬さんは5chにいる生活不能になって苦しんでいる人達に、
> 犬さんの考え方をぶつけてみる必要があるでしょう。そして、そのような考え方が
> 重症の人達には全く役に立たないということに気付く必要があるでしょう。


youさんと私に共通している点は、
現在、神経症に苦しんでいる人の力になれたら良いな、
(それがたとえ、我だとしても)
ということだと思います。


youさんにはyouさんなりの信じるところがあり、
私には私なりの信じるところがあると思ってます。

その上で、私なりの信じるところを5chでぶつけてみるということですが、
今のところ私には、そうするつもりはありません。

何故かというと、
私はまだyouさんのように確固としたものを心の中に築き上げたわけではないので、
その状態で、5chの住民の人たちと向き合ったとしても、
自分が疲れてしまうだろうことが明らかだと思うからです。

もし、youさんが、
youさんとは違った視点で神経症について考える私の意見に、
全部とはいえず、一部でも賛同してくださるようなことがあれば、
youさんを通して、私の意見が5chの住民の人の目にするところになるかもしれない、
そう思いましたが、
youさんは、私の意見に関しては、バカバカしいと退けておられるので、
それは諦めました。

いつになるかは分かりませんが、
自分の中で確固としたものを築き上げることができた暁には、
困っている人たちの力になれたら良いなと思ってます。


> 普通に働いている人達がみんな「金銭欲や名誉欲といった、目先の欲に振り回されている」と
> 思うのは、現実の人々を知らないからです。

そうですね。みんなというのは言い過ぎました。
ただ、お金や生活のために仕方なく働いている人は、結構多いとは思ってます。

> 犬さんは自分の中に隠されている多くの偏見に気が付かなければ、どんなに深いことが
> わかったように自分では思っていても、神経症が治ることはないと思いますよ。


これは確かに、youさんの仰る通りだと思います。
私の中には、数多くの偏見や先入観が存在しているのは確かだと思います。
そういう偏見や先入観は、
これから少しずつでも取り除いていけたらいいなと思ってます。



[1116] 犬さんへお願い

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時14分18秒   通報   返信・引用

youさんを相手にするのはやめましょう。
わたしは、youさんを景色と思い、景色化します。
これ、承認欲求捨てれば出来るようになるよ。
この人の場合、放置してればいずれ消えていきます。



[1115] 犬さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)20時08分56秒   通報   返信・引用

繋がること、というのを読んでの全体的な感想は、わたしとは、ある意味、全く違うんだな、という事を感じた。

> 神経症は発症してから治るまで、
ずっと継続しているものと思われますが、
これは錯覚であり、
実際には、神経症というのは、
症状が現れたり、消えたりする断続的なものであります。

この状態はね、わたしは、神経症の出口が見えてからの話。
それまでは、ずっと継続しており、継続していたからこそ、直線的な時間という感覚が消えた。
この世に生きてる自分と、それを俯瞰してる自分がいて、これがくっついた事がなかったから。
神経症以外の瞬間がなかった為、比較出来るものがなく、自分の中から時間感覚が消えていた。

> 誰かほかの人がいれば、
ひとりでやれたとしても、一緒にやったほうが良いと思います。

わたしはそうは思わない。
自分とペースが合わない人とはやらない。
自然体でペースが合う人とやる。
掲示板でやってきた通りだよ。
ペースが合わない人は、わたしを通過していけばいい。
自然なシンクロは意図で作れるものじゃない。
意図を大事にしていると、ワンネス理解できないよ。

> いろいろなこと経験したり、手に入れてからじゃないと、
手放していくプロセスには、なかなか入りづらいのではないかと感じてる。

これはね、魂自体の経験値(感性)によるよね。
わたしの場合、今の人生で、色々なものを経験したり手に入れたりといった経験は、ほぼほぼ必要なかった。
元々それらの感性を持ち合わせていたから。
経験というのは、感性を学ぶんだよね。
知らないという事は、全てを知っているのと同じ事。
世間知らずを極めれば、世間の全てを知ることになる。
裏と表は同じ事。
人はね、元々持ち合わせている感性は、あえて経験する必要がないため、世の中で色んな経験している人に対しての同情もしなくなる。
人が人を哀れんだり同情するというのは、自分の中にそれらの感性を持ち合わせていないから。
つまり、哀れみや同情というのは、他人の事を他人事として考えなければできない事です。
他人の事が自分事になると、人を哀れんだり同情したりする事が出来なくなる。
だから、人を救おうとか、あえて考えたりしない。



