<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今夜はお好み焼き~

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月24日(水)15時52分41秒
返信・引用
  豚ミンチを混ぜ込むの。

ソースはおたふく。キャベツは多め。
 

おはよう~!

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月24日(水)13時40分3秒
返信・引用
  桃ちゃん、おはよ。

ラピュタパン♪そういえば最近してなかったなぁ。

桃ちゃんはお昼に私はこれから朝ごはんにぃ~決定( ̄ε ̄@)



明和っち~おっはぁ。

本当に花粉で鼻も目も顔も頭も全体がだるおも~になるんや!

ほぉ。そうやったんや。

深キョンちゃんかわいいよね。なんでも許してもらえちゃう感じ。

そうそう。NHKのニュースウォッチ9のMCのアナウンサーの女性。

私のパートナーがお気に入りっていうから気にしてみたら、

この方がいい感じなんよねぇ、上品で知的で美人で意外と好きだわ。

明和っち。早く帰ってきてね。
 

今日も1日ありがとう。

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)23時57分49秒
返信・引用
  みんなおやすみなさい。  

八咫ちゃん。

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)21時58分54秒
返信・引用
  あなたがいることで / Uru

ありがとう。温かい言葉たちが並んでた。

なんか涙止まらん…


ってかさ、一宿一飯なんて言わないで。

まさか、飛び立つんちゃうやろね?泣くよ。

万宿万飯。って言って。いや、永宿永飯や。

そこ空から守ってくれるんよね! 八咫ちゃん…
 

りりちゃん、おっかえりぃ~~

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)21時06分25秒
返信・引用
  昨夜はもうトピを見る気も失せるくらいボロボロやったもん。


豚バラとジャガを照り焼き。想像してるけど食べてみんと
わからぁ~ん。食べたいでけろ。
え?お店でというと居酒屋さんとかのメニューなの?すごい。

明日から忙しそうだ。さみしい。にゃ。(´;ω;`)

私も辿りたいルーツがあるの。去年の春から。
その国はクロアチア共和国~コロナで断念したわ。

親戚ってどこまでの繋がりをいうのかね。おもしろいよね。
意外なとこに親戚が居たりしてぇ。
 

いやぁ………

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)20時27分45秒
返信・引用
  そうなると見方がかなり変わってくるわ。

そうかぁ、そりゃあなたのいうこと、わかるわ。
 

今もう1度最初から

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)20時17分58秒
返信・引用
  観てみた!

私は大事なとこを最初見落としてたんやわ。

主人公も愛する家族を守るためとはいえ、実の父親を殺してたのね!

はぁ~~そういう布石をなぜ見落としてみてたんやろ。
 

あなたへ。2

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)18時24分6秒
返信・引用
  いや。今もう一度ゆっくりと自分の心を考えた。

次女を誘拐し殺した犯人を赦さないということは結果的に
その原因を作ったであろう長女をも赦さない、ということになる。

自分を責めて生きている長女のことを考えれば、
その「赦し」は必要なことなのかもしれない。

父親の葛藤する気持ちを考えるとき、確かに「静かな哀しみの涙」が
流れる気持ちもわかる。

単純ではないシチュエーションにすごく複雑な心境。
 

あなたへ。 神の小屋より~The Shackのこと。

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)16時56分57秒
返信・引用
  (向こうに書けないから、ここ見てくれるかなぁ~?)

涙が自然に流れたあなたは心の綺麗な人なんだなぁって思う。

私?

ごめん。ぶっちゃけ言うね。
これ観て、むちゃ腹が立った。

だから昨日は内容の感想は書けなかったんよ。

まずミッシーが娘にそっくりすぎなん。極似。
だから感情移入があり過ぎもあるけど。

反発心のほうが先に沸いてきて、赦し、という心境にはなれなかった。

私が未熟だからかもだけど、怒りのほうが勝つ。
私には不快で受け入れられない。

根本的に宗教の違いもあると思うけどね。

「人間は愛されるように創った。」

これ矛盾してない?

なんかうまく言いくるめられたような、そんな感覚しかない。

「自分を赦す」と「罪を犯したやつを赦す」とは、違う。

日々のなんでもない日常の中で誰かを愛し、喧嘩し
そして傷つけもする。
傷つけたらそれには「ごめんなさい」を言わねばならない
いい人を演じることは出来ないわ。

それが生きるということ。
怒りも生きるパワーになるの。神の思惑にはならない。

ただ、私はあれを観ながら自分のこころと葛藤した。

本当の愛、赦しってなに?
苦しみを手放す?何となくはわからんでもないけど。
この映画を受け入れられる人は素晴らしい人だと思う。

期待に沿えない感想だと思うよ、ごめんね。
でも正直な気持ちかな。
 

今日はにゃんたちの

 投稿者:Sara Kearney  投稿日:2021年 2月23日(火)16時47分26秒
返信・引用
  買い出し日だったぁ~~砂に缶詰めにおやつになんじゃらかんじゃら。

休日で人が多いかと思ったけど、行かなくちゃだわ。

お腹すいたから、買ってきたダブルチーズバーガー食べる♪
 

/45