teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


疑問

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 2月11日(月)09時12分31秒
返信・引用
  ハイパーランナーのウエイトローラーについて色々調べていたのですが、ふと疑問がわきました。

ネットではローラーの合計重量で議論しているものばかりです。
①6個のローラーを3個ずつ、異なった重量の組み合わせでセッティングを変えている。
 例えば12g、11g、10gのローラーがあったとき、それぞれ6個の合計重量である72g、66g、60gのほか、3個ずつの組み合わせで69g、63gの合計重量が作れるので、5パターンの調整ができるというもの。
②3個のローラーで稼働しているものを6個のローラーに入れ替えるとき、1個当たりの重量を半減させている。
 例えばノーマルで15gのローラーが3個入っていたので、合計重量を合わせるため7.5gのローラー6個に入れ替えるというもの。

 しかし、遠心力はローラーのひとつひとつに作用するのだろうから、①の場合は重たいローラー3個で先にプーリーを広げる。
 3個だけでもプーリーが広がるのは②のようにローラーがノーマルで3個しか入っていなくとも用が足りることから容易に想像できる。
 したがって①の場合は軽い3個のローラーは作用していない、
 また、②のように1個のローラーの重量を半減させた場合には、単にプーリーの広がりが遅くなるだけではないか?

 なので、ローラーの合計重量は関係なく、1個の重量(あるいは同重量の3個のローラーの合計重量)で議論すべきではないか?
 詳しい方がいたら、ぜひ教えてください。
 
 

別件

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 2月10日(日)17時49分0秒
返信・引用
  ネットサーフィンをしていて、スクーターのプーリー内のウエイトローラーの磨耗が心配になりました。
ハイパーランナーもニコイチエンジンとはいえ、9000km以上走っている現在まで、ウエイトローラーは変えた記憶がありません。
まえにみたとき、気にしてなかったのですが気にならなかったので、とんでもないことにはなっていないとは思いましたが開けてじっくり観てみました。
何度かグリスアップしていたおかげか、びっくりするほどではなかったものの、フラットスポットができていました。
ニコイチに使用したエンジンに付いていたローラー(ほぼ新品)があるので、入れ替えてみました。
試乗はまだです。
 

オイル対策の写真

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 2月10日(日)17時40分45秒
返信・引用
  今日、別件でハイパーランナーのカウルを外したので、エアクリーナーボックスの写真をとりました。
加工前(加工していないもの)は穴の下が互い違いに板が成形されていて、最下部の大きな板で直下に吹き抜けるのを防いでいるようです。
なのでクリーナーボックスからのブリーザーは、横方向に吹き出されることになります。
しかし、オイルは粘度があるため、だら~と垂れるようです。
加工後はドレンチューブをつけたので、エンジンやスタンドがオイルまみれになることはないと思います。
 

またもやオイル対策

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 2月 1日(金)20時50分31秒
返信・引用
  エンジン部分を取り外し、オイル漏れの場所の特定を試みたところ、クランクケースはあやしくない。
マフラー裏側がかなりオイルが垂れている。
2ストだからこれは仕方ないけど、もうひとつ、エアクリーナーボックスの抜け穴(ドレン?)からの漏れ跡を確認。
これも構造上しかたないのだろうが、センタースタンドまでオイルコテコテはいただけない。
ドレンを細工してチューブをつけました。
残念ながら写真はありません。
また、クランクケースの接合面にも、おまじないであるコーキングしておきました。
 

1000FのMFについて

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 1月27日(日)08時43分58秒
返信・引用
  ネットで情報を探っていたら、以下のことが分かりました。

・1000F(SC24)は初期型CB1000SF(SC30)と同じレギュレートレクチファイアを使っている。
・SC30は最初からMFを採用している。
・しかしSC24は開放型14L-B2、SC30はMFの12-BSで容量が異なる。
・したがって、12-BSで試すか、14-BSで試すか、検討が必要。
 (12-BSと14-BSは、ユアサと古河では公称容量が異なってるし。)
・さらに上記MFは従来型とは寸法が異なり、長さ方向がSC24には収まらない。
・そのため、SC24のMF化はバッテリーケースの改造が必要である。
 (フレームにもギリギリ干渉するかもしれない大きさである。)
さて、どうしたものか・・・。

ただし、別途、従来型と同寸法のバッタもんMFが市販されてることも分かったので、
まずこいつからかな。

いずれにしても春以降ですな。
 

Re: MFバッテリー対応

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 1月24日(木)21時45分59秒
返信・引用
  ハハマルさんへのお返事です。

気を良くして、CBRのMF化もしたいと思い、調査中ですが、なにせハンパに古い不人気車なので、ネットで参考になるものがない。
CB750Fとかトランザルプとか、ちょいと気になるページがあるものの、よし!というほどの情報ではなく、グズグズです。
なにせ電気には弱いので、情報があればください。
 

Re: MFバッテリー対応

 投稿者:ハハマル  投稿日:2019年 1月23日(水)22時32分40秒
返信・引用
  > No.749[元記事へ]

たみさんへのお返事です。

DT200をバッテリーレス化した時、走るとヘッドライトバルブが切れるもんで、スクーター用のレギュレータに変えたことがあった。懐かしいのお…
バッテリーって回路的には負荷だから、負荷が変わればレギュレータ交換はセットみたいなもんなのか。走れてよかったね。


 

忘れた頃に。

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 1月20日(日)22時54分52秒
返信・引用
  ヒョウタンです。
彫りは終わりとしましたが、やっぱり彫りたしました。
上下にエンドラインを入れました。
ちょっとカッコよくなったと思っています。
今後、少し表面をきれいにするつもりです。
 

電圧計装着

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 1月12日(土)16時24分52秒
返信・引用
  amazonに注文しておいた電圧計が届いたので、さっそく装着してみました。
以前のものと寸法が同じなので、フレームは再利用です。
アイドリング時、開けた時の写真です。
調子いいです。
そういえば、ハイパーランナーのCMコピーは「生まれた時から調子いい」で、さんまさんが起用されていました。
乗った感じですが、低速でのトルク感が増し、なぜか最高速もアップです。
ハイパーランナーはプーリー使い切りで最高速制御(機械式リミッター)なので、最高速アップの理屈はわかりません。
しかし、MF化成功ということで、よしよし。
 

MFバッテリー対応

 投稿者:たみ  投稿日:2019年 1月 8日(火)22時20分43秒
返信・引用
  ネットでいろいろ検索して、レギュレータとレクチファイアを変えることで、MFバッテリー対応にしている記事を見つけました。
早速、ヤフオクで部品を落札です。
で、こんな感じです。
まだ、まっとうに走っていません。
 

レンタル掲示板
/72