[1114] 犬さんと海さんの会話

投稿者: you 投稿日:2018年 6月 5日(火)19時49分2秒   通報   返信・引用

犬さんと海さんの会話を読んでいると本当に滑稽に感じてしまいます。

二人とも心の病気で社会生活を普通に送っていけない状態にあるにも関わらず、
二人ともお釈迦様よりも深いことがわかっているようなつもりで話をしている
からです。自己欺瞞に気が付かないで観念遊びをしてしまうのは神経症の人達
にはよくあることですが、二人の場合は度を過ぎているような気がします。
もっと、自分自身の現実を見る必要があるのではないでしょうか?

特に、犬さんの場合は神経症が軽い為か、または、経済的に恵まれていて
神経症が治らなくても生きていける状態にある為か、神経症というものが全く
理解出来ていないように思われます。
以前にも書いたことですが、犬さんは5chにいる生活不能になって苦しんでいる人達に、
犬さんの考え方をぶつけてみる必要があるでしょう。そして、そのような考え方が
重症の人達には全く役に立たないということに気付く必要があるでしょう。

そうすれば、

>>神経症=悪ととらえ、
>神経症は治さなければいけないものと思っている治った人には、絶対に伝わらないんだよね。

などという馬鹿なことは言わなくなるでしょう。

また、

>みんな、金銭欲や名誉欲といった、目先の欲に振り回されてばかりいる。

普通に働いている人達がみんな「金銭欲や名誉欲といった、目先の欲に振り回されている」と
思うのは、現実の人々を知らないからです。それはとんでもない偏見なのです。
犬さんは社会に出て働いたことがないのでしょう。(短期のアルバイトなどを除いて)
犬さんは自分の中に隠されている多くの偏見に気が付かなければ、どんなに深いことが
わかったように自分では思っていても、神経症が治ることはないと思いますよ。


海さんにも一言。

>キリストや仏陀は、罪なお人。
>犬さんみたいな人を洗脳して苦しめてるんだからね。
>この洗脳とかないと神経症は終わりません!

海さんにも一言。

>キリストや仏陀は、罪なお人。
>犬さんみたいな人を洗脳して苦しめてるんだからね。
>この洗脳とかないと神経症は終わりません!
>断言するよ。

それが海さんの思い上がりです。
どんなに深いことがわかったつもりになっても、現実をだますことはできないでしょう。
海さんがどんなに他の人をだませても、私をだますことは出来ません。
海さんの日々の生活が苦痛に満ちていることがよく見えるのです。
前にも話しましたが、世の中には海さんよりも、もっと深い世界を知っている人たちが
沢山いるのです。(仏教史上には宗教的大天才が溢れているのです。)
海さんも、もっと謙虚になってそのような人々から学ぶようになれば、今のように観念の世界
だけではなく、現実世界そのもが本当に安らかなものになることでしょう。
(心の中で「バカ健常者」などと叫ぶ必要もなくなってしまうでしょう。)



[1113] Re: 神経症を手放せる時

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)19時36分55秒   通報   返信・引用

海さん、また深いこと書いたね^^

> 例えば、趣味にしても友達にしても、本来の自分にとって本当に必要なものではないものを持っている場合、それらの趣味や友達との縁を持ち続けている限りは神経症は手放せない。
> つまり、神経症というのは、本来の自分にとって本当に必要なものは何かに気づき、自分にとって必要不可欠なもの以外を手放していく事で治す事が出来る。
> つまり、自分にとって贅沢なものを手放していき、必要不可欠なものだけを残していく過程です。

今、ぼくもそのような過程の真っ最中。

ただある程度、
いろいろなこと経験したり、手に入れてからじゃないと、
手放していくプロセスには、なかなか入りづらいのではないかと感じてる。

自分の場合は、
ある程度、やりたいことはやり尽くしてしまったから、
いま新たにやりたいことや、欲しいものは、
ほとんど無くなってしまった感じだけどね。


> 神経症とは、自分にとって本当に大事なもの(縁)にたどり着くための道しるべ。
> 選択を間違えている限りは神経症は手放せません。


ほんと、その通りだねえ。



[1112] 神経症を手放せる時

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)19時12分51秒   通報   返信・引用

例えば、趣味にしても友達にしても、本来の自分にとって本当に必要なものではないものを持っている場合、それらの趣味や友達との縁を持ち続けている限りは神経症は手放せない。
つまり、神経症というのは、本来の自分にとって本当に必要なものは何かに気づき、自分にとって必要不可欠なもの以外を手放していく事で治す事が出来る。
つまり、自分にとって贅沢なものを手放していき、必要不可欠なものだけを残していく過程です。
わたしの場合は、世間が言う友達(仲間意識、因縁)というものは、本来の自分にとって必要がないものであり、これらを手放す事で楽になりました。
だから、自分がやりたい事は何を選択しても良いわけではなく、本来の自分にとって間違った場所や物(縁)を選択している限りは神経症は終わりません。
縁と状況はセットで存在する。
神経症とは、自分にとって本当に大事なもの(縁)にたどり着くための道しるべ。
選択を間違えている限りは神経症は手放せません。
人生とは、選択の連続です。



[1111] (無題)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)18時53分39秒   通報   返信・引用

これで、
この場所で書きたかったことは書き尽くした、
そんな気がする・・・・



[1110] 繋がること

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)18時47分21秒   通報   返信・引用

よく、神経症になってから、〇年経つということが言われます。

こういう表現をしますと、
神経症は発症してから治るまで、
ずっと継続しているものと思われますが、
これは錯覚であり、
実際には、神経症というのは、
症状が現れたり、消えたりする断続的なものであります。

長年、神経症を患っている人なら、
症状が軽くなったり、無くなったりしたということは、
何度も経験されていると思います。

それでは、
どういうときに、
神経症の症状が軽くなったり、無くなったりするかといえば、
行為そのものになりきったときや、誰かと繋がったときだと私は考えます。

行為そのものになりきるということは、
森田療法では頻繁に言われてきたことですが、
誰かと繋がったときに治癒するということは、森田療法では言われないと思います。

ここにも森田療法の欠点が見られ、
森田療法出身の指導者の間に争いが絶えない原因のひとつも、
ここにあるのではないかと私は考えます。

いわゆる健常者、神経症者に関わらず、
意見や趣味が一致したときは、心に喜びの感情が湧いてくると思います。
これは、人と人とが繋がることができたときに感じる感情です。

逆に、意見が合わず、対立してしまうようなときは、
心には嫌な感情が湧いてきます。
これは、人と人とが分離してしまうときに感じる感情です。

そういうことから、
私は、日常生活の中で、人と繋がることを意識することが大切だと考えてます。

人と繋がることとは、
お互い対等な関係で協力し合うことと言っても良いと思います。

例えば、家の中を掃除をするにしても、
誰かほかの人がいれば、
ひとりでやれたとしても、一緒にやったほうが良いと思います。

このとき注意すべきことは、
上下関係からではなく、対等な関係ですることに意義があるということです。

誰かに何かを教えるにしても、
「オレのほうが良く知っている」という意識からではなく、
お互い、対等な関係として、
自分が知っていることをシェアするという考えですることが大切だと思います。

そうやって、人と人とが繋がり合うとき、
神経症からは解放されると私は考えています。



[1109] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 5日(火)18時22分53秒   通報   返信・引用

そろそろ
「思考がうるさいよ!ザツヨーせえ!とにかく動きだ!おじさん」
が登場すると思いますが
そのおじさんは、それを言う前に
本人が鈴木に「動け動け」と指導されてそれにムカついてた(サボってた)ことについて説明を。
「鈴木は禅だ何だと意識に働きかけてしまっていたのが間違い」とか言ってるが、雑用おじさんは翻訳までしてその研究に取り組んでサイトに掲載しています。





[1108] 無為療法の落とし穴

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)18時10分59秒   通報   返信・引用

無為療法では、
雑用を大切にするあまり、
仕事や勉強、スポーツを否定する傾向があります。

私は、
ここに無為療法の落とし穴が存在していると考えます。

無為療法が、
否定しているのは神経症を治す意図です。

なので、
無為療法が大切にしている雑用でさえも、
治す意図をもってすれば、治りません。

そのために、「ただ雑用」、「雑用が雑用する」という表現をもって、
治す意図をいさめています。

無為療法において、
仕事や勉強、スポーツが否定されるのは、
それが、治す意図をもって行われることが多いからです。

なので、ただ仕事、ただ勉強、ただ体を動かすのであれば、
雑用と、仕事や勉強、スポーツの間に違いはなくなります。

言うなれば、全てが雑用になるのです。

私は、この「ただ」を「行為そのものを楽しむ」と解釈しております。

掃除のときは掃除そのものを楽しむ、
仕事のときは仕事そのものを楽しむ、
勉強のときは勉強そのものを楽しむ、
スポーツのときはスポーツそのものを楽しむ、という具合です。

ただここに、
治す意図や、
自分を向上させようとする意図や、
勝ち負けに対する意識が入り込んでしまうと、
「ただやる」、「行為そのものを楽しむ」ことから脱線し、
治すため、自分を向上させるため、勝つためといった目的を持った行動となり、
神経症は悪化することはあれど、改善することはなくなります。

無為療法信奉者の方の中には、
雑用の効能を信じるあまり、
自分が興味を持っていることを我慢しているような不自然さを感じるときがあります。

目的意識を持たず、
行為そのものを楽しむ分には、何をやっても関係ありません。

ここに自由があり、ここに本当の意味での神経症の治癒があると私は考えております。



[1107] つづき(人はお互いさま)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)17時57分17秒   通報   返信・引用

目に見える世界と目に見えない世界が、自分の中で、真に対等に一つになると、自分の目の前を真に掃除できるようになる。
掲示板の荒らしを一掃したのがまさにこれで、だから、ここに書いているのも雑用の一つ。
雑用とは、掃除であり、争いをなくす事であり、ワンネスを形にして生きる事です。



[1106] 人はお互いさま

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)17時43分55秒   通報   返信・引用

目に見える世界を掃除する人がいれば、目に見えない(意識)の世界を掃除する人がいる。
これ、ある意味、健常者と神経症者のこと。
神経症者は、目に見えない世界に対してエネルギーを使っている為、目に見える世界に対してエネルギーが使えなくなり、健常者はこの逆です。
エネルギーというのもバランスの問題で、どこに使うかが違うだけで、みんなそれぞれに頑張って生きてます。
目に見える世界と目に見えない世界も、真に対等に存在しており、これがわかると同時に、生死に対しての考え方のバランスもとれてきます。

人は、お互いに、持ちつ持たれつの関係です。



[1105] 神経症者や健常者も人それぞれ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)17時14分39秒   通報   返信・引用

ひとくくりに語る事は出来ない。
誠実さに欠ける対応とは、神経症や健常者をカテゴリーとして分類し、その人個人の違いに対して向き合わないという事。
だから相手のことが見えてない。

神経症者には意図は通用しない、は、健常者に対しても言える。
だから、健常者優位な人間と同時に神経症者優位な人間が存在することになる。
ある意味、るみかとわたし。
けど、ここに勝敗はなかった。
例えば、神経症者にも色々いて、他人の意図が通用してしまう場合、神経症者は他人に騙されたりする事になる。
これ、自分の意図は通用しないが他人の意図が通用するという場合。
これは同時に逆も言える。
どちらかが優位になってしまうというのは、人それぞれの違い。
健常者にも同じ事が言える為、神経症者と健常者、どちらが他人に騙されやすいか、良い人悪い人、なども一概には言えない。

つまり、人には、優劣はありません!



[1104] あはは(^^;

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)16時38分30秒   通報   返信・引用

> パソコンの日記に保存しておくつもりだよ。

わたしとしては、残す必要ないと思うんだけどね。
わたしなんか、教訓とか何も頭に残ってないよ。
さっきの事すら、ある意味、覚えてない。
過去は過去で完結しながら生きてるよ^ ^
人の話って、あとから理解できたりすることもあるから、無理に考えなくて良いよね。
とにかく、話したい事は、ボチボチ終わりかな^_^



[1103] 海さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)16時27分33秒   通報   返信・引用

>わたしも同じだけど?

あははは。
海さんとぼくが同じ目標を共有していることは、分かっていたよ。

神経症の終わり、神経症を手放すとは言っても、
自分自身が意図してできるものではないもんね。

「神経症には意図は通用しない」

というのは、
本当に名言だと思ってるよ^^

>わたしが思うには、犬さんは、犬さん自身が進む為の方向を正す為にここにいるような気がする。

うん。それもあると思う。
今回、海さんからは沢山の心に響く言葉をもらった。

しばらくしたら、
そのような言葉の数々を、
パソコンの日記に保存しておくつもりだよ。

人間、すぐに忘れてしまう生き物だからね。



[1102] つづき(犬さん)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)16時15分55秒   通報   返信・引用

> もっとどんどん、吐き出した方が良いのかな。

わたしが思うには、犬さんは、犬さん自身が進む為の方向を正す為にここにいるような気がする。
キリストや仏陀に対しての見方を正す、という事。
こんな掲示板、早く卒業しなきゃね^ ^



[1101] 犬さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時55分53秒   通報   返信・引用

> ぼくとしては、世界を手放す(世界への執着を無くす)ということを一番に考えてる。

わたしも同じだけど?
わたしとは求めてるところが違うように感じるというなら、犬さんが、キリストや仏陀には我がない、という見方が変わってないって事だよね。
あの人達への見方が変わらない限り、わたしの言いたいことはなかなか伝わらないだろうし、伝わらないから、キリストや仏陀に対しての見方が変わらないんだろうね。
キリストや仏陀が悟った事は、ある意味、当たり前な話なので、キリストや仏陀は、そこに特別性を持たせたから教えなんかを説いたんだよ。
これこそが、自分自身に対しての特別性。
だから、名声が残ってるんだよ。

キリストや仏陀は、罪なお人。
犬さんみたいな人を洗脳して苦しめてるんだからね。
この洗脳とかないと神経症は終わりません!
断言するよ。
わたしとの縁の意味はここにある気がするけどね。
犬さんが進む方向を正す為の縁だと思うんだけどね。
自分が足止めを食らう状況(縁)というのはね、方向性を変化させる為にあったりもするんだよ。

人間は、人間以上でも以下でもない。



[1100] 海さん②

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時48分36秒   通報   返信・引用

>ここに書き込むのも、わたしにとっては雑用の一つだから、ここを卒業しないと、本来の雑用になかなか手がつけられない。

なるほど、そっかあ。
じゃあ、ぼくがここに書くのも雑用のひとつなのかな。


早く終わらせるため、
もっとどんどん、吐き出した方が良いのかな。



[1099] 海さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時35分8秒   通報   返信・引用

>わたしがわかったことは、自分にとっては、当たり前な事で、だから、わかって良かったとか悪かったとか、思ってたら神経症終わらない。
>わかった事が心の支えになってる間は、神経症手放せないよね。
>神経症=善、に変換してもね、神経症は手放せないよ(^^;

ぼくの神経症治癒に対する考えを言うとね、
ぼくとしては、世界を手放す(世界への執着を無くす)ということを一番に考えてる。

神経症というのは、
その過程において、自然と消え去っていってしまうものではないかと考えてるよ。



[1098] 雑用(仕事)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時28分25秒   通報   返信・引用

わたしにとってはね、ここに書き込む事も雑用の一つなんだよ。
だから犬さんとも話が伝わってきたよね。
ある意味、当たり前な事だからだよ。
けど、ここにいる間は神経症。
神経症者を生きてるからこその縁だから。
人にはそれぞれに役割がある。
ここに書き込むのも、わたしにとっては雑用の一つだから、ここを卒業しないと、本来の雑用になかなか手がつけられない。
外の仕事も少しはやってるけど。
けど、ここで、本来の雑用に使うためのエネルギー使ってるから、ここは卒業して、これからは、本来の雑用だけに生きるんだよ。

みんな見返り求めるから、当たり前なことを当たり前にできなくて、なかなか進まないんだよ。

今ここの全ては、雑用(仕事)と変わらない。



[1097] 同感♪

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時08分14秒   通報   返信・引用

神経症者は、
人が見ていようが見てまいが、
仕事があろうが、引きこもりだろうが、
きちんと生きることを余儀なくされた存在なのだと思う。

なので、
皆さん、日々の雑用はきちんとこなしていきましょ~。



[1096] 犬さん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)15時07分43秒   通報   返信・引用

> 最近では、神経症になって良かったと思えるようになってきた。

わたしはね、良いも悪いもないかな。
選択肢がこれしかなかったから。
わたしがわかったことは、自分にとっては、当たり前な事で、だから、わかって良かったとか悪かったとか、思ってたら神経症終わらない。
わかった事が心の支えになってる間は、神経症手放せないよね。
神経症=善、に変換してもね、神経症は手放せないよ(^^;
この次の段階に行かなきゃね。
神経症が、悪が善に変わったなら、次はバランスとらないと、神経症を悪としてる人との対立意識消えないよね。
結局ね、神様からのプレゼントも何もなく、ただ、今の自分が在るだけだよね。



[1095] 海さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)14時10分20秒   通報   返信・引用

どこまで自分が海さんが言っていることを理解しているのかは分からないけど、
とても面白く読ませてもらったよ。

>わたしはね、目の前の世界に見るもの、聞くもの全てには、自分という意識が宿っている、という事に、ある時気付いたんだよね

まさにユーミンの世界だよね(笑)。

こんなことに独力で気が付くなんて、本当にすごいと思う。
ぼくは、スピリチュアルなどを学んで、
ようやくそのことを理解しつつあるという感じだから。

ただ、少し前にも書いたけど、
神経症になってからというもの、
自分の人生、何者かによって守られているような感覚を覚えることは、たびたびあったんだ。

自分が望んだけわけでもないのに、
なぜか不思議と、必要な人には出会い、
必要なものは自然と与えられてきたように感じていたのだけど、
スピリチュアルを学んで、
そういうことは多くの人にもあり得るということを知った。

だからこそ、
自分で自分の人生をコントロールしようとするよりも、
そのようなコントロールを手放して、
ただ目の前に対処するだけのほうが、
人生は上手に運んでいくように出来ているんだよね。

いわゆる健常者と言われる人の中で、
このことに気が付いている人はほとんどいないと思うし、
神経症者の中でも、少数派だと思う。

みんな、金銭欲や名誉欲といった、目先の欲に振り回されてばかりいる。

ただ、それぞれが、その時々必要な経験をしているだけで、
全て間違っているわけではないから、そこに優劣はないんだよね。


海さんと初めてネット上で出会って以来、
ぼくが学んできたことというのは、
海さんのことを理解するために必要だったことのような気がしてる。

もちろん、海さんが言っていることを理解しようとして、
学んできたわけでなくて、
自分の興味が赴くままに学んできて、
気が付いたら、なぜか理解できるようになっていたという感じ。
だからほんと、不思議なんだよね。

そういうことから、
最近では、神経症になって良かったと思えるようになってきた。

もし神経症になっていなかったから、
いま、自分が書いているようなことは、一生分からずじまいで、
人生を終えてしまっていたであろうから。

そういう意味で、
神経症は神さまからのプレゼントと考えるようになったんだけど、
でも、神経症=悪ととらえ、
神経症は治さなければいけないものと思っている治った人には、絶対に伝わらないんだよね。



[1094] (無題)

投稿者: AZ 投稿日:2018年 6月 5日(火)14時03分0秒   通報   返信・引用

他人が見てないからどうでもいいや
ってのは
他人が見てる時は凄く気にする(気にして自由にできない)と対になってるのかもね

だから他人が見てなくても自分なりにちゃんと生きようということが出来るようになると
他人が見ている時に凄く気にするのが減るのかもね

雑用ちゃんとするのもそれだったり!?



[1093] 神経症とは

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)13時54分41秒   通報   返信・引用

神経症も人それぞれですが、どこで何をしていても楽になれないというのは、こういう事。

他人が見ていようがいまいが、自分は一貫している。
つまり、誰も見てないからいいや、他人にバレなければいいや、などという事が通用しない。
みなさまが良しとする健常者は、誰も見てないから悪いことしてもいいや、みたいな気持ちを多少なりとも持ち合わせているものだと思いますが、こういった甘えが通用しないのが神経症ですね。
つまり、他人の在り方によって振り回されることなく、自分軸で生きている。
基本的に、これが神経症ですね。
誠実さを極めれば神経症を極める事になり、逆も同じ。
これが理解できない人は、わたしとは異世界に生きてる、というだけの話。



[1092] つづき(犬さん)

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)13時35分44秒   通報   返信・引用

つまり、人間に向き合うのも、テレビに向き合うのも、本に向き合うのも、ある意味で、全てが同じことなんだよ。
意識対象が人間だけではないから。
意識対象が人間だけという人は、その人の中の特別性がそうさせてるんだよ。
だから、わたしの場合は、相手が人間だからダメとかそういう事じゃないから、神経症も人それぞれだけど、基本的に神経症は、ある意味では、どこにいても同じ事であり、だから、今ここが楽に生きられるなら、人間が相手でもそうじゃなくても同じ事になるので、恐怖突入とか慣れでなんとかなるわけじゃないから、無理は絶対しない。
人間とその他をわけていないなら、1人でいようがいまいが、神経症の状態は変わらないよ。
だからね、楽になる時には、全てがいっぺんに楽になる。


なんか疲れた。じゃね~^ ^



[1091] 犬さんへ

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)13時00分55秒   通報   返信・引用

かなりわかりにくいと思うけど、下記、一応書いてみた。

> 「私の話は、伝わる人には伝わっています」と、

これはね、つまり、例えば、テレビに見るテロップがあるけど、これは、ある意味、自分に話しかけてくれている意識(自分、答え)なんだよね。
ほとんどの人はね、これはただのテロップであり、そこに自分という意識を感じることはないんだよね。
けど、テロップは、常に目の前に存在してるものであり、その言葉が自分の意識とシンクロするかどうかは、テロップ側が決めるわけじゃなくて、それぞれ相手が自分のタイミングで決めて、テロップとシンクロするんだよね。
だから、届く時には、届く人には届くんだね。
わたしはね、目の前の世界に見るもの、聞くもの全てには、自分という意識が宿っている、という事に、ある時気付いたんだよね。
そこから、わたし自身がその意識と一つになった為、ネットでは一方通行で話しかける事になったんだよね。
わたしはね、人間という形の相手から色々教わったわけじゃなくて、周りに存在する全てから教わったんだよね。
で、ネットではわたしがそれをやってきたんだけど、ほとんどの人はね、人間の話しか聞かないから、わたしが話しかける事になったんだよね。
みんながなぜ、人間の話しか聞けないかというと、人間とその他の存在をわけて考えているからだよ。
これが特別性でもある。
あ、そうそう、HNさんがよく紹介している動画があるけど、あれは、自分と他との意識が繋がっていて、境界線が意識できなくなる、という事を言っているけど、わたしが認識した意識というのは、ある意味、まさにこれのことなんだよね。
わかるかなあ。

あと、例えば、ただいまと自分が言い、おかえりと相手が答える。
これが鏡の関係。
このような関係はね、常に今ここにあるんだよ。
ほとんどの人はね、こういう関係を持てるのは、相手が人間の姿をしたものだけだと思ってるけど、実際はそうではなくて、自分が目にするもの全てが自分という鏡(意識)なんだよね。

わけわからなくなってきた。
まあいいや。
あはは^ ^



[1090] AZさん

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)12時04分50秒   通報   返信・引用

>海さんの文ほぼ読んでない(←失礼w)けど、
ごちゃごちゃの中の上澄みをすくい取れば発見があるのかもしれない。

そうそう、それで良いんだと思う。

海さんが、

>人はね、自然に自分の意識(興味)が向くものに向き合うのが一番いいんだよ。
>自然にシンクロ出来るものに、今の自分にとって必要な答えがあるから。
>自分にとって必要なことは自然に届くようになってるし、答えが出ない今であっても、今、既にそれが答えです。

と言っている通りだと思う。

だから、宗教や哲学、精神世界を学ぶ際に重要なことは、
分からないことを無理に分かろうとしたり、
分からないことを分かったふりをしたり、
分からないことを分からないからといって否定したりせずに、
分からないことは分からないままに、肯定も否定もせずにそのままにしておく姿勢だと思う。

他者の権威に動かされることなく、
自分の内なる感覚を信じることが大切なのだと思う。



[1089] 結論

投稿者: 投稿日:2018年 6月 5日(火)11時55分57秒   通報   返信・引用

ぼくが言いたいことはね、
ここに関わっている人は、

「みんな治ってねえじゃねえかwww(AZさん風に)」

ということです。


1338件の内、新着の記事から50件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